« 谷川岳 西黒尾根コース(14.09.28 その1) | トップページ | 尾瀬 笠ヶ岳(14.10.08 その1) »

2014年9月29日 (月)

谷川岳 西黒尾根コース(14.09.28 その2)

その1)から続く…

三つ目のクサリ場を通過すると前方にザンゲ岩が見えてきました。

140928027

 さらに進んで氷河跡と言われる一枚岩の岩場を通過します。

140928028

 氷河跡を通過するとザンゲ岩が大分近付きました。

140928029

ザンゲ岩を通過して西黒尾根を振り返ると沢山の登山者が登って来ます。

140928030

 間もなく稜線に上がると浅間山が見え、肉眼では八ヶ岳の赤岳も見えました。

140928031

 先行する登山者の先に大きな案内標識が立っています。

140928032

 少し進んで案内標識を通過すると前方にトマの耳が見えてきました。(予想した通り山頂は沢山の登山者で賑やかでした…)

140928033

 稜線東側に燧ヶ岳~至仏山~日光白根山~上州武尊山~皇海山が見えました。

140928034

 登山口から4時間20分でトマの耳に到着しました。

140928035

 記念写真の順番に並んで山頂標識を撮ると先に進んでオキの耳に向かいます。

140928036

 山頂周辺は紅葉の盛りでオジカ沢ノ頭に続く稜線が赤く色付いていました。

140928037

 少し進んでトマの耳を振り返ると逆光に映える紅葉が見事なものでした。

140928038

 20分ほどでオキの耳に到着しましたが、こちらの山頂の方が大分賑やかでした。

140928039

 山頂の一角を借りると景色を眺めながら昼食タイムを取りました。

140928040

 オキの耳で40分ほど休むと色付いた稜線を戻ってトマの耳に向かいます。

140928041

 戻る途中で東尾根を見ると3人のパーティーが山頂を目指して登っていました。(真ん中が女性のクライマーでした…)

140928042

 さらに戻るとトマの耳の山頂が大勢の登山者で賑やかなようです。

140928043

 帰りはトマの耳を素通りすることにし、ここでオキの耳に別れを告げました。

140928044

 肩の小屋まで下って来るとこちらも大勢の登山者で大変賑やかでした。

140928045

 肩の小屋から天神尾根を下り始めると登って来る大勢の人たちが見えました。

140928046

 少し下ると色付いた俎嵓山稜が見事なものでした。

140928047

 さらに下って行くと稜線の先に天狗の溜り場が見えて来ました。

140928048

 下る途中で俎嵓からオジカ沢ノ頭に延びる稜線が良く見えました。

140928049

 トマの耳から40分ほどで天狗の溜り場まで下りましたが、天神峠の先に赤城山が霞んで見えていました。

140928050

 登りコースで使った西黒尾根の先に笠ヶ岳と朝日岳が見えました。

140928051

 さらに下ると稜線の先に赤い熊穴沢避難小屋の屋根が見えてきます。

140928052

 トマの耳から約1時間10分で熊穴沢避難小屋に下りましたが、登り優先で道を譲ったこともあり、もう少し早いコースタイムで下れそうです。

140928053

 避難小屋から20分ほど下ると天神峠の分岐点を通過します。

140928054

 さらに15分ほど下ると谷川岳ロープウェーの山頂駅が見えました。(下山する人たちが山頂駅の前に長い列を作っていました…)

140928055

 山頂から2時間10分ほどで天神平駅に下ると歩いてきた西黒尾根が良く見えました。

140928056

 山頂駅からロープウェー(片道1230円)に乗ってベースプラザに下り、さらに国道291号線を歩いて駐車場に戻ると、総行程8時間半ほどで錦秋の谷川岳登山が無事終了しました。

 駐車場に戻って道具を片付けると、帰る途中で湯テルメ谷川(入湯料:550円)に寄ることにしましたが、少し時間が早かったこともあって比較的に空いておりかけ流しの温泉に浸かって疲れを癒しサッパリしてから帰宅しました。

 ※ブログに載せ切れなかった写真についてはデジブックに掲載しました…

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 紅葉の季節の人気の100名山でもあり、今回の山歩きで行き会った人たちは全部で数百人になりますが、西黒尾根で見かけた人たちは100人ほどでした。

 
登山道の紅葉は標高1500m付近から綺麗に色付いており、山頂周辺の紅葉も今しばらくは楽しめそうな感じでした。

 
今回初めて歩いた西黒尾根ですが途中で息を継げるような緩斜面が少なく、三大急登と称されるだけの登山道と思いましたが、樹林帯を抜け出すと見事な展望が広がることもあり、健脚の人たちなら歩いて面白いコースと思いました。

 
前日噴火した御嶽山で沢山の登山者が被災されていますが、この日の谷川岳の山頂でも周囲の人たちから「御嶽山…」と言う言葉が聞えており、山歩きを楽しむ者として他人事でなく、亡くなられた皆さんのご冥福と負傷された皆さんの一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます…。

« 谷川岳 西黒尾根コース(14.09.28 その1) | トップページ | 尾瀬 笠ヶ岳(14.10.08 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、はじめまして。
mozuと申します。
ひまじんさんのブログいつも拝見しております。
とても読みやすく、参考になります。

私は谷川岳が一番好きな山で、毎年登っています。
来月、谷川岳の巌剛新道を歩いてきます。
巌剛新道の第一見晴からマチガ沢の紅葉を見るためです。

これからも、ひまじんさんのブログ楽しみにしています。

mozu さん>こんにちは…
いつもブログを見ていただき大変有難うございます
自分も皆さんのブログを見ながら山歩きを始めた部類なので、出来るだけ
分かりやすいものを…と思ってブログを作っています
巌剛新道にはマチガ沢の展望箇所があるようですし、自分も機会があれば
このルートを歩いてみたいと思っています
これを機会に今後ともよろしくお願いします
コメントありがとうございました…

こんにちは。

今年の谷川連峰の紅葉は見事だったようですね。
しかも例年より1週間ほど早かったのでしょうか?
自分は明日(9日)に行ってきます。まだ綺麗だといいのですが・・・

あと・・トマノ耳の山頂標が新しくなってますね。
以前のは9月(?)の落雷で壊れたとか聞いてましたが・・・

ハリクリ さん>こんばんは…
例年は10月上旬と言うのが相場のようですが、今年は1週間ほど早い
ようですね。(4年前の白毛門では中旬でOKでした…)
今日は尾瀬の笠ヶ岳に行ってきましたが、上の方は見頃を過ぎており、
鳩待峠周辺では見られましたので、谷川岳の中腹なら十分楽しめると
思われますよ。(霜が降りて葉先が少し茶色くなっているかも…)
コメントありがとうございました…
(PS)
山頂標柱は新しく建て替えたようですよ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/60393114

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳 西黒尾根コース(14.09.28 その2):

« 谷川岳 西黒尾根コース(14.09.28 その1) | トップページ | 尾瀬 笠ヶ岳(14.10.08 その1) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック