« 北アルプス 蝶ヶ岳(14.07.29) | トップページ | 蓼科山(14.08.19) »

2014年8月 6日 (水)

霧ヶ峰 車山(14.08.05)



① 2014年8月5日(火)天候:晴れ時々曇り
② 霧ヶ峰・車山:1925m
③ コースタイム(行動時間2時間50分)
 車山高原駐車場(09:10)===TOP’S360(09:50)===車山(10:35~10:45)=== TOP’S360(11:20)===車山高原駐車場(12:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:6.294km、累積標高:±445m)
140805000

 夏休みで遊びに来た孫の希望で山歩きに出かけることにしましたが、初めに予定していた北横岳がガスに覆われていたため、すぐ西隣りの霧ヶ峰の車山を歩いてきました。

 霧ヶ峰の車山は過去2回ほど歩いていますが、車山肩の駐車場から歩くとすぐに山頂に到着してしまうため、今回は車山高原側から山頂を往復することにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 当初の予定が北横岳だったこともあり、ロープウェーの運行時間などから午前6時過ぎに自宅を出発すると、長野方面に向かう何時ものルートを走って現地に向かいました。

 しかし、県境の八風山トンネルを抜けて見えた蓼科山には雲がかかっており、すぐ南側の北横岳辺りも雲で覆われているようでした。

 このまま北横岳に登ってもガスで何も見えそうにないため、途中から予定を変更し稜線が見えていた霧ヶ峰の車山に向かうことにしました。(浅間山も中腹以上は雲の中…)

 予定を変更して向かった車山高原でしたが、ビジターセンター前の大きな駐車場は半分ほど空いており、すぐに車を停めると準備を始めます。(背後のピークが車山…)

140805002

 車山高原のサマーリフトを使えば簡単に登れますが、山歩きの定石通りハイキングコースを歩いて山頂に向かいます。(本人はヤル気満々…)

140805003

 駐車場からハイキングコースを少し進むと車山高原の眺望が広がってきます。

140805004

 駐車場から5分ほどで稜線に上がると白樺湖からのハイキングコースが合わさりました。

140805005

 すぐ東側に白樺湖が見えますがその先の蓼科山は雲で見えません。

140805006

 八子ヶ峰の右側が南八ヶ岳方面ですがこちらも雲に覆われて稜線が見えません。

1408050061

 さらにハイキングコースを進みますが相棒は先に進んで姿が見えません。

140805007

 少し進むとリフトの山頂駅が見えてきました。

140805008

 緩やかなハイキングコースはスキー場のゲレンデの中に延びており、左右の草原の中に沢山の花が咲いていました。

140805009

 駐車場から20分ほどで雲のかかった南アルプスが見えてきました。

140805010

 さらに進んで歩いてきたハイキングコースを振り返りました。

140805011

 編笠山の右奥に青空が見えており上手くいけば富士山が見えそうです。

140805012

 さらに進むとリフトの中間駅が見えました。(この辺りはスキー場の管理用道路です…)

140805013

 駐車場から40分ほどで中間駅とTOP’S360の脇を通過しました。

140805014

 ここまで登って来ると山頂から下って来る人たちが見えてきます。

140805015

 相変わらず元気な相棒は常に先頭を歩きます。

140805016

 さらに進むと山頂から大きなグループが下ってきます。(シカ避けの電柵が左右に…)

140805017

 駐車場を振り返ってみると駐車場の車が大分増えていました。

140805018

 蝶々深山に向かう分岐点に先ほどの団体が見えますが、横浜から来たと言う中学生の大きなグループでした。

140805019

 分岐点を通過すると山頂直下の急登に向かいます。

140805020

 山頂手前の急登から白樺湖が良く見えました。

140805021

 北東方向に雲のかかった浅間連峰が並びます。

140805022

 西側に蝶々深山が見えますがその先はガスが流れていました。

140805023

 山頂直下で背後を眺めながら一息入れました。

140805024

 蓼科山から左寄りに少し霞んだ榛名山と赤城山が見えました。

140805025

 駐車場から歩き始めて1時間20分ほどで車山の山頂に到着です。

140805026

 山頂の西側に蝶々深山が見え沢山の人たちが歩いていました。

140805027

 南東側の景色をバックに記念写真を撮ってみると…

140805028

 編笠山の右奥に富士山の稜線が見えていました。

140805029

 南アルプスの甲斐駒ヶ岳は中腹以上が雲に隠れていました。

140805030

 山頂の古びた方位盤に相棒は興味津々でした…。

140805031

 山頂に吹く風は少し涼し過ぎるようで周囲の景色を見ると下り始めます。

140805032

 下る途中で山頂を見ると薄いガスが流れ始めていました。

140805033

 さらに下って群馬方面の山々に別れを告げます。

1408050331

 帰り道の相棒は余裕綽々でした。(今日の日記は山歩き…)

140805034

 帰りは綺麗な花を探しながら下りましたが風が強くピントが上手く合わなかったようです。

 順不同で左から①ニッコウキスゲ、②タカネナデシコ、③コウリンカ、④ハクサンジャシン、⑤ノアザミ、⑥アキノキリンソウとなります。

140805036

 左から①ハクサンジャシン、②シャジクソウ、③タカネマツムシソウ、④コウリンカ、⑤ハクサンフウロ、⑥ミヤマコウゾリナとなります。

140805037

 この他に①イブキジャコウソウ、②ウツボグサ、③イワオトギリ、④マルバダケブキ、④ヨツバヒヨドリなども見かけましたが写真に撮れませんでした。

 帰りは山頂から1時間15分で駐車場に戻ると、総行程2時間50分で相棒の3回目の山歩きが終了しました。

 駐車場のレストランで昼食を食べると、家に帰る途中で白樺湖温泉すずらんの湯(入湯料:大人700円、小人400円)に立ち寄り、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                      …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の車山で見かけたのは全部で2~300人ですが、リフトで山頂を往復する人たちや山頂から八島湿原に下る人たちが多く、今回のコースで見かけたのは30人ほどでした。

 前回の車山は八島湿原から周回してみましたが、車山高原から八島湿原に抜けるコースも面白そうなため、次回の霧ヶ峰ではこの辺りを含めて計画したいと思いました。

 今回は久しぶりに新しいコンデジを持って歩いてみましたが、カメラの起動時間や操作性に課題が残りますが、これらに替え難いカメラの軽さも魅力的なものと思いました。

« 北アルプス 蝶ヶ岳(14.07.29) | トップページ | 蓼科山(14.08.19) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
お孫さん登場ですね♪
ご一緒に霧ヶ峰、素晴らしい山行でした✿
元気良い坊やが先頭ですね(*^_^*)
それにしても、気持ち良い緑が一面に広がりお花も!
下界の猛暑が嘘のようではないでしょうか。
方位盤を興味深げに見入る相棒さん、さすがひまじんさんのお孫さんですね^^
またお二人の山行を楽しみにしております^^

らるご さん>こんばんわ…
小3の孫は今度が3回目の山歩きでした…
車山のニッコウキスゲは少し残っていただけでしたが、ヨツバヒヨドリや
ハクサンフウロなども咲いていて、夏から秋への季節の変わり目を感じる
ことが出来ました…
大きくなると難しいでしょうが、一緒に遊んでくれる間は山歩きに行こう
と思っています
コメントありがとうございました

お孫さんと一緒の山歩きいいですね~
方位盤を覗きこむお孫さんの姿に
将来の山男さんを感じます。
いつまでも一緒に山を歩いてくれるといいですね~
霧ヶ峰も緑の色が濃くなってきましたね。
夏も涼しいといわれる霧ヶ峰
車山山頂の風は涼しすぎましたか。

mikko さん>おはようございます
自宅にあったザックなどを見て山歩きに興味を持ったようですが、
昨年の夏休みに赤城山に連れて行ったのが面白い経験になった
ようですよ
霧ヶ峰は流石に涼しかったですね、この日は日差しもなく岩陰に
入っても風が冷たかったため、早々に下ることにしました
マツムシソウやアキノキリンソウなどが咲く始めると秋が近いことを
感じますね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/60106036

この記事へのトラックバック一覧です: 霧ヶ峰 車山(14.08.05):

« 北アルプス 蝶ヶ岳(14.07.29) | トップページ | 蓼科山(14.08.19) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック