« 赤城 黒檜山(15.02.10) | トップページ | 奥秩父 四阿屋山(15.02.28) »

2015年2月25日 (水)

西上州 御堂山(15.02.24)



① 2015年2月24日(火)天候:晴
② 御堂山:878.3m
③ コースタイム(総行動時間:4時間20分)
 藤井入口駐車場(07:40)===林道終点 (08:30)===分岐のコル(09:00)===ジジ岩・ババ岩(09:20)===分岐のコル(09:40)===高石峠分岐 (09:55)===御堂山(10:10~10:40)===高石峠分岐 (10:50)===分岐のコル(11:00)===林道終点(11:20)===藤井入口駐車場(12:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.280km、累積標高:±671m)
150224000

 前回から2週間ぶりの山歩きになりますがジジ岩・ババ岩の岩峰で知られる西上州の御堂山に行ってくることにしました。

 
新・分県登山ガイドによると林道終点から鞍部までの間は、夏場になると登山道がヤブになって大変なようですが、現地の状況も冬枯れの季節が歩きやすいように思いました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 自宅から国道254号線沿いの藤井入口(マップコード:292 266 435)までは約40kmで70分ほど、朝の通勤渋滞を避けて午前6時過ぎに自宅を出発すると安中~下仁田と走って現地に向かいます。

 途中、国道254号線の道の駅しもにたに寄って準備を整えると、さらに国道を西進して佐久方面に走りますが、ほぼ予定した時間で藤井入口に到着しました。(周辺にトイレなどはありません…)

 今回はバス停横の空地に車を停めさせてもらいましたが、手前の交差点横にも2~3台分の駐車スペースがありました。

150224002

 すぐに準備をして下仁田側に歩くと西牧関所跡がありました。(実際の関所は国道南側の畑の中にあったようです…)

150224003

 登山道の入口は関所跡の横にあり先ずは舗装道路を歩いて林道終点に向かいます。

150224004

 民家の横を抜けると林道となりますが入口に電柵が張ってありました。

150224005

 林道入口の右側に群馬百名山の案内標識が立っています。

1502240051

 舗装された林道はすぐに終わるとスギの落ち葉が積もった林道を進みます。

150224006

 途中まで林業作業の車の轍が残っていましたが、少し進むと街乗りのSUVではバーストが恐そうな林道になるため、車は藤井入口に駐車するのが正解のようです。

150224007

 国道から25分ほどで林道分岐となり標識に従って右に進みます。

150224008

 さらに進むと荒れた林道になりますが所どころに標識やマーカーが付いていました。

150224009

 林道の分岐点から10分ほど進むと前方に岩峰の稜線が見えてきます。(この辺りから林道がガレた沢のようになっていました…)

1502240091

 藤井入口の駐車場から45分ほどで林道終点となりました。(終点らしきところです…)

150224010

 さらにマーカーに従って涸れ沢沿いの踏み跡を進みます。

150224011

 林道終点から10分ほどで小滝の右横を登ります。(標識はみの滝と…)

150224012

 少し進んで一息入れると背後に鹿岳の岩峰が見えました。(右上の木の間越しにジジ岩・ババ岩が見えます…)

150224013

 さらにマーカーを頼りに先に進みますが確かにヤブになると大変そうなルートです。

150224014

 小滝から15分ほどで緩やかな登りとなり前方に鞍部の稜線が見えてきます。

1502240141

 林道終点から30分ほどで分岐のコルとなりました。

150224015

 先ずはジジ岩・ババ岩に向かってやせ尾根を進んで行くと大きな岩峰が見えてきます。

150224016

 大きな岩峰は右下に巻いて進みますが途中で稜線に上がるのが正解でした。(先に延びていた踏み跡はミスコースで松の木のテラスを巻いてしまう踏み跡でした…)

150224017

 途中で見えた北西側の展望で大分霞んで浅間山は見えないようです。

150224018

 ジジ岩の手前まで進んでUターンするとガイドブックで紹介されていた松の木のテラスに戻ってジジ岩・ババ岩を眺めます。(右がジジ岩、左がババ岩…)

150224019

 松の木のテラスからは南側が開けており、すぐ南側に鹿岳と四ッ又山が見えました。

150224020

 南西側の物語山の左奥に毛無岩、右奥に荒船山が見えていました。

150224021

 一通り景色を眺めて分岐のコルに戻ると先に進んで御堂山の山頂に向かいます。

150224022

 少し登って稜線に上がると尾根沿いに延びる踏み跡をたどって進みます。

150224023

 途中で小ピークを通過するとスギの植林帯の登山道を進みます。

150224024

 分岐のコルから15分ほどで高石峠の分岐点となりました。

150224025

 分岐道標に従って進んで行くと補助ロープの急登箇所を登ります。

150224026

 少し登って稜線に上がるとさらに薄い踏み跡をたどって進みます。

150224027

 藤井入口の駐車場から2時間30分で御堂山の山頂に到着しました。

150224028

 山頂のすぐ北側に妙義山が見えており、一番右側に白雲山の岩峰が並びます。

150224029

 中之嶽神社の右上に石門付近の岩峰群が良く見えました。

150224030

 さらに左側に金洞山の西岳~中之岳~東岳が続きます。

150224031

 山頂で少し休んで軽く昼食タイムを取ると妙義山に別れを告げて下山を始めました。

150224032

 帰りは往路を戻って下山しましたが、山頂から40分ほどで林道終点、さらに40分ほど歩いて駐車場に戻ると、総行程4時間20分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、自宅に帰る前に荒船の湯(入湯料600円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回は平日でもあり御堂山を独り占めで歩きましたが、途中の登山道に先週末辺りの靴跡が残っていました。

 ジジ岩・ババ岩の展望台となる松の木テラスに登る分岐点を見落とし、直進してミスコースしましたが、手前の岩峰を巻く際に周囲を見渡しながら進めばマーカーを見落とすことはないと思いました。

 今回は山頂から真っ直ぐ下山しましたが、分岐のコルに下る手前から帝釈岩方面に進み、ジジ岩・ババ岩を眺めるのも良さそうです。(新・分県登山ガイドで紹介していました…)

« 赤城 黒檜山(15.02.10) | トップページ | 奥秩父 四阿屋山(15.02.28) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
葉っぱの落ちた時期、西上州の山は魅力的ですね。
じじ岩、ばば岩…
なんであんな岩ができるんだろうと不思議に思いながら、だいぶ前に歩いた記憶があります。帰路は帝釈岩経由でした。
途中から道の無いところを強引に降りたら滝の上に出てスリルも味わいました(*_*;
ひまじんんさんのレポを拝見するたびに行きたくなる山が増えてきます。

kyou さん>こんにちは…
裏妙義の丁須岩もそうですが自然の造形は面白い物を作りますよね…
体力があればどこの山でも挑戦が出来ますが、自分の非力な脚力では行く場所は
限られますので、この時期は雪の少ない西上州などが主なターゲットになります…
今回は帝釈岩方面に足を延ばさなかったのですが、少し進むとジジ岩・ババ岩が
見られる稜線に出るようで、行く前にもう少しガイドブックを読んでおくべきでした…(^^ゞ
もうすぐ3月になりますしソロソロ花の便りが届きますかね…
コメント有難うございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/61190002

この記事へのトラックバック一覧です: 西上州 御堂山(15.02.24):

« 赤城 黒檜山(15.02.10) | トップページ | 奥秩父 四阿屋山(15.02.28) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック