« 四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その1) | トップページ | 王城山(15.05.01) »

2015年4月25日 (土)

四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その2)

その1)から続く

 一ノ岳から下り始めるとすぐ西側に二ノ岳が見えますが、山頂に写真を撮っているハイカーが見えました。

150424041

 周辺のアカヤシオは咲き始めたところのようで花のピンクが鮮やかでした。

150424042

 歩いてきた四ツ又山との標高差は僅か100mほどですが、自然界の不思議なところで花の勢いが全く違いました。

 アカヤシオは群生すると言うほどの数はありませんが、周辺を探すと綺麗なアカヤシオが見つかります。

1504240421

 枝先にツボミを沢山残しているアカヤシオもありました。

150424043

 一ノ岳からコルに戻ると往路で気が付かなかった綺麗なミツバツツジが咲いていました。

1504240431

 コルの分岐点を通過すると次は二ノ岳に向かいます。

150424044

 コルから少し進んで二ノ岳名物の手作り梯子を登ります。

150424045

 さらにクサリを頼りに左上の稜線に向かいます。

150424046

 山頂に向かう途中で山頂直下の岩壁で咲いている大きなアカヤシオが見えました。

150424047

 登る途中で振り返ると一ノ岳の所どころがピンク色になっているのが分かります。

150424048

 天気が大分回復して下仁田の街並みが薄っすら見えてきました。

150424049

 コルから15分ほどで二ノ岳の山頂となりました。

150424050

 登る途中で見えた時よりも妙義山の山容が大分はっきりしました。

150424051

 一ノ岳の奥のピークが小沢岳のようですが、四ツ又山の背後はハッキリ見えません。

150424052

 山頂西側に荒船山と艫岩が見えており、稜線左側がトヤ山の山頂のようです。

150424053

 南側の岩峰の先が先日歩いた黒滝山で、その左側の三角ピークが富士浅間山です。

150424054

 二ノ岳周辺のアカヤシオも見頃になっており、花数は今一つでしたが十分楽しめました。

150424055

 山頂で周囲の写真を撮ると30分ほど休んで昼食タイムを取りました。

150424056

 帰りは二ノ岳から西側に下って木々岩峠の登山口に下ります。(登山道が荒れてルートが分かり難いところがあるため鹿岳のコルから下ることをお勧めします…)

150424057

 山頂から少し下るとロープの付いた急坂が続きました。

150424058

 ルンゼ状の急坂を5分ほど下って稜線に出ると下って来た山頂を振り返りました。(中央の岩稜左側に登山道が続いています…)

150424059

 さらに下って緩やかな稜線に出るとホッと一息という感じでしたが、この先は踏み跡が薄く時々ルーファンしながら進みます。

150424060

 山頂から25分ほど下って見納めとなる二ノ岳に別れを告げました。

150424061

 山と高原地図や南牧村のコース案内などに高原下降点がありましたが、それらしい標識は見当たらず薄い踏み跡をたどって急斜面を下りました。

150424062

 それでも所どころに補助ロープが付いており、ザレ場の浮石に注意しながら下りました。

150424063

 山頂から50分ほどで急斜面の伐採地に下ってきました。(急斜面を横断する薄い踏み跡が続いています…)

150424064

 伐採地の西側にトヤ山方面の山並みが見えました。

150424065

 伐採地の薄い踏み跡をたどると林道に合わさり、少し林道を下ると前方の稜線に踏み跡が続いていました。

150424066

 少し下ってルートを振り返りましたが、左側斜面の裏側から下ってきました。

150424067

 さらに稜線沿いの薄い踏み跡をたどって下ります。

150424068

 山頂から1時間ほどで林道出会いに下り、林道に壊れた標識が落ちていましたが、ここが木々岩峠の分岐点になるようです。

150424069

 さらに下ると伐採地で見かけた重機のキャタビラ跡が残る林道に合わさりました。

150424070

 木々岩峠の分岐点から15分ほどで木々岩峠の登山口に下りました。(林道脇に案内道標が倒れていました…)

150424071

 さらに沢沿いの道路を歩いて鹿岳の駐車場に戻ります。

150424072

 途中で鹿岳コルからの下高原登山口を通過しますが、一ノ岳から1時間40分ほどで発着点の駐車場に戻ると、総行程6時間45分で今回の山歩きを終了しました。

150424073

 車に戻って道具を片付けると、前回同様に磯部温泉恵みの湯(入湯料500円)に寄って汗を流すことにしましたが、村道脇の駐車場所にも登山者の車が停まっており、途中で見かけた人たち以上に入山者が多かったようです。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きの途中で見かけた人たちは全部で5人ですが、アカヤシオが見頃の時期でもあり、駐車場に停まっていた車から考えると20人ほどが入山していたようです。

 今回は上毛新聞を見て出かけることにしましたが、その年によってアカヤシオの開花時期が微妙に違っていることもあり、出かける時期を決めるのは中々難しい…と今更ながら実感しています。

 ただ、鹿岳ではアカヤシオの咲く場所に標高差があるため、山頂がツボミでも中腹が花の見頃、反対に中腹が終盤でも山頂が見頃と言うことがあるため、アカヤシオを楽しめる時期が長いことが鹿岳の良いところと思います。

« 四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その1) | トップページ | 王城山(15.05.01) »

登山」カテゴリの記事

コメント

見事なアカヤシオ✿shine
鎖場と梯子、さすが群馬県の山ですね。
ゴジラの背中のような山容の妙義山も見渡して、足がすくみそうな登山道歩き・・・見ているだけで緊張しました!
アカヤシオは見たいけど、この山で見る勇気がありませんsweat01
今年は、お花の開花が早いのでしょうか?

tuba姐 さん>おはようございます…
西上州は岩場のある山が多いのは確かですが、全部が妙義山のような
登山道ではありませんよ…(笑)
アカヤシオの花が多い三ツ岩岳はクサリはありませんし、こちらの鹿岳も
岩峰から想像するほど厳しい訳ではありません。
確かに高度感のある登山道を歩きますが、ヤセ尾根ではありませんし
tuba姐 さんのキャリアなら難なくクリアできるルートと思います。
今年は開花が早いようです…、四ツ又山が28日で見頃の年もありますので、
中々ドンピシャとは行きませんね
是非、西上州のアカヤシオ見物にお出かけください…confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61490963

この記事へのトラックバック一覧です: 四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その2):

« 四ツ又山・鹿岳(15.04.24 その1) | トップページ | 王城山(15.05.01) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック