« 大源太山・七ツ小屋山(14.10.25 その2) | トップページ | 西上州 赤久縄山~雨降山(14.11.13 その1) »

2014年11月 6日 (木)

子持山 天文台コース(14.11.05)



① 2014年11月5日(水)天候:曇り
② 子持山:1296.1m
③ コースタイム(行動時間3時間20分)
  群馬天文台ゲート前駐車場(07:50)===林道ゲート(08:10)===登山道入口(09:00)===電波塔分岐(09:20)===子持山(09:30~10:00)===電波塔(10:15)===登山道入口(10:25)===林道ゲート(10:55)===天文台ゲート前駐車場(11:10)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:8.602km、累積標高:±550m)
141105000

 11月初めての山歩きですが週間予報で確認していた以上に天気が悪化するのが早く、遠出するのを諦めて吾妻方面の高田山を歩く予定にしていましたが、当日の天気はさらに悪くなって自宅から見上げた空は灰色の雲で覆われていました。

 それでも今日を逃すと台風20号の影響が出て来そうなため、とりあえず家から出発することにしましたが、途中から見えた赤城・榛名の山頂付近に雲がかかっており、当初予定を変更して今回は子持山に向かうことにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 当初の予定が高田山だったこともあり自宅を6時半頃に出発しましたが、吾妻方面に向かう途中で予定を変更したため伊香保下から子持山方面に向かいます。

 前2回の子持山は子持神社側の7号橋の登山口から歩きましたが、今回はガイドブックで見たことのある高山村側の群馬天文台から歩いてみることにしました。

 途中で予定変更したため記憶を頼りに群馬天文台(マップコード:183 342 009)に向かいましたが、県道36号線の中山峠の標識に従って少し走ると群馬天文台のゲート前駐車場に到着しました。(天文台の駐車場は開館時間前で施錠されていましたが下山時は駐車場のトイレも使えました…)

141105002

 車を停めて準備をするとゲートを抜けて進みますが、駐車場から5分ほどで林道の分岐点がありました。

141105003

 林道入口に子持山登山口の標識があり、左側の標識に標高が書いてありました。

1411050031

 林道入口の標識に従って電波塔に向かう林道を歩き始めます。

141105004

 駐車場から20分ほどで林道ゲートを通過しました。

141105005

 ゲートを抜けると所どころ舗装された緩やかな林道を進みます。

141105006

 林道入口から1時間ほど進むと樹林帯の先に電波塔が見えました。

141105007

 さらに進むと林道の折り返し点で小峠からの登山道が合わさりました。

141105008

 合流点の反対側に山頂に向かう登山道がありました。

141105009

 ガイドブックは電波塔経由だったような記憶がありますが、この分岐点から山頂に直接抜けられるようです。

141105010

 分岐道標に従って進んで行くと落ち葉が積もった踏み跡が残っていました。

141105011

 15分ほど登ると周囲がササの登山道になりました。

141105012

 登山道入口から20分ほどで電波塔からの登山道と合わさりました。

141105013

 山頂の標識に従って左に進むと樹林帯の先に山頂が見えてきます。

141105014

 山頂右側に岩場の稜線が見えますが岩場の反対側に登山道が付いています。

141105015

 さらに進むと山頂直下の急登となりました。(ロープを使うほどではありません…)

141105016

 駐車場から1時間40分ほどで子持山の山頂となりました。

141105017

 先着していたソロハイカーと情報交換しながら景色を眺めましたが、榛名山の山頂付近に雲がかかっており、予想していたように山頂からの展望は今一つでした。

141105018

 小野上山の右奥が中之条方面ですが今回は霞んだような景色でした。(肉眼ではもう少し見えていました…)

141105019

 北西側に見えるのが仙ノ倉方面と思われますが、山頂付近が雲に覆われて今一つハッキリしません。(北東側は沼田の市街地が見える程度でした…)

141105020

 山頂で一通り景色を眺めると岩尾根に進んで景色を眺めることにしました。

141105021

 岩場に上がると南東側の展望が広がりましたがこちらも少し霞んでいました。

141105026

 岩場の下に柳木ヶ峰の分岐点が見え、その先にシシ岩の岩峰が見えてきます。

141105022

 暫らく眺めているとシシ岩に登山者が登ったようです。

141105023

 南東側に赤城山が見えますが雲が多くて鍋割山の山頂が見える程度でした。

141105024

 南側に見えるのが浅間のピークでその右背後に榛名山のピークが並びます。

141105025

 岩場から山頂に戻ると天文台側から登ってきた二人連れが休んでいました。(昼食タイムを取るには少し早く山頂の写真を撮ると下り始めました…)

141105027

 山頂から5分ほどで電波塔の分岐点ですが、帰りは電波塔を回って下ることにしました。

141105028

 電波塔に向かう登山道はハッキリした踏み跡が残っています。

141105029

 山頂から15分ほどで電波塔側の登山口に下りました。

141105030

 電波塔を通過すると林道を下って直登ルートの登山口に向かいます。

141105031

 電波塔から10分ほどで林道横の登山口ですが、歩く距離を考えるとこちらの直登ルートを往復した方が良さそうです。

141105032

 登山口のすぐ下に小峠に向かう登山道がありますが、踏み跡が薄くこのルートを歩く人は少ないようでした。

141105033

 さらに往路の林道を下って駐車場に戻ります。

141105034

 帰りは山頂から1時間10分ほどで天文台ゲート前の駐車場に戻ると、総行程3時間20分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で金島温泉・富貴の湯(入湯料400円)に寄ることにし、汗を流して冷えた身体を温めサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 
今回の山歩きで見かけたのは全部で6人ですが、その内4人が天文台コースから登った人たちで、2人がシシ岩側から登った人たちでした。(少しお昼近くになった方が登山者が増えると思いますが…)

 
今回は天気の関係もあり途中から行き先を変更しての子持山で、前々から一度歩いてみたかった天文台コースに行ってみましたが、景色を楽しむなら子持神社側から登った方が良さそうに思いました。

 
また、今回歩いた天文台コースは危険個所がほとんどなく、緩やかな林道歩きが多いこともあって、冬場の雪のある時にスノーハイクで楽しむのが良さそうなコースでした。

« 大源太山・七ツ小屋山(14.10.25 その2) | トップページ | 西上州 赤久縄山~雨降山(14.11.13 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

登山道に積もった落ち葉、カサカサと音を立てながら歩くのが好きですぅ♪
1000m超えの山は紅葉もわずかですね。
もう少ししたら雪のシーズンかな?

晴れたらイイ眺めが期待できる子持ち山に行ってみたくなりましたよぅ
行きたい山リストに入れておきますφ(・ω・ )メモメモpencil

tuba姐 さん>こんばんは…
子持山は関東100名山で登る人が多い山ですし、南東側にある子持神社の
先の7号橋登山口がメインルートで、関越道の渋川ICから25分位で駐車場に
到着しますよ
ルートの途中にあるシシ岩の岩峰が子持山の名物で、天気が良ければ岩峰
の上から気持ち良い展望が楽しめると思います
体調が本調子になったら謙信と同じように関東遠征してください…rvcardash
コメントありがとうございました…

子持山は獅子岩方面からしか歩いたことありません。
天文台方面からはスノーシューで楽しめそうなところですか?
冬に挑戦してみたいですね。冬は展望もくっきりしてるでしょうから。
紅葉もそろそろ終盤、落葉を踏みしめての山歩きが気持ちよい季節となりましたね。

今月は、天候と都合と気力がうまく合致せずまだ山歩きできてません。
妙義中間道の紅葉が気になってるんですが…

kyou さん>こんにちは…
おっしゃるように自分が行きたい時と天気が中々合いませんね~
今日もこんなに晴れるとは思わずタマネギの苗を買い込んだため、午前中から
家庭菜園の手入れとタマネギの植付け作業でした…coldsweats01
子持山の天文台コースはスノーシューで楽しめそうですよ、シシ岩方面と違って
緩やかな林道区間が多いコースですし、周辺の樹林帯も葉が落ちればもう少し
展望も楽しめると思います。
自分も紅葉の季節に石門周辺の写真を撮りたいと思っていますよ~good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/60603200

この記事へのトラックバック一覧です: 子持山 天文台コース(14.11.05):

« 大源太山・七ツ小屋山(14.10.25 その2) | トップページ | 西上州 赤久縄山~雨降山(14.11.13 その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック