« 浅間隠山(15.05.03) | トップページ | 上州 三峰山(15.05.14) »

2015年5月 9日 (土)

前日光 薬師岳~夕日岳(15.05.08)



① 2015年5月8日(金)天候:晴
② 薬師岳:1420.1m、地蔵岳:1483m、夕日岳:1526.1m
③ コースタイム(総行動時間:6時間25分)
 細尾峠(06:20)===薬師岳(07:15~07:20)===三ツ目(08:45)===地蔵岳(09:00)===三ツ目(09:20)===夕日岳(09:45~10:20)===三ツ目(10:40)===薬師岳肩の分岐点(12:00)===細尾峠(12:45)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:10.269km、累積標高:±960m)
150508000

 台風の影響で天気が崩れるとの予報もあり、天気が崩れる前に足尾方面の山に行ってくることにし、ガイドブックなどで古くからの修行の道と紹介されている禅頂行者道沿いの山々を歩いてくることにしました。

 手持ちのガイドブックに群馬側からのアプローチが簡単なコースの紹介が載っていないこともあり、今回は相互リンクさせてもらっている赤城良常さんの気ままな男の山歩きのレポなどを参考にして、旧国道の細尾峠から夕日岳を往復することにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる旧国道の細尾峠(マップコード:367 122 782)までは約90kmで2時間ほど、自宅を午前4時過ぎに出発すると北関東道の伊勢崎ICから一般道を走って現地に向かいます。

 早朝で走る車もほとんどなく旧大間々町から国道122号に入ると信号も少なくなるため、その後も順調に走って日足トンネルの手前から旧国道に入ると、予定より少し早めに細尾峠に到着しました。(日足トンネルの3kmほど手前の公衆トイレで一休みしました…)

  細尾峠の登山口には立派な案内道標がありましたが、右奥に進めば中禅寺湖や明知平に抜けるルートのようです。(細尾峠に駐車場所はなく峠の前後に路駐となりますが下山した時は7~8台が停まっていました…)

150508002

 準備が終わると登山口から歩き始めましたがGWに大勢の人たちが歩いたようで、登山道にハッキリした踏み跡が残っていました。

150508003

 少し登ると綺麗なミツバツツジが咲いています。

150508004

 周辺を見渡すとシロヤシオも咲いていました。

150508005

 5分ほど登って小ピークに上がると木々の間にこれから向かう薬師岳が見えました。

150508006

 小ピークから少し下ると馬の背の稜線となりました。(この先に崩落個所がありました…)

150508007

 ミツバツツジに混じってレンゲツツジのツボミが膨らんでいました。

150508008

 登山口から30分ほどで薬師岳の急登となりました。

150508009

 あちこちでアカヤシオが咲いていましたが予想通り枝先の花が残り少なくなっていました。(ヤマレコを見ると花の見頃は5月1日前後だったようです…)

150508010

 登山口から55分で薬師岳の山頂となりました。

150508011

 山頂の北西方向に男体山が見えました。(5月5日が山開きだったようです…)

150508012

 少し右側に女峰山が続きます。(その間の大真名子山は木の枝で見えません…)

150508013

 北東方向に霞んで見えるのは高原山の鶏頂山と釈迦ヶ岳のようです。

150508014

 薬師岳の写真を撮ると先に進みますが山頂から少し下ると夕日岳が見えました。

150508015

 登山道の南西方向には袈裟丸山~庚申山~鋸山~皇海山が見えていました。

150508016

 5分ほど下ると細尾峠に向かう分岐点があり帰りは右に進んで山頂をスルーします。

150508017

 アップダウンの稜線上にハッキリした踏み跡があり道迷いの心配はなさそうです。

150508018

 所どころでシロヤシオを見かけましたがツボミが多く見頃になるのは少し先のようでした。

150508019

 古くからの修行の道らしく登山道の横に不動明王と石祠が祀られていました。

150508020

 さらにアップダウンしながら尾根沿いを進んで行きます。(所どころアカヤシオの花が残っていましたがあまり綺麗な花ではありません…)

150508021

 あちこちで咲いていたオオカメノキはこの辺りが一番の見頃でした。

150508022

 さらにアップダウンの登山道を先に進みます。

150508023

 ミツバツツジの右側にツボミが膨らみ始めたシロヤシオです…。

150508024

 薬師岳から30分ほどで1406ピークが見えてきました。

150508025

 さらに20分ほど進むと三ツ目のピークが見えてきます。(右奥が地蔵岳のようです…)

150508026

 三ツ目に向かって登って行くと途中に展望箇所があり日光連山が良く見えました。

150508027

 登山道に落ちていたアカヤシオですが落ちて間もない綺麗な花ビラでした。

150508028

 さらに三ツ目のピークに向かって急登します。

150508029

 薬師岳から1時間25分で三ツ目のピークに到着しましたが、夕日岳に向かう前に地蔵岳に寄ってくることにしました。

150508030

 三ツ目のピークから先に進んで地蔵岳に向かいます。

150508031

 標高が高くなったこともありアカヤシオに残っている花が多くなったようです。

150508032

 すぐ先で見かけたミツバツツジには沢山のツボミが残っていました。

150508033

 綺麗なアカヤシオを探しながら進んで行くと前方に地蔵岳が見えてきました。

150508034

 三ツ目から15分ほどで地蔵岳となりますが、山頂の周囲は樹林帯で展望はありません。

150508035

 山頂のすぐ先に小さな石祠があり、中にお地蔵様が祀られていました。

150508036

 三つ目に戻る途中でアカヤシオの落ちた花が別の木に張り付いていました。

150508037

 往復30分ほどで地蔵岳から戻ると道標に従って夕日岳に向かいます。(帰りの登り返しが大変そう…)

150508038

 登山道の周辺にアカヤシオがありますが、花付きの良いのは一部の枝先でした。

150508039

 少し下って鞍部を通過すると岩場混じりの登山道となりました。

150508040

 登山口から3時間20分ほどで展望の良い夕日岳に到着しました。

150508041

 山頂の北西方向に日光白根山が良く見えました。

150508042

 少し右側には日光連山が並んでいますが女峰山に少し雲が湧いてきたようです。

150508043

 山頂周辺にも沢山のアカヤシオがありましたが綺麗な花は残りわずかでした。

150508044

 山頂で景色を眺めて昼食タイムとしましたが一休みする間に男体山に雲が湧きました。

150508045

 帰りは綺麗な花を探しながら下ることにしましたが、遠目で良くても近づくと中々綺麗な花がありません。(時期が遅いので仕方ありませんが…)

150508046

 帰りも三ツ目の中腹の展望箇所で景色を眺めましたが、日光連山の山頂付近に雲がかかっていました。

150508047

 帰りは往路を戻って薬師岳に向かいますが、基本は下り基調の登山道が続きました。

150508048

 夕日岳から1時間ほどで1406ピークを通過しました。

150508049

 帰り道でもシロヤシオが咲いていましたが、今しばらくツツジの花を楽しめそうです。

150508050

 さらに進むと木々の間から見納めとなった日光白根山が見えました。

150508051

 さらにアップダウンしながら薬師岳に向かいます。

150508052

 三ツ目から1時間20分で薬師岳肩の分岐点となり、ここから左にショートカットして細尾峠に戻ることにします。(天気が良ければ薬師岳に向かう選択肢もあります…)

150508053

 薄い踏み跡を下って行くと所どころに赤・黄の目印が付いています。

150508054

 10分ほどで薬師岳中腹を巻くようになり、途中で荒れたガレ沢を通過しました。

150508055

 分岐点から20分ほどで薬師岳の登山道に出てきました。(往路では登山道の目印と踏み跡を見落としていたようです…)

150508056

 さらに綺麗なツツジを探しながら30分ほど下って登山口に戻ると、総行程6時間25分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で水沼駅温泉センター(入浴料:600円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                         …ページ先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で8人で、古峰原峠方面から歩いてきたのは1人だけでしたが、踏み跡などから見ると土日などには沢山の人たちが歩いているようでした。

 今回は初めての禅頂行者道でしたが、ガイドブックで紹介している通り雰囲気のある稜線歩きが続き、新緑とツツジ、秋の紅葉が楽しめるお勧めコースと思いました。

 人里から離れていることもあって味気ないスギやヒノキの植林帯がなく、次回歩く時は秋の紅葉の季節に歩いてみたいと思っています。

« 浅間隠山(15.05.03) | トップページ | 上州 三峰山(15.05.14) »

登山」カテゴリの記事

コメント

新緑が綺麗ですねえ
そして純白のシロヤシオ、可憐で大好きな花です。
アカヤシオのピンクもいいですが、新緑に走ろが良く似合ってる気がします。
さて、どこに行こう?
そんなときいつも参考になります。
ありがとうございました。

kyou さん>こんばんは…
シロヤシオは派手さはありませんがよく見ると上品な感じですかね
今年はアカヤシオの足が早いようですし、例年と同じだろう…と思っていると、
花を見逃すかも知れませんね…
今年は水芭蕉を見に行こうと思っていますが、少し早目にした方が良いのかも
知れません
コメント有難うございました…

ひまじんさんお久しぶりです。
夕日岳は名前が素敵なのと、禅頂行者道というこれまた良さそうな名前のルートがあるので、前から行ってみたい山の一つですが、コース取りをどうするか悩みますよね。
細尾峠から行くと良いんですね。
低い背丈の笹と樹林の感じが良く、気持ちがよさそうなコースですね。ますます行ってみたくなりました。

syabin さん>こんばんは…
山と高原地図の細尾峠には駐車場所の表示はありませんが、旧道で走る車は
登山者の車ですし、きちんと駐車すれば細尾峠の前後にかなりの台数が置ける
感じでした。
5月中くらいはツツジと新緑が楽しめるようですし、紅葉も良さそうなので機会が
あれば、一度訪ねてみて下さい。
このコースの周辺には味気ない植林帯が見当たりませんし、気持ちの良い稜線
歩きが楽しめると思いますよ…

ひまじんさん、こんにちは

距離、標高差を拝見すると、良い感じの尾根歩きの様ですね。
当地には中々この様な所が無いんですよ
秋も良さそうですね!

岳 さん>こんにちは…
登山口の標高が1200m弱で一番高い夕日岳までの単純標高差が330mほどの
ハイキングコースです。
途中のアップダウンが適度にあって、稜線の新緑や花を眺めながら歩けますので、
山歩きを楽しむのに打って付けのようなコースと思いました。
コメント有難うございました…

こんにちは!
実は以前から前日光、夕日岳というロマンティック?なネーミングに惹かれ、登山道は?茨城からのアクセスは?など地図を見ておりました。
とてもよい縦走路ですね♪
今年はアカヤシオが早いようです@@  というか季節そのものが早いような✿
鳴神山もほとんどのアカヤシオが落ちてしまいました。
次はどこかでシロヤシオを見ることが出来るとよいのですが。
去年はひまじんさんのレポから日光の社山がとってもよかったので5月下旬は行けたらまた日光方面を考えています。
前日光、夕日岳の情報ありがとうございます(_ _)

らるご さん>こんにちは…
夕日岳と言う山の名前に惹かれる人たちは多いみたいですよ…(^^)v
茨城からですと古峰原峠や古峰原神社の登山口が近いのかも知れませんが、
夕日岳までの標高差や往復の距離が少ないのは細尾峠のようですね…
今年は開花時期が早くなっていますよね…、例年なら夕日岳のツツジは5月末くらい
まで楽しめるそうですが、今年は5月末では厳しいかも知れませんね…
シロヤシオなら塩原の南になる高原山が有名ですし、那須のマウントジーンズスキー場
から登る中ノ大倉尾根が良いそうです…(直進すれば三本槍岳になります)
色々見たいところはあるし嬉しい悩みの多い季節ですよね…shine

うっひょ~♪
これだけの種類ツツジが見れる夕日岳に行きたいなぁー
越後のユキグニミツバツツジもヤマツツジも低木で、アカヤシオツツジを見た時は驚きました。翌年にシロヤシオツツジでもビックリ!

思いっきり驚きに行きたくなりましたよぅ~lovely

tuba姐 さん>こんばんは…
今の季節は新緑が爽やかで気持ちが良いですね
新潟の山のようにカタクリや雪割草などはありませんが、ツツジは
色々な種類の花が見られますね…
新潟から日光方面は少し大変ですが、レンゲツツジなら6月になっても
楽しめますし、お仲間の皆さんと出かけて下さい。

 山行記また楽しく読ませていただきました。
 明日、角落山へ花を見つけに行って来ます。ひまじんさんの山行記をもとに、登山計画書を作ることができました。
 もう1つ。天狗山・男山もシャクナゲが見頃になるようで、これもひまじんさんの山行記をもとに、計画書を作ることができました。未知の山なので、事前調査は十二分にする予定ですが、天候が崩れると単独行なので危険性が高くなりますね。
 展望のよいイワイワの山のようなので、天気の良さそうな日を選んで行って来ようと考えていますが、台風の進路によっては中止にするかも知れません。
 いつもいつも、山行計画の辞書のようです。

スロー人 さん>こんばんは、明日は角落山に行かれる予定でしたか…
先日、浅間隠山に行った時に、林道入口に通行止めの看板があったので、
若しかするとはまゆう山荘に車を停めて歩くかも知れません
コースの途中に急登箇所もありますが、山頂に上がれば景色が良いので
楽しんできてください


天狗山・男山の状況はレポの通りですが、天気が悪化した時は男山から
JR信濃川上駅に下り、タクシーで馬越峠に戻る方法もあります。
岩場歩きの山でガレた急登・急坂がありますので、気を付けて行って来て
下さい…

 角落山は、無事山頂の社にお参りできました。女坂からの登頂でしたが、私の力では十分満足のいく山行となりました。剣の峰への200㍍の急登に手こずり(ササや木の根に掴まり)ましたが、何とか歩いて来られました。赤沢林道は奥まで入れましたが、先の様子が分からず橋の所に駐車しての山行でした。
 単独行ですので、何かあったことを考えれば、人出のある土日に決行の方がよかったかもしれません。平日のためか、当日は誰にも会わないことになりました。
 源頭近くのタチカメバソウとフタバアオイの群落?が、一番の思い出になりました。5月だからこその、新緑の素晴らしさはおすすめです。
 展望は、天気に左右されてしまいますね。

スロー人 さん>おはようございます
角落山はお疲れ様でした。
5月5日が角落山の山開きなので通れるようになったのかも知れませんね
初めて角落山に行った時は途中に落石があり、バックで白沢橋まで戻りましたが、
先が分からない時は無理しない方がいいと思います…
剣ノ峰の急登は嫌らしいですよね、初めての時は芽吹きの前だったので、下りは
崖の下が見えるので恐い思いをしました…(笑)
この季節は晴天でも春霞がかかる時があるので、好展望に恵まれるかどうかは
ある面で運任せになっちゃいますよね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61560095

この記事へのトラックバック一覧です: 前日光 薬師岳~夕日岳(15.05.08):

« 浅間隠山(15.05.03) | トップページ | 上州 三峰山(15.05.14) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック