« 登山計画書(登山届) | トップページ | 戦場ヶ原(14.10.18 その2) »

2014年10月19日 (日)

戦場ヶ原(14.10.18 その1)



① 2014年10月18日(土)天候:晴れ
② 高山:1667.5m、戦場ヶ原≒1400m
③ コースタイム(行動時間6時間30分)
  赤沼駐車場(06:40)===竜頭の橋 (07:10)===高山(08:30)===熊窪分岐(09:00)===幕張峠(09:20)===小田代原展望台(09:40)===泉門池(10:10~10:35)===湯滝(11:05~11:40)===小田代橋(12:10)===赤沼分岐(13:00)===赤沼駐車場(13:10)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:18.303km、累積標高:±741m)
141018000

 日曜日に欠席出来ない用事があり、前回から10日ぶりの山歩きはリスクの少ないところに出かけることにし、冬場の偵察を兼ねて奥日光の戦場ヶ原を歩いて来ることにしました。

 
山と高原地図などでコースタイムを調べると、戦場ヶ原の周回コースだけでは4時間ほどで終わってしまうため、今回は戦場ヶ原の南側に位置する高山から歩くことにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 戦場ヶ原の赤岩駐車場(マップコード:735 054 894)までは家から100kmで2時間弱…、午前4時半前に自宅を出発すると関越道~国道120号線を走って現地に向かいます。

 途中で通過した日光白根山の菅沼登山口や金精峠の駐車場に10台近くの車が停まっており、金精峠や戦場ヶ原周辺では沢山のカメラマンが夜明けの写真を撮っていました。

 早朝で順調に車が走ったこともあり予定より早めに赤沼駐車場に到着すると、数十台ほど停められそうな広い駐車場が半分ほど埋まっていました。(到着時の外気温は-1℃で大分寒くなりました…)

141018002

 少し時間が早かったこともあり駐車場に車を停めてゆっくり準備をすると、国道を横切って先ずは赤沼分岐に向かって歩き始めます。

141018003

 赤沼分岐を直進すると赤沼橋の手前から竜頭の滝方面に進みます。

141018004

 さらに湯川沿いの遊歩道を進んで竜頭の橋に向かいます。

141018005

 駐車場から30分ほどで竜頭の橋ですが数人の人たちが写真を撮っていました。

141018006

 竜頭の橋を渡ると右側に高山方面の案内標識がありました。

141018007

 林道を少し進むと登山口がありシカ避けゲートを抜けて登山道を進みます。

141018008

 登山道は1502ピークを巻くように続いており綺麗な紅葉を眺めながら進みます。

141018009

 さらに進むと1565ピークの稜線に向かって急登します。

141018010

 稜線に向かう途中で木々の間から日光白根山が見えました。

141018011

 山頂に向かって進むと所どころ踏み跡の薄いところもありますが、途中に標識や案内図があって道を失うほどではありません。(所どころ獣道が交錯していました…)

141018012

 1565ピークを通過すると少し下りますが山頂に向かってさらに登り返して行きます。

141018013

 途中の稜線から中禅寺湖や黒檜岳が見えました。(ガイドブックに載っていたように稜線からの展望はあまり良くないようです…coldsweats01

141018014

 さらに登って行くと背後の樹林帯越しに男体山が見えてきました。

141018015

 登山口から1時間20分で高山の山頂に着きました。(山頂の周囲は樹林帯でした…)

141018016

 山頂の写真を撮ると小田代原に向かって下ります。

141018017

 下る途中でクサリ場を通過しましたがクサリがなくても問題なさそうです。

141018018

 山頂南側の急斜面を折り返しながら下って行くと30分ほどで熊窪分岐がありました。

141018019

 分岐点の道標に従って黄葉したミズナラ林を下ります。

141018020

 さらに下ってシカ避けゲートを抜けると周囲は黄葉したカラマツ林になりました。

141018021

 高山から50分ほどで幕張峠の分岐点に下りました。

141018022

 さらにハイブリッドバスの走る林道を進んで小田代原に向かいます。

141018023

 小田代原歩道の分岐点を通過して少し進むと小田代原が見えてきます。(背後は白根隠山と外山から延びてくる稜線です…)

141018024

 幕張峠の分岐点から15分ほどで小田代原のバス停が見えました。

141018025

 バス停を通過して小田代原の展望台に出ると見事な展望が広がりました。(左から山王帽子山~太郎山~小真名子山~大真名子山が並びます…)

141018026

 太郎山の左手前が小田代原の貴婦人と言われるシラカバです。

1410180271

 少し進むと大真名子山の右側に男体山が見えて来ます。

141018028

 小田代原の貴婦人は小真名子山と大真名子山の間になりました。

141018029

 さらに立派な遊歩道を進んで湯滝方面に向かいます。(この夏に整備されました…)

141018030

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 登山計画書(登山届) | トップページ | 戦場ヶ原(14.10.18 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/60508461

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場ヶ原(14.10.18 その1):

« 登山計画書(登山届) | トップページ | 戦場ヶ原(14.10.18 その2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック