« 霧ヶ峰 車山(14.08.05) | トップページ | コンデジ購入… »

2014年8月20日 (水)

蓼科山(14.08.19)



① 2014年8月19日(火)天候:晴れ後曇り
② 蓼科山:2530m
③ コースタイム(行動時間4時間15分)
  御泉水七合目登山口(06:55)===馬返し(07:15)===天狗の露地(07:45)===ザンゲ坂(08:05)===将軍平(08:20~08:30)===蓼科山(09:10~09:30)===将軍平(10:05)===ザンゲ坂(10:20)===馬返し(10:55)===七合目登山口(11:10)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:5.988km、累積標高:±693m)
140819000

 お盆を過ぎても中々天気が安定しませんが、ここで見送っても今暫らく好天に恵まれそうにないため
、足慣らしを兼ねて2週間ぶりの山歩きに出かけることにしました。

 
山頂までの行程が長い山は午後の雷雨が心配なこともあり、今回は1年ぶりに北八ヶ岳の蓼科山に登ることにし、七合目登山口から山頂を往復することにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 蓼科山の七合目登山口(マップコード=816 125 160)までは自宅から約100kmで2時間ほど…、現地スタート時間から逆算して午前4時半過ぎに自宅を出発すると、長野方面に向かう何時ものルートを走って現地に向かいました。

 長野県に入り上信越道から見えてきた蓼科山に雲がかかっていましたが、北側の浅間山の山頂にも雲がかかっており、予想していたように今日はどの山に行ってもあまり天気は良くなさそうです…coldsweats01

 ほぼ予定した時間で七合目登山口に到着すると先着した車が7~8台停まっていましたが、自分も登山口前に車を停めることが出来ました。(下山時は手前の大きな駐車場も沢山の車が停まっていました…)

 すぐに準備すると登山口の写真を撮って歩き始めます。 (鳥居の横に登山ポスト…)

140819002

 歩き始めは緩やかな登りですが雨が多かったためか少し湿った場所がありました。

140819003

 少し登ると歩き難いガレた登山道が始まります。(ここで行き会った人によると山頂はガスで展望がないため天狗の露地に寄った方が良いと言うことでした…coldsweats01

140819004

 20分ほどで馬返しとなりガレた登山道を折り返して登ります。

140819005

 少し登ると再び緩やかな登山道が続きます。

140819006

 さらに進んでガレた涸れ沢を登ります。

140819007

 少し登って背後を振り返ると女神湖方面が開けていました。

140819008

 ガレ沢の案内道標に従って樹林帯に進みます。

140819009

 50分ほどで天狗の露地の分岐点に着きました。(今回は通過の予定でしたが行き会った人の話しもあり天狗の露地に寄ることにしました…)

140819010

 分岐点から少し進むと北西側の展望が広がりました。(雲が多く遠望は難しい…)

140819011

 分岐点に戻り少し進むとザンゲ坂の急登が始まります。(上空はガスで真っ白です…)

140819012

 登山口から1時間20分ほどで将軍平に到着しました。

140819013

 蓼科山荘前のベンチで少し休憩するとガスの流れる山頂に向かいます。(覚悟していたとは言え景色が見えないのは何とも残念なことです…think

140819014

 蓼科山荘の先でハクサンフウロが咲いていました…。(景色の代わりに花探し…)

140819015

 こちらはイチヤクソウと思います…?。

140819016

 将軍平から少し進むと岩々の登山道が始まりました。

140819017

 さらに大きな岩ゴロの登山道を転倒に注意しながら登ります。

140819018

 30分ほどで森林限界を抜けましたが冷たい風が吹いて肌寒いほどでした。

140819019

 頂上まで5分…と読めますが『五の左側は十…」のようにも見えます。

140819020

 山頂に近づくとヤマハハコが沢山咲いていました。

140819021

 ミヤマアキノキリンソウも沢山見かけました。

140819022

 数が少なかったイワオトギリ…。

140819023

 ペンキマークに従って進むと蓼科山頂ヒュッテに到着します。(山小屋の人が昨日は午後にガスが晴れたと話していました…)

140819024

 1年ぶりの案内図ですが去年も天気が良くありませんでした。

140819025

 ヒュッテから少し進むと2時間10分で山頂となりました。

140819026

 周囲にガスが流れて展望はありませんが山頂西側の方位盤まで進みます。

140819027

 山頂の真ん中に蓼科神社奥社がありますが鳥居のペンキが塗り替えられていました。

140819028

 天気が良ければ方位盤のように周囲360度の展望が楽しめるのですが…think。(山頂からの展望はこちらのブログをご覧ください…ここをクリック…)

140819029

 写真を撮って方位盤を後にすると女性のソロハイカーが方位盤を眺めていました。

140819030

 山頂の風は冷たく待っていても天気が回復しそうにないため、次回に期待して山頂を後にすることにしました。(こんな天気でしたがこの日も大勢の人たちが登っていました…)

140819031

 帰りは休むこともなく下ることにし、山頂から将軍平が約30分、将軍平から登山口を1時間ほどで下ると、総行程4時間15分で今回の山歩きを終了しました。

 帰り道で汗を流すつもりだった白樺高原ホテルが営業時間前(13時~)だったため、今回は帰る途中にある春日温泉(入浴料700円)に寄ることにし、大きな湯船に浸かって疲れを癒しサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけた人たちは全部で100人ほどですが、今回は夏休み期間中で子供連れの登山者がいつになく多かったようでした。

 グリーンシーズンの蓼科山は今回で3回目となりますが、何れも天気にあまり恵まれず自慢の眺望は残雪期に登った時が一番良かったようでした。

 
アプローチが簡単な人気の100名山でいつも賑わう蓼科山ですが、次回は混雑を覚悟して紅葉の綺麗な季節に登ってみたいと思っています。

« 霧ヶ峰 車山(14.08.05) | トップページ | コンデジ購入… »

登山」カテゴリの記事

コメント

山頂はあいにく展望なしでも、途中花々をたくさん見られてよかったですね。
私も19日は山に行こうかなあって思ってたんですが、天気予報見て諦めた次第です。
8月は用事のある時は天気が良くって、何もないときは天気が悪い…
これからもあまりいい天気は期待できない予報…
来週は九州行きだし、今月は山から嫌われたようです。

kyou さん>こんにちは…
台風11号の通過以降も何か天気がおかしいですね…
週間予報も見ても晴れマークが少なく、今回は景色が見れなくとも良いと
思って登りましたが、やはり景色が見えないと面白くないですね…(^^ゞ
例年、お盆の関係で8月の山行回数は少ないのですが、今年は行こうと
思っても天気が悪い日が多過ぎる感じがしています
天気が不安定なようですし九州も気を付けてお出かけください…
コメントありがとうございました

S120での蓼科レポートですね。
山頂がガスで展望がなく残念です。今年の天気はおかしいですね。

フルサイズ1眼と比べれば解像度やノイズの点で少し劣りますが、なんといっても200g以下という軽さは魅力ですね。高山植物のバックのボケの感じもきれいです。RAWモードで撮れるのも魅力です。

私はS100を使っていますが、どうしても軽量化したい時などは便利です。また、サブとして持っていると便利な時が多いです。
先日の至仏山はEOS-Mにパンケーキの22ミリ単焦点のみとし、サブにS100を持ちましたが案外良い組み合わせでした。

しゃびん さん>こんばんわ…
最近のコンデジは色々機能が付いていて凄いですね~
暗部補正とかHDRとか星空撮影とか簡単に撮れるみたいですが、とても
覚え切れそうにありません…(笑)
ニコンのミラーレスならNIKON1になるんでしょうが、ズームを付けると少し
大きくなりますし、あまり食指も動かずコンデジまで行ってしまいました。
しばらく使って様子を見たいと思っています
コメントありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/60177430

この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科山(14.08.19):

« 霧ヶ峰 車山(14.08.05) | トップページ | コンデジ購入… »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック