« 両神堂上の節分草(15.02.28) | トップページ | 両崖山・行道山(15.03.13 その2) »

2015年3月14日 (土)

両崖山・行道山(15.03.13 その1)



① 2015年3月13日(金)天候:晴
② 両崖山:251m、行道山:441.7m、天狗山:258.7m
③ コースタイム(総行動時間:7時間25分)
 織姫神社駐車場(06:35)===鏡山 (07:05)===両崖山(07:50)===雷電神社分岐(08:15)===大岩毘沙門天(09:10~09:20)===大岩山(09:40)===行道山(10:00~10:35)===大岩山(10:50)===林道終点(11:00)===雷電神社分岐(11:35~11:40)===両崖山(12:05)===天狗山(12:35~12:45)===常念寺前(13:50)===織姫神社駐車場(14:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:13.834km、累積標高:±1243m)
150313000

 前回からほぼ2週間ぶりの山歩きとなりますが、新・分県登山ガイドなどを参考に安蘇山塊の行道山に行ってくることにしました。

 
ガイドブックは行道山浄因寺からの縦走コースを紹介していましたが、バス利用で歩くのも少し面倒なため、ネットなどを参考に織姫神社駐車場から行道山を往復することとし、帰りは天狗山ハイキングコースから駐車場に戻ってくることにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる織姫神社駐車場(マップコード:34 623 141)までは約50kmで1時間ほど、午前5時半過ぎに自宅を出発すると関越道~北関東道と走って現地に向かいます。

 北関東道の太田桐生ICからカーナビに従って足利市内に向かうと、ほぼ予定通りの時間で織姫神社前の織姫観光駐車場に到着しました。(綺麗なトイレがあります…)

 10台分ほどの駐車場に車を停めて準備をすると織姫神社に向かって歩き始めます。

150313002

 一の鳥居から急な石段を上って行くと織姫神社の本殿が見えました。(HPを見ると縁結びの神社と紹介されています…)

150313003

 神社の境内は見晴らしも良く南西側の山並みの先に富士山が白く霞んでいました。

1503130031

 織姫神社の右奥からハイキングコースが延びており織姫公園を抜けて先に進みます。

150313004

 公園内に幾つかのルートがあるようですが北側に進めば間違うことはなさそうです。

150313005

 鏡岩南広場の先に進むと登山道がありました。(白い看板は両崖山城の説明書き…)

150313006

 岩場混じりの登山道を少し登ると鏡岩展望台となりました。(ヤマレコでは鏡山と紹介されています…)

150313007

 展望台の名称通りで南東側には関東平野が広がっていました。(白く霞んでスカイツリーは見えませんが関東平野の綺麗な夜景も見えそうです…)

150313008

 東側は晃石山~大小山~大坊山の山並みが続いていました。

1503130081

 展望台を通過すると稜線上のアップダウンの登山道を先に進みます。

150313009

少し進んで小ピークに上がると関東ふれあいの道の標石がありました。

150313010

 小ピークの北側にこれから向かう両崖山の山頂が見えました。

150313011

 さらに岩場混じりの登山道をアップダウンしながら進みます。

150313012

 少し登ると南西側の太田金山の右奥に西上州の山々が霞んでいます。

1503130121

 さらに両崖山に向かって先に進みます。(風が冷たくジャケットを中々脱げません…)

1503130122

 少し登ると南西側に奥秩父方面の山並みが見えてきました。

150313013

 山並みの先に富士山も見えますが朝方に比べ大分霞んだようです。

150313014

 太田金山の右奥に西上州の御荷鉾山が霞んで見えました。(好天に恵まれると好展望が楽しめそうなコースです…)

150313015

 景色を眺めて一休みすると両崖山に向かってさらに進みます。

150313016

 少し進んでガレた岩場を登ると丸太作りの見晴台があり、見晴台に上がると南側を中心に見事な展望が広がっていました。

150313017

 見晴台の東側には足利の街並みが広がり、その先に大小山と大坊山が見えました。

150313018

 見晴台から少し進んで分岐点を通過すると前方に東屋が見えました。

150313019

 東屋の先に石段があり少し登ると駐車場から1時間15分で足利城址が残る両崖山の山頂となりました。

150313020

 両崖山の山頂が本丸跡で御岳山神社などが祀られていました。

150313021

 両崖山の写真を撮ると道標に従って大岩毘沙門天に向かいます。

1503130211

 両崖山から北側に下って行くとこれから向かう大岩山の山頂が見えました。

150313022

 さらに急な階段を下って先に進みますが帰りの登り返しが大変そうでした。

150313023

 鞍部に下ってから少し登り返すと小ピークにベンチが置いてありました。

150313024

 小ピークからは大岩山の山頂が見え、その右奥が行道山の山頂のようです。

150313025

 さらにアップダウンの登山道を進んで大岩毘沙門天に向かいます。

150313026

 登山道の所どころで岩場も混じりますが慌てず進めば特に難しい箇所はありません。

1503130271

 両崖山から25分ほどで雷電神社の分岐点を通過します。(ヤマレコでは第一ベンチと紹介されています…)

150313028

 さらに大岩毘沙門天に向かって急な階段を下って行きます。

150313029

 登山道の所どころに案内道標が立っており道迷いはなさそうですが、地名のある場所は現在地表示があればさらに分かり易くなると思いました。

150313030

 雷電神社分岐点から15分ほどで林道に下ると道路を横切って登山道に進みます。(帰りは林道を歩いて戻ってきました…)

150313031

 林道から10分ほど登って岩稜に上がると北関東道が良く見えました。(ヤマレコではここが第二ベンチになるようです…)

150313032

 岩稜から進んでさらに小ピークを越えると大岩山が大分近づきました。

150313033

 30分ほどで再び林道に下りますが道標に従って大岩毘沙門天に向かいます。(帰りは林道終点からこの分岐点に下ってきました…)

150313034

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 両神堂上の節分草(15.02.28) | トップページ | 両崖山・行道山(15.03.13 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61278276

この記事へのトラックバック一覧です: 両崖山・行道山(15.03.13 その1):

« 両神堂上の節分草(15.02.28) | トップページ | 両崖山・行道山(15.03.13 その2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック