« 小楢山(15.05.22 その1) | トップページ | 尾瀬ヶ原(15.05.30 その1) »

2015年5月23日 (土)

小楢山(15.05.22 その2)

その1)から続く…

 小楢山の山頂で一通り景色を眺めると次の大沢山に向かいます。

150522029

 山頂から10分ほどで小楢峠に下ると道標に従って幕岩方面に進みます。

150522030

 小楢峠から15分ほどで岩稜の右側をトラバースする登山道になりました。

150522031

 間もなく幕岩の道標が立っておりすぐ先の岩場にクサリが下がっていました。

150522032

 7~8mのクサリ場を登ると南西側の南アルプスの山々が見えました。

150522034

 一番左側から上河内岳~聖岳~赤石岳~荒川岳と並んでいます。

1505220341

 少し右側に農鳥岳~間ノ岳~北岳が続きます。

1505220342

 さらに右側に仙丈ヶ岳~アサヨ峰~甲斐駒ケ岳が見えました。

1505220343

 南アルプスの右手前に茅ヶ岳~金ヶ岳が見えていました。

150522035

 さらに右側に大分霞んで見えるのが乗鞍岳のようです。

150522036

 岩峰の北西方向に南八ヶ岳の山々が良く見えました。

150522037

 岩峰の北側に進むと金峰山や先ほど歩いてきた小楢山が見えました。

150522038

 金峰山の稜線上に千代ノ吹上の岩峰や五丈岩、少し右側に鉄山が並んでいます。

150522039

 その右側に北奥千丈岳~国師ヶ岳が見えました。

1505220391

 さらに右側は小楢山の緩やか山頂で、山頂の案内板などが見えていました。

1505220392

 北東方向に乾徳山の岩峰が見えますが、陽が陰って岩場の状況は今一つでした。

150522040

 東側から南東寄りに大菩薩嶺や小金沢連嶺の山々が並んでいます。

150522041

 南側の大沢山の左奥に富士山が見えますが、山麓から少し雲が湧いてきたようです。

150522042

 幕岩で40分ほど休んで昼食タイムを取ると、岩場を下ってすぐ先の大沢山に進みます。

1505220421

 幕岩からホンの数分で大沢山の山頂に着きました。

150522044

 大沢山の展望は期待したほどでもなく南側に富士山と御坂山塊が見える程度でした。

150522045

 帰りは道標に従って父恋し路を下りますが、山頂から少し下ると羅漢岩がありました。

150522046

 さらに所どころのマーカーやテープに従って踏み跡の薄い登山道を下りました。

150522047

 山頂から15分ほどで屏風岩の横を通過します。

150522048

 さらに15分ほど下ると白雲の滝がありました。

150522049

 白雲の滝の岩棚に古い石仏が祀られていました。

1505220501

 さらに下って行くと姫百合地蔵が置かれています。

150522051

 大沢山から50分ほどで林道塩平徳和線の父恋し路登山口に下りました。

150522052

 さらに林道を少し歩いて往路の林道出会いとなりました。(林道の途中に父恋し路の下降点はなかったようです…)

150522053

 林道下降点から往路の林道を50分ほど下って駐車場に戻ると、総行程6時間10分で今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って道具を車に積み込むと、帰る途中で市営の花かげの湯(入湯料510円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは1人だけで、展望が良い山の割に途中の踏み跡も薄く、多くの人たちは北西側の焼山峠側(CTが1時間45分…)から歩くのでしょうか…。

 久しぶりの富士山は期待していたほどの青空がなかったのは残念でしたが、春霞も少なく残雪の綺麗な富士山が見られたこともあり、十分満足できる山歩きとなりました。

 次回、小楢山に来る機会は少ないと思いますが、仮に再挑戦する時は裏側の焼山峠から紅葉の季節に登ってみたいと思っています。

« 小楢山(15.05.22 その1) | トップページ | 尾瀬ヶ原(15.05.30 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

アルプスの稜線、富士山を見ながらの山歩き、羨ましい限りです。
やはり山梨の山は展望が素晴らしい事と、意外に登山者が少ない様ですね。

岳 さん>こんにちは…
山梨の山は大きな富士山が見えるのが何よりですが、富士山が見える山なら
中央高速近くにも沢山ありますし、富士山が見えるだけでは人気がないのかも
知れません。
今回のコースは単調な林道歩きが長いですし、小楢山も北西側の焼山峠から
2時間弱で登れるので、そちらから歩く人たちも多いのかも知れませんね
今回は曇り空でしたが周囲の山々が良く見えたのがラッキーでした…

凄いなぁ~
山の名前がスラスラとUPできて・・・
アタシ、いつも見ている山でも、見え方が違うとチンプンカンプンです。

変化があって楽しめそうなコース、遭遇したのが一人とは!?
北西のコースの方がもっと魅力的なのでしょうか?

tuba姐 さん>こんにちは…
この辺りの山は乾徳山とか笠取山の時などに覚えましたが、分からない時は
カシミール3Dで確認するようにしています。
北西側の焼山峠のコースを使うと短時間で山頂に登れるようですが、実際に
登っている人が多いのかどうかは良く分かりません。
山梨は富士山や南アルプスの展望の良い山が沢山ありますし、小楢山辺りでは
あまり人気がないのかも知れませんよ…

小楢山に登られましたか。
一面曇り空の中、南アや金峰、そして富士山が見られて良かったですね。
晴れていても富士は雲の中…ということがよくあります。
味わいもあり、良い山だと思いますが、登る人が少ないようです。
やはり近くの乾徳山に皆さん行かれてしまうのでしょうね。
こちらからは2回登ったので、焼山峠からいつか登ってみようと思いますが…

ゆず茶 さん>こんばんは…
ゆず茶 さんのレポを見てからすぐに山行計画を作りましたが、他にも行きたい
ところが沢山あって、思い立ってから3年越しの山行になりました。
今回は青空が見えなかったのは残念でしたが、春霞もなく周囲の景色が良く
見えたのが幸いでした。
ゆず茶 さんが言われるように踏み跡が薄く歩く人が少ないようですし、この山に
来るならすぐ近くの乾徳山に行くのかもしれませんね…
山梨も行きたい山が沢山ありますが中々順番が回って行きません…(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61631846

この記事へのトラックバック一覧です: 小楢山(15.05.22 その2):

« 小楢山(15.05.22 その1) | トップページ | 尾瀬ヶ原(15.05.30 その1) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック