« 戦場ヶ原(14.10.18 その1) | トップページ | 大源太山・七ツ小屋山(14.10.25 その1) »

2014年10月19日 (日)

戦場ヶ原(14.10.18 その2)

その1)から続く…

 少し進むと男体山の右側も見えて来ます。

141018031

 展望台から20分ほどで分岐点があり道標に従って湯滝方面に向かいます。(夏に来た時はここから竜頭の滝方面に向かいました…)

141018032

 分岐点から少し進むと木道歩きが終り、赤く色付いた樹木が多くなってきました。

141018033

 小田代原から10分ほどで自然研究路の分岐点を通過します。(ここから一段とハイカーの数が増えました…)

141018034

 さらに進むとベンチの置かれた泉門池があり暫らく休んで昼食タイムを取りました。

141018035

 昼食タイムを終えると先に進み湯川に架かった小田代橋を渡ります。

141018036

 遊歩道は湯川の左岸沿いに続いており、綺麗な紅葉を探しながら進みます。

141018037

 途中で見かけた青空に映える紅葉が素晴らしい…。

141018038

 泉門池から20分ほどで小滝の分岐点で、小滝の流れは帰りに眺めることにしました。

141018039

 往路は小滝の分岐点を直進して湯滝に直行します。(湯川歩道経由は大回りでした…)

141018040

 小滝から10分ほどで湯滝に到着すると沢山の観光客などで大賑わいでした。

141018041

 湯滝周辺の紅葉は素晴らしく滝の両側が赤や黄色で彩られていました。

141018042

 何十年ぶりかで眺める湯滝でもあり、滝の上に行ってみることにしました。

141018043

 遊歩道の周辺は今が見頃の素晴らしい紅葉でした。

141018044

 折り返しの石段を登って落口に登りましたが、滝の下までは見通せないようでした。

141018045

 落口から少し進むと湯ノ湖となり、湖面の先に金精山が見えました。

141018046

 湯ノ湖の周囲に遊歩道もありますが周辺の写真を撮って引き返します。

141018047

 帰りは湯滝から湯川歩道を回って小滝に下りました。

141018048

 湯滝から15分ほどで小滝に下りましたが、名称通りに落差2mほどの小さな滝でした。

141018049

 さらに往路を戻って帰りは自然研究路を歩きますが、分岐点から少し進むと見事な男体山が見えてきました。

141018050

 自然研究路は良く整備された遊歩道が続いており、行き交う人たちと挨拶を交わしながら赤沼方面に向かいます。

141018051

 分岐点から10分ほどで湯川に架かる青木橋を渡りました。

141018052

 遊歩道の左側に男体山が見えており、周囲の大湿原を眺めながら歩きます。

141018053

 少し進むと遊歩道の右奥に午前中に登った高山が見えてきました。

141018054

 さらに進んで歩いてきた湯滝方面を振り返ってみました。

141018055

 自然研究路の所どころに休憩場所が作られており、家族連れなどが一休みしながら景色を眺めていました。

1410180561

 木道横にモニュメントのような倒木がありました。

141018057

 草紅葉は少し茶色くなっていましたが、カラマツの黄葉は今暫らく楽しめそうです。

141018058

 湯川沿いで見かけたカラマツの黄葉が大変見事なものでした。

141018059

 さらに自然研究路を進んで赤沼分岐に向かいます。

141018060

 樹林帯に入る前の展望台は見納めの男体山が素晴らしいものでした。

141018061

 分岐点から40分ほどで戦場ヶ原を横切ると赤沼分岐が見えました。

141018062

 さらに往路を5分ほど歩いて赤沼駐車場まで戻ると、総行程6時間30分で戦場ヶ原周辺の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で休暇村日光湯元(入湯料900円)に寄ることにし、温かい温泉に浸かって冷えた身体を温めサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 
今回の戦場ヶ原の周回コースで見かけた人たちは数百人の規模ですが、高山の登山道で出会った人たちは全部で5人だけでした。

 戦場ヶ原は国道120号線を走った時に三本松の展望台から眺める程度で、湯滝~戦場ヶ原を歩くのは○十年ほど前に職場の人たちと歩いて以来のことでした。

 
戦場ヶ原周辺は紅葉の最盛期を過ぎた感じで、カラマツの黄葉も葉が少し落ち始めていましたが、もう暫らくの間は黄葉を楽しめそうに思えました。

 
今回もカメラと三脚をもった沢山のカメラマンを見かけましたが、この季節なら遊歩道沿いの景色を眺めてゆっくり歩き、あちこち写真を撮りながら一日楽しむのも良さそうでした。

« 戦場ヶ原(14.10.18 その1) | トップページ | 大源太山・七ツ小屋山(14.10.25 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

日光の紅葉は素晴らしいですねえ。
先日ラジオで、いろは坂通常20分位が1時間30分ほど…なんていってました。
行ってみたいけど混雑が…ってことで最適な時期に歩いたことがありません。
早起きすればいいんですが…
土曜日はどこも素晴らしい天気だったみたいですね。
私は日曜の自転車の大会に向け休養…
ちょっと残念でした。

kyouさん>こんばんは…
自分も観光シーズンは日光方面に行きたくない方ですし、戦場ヶ原も何十年ぶりかの
ハイキングでした。
この日の赤沼駐車場は8時半頃には満車になったそうですし、帰りのいろは坂も大分
渋滞していたようですね。
自分は金精トンネル経由で往復しますのでいろは坂は通りませんが、戦場ヶ原から
伊勢崎なら渋滞する時はR120から南郷経由でR122に抜けるルートが早いかも知れ
ませんね…。
先ほどkyouさんのブログを見たら「京都マラソン」出走決定ですか!、京都の街中を
走るなんてホント凄いことですよね…
走るまでの準備を含めて楽しいことでしょうし、京都マラソンでの気持ち良い快走を
お祈りしますよ。
コメントありがとうございました…

カラマツの黄葉が綺麗な季節になっていたのですね。
今年も見過ごしてしまいそうなので、こちらで楽しませて頂きます。
紅葉時期の日光は帰りのいろは坂の渋滞が怖くてどうも足が向きませんが、やはり魅力的な場所ですね。
だからこそ混むのでしょうが・・・
この日は気持ちの良いお天気でしたね。
レポのお写真にも気持ちよく歩いていらっしゃる雰囲気が伝わってきました。

mikko さん>こんばんは…
戦場ヶ原の草紅葉は少し茶色くなっていましたが、カラマツの黄葉が丁度良い
感じでした。
自分も混み合うところが苦手な口なので、今回の戦場ヶ原は何十年ぶりかの
ハイキングでしたが、早めに行動を開始して正解だったようです。
日光の先で風光明媚な人気の観光地ですし、今の時期なら帰りのいろは坂は
どうしても渋滞しちゃうでしょうね…
いっそのことなら湯元温泉などでゆっくりしちゃって、渋滞が少し落ち着いてから
帰ると言う手もありますよ。
コメントありがとうございました…

戦場ヶ原の木道を男体山を見上げながら歩くのもイイですねぇ~
湯滝と紅葉がとっても綺麗mapleshine
越後の山は赤く紅葉する木が少ないようで、真っ赤な紅葉をみるとワクワクしてしまいます。

日光に行くなら秋がイイですね。渋滞覚悟で!

tuba姐 さん>こんばんは…
新潟方面なら関越道から金精トンネル経由ですから、渋滞はそれほど心配はない
と思いますが、到着時間が遅くなると駐車場に入るのが大変かも知れませんね。
湯ノ湖のスキー場に車を停めて戦場ヶ原まで歩き、帰りはバスで帰って来ると
言うプランも考えられますよ。(東武鉄道の「駅からハイク」の反対コースです…)
湯滝辺りは紅葉見物の観光客も多く大変賑やかですが、一度位は奥日光の
紅葉見物も面白いと思います。
コメントありがとうございました…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/60508821

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場ヶ原(14.10.18 その2):

« 戦場ヶ原(14.10.18 その1) | トップページ | 大源太山・七ツ小屋山(14.10.25 その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック