« 苗場山 小赤沢コース(14.09.03) | トップページ | 権現堂山(14.09.21) »

2014年9月16日 (火)

会津 磐梯山(14.09.15)



① 2014年9月15日(月)天候:薄曇り時々晴れ
② 磐梯山:1816.3m
③ コースタイム(行動時間6時間50分)
  八方台登山口(06:35)===中ノ湯跡(07:05)===弘法清水(08:25~08:30)===磐梯山(09:05~09:45)===弘法清水(10:10)===天狗岩分岐(10:35)===裏磐梯スキー場分岐(11:50)===銅沼(12:10)===中ノ湯跡(13:00)===八方台登山口(13:25)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:11.529km、累積標高:±1043m)
140915000

 前回から12日ぶりの山歩きは3連休の最終日に出かけることにし、前々から計画していた福島県の磐梯山に登って来ることにしました。

 
当初は八方台登山口から山頂往復の予定でしたが、現地到着時間が予定より少し早目で天気が良かったことなどもあり、帰りは裏磐梯側の火口原に下って銅沼を周回して来ることにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 磐梯山の八方台登山口(マップコード=413 411 335)までは自宅から約280kmで3時間半…、午前3時過ぎに自宅を出発すると関越道~北関東道~東北道~磐越道と走って現地に向かいます。

 磐越道の磐梯河東ICから一般道を走って登山口に向かいましたが、早朝のため走る車も少なく予定の時間より少し早目に八方台に到着すると、大きな駐車場に先着した車が20数台ほど停まっていました。(登山ポストと水洗トイレがありました…)

140915002

 誘導員の指示に従って第1駐車場に駐車しましたが、八方台は磐梯山の登山道の中でもっともポピュラーな登山口と紹介されており、下山した時は少し手前の第2駐車場も満車になって道路沿いに路上駐車の車が並んでいました。

 車を停めて準備すると登山口の写真を撮って歩き始めます。

140915003

 歩き始めは緩やかな登りですが周囲の樹木が色付き始めていました。

140915004

 さすがに連休中の人気の山で沢山の登山者と行き会いました。

140915005

 登山口から30分ほどで中ノ湯跡となり磐梯山の山頂が見えて来ました。

140915006

 1990年代後半に廃業した中ノ湯跡に廃墟になった建物が残っていました。

140915007

 中ノ湯跡から少し進むと裏磐梯登山口からの登山道が合わさりました。(帰りはこの分岐点に戻って来ました…)

140915008

 さらに進むと樹林帯の急登となりましたが久しぶりの山歩きで大分息が切れました。

140915009

 10分ほど急登すると展望箇所となり北東側に西吾妻山が見えました。

140915010

 さらに弘法清水に向かって尾根沿いの登山道を急登します。

140915011

 10分ほど登ると再び展望箇所があり北側に桧原湖などが見えました。

140915012

 登山道は稜線の中腹を巻くようになり樹林帯をアップダウンしながら進みます。

140915013

 10分ほどトラバース区間を進むと樹林帯越しに山頂稜線が見えて来ました。

140915014

 中ノ湯跡から70分ほどでお花畑の分岐点があり、ここは右手に進んで弘法清水に向かいました。(お花畑に進んだ方が景色が良かったようです…)

140915015

 登山口から1時間50分で弘法清水に到着しました。(水場の反対側が岡部小屋…)

140915016

 水場の少し先に弘法清水小屋があり小屋前の広場から展望が広がりました。

140915017

 東側に5月に登った安達太良山が見えました。

140915018

 桧原湖の先に見えるのが朝日岳と月山のようです。(手前にお花畑の登山道…)

140915019

 北西側に飯豊連峰の大日岳と飯豊山が見えました。

140915020

 一通り写真を撮ると先に進んで山頂に向かいます。

140915021

 弘法清水から山頂に向かう途中に展望箇所があり景色を眺めて一息入れました。(小野川湖と秋元湖の朝霧が晴れました…)

140915022

 弘法清水から15分ほどで稜線の先に山頂が見えました。

140915023

 登山道からは郡山方面の霞んだ眺望が広がっていました。

140915024

 さらにガレた登山道を進んで山頂に向かいます。

140915025

 登山口から2時間半ほどで磐梯山の山頂に到着しました。

140915026

 山頂は周囲360度の眺望が広がり、南側に大きな猪苗代湖が見えました。

140915027

 少し南西寄りに日光の女峰山と男体山、その右側に日光白根山が見えました。

140915028

 さらに右側に燧ヶ岳と会津駒ケ岳、平ヶ岳辺りも見えているようです。

140915029

 北東側の櫛ヶ峰の右裾に沼ノ平の湿原が広がります。(櫛ヶ峰の左下に登山道が見えており、これを眺めた時に火口原を回って帰ることにしました…)

1409150301

 山頂で40分ほど休んで昼食タイムを取ると賑わう山頂から下り始めました。(山頂標識の横に岡部小屋の出張所がありました…)

140915031

 山頂から25分ほどで弘法清水に下ると帰りは川上登山口方面に下ります。

140915032

 弘法清水小屋の前から下って行くとお花畑の手前を右手に下ります。(標識に川上登山口の表示がなく山と高原地図でルートを確認しました…)

140915033

 分岐点から下って行くと10数人の登山者と行き会いましたが、景色の良い猪苗代登山口から登るの人たちも多そうです。

140915034

 20分ほど下ると火口壁の縁となり見事な眺望が広がりました。(手前が銅沼…)

140915035

 少し下ると川上登山口に向かう天狗岩の分岐点となりました。

140915036

 分岐道標に従って先に進みザレた斜面をトラバース気味に下ります。

140915037

 少し下って再び火口壁の縁に出ると大迫力の火口壁が見えて来ました。

140915038

 火口壁の下降点まで下ると磐梯山の山頂に別れを告げました。

140915039

 火口壁を下り始めると広大な火口原と銅沼(あかぬま)が見えて来ます。

140915040

 急坂を30分ほど下ると右側に火口壁が見えて来ました。

140915041

 さらに下ると河原のようなガレた火口原が広がっています。

140915042

 火口原の左背後に迫力ある火口壁が連なっていました。

140915043

 コースロープ沿いに進むと裏磐梯登山口に向かう登山道になりましたが、川上登山口の分岐点を見落としたようです。(2009年の大雨と土石流でコースが荒れたようで途中で行き会った人によると最近もルートに迷って遭難騒ぎがあったと言うことでした…)

140915044

 少し進んで下ってきた火口壁を振り返りました。(櫛ヶ峰の右側の鞍部に下降点…)

140915045

 さらにアップダウンしながらスキー場の分岐点に向かいます。

140915046

 下る途中に赤さび色の小さな池がありました。(ススキの穂を見ると秋を感じます…)

140915047

 天狗岩の分岐点から1時間15分で裏磐梯スキー場の分岐点に下りました。

140915048

 分岐道標に従って銅沼方面に向かうと中ノ湯方面に向かう標識が建っています。

140915049

 ゲレンデトップの標識から右手に進むと桧原湖が良く見えました。(高度が下がったのが分かります…)

140915050

 案内標識に従って中ノ湯方面に向かう登山道を進みます。

140915051

 少し進むと紅葉の頃に再訪したくなる小さな沼がありました。

140915052

 さらに5分ほど進むと磐梯山の火口壁を一望できる銅沼に到着です…。

140915053

 銅沼の右側の崖から白い噴気が上がっていました。 

140915054

 一通り景色を眺めると中ノ湯跡を経由して八方台登山口に向かいます。

140915055

 今回の登山道で見かけた秋らしい花々で左から①エゾリンドウ、②シラタマノキ、③コウリンタンポポ、④ウメバチソウ…ですが、その他にダイモンジソウやアキノキリンソウなども沢山咲いていました。

140915056

 久しぶりの山歩きで少し疲れたようで銅沼から中ノ湯跡まで50分、さらに往路を20分ほど下って駐車場まで戻ると、総行程6時間50分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると帰る途中で汗を流すことにしましたが、最初に寄った磐梯山温泉ホテルは日帰り入浴が出来なかったため、少し走って押立温泉住吉館(入湯料800円)に寄ることにし、二種類の温泉に浸かって疲れを癒しサッパリしてから帰宅しました。(@nifty温泉のカキコミ通り気さくそうなご主人でした…)

 ※ブログに載せ切れなかった写真についてはデジブックに掲載しています…

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の磐梯山で見かけた人たちは全部で百数十人で、全体の7~8割が八方台登山口から登ったようで、猪苗代登山口や裏磐梯登山口から登る人たちはベテランさんが多かったように思いました。

 紅葉シーズン前の八方台登山口で駐車場が満車になるほどですから、シーズン本番は余程早い時間に現地入りしないと、登山口前の第一駐車場に入れそうにありません。

 
今回の磐梯山は途中から景色の良い裏磐梯側を歩いてみましたが、次に登るチャンスがあれば猪苗代登山口から歩いてみたいと思っています。

« 苗場山 小赤沢コース(14.09.03) | トップページ | 権現堂山(14.09.21) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

会津磐梯山・・・・修業時代に80代の男性(患者さんです)から「死ぬ前に一度カラオケに行ってみたいから連れて行ってくれ!」と頼まれてカラオケ行ったことあるのですが、その時に「磐梯山」(正確な曲名失念)を熱唱されたのが非常に印象に残ってます・・・・

失礼しました(ノ∀`)

少し色づいてきてますが、紅葉の時期は綺麗な山なんでしょうね。
銅沼からの景色が見事です!

ハリクリさん>こんにちは…
昔、国道49号線(越後街道)沿いの野口英世記念館から磐梯山を眺めましたが、当時は
まさか自分がここに登ろうなどと思ってもみませんでした…(笑)
裏磐梯周辺は紅葉で有名なところですし、紅葉時期に五色沼周辺で渋滞に巻き込まれた
ことがありましたので、今回は紅葉本番前に行ってみることにしました。
銅沼からの帰り道は疲れた身体に少し辛かったのですが、今となっては周回して良かった…
と思っています。
コメントありがとうございました…

磐梯山登られましたか。この周回ルートなかなかいいですよね。
私が登った時は、ガスっていましたので、山頂からの展望に恵まれませんでしたが、
このような景色なのですね。やはり展望がいい方が楽しいですね。
銅沼でブヨの攻撃を受けたことを思い出しました。

ゆず茶さん>こんばんは…
今回は天気が一番良さそうな連休最終日に行ってみましたが、青空は少なかった
ものの景色も見えてまぁ~まぁ~と言う感じでしたね。
途中、弘法清水から下り始めた頃にガスが流れて少し心配しましたが、火口原に
下った時は薄日が射すような天気になっていましたよ。
どこに出かけるのも天気が良いのがいいですよね
コメントありがとうございました…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/60324571

この記事へのトラックバック一覧です: 会津 磐梯山(14.09.15):

« 苗場山 小赤沢コース(14.09.03) | トップページ | 権現堂山(14.09.21) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック