« 尾瀬 燧ヶ岳(14.07.22) | トップページ | 霧ヶ峰 車山(14.08.05) »

2014年7月30日 (水)

北アルプス 蝶ヶ岳(14.07.29)



① 2014年7月29日(火)天候:晴れ
② 蝶ヶ岳:2664m
③ コースタイム(行動時間9時間55分)
  駐車場(04:55)===三股登山口(05:10)===力水(05:35)===まめうち平(06:55)===蝶沢(07:50)===最終ベンチ(09:30)===蝶ヶ岳ヒュッテ(10:10~11:20)===最終ベンチ(11:50===蝶沢(12:40)===まめうち平(13:25~13:30)===力水(14:15)===三股登山口(14:40)===駐車場(14:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:14.788km、累積標高:±1516m)
140729000

 7月4回目の山歩きは2年ぶりに北アルプスに出かけることにし、ガイドブックで目前に聳える槍と穂高が素晴らしいと紹介されている蝶ヶ岳に行って来ることにしました。

 本来なら常念山脈の盟主・常念岳に登りたいところですが、登山道の標高差が1600mで日帰りでは少し厳しいこともあり、先ずは偵察を兼ねて同じ常念山脈の蝶ヶ岳に登ってみることにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 三股登山口の駐車場(マップコード=158 182 254)は自宅から約170kmで3時間弱…、現地スタート時間から逆算して午前2時に自宅を出発すると、上信越道~長野道と走って現地に向かいます。

 長野道の安曇野ICからナビに従って走って行くと、所どころ常念・蝶ヶ岳登山口の案内表示もあり、ほぼ予定の時間で三股登山口の駐車場に到着しました。

 ゲート前の大きな駐車場は70台分ほどの駐車スペースがあり、到着した時は7~8割の入りでしたがゲート寄りに車を停めることが出来ました。(前方の稜線右側のピークが蝶槍でした…)

140729002

 すぐに車を停めて準備すると三俣登山口に向かって林道を歩き始めます。

140729003

 駐車場から15分ほどで三股登山口となりカード提出所のポストに登山届を投函します。

140729004

 登山口から少し進むと分岐点があり蝶ヶ岳まで6.2kmの表示がありました。

140729005

 道標に従って沢沿いを10分ほど進むと本沢を渡ります。

140729006

 さらに樹林帯の緩やかな登山道を進みます。

140729007

 駐車場から40分ほどで力水を通過します。(冷たく美味しい水でした…)

140729008

 最終水場から10分ほど急登すると通称=ゴジラの木がありました。

140729009

 登山道の周囲はカラマツ林となり緩やかな登り坂が暫く続きました。

140729010

 10分ほどでカラマツ林を抜け出すと木々の間から稜線が見えてきます。(後で前常念岳の稜線と分かりました…)

140729011

 さらに10分ほど進むと三股まで2kmの道標が立っていました。

140729012

 2km道標を過ぎると樹林帯の登山道となり短く折り返しながら高度を稼ぎます。

140729013

 10分ほど登ると前方の稜線に蝶ヶ岳ヒュッテが見えました。

1407290131

 さらに5分ほど進むと樹林帯の間に常念岳が見えました。

140729014

 この辺りは良く整備された登山道が続きます。

140729015

 駐車場から2時間ほどでマメウチ平に着きました。(ここまでは順調でした…)

140729016

 マメウチ平からは針葉樹林帯の緩やかな登山道が続きます。

140729017

 しばらく進むと標高2000m地点の標示板がありました。(ほぼ中間点のようです…)

140729018

 中間点を過ぎると急登する登山道が始まり左右に折り返しながら登ります。

140729019

 中間点から30分ほどで樹林帯が切れると右後方に常念岳が見えました。(大分登ってきたのが分かります…)

140729020

 駐車場から3時間ほどで水の涸れた蝶沢を通過しました。

140729021

 蝶沢辺りから岩角の鋭い歩き難い岩々の登山道が続きます。

140729022

 時々樹林帯が切れると常念岳が見えますが上空の雲が少し増えたようです。

140729023

 蝶沢から40分ほどで第一ベンチを通過します。(岩ゴロでピッチが落ちました…)

140729024

 さらに歩き難い岩ゴロの登山道が延々続きます。(下山中の人たちとこの道は大変だぁ~と言葉を交わします…coldsweats01

140729025

 第一ベンチから45分ほどで前方に蝶槍が見えてきます。(山頂に人影が見えました…)

140729026

 さらに進むと針葉樹林帯を抜け出し周囲が明るい灌木帯となりました。(この辺りから花が多くなります…)

140729027

 駐車場から4時間30分で最終ベンチを通過します。

140729028

 さらに山頂に向かって明るくなった登山道を進みます。

140729029

 登山道の北側に常念岳が見えますがこの時間になってガスが湧いてきました。(下山中の人たちは槍・穂が良く見えると話していました…)

140729030

 最終ベンチから25分ほどで大滝山の分岐点となりました。

140729031

 分岐点の周辺でシナノキンバイやミヤマキンポウゲが沢山咲いていました。

140729032

 さらに森林限界を進んで山頂の稜線に向かいます。

140729033

 駐車場から5時間ほどで蝶ヶ岳ヒュッテが見えました。(もう少し早いコースタイムを狙っていたのですが…coldsweats01

140729034

 さらに進むと前方に槍ヶ岳が見えてきます。

140729035

 蝶ヶ岳ヒュッテの先に穂高連峰と槍ヶ岳の素晴らしい稜線が続きます。(今回はこの景色を眺めにきました…)

140729036

 山と高原地図のコースタイムとほぼ同じ5時間15分で蝶ヶ岳ヒュッテに着きました。(裏側にボランティアの診療所…)

140729037

 ヒュッテの正面側は学生登山のグループで賑やかなため、先に進んで瞑想ノ丘のピークに向かいます。

140729038

 瞑想ノ丘に上がると蝶槍に向かう大きな団体が見えますが、右奥の常念岳は白いガスに包まれてしまいました…think

140729039

 蝶槍の山頂に登っている登山者が見え、その先に大天井岳が良く見えました。

140729040

 北西側に登山者憧れの槍ヶ岳が見事な姿を見せてくれました。

140729041

 西側は梓川を挟んで穂高連峰が手を取るように見えています。

140729042

 帰りの道中も大変そうなため今回は蝶槍は断念して蝶ヶ岳最高点に向かいます。

140729043

 蝶ヶ岳ヒュッテの南側のピークが最高点で標識は蝶ヶ岳山頂となっています。

140729044

 山頂の写真を撮るとヒュッテ前に戻って昼食タイムとしました。

140729045

 周囲の素晴らしい景色を眺めて昼食タイムとしましたが、南西側の霞沢岳の先に乗鞍岳が見えていました。

140729046

 霞沢岳と穂高岳の間に焼岳が良く見えました。

140729047

 穂高岳の左側から前穂高岳~奥穂高岳~涸沢岳~北穂高岳が並びます。

140729048

 槍ヶ岳の左側に大喰岳と中岳が並び、右側に東鎌尾根が続いています。

140729049

 素晴らしい景色を眺めながら1時間ほど休憩すると名残りを惜しんで下山を始めました。

140729050

 今回の蝶ヶ岳の登山道で見かけた花々を並べてみました。(花の並び順は適当です…)

 左から①ヤマアジサイ ②ハナチダケサシ ③ゴゼンタチバナ ④ホソバソバナ ⑤センジュガンピ ⑥モミジカラマツ となります…

140729051

 左から① カラマツソウ ②ハクサンフウロ ③ハクサンコザクラ ④サンカヨウ ⑤シナノキンバイ ⑥ナナカマド となります…

140729052

 左から①イワカガミ ②ミヤマキンバイ ③キヌガサソウ ④ミヤマダイコンソウ ⑤アオノツガザクラ ⑥ミヤマキンポウゲ となります…

140729053

 下る途中のマメウチ平で少し休憩しましたが、蝶ヶ岳ヒュッテから3時間30分で駐車場に戻ると、総行程9時間55分で今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って車に道具を片付けると、家に帰る途中でほりでーゆ~四季の郷(入湯料530円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

 ※今回の山歩きでは写真の枚数が多くなったこともあり、ブログに載せられなかった写真についてはデジブックに掲載しました。

                                      …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の蝶ヶ岳で見かけた人たちは全部で百数十人ですが、学生登山のグループは上高地側から登ったようで、三股コースの登山道で見かけたのは数十人ほどでした。

 
5年前に登った燕岳の合戦尾根は北アルプスの三大急登として有名ですが、今回の蝶ヶ岳の急登もかなりなもので岩ゴロの登山道が苦手な自分としては、今回の蝶ヶ岳のコースの方が大変だったように思いました。

 今回の蝶ヶ岳は常念岳登山の偵察を兼ねて登ってみましたが、一ノ沢コースの登山道はコースも長く登る途中に常念小屋があるとは言え、登る季節を含めもう少し検討した方が良さそうです。(健脚な人たちがうらやましい…)

« 尾瀬 燧ヶ岳(14.07.22) | トップページ | 霧ヶ峰 車山(14.08.05) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

お邪魔します!

景色が素晴らしいですね!

私も登りたいです

幸奈さん>こんばんわ…
高尾山に登るような訳には行きませんが、山頂に蝶ヶ岳ヒュッテもありますし、
山小屋に泊まって行動すれば1日の行程が大分楽になります。
また、天気が良ければモルゲンロートの槍ヶ岳や山麓の夜景なども楽しむ
ことが出来ると思いますよ…
ご覧をいただき有難うございました

こんばんは✿
ひまじんさん、蝶ヶ岳に登られたのですね^^
2年前の北アルプス山行が蝶ヶ岳だったので、とても懐かしくて!
危険箇所もなく比較的登りやすいと言われてましたが、かなりきつくて参りました(^_^;)
でも蝶ヶ岳から見る穂高連峰には圧倒されるものがありますね。
ひまじんさんもお天気に恵まれ最高でしたね!
私は蝶ヶ岳ヒュッテに宿泊して次の日ピストンで戻ればよかったのに、常念まで行って
周回したので、脱水疲労で倒れそうになった苦い思い出もあります(>_<)
でも、ひまじんさんのレポを拝読して蝶ヶ岳またぜひ登りたくなりました!
素晴らしい風景をありがとうございますm( _ _ )m


らるご さん>こんばんわ…
手持ちのガイドブックを見るとこの辺りはアルプス入門コースと紹介されて
いますが、実際に歩いてみると思っていた以上に大変なコースでした。
今回は天気も良く常念岳は早めにガスに包まれましたが、狙っていた槍ヶ岳と
穂高連峰は最後まで見えて、とても感動的な一日になりました。
こんな気持ちの良い景色が見られるなら、登りが少し大変でも再び行きたく
なっちゃいますよね…
自分も出来れば山小屋泊りでユックリ楽しめる山歩きがいいですね。
コメントありがとうございました…

天候に恵まれ最高の山歩きだったみたいですね。
三股からだったら日帰りできるんですね。
私は以前同じ三股から常念でテント泊、そして蝶ヶ岳で下山したことがあります。
蝶ヶ岳ヒュッテでの生ビールが最高の思い出。そして素晴らしい景観でした。
デジブックも堪能させてもらいまた歩きたくなりました。

kyou さん>こんにちわ
今回は天気予報が当たって気持ちの良い好天でしたね…(常念は少し早めに
ガスってしまいましたが…)
最近のヤマレコを見ると三股~常念~蝶ヶ岳~三股を日帰りで周回している
レポがありますね…
自分が山頂で言葉を交わした若い人は4時半に三股を出発して、常念を回って
蝶ヶ岳に来たと話していましたから、9時間位で周回する感じでした。
kyouさんの足なら蝶ヶ岳の往復は余裕のような気がしますよ…
コメントありがとうございました…

精力的に山に出かけていますね。
蝶ヶ岳は行きたい場所のひとつですが、登ったことがありません。
三俣コース…厳しいので私などは避けたい登山道ですが
長いコースを日帰りされて流石です。

花の写真…このように展示されると、とても素敵ですね。

ゆず茶 さん>こんにちわ
今年は2月の大雪と長梅雨で山行回数が少なくなっていますし、歩ける内に
回数を取り戻したいと思って出かけています。
蝶ヶ岳は急登とは分かっていましたが、予想以上に歩き難い登山道が続き、
行き会った同世代の人たちと大変だぁ~と言葉を交わしていました…
それでも稜線に上がって見事な景色を見た時に、登って良かったとつくづく
思いました…shine
探せばもっと色々な花があったんでしょうが、道中で目についた花を撮って
まとめてみました。
やっぱり景色が見られる好天の山歩きがいいですね…
コメントありがとうございました

おおっ!素晴らしい景色!写真!
最高の天気のもとでの山行!
まさに山登り日和!

安曇野ICから登山口までは所々標識があるのですね
9月に三俣からの蝶~常念を計画してまして色々と参考にさせて頂きます。

ハリクリ さん>どうもです…
今回は天気予報通りの好天になりました…
IC下りてから何か所かで標識を確認しましたが、カーナビにマップコードを入れて
もらえればナビ任せで大丈夫です…
カーナビにマップコードがセット出来ない場合は、ほりでーゆ~四季の郷がランド
マークで、四季の郷から舗装の林道を走って行けば駐車場に到着しますょ…
9月に縦走される時は好天に恵まれるといいですね…
コメントありがとうございました

情報ありがとうございます!

 槍から穂高の山が圧巻ですね。さすがに天気も良いですが、カメラも腕も素晴らしい。特に解像度がすごいですね。リサイズ前の写真はさぞすごいだろうと推測いたします。2年前に登った槍穂のルートが丸見えです。楽しませていただきました。
 蝶ヶ岳自体は、はるか昔の9月の連休にテント1泊で行った記憶があります。
テント場が混んでいてトイレに行ったら自分達のテントがわからなくなって困った記憶があります。
 来週は台風が心配ですが、山の予定です。happy01

しゃびん さん>こんばんわ…
写真をお褒めいただきありがとうございます
今回は好天が予想されたこともあり、D800に28~300のズームを付けて持って
行きましたが、流石に重くて次からはコンデジでもいいやと考えています…(^^ゞ
北アルプスは良いですね、事情が許せば縦走を…とは思っているのですが
中々実現出来ていません…
来週末は台風11号が近づいて天気が下り坂のようですが、しゃびんさんの
山行の際は天気が持ってくれるといいですね…
コメントありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/60067448

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス 蝶ヶ岳(14.07.29):

« 尾瀬 燧ヶ岳(14.07.22) | トップページ | 霧ヶ峰 車山(14.08.05) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック