« 西上州 大屋山(15.04.18) | トップページ | 四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その2) »

2015年4月25日 (土)

四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その1)



① 2015年4月24日(金)天候:曇り後晴れ
② 四ツ又山:899.5m、鹿岳:1015m
③ コースタイム(総行動時間:6時間45分)
 鹿岳駐車場(07:05)===大久保登山口(07:20)===マメガタ峠分岐(07:33)===大天狗峠(08:09)===四つ又山Ⅰ峰(08:50)===四つ又山Ⅳ峰(09:15)===マメガタ峠(09:45)===鹿岳のコル(10:47)===一ノ岳(11:00)===鹿岳のコル(11:15)===二ノ岳(11:35~12:10)===伐採地(12:55)===木々岩峠分岐(13:15)===木々岩峠登山口(13:30)===鹿岳駐車場(13:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:9.039km、累積標高:±1052m)150424000

 23日付の上毛新聞に三ツ岩岳のアカヤシオが見頃と言う記事が載っており、それならほぼ同じ高さの鹿岳でも見頃になっているハズと言うことで、前回から4年ぶりに四ツ又山~鹿岳を歩いてくることにしました。

 前2回の四ツ又山~鹿岳は新・分県登山ガイドで紹介しているコースを歩きましたが、今回は鹿岳の二ノ岳から西側に下る未踏のコースを歩いてみることにし、木々岩峠登山口を経由して周回するコースを歩くことにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点となる鹿岳の駐車場(マップコード:292 116 054)までは自宅から40kmほどで1時間20分…、下仁田町から南牧村に入るまでは前回の黒滝山と同じですが、今回は道の駅オアシスなんもくの少し手前で南牧川を渡り、さらに大塩沢川沿いを走って現地に向かいます。

 少し進むと車のすれ違いが難しいほどの村道になりますが、ユックリ走って行くと前方に見えてきた鹿岳の山頂に薄い雲がかかっていました。(前日に確認した天気予報は晴れマークでしたが、朝起きた時は曇り空で考えていたほど天気が良くありません…think

 小沢橋から2kmほどで黒滝山不動寺に向かう道を左に分けますが、さらに川沿いを走ると大久保集落があり、集落を抜けて鋏岩を通過すると鹿岳の駐車場がありました。(先着していた車の方が大久保登山口に向かって歩いていました…)

150424002

 天気は曇り空でハッキリしませんが晴れの予報を信じることにし、準備を終えると四ツ又山登山口に向かって歩き始めます。

150424003

 大久保集落入り口の三叉路に登山案内図がありますが、案内図から左に入って少し登ると四ツ又山登山口となりました。(登山ポストと3台分ほどの駐車スペースがあります…)

150424004

 登山届をポストに入れてさらに沢沿い進んで行くと30mほどの滑滝が見えてきます。

150424005

 滑滝を通過して少し登るとマメガタ峠の分岐点がありますが、分岐道標に従って四つ又山方面に向かいます。(少し先に水場がありました…)

150424006

 スギ林を抜けると山中の段々畑がありますが、今回も段々畑の大木が白い花で迎えてくれました。(初めて見た時は桐の木と思ったのですがどうも違うようです…)

150424007

 山中の段々畑を過ぎると再びスギ林の登山道を進みます。

150424008

 大久保の登山口から50分ほどで大天狗峠に上がりますが、分岐道標の少し先に大天狗の刻まれた小さな石碑が置かれています。

150424009

 大天狗峠を通過すると短い折り返しの急登が続きます。

150424010

 急登箇所の周辺ではミツバツツジが盛りを過ぎて赤い山ツツジが咲き始めていました。

150424011

 さらに登って行くと綺麗なミツバツツジが咲き残っていました。

150424012

 大天狗峠から30分ほどで四ツ又山の分岐点がありました。

150424013

 分岐点から右に進み少し急登すると四ツ又山(第Ⅰ峰)の山頂に着きました。

150424014

 朝方に比べると天気が少し回復しましたが、それでも鹿岳の上空に雲が残っています。

150424015

 快晴の時ならアカヤシオの先に妙義山が見えますが、今回は大分霞んで景色がほとんど見えません。

150424016

 山頂の写真を撮って分岐点に戻ると先に進んで第Ⅱ峰に向かいます。

150424017

 次の分岐点から第Ⅱ峰の稜線に上がるとカラス天狗の石像が迎えてくれます。

150424018

 稜線の右奥に進むと第Ⅰ峰と同じような神像が立っています。

150424019

 予想していたように四ツ又山のアカヤシオは見頃を過ぎたようですが、少し離れて第Ⅰ峰を眺めるとまだ十分にアカヤシオが楽しめました。

150424020

 第Ⅱ峰から先に進んで第Ⅲ峰の神像にも参拝します。(山頂の神像はいずれも西向きで立っていますが荒船山近くの御岳山と同様に御岳信仰に関係した物でしょうか?…)

150424021

 第Ⅲ峰からさらに進むと第Ⅳ峰ですが、山頂には小さな石祠が置かれています。

150424022

 第Ⅳ峰の展望は相変わらず霞んでいますが、妙義山の手前の山並みが見え始めており、天気が少しづつ回復しているようです。

150424023

 これから向かう鹿岳での展望を期待して先に進みますが、登山道にアカヤシオの花びらが沢山落ちていました。

150424024

 少し下って小ピークに上がると鹿岳が近づいたのが分かります。

150424025

 さらにマメガタ峠に向かってロープの付いた急坂を下ります。

150424026

 四ツ又山から30分ほどでマメガタ峠に下ると先に進んで鹿岳に向かいます。

150424027

 マメガタ峠から少し登ってスギ林を抜けるとロープの付いた急登となりました。

150424028

 鹿岳に向かう登山道の周辺では山ツツジが咲いていました。

150424029

 さらに進んで岩場混じりの稜線に上がると鹿岳の岩峰が見えてきます。(一ノ岳の北東斜面に大きなアカヤシオが見えました…)

150424030

 稜線の周辺には見頃を過ぎたアカヤシオが残っており、アカヤシオの花びらが沢山落ちていました。

150424031

 さらに進んでアカヤシオの見どころまで来ると霞んだ妙義山が見え始めていました。

150424032

 登山道周辺では今年の名残りのような綺麗なアカヤシオが咲いていました。

150424033

 地面に落ちた花びらの数を見ると今週初め頃までは見事な花回廊が楽しめた感じです。(例年のことですが開花時期を見定めるのは難しいことです…)

150424034

 さらに進んで一ノ岳の基部まで来ると岩峰を右に巻いてコルに向かいます。

150424035

 この辺りでは綺麗なアカヤシオが残っていました。

150424036

 マメガタ峠から1時間ほどで鹿岳のコルに上がりました。

150424037

 先ずは左に進んで一ノ岳に向かいます。

150424038

 コルから10分ほどで一ノ岳の山頂に上がりました。

150424039

 天気が回復して日が射してきましたが相変わらずの春霞で遠望は難しいようです。

150424040

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 西上州 大屋山(15.04.18) | トップページ | 四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
ちょっと見頃は過ぎたんでしょうか?
花の時期って難しいですねえ。鹿岳あたりは連休までは持たないかもね。
今日は午前中野暮用があり、山に行けませんでした。
アカヤシオが気がかりでなりません(^_-)-☆

明日は、大山・宗四郎山に行ってきます。
標高が高いのでたぶんアカヤシオはまだ咲いてないかなあって思ってます。

kyou さん>こんばんは…
四ツ又山と鹿岳の中腹は見頃過ぎでしたが、鹿岳の山頂周辺では
丁度見頃と言う感じでした。
連休頃になるともう少し標高がないとアカヤシオは難しいでしょうね…

大山~宗四郎山は密かに狙っていましたので、是非、偵察をお願い
します…(笑)
この辺りは1500m級になりますので、連休半ばでないとアカヤシオは
咲かないと思います。以前、大ナゲシに行った時は5月2日で見頃の
感じでした。

山と高原地図の点線ルートですし気を付けて行って来て下さい…

随分頻繁に山に登っているのですね。
私も4日に西上州の笠丸山に行って来ました。
西上州の山は比較的人が少なくのんびり出来ますね。

ツーカー さん>こんにちは…
体力維持を兼ねて山歩きを始めましたので、あまり間隔を空けると体力が
落ちるため、今は月3回~4回のペースで出かけています。
笠丸山は花付きの良さそうな年に再チャレンジしたいと考えていましたが、
西上州はアカヤシオの時期を除けば静かになりますし、近いこともあって
トレーニングがてら歩くには丁度良い山域ですよね。
コメント有難うございました…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61490273

この記事へのトラックバック一覧です: 四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その1):

« 西上州 大屋山(15.04.18) | トップページ | 四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その2) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック