« 粟ヶ岳(14.07.02) | トップページ | 尾瀬 燧ヶ岳(14.07.22) »

2014年7月13日 (日)

浅間 前掛山(14.07.12)



① 2014年7月12日(土)天候:晴れ一時曇り
② 前掛山:2524m、黒斑山:2404m
③ コースタイム(行動時間9時間05分)
  車坂峠駐車場(05:05)===トーミの頭(06:35)===湯ノ平口(07:20)===前掛山登山口(07:40)===釜山分岐(08:45)===前掛山(09:15~09:40)===釜山分岐(09:55)===前掛山登山口(10:35)===Jバンド(11:25)===仙人岳(11:55~12:10)===蛇骨岳(12:30)===黒斑山(13:00)===トーミの頭(13:15)===車坂峠駐車場(14:10)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:14.915km、累積標高:±1423m)
140712000

 前回から10日ぶりの山歩きに出かけることにしましたが、台風一過で猛暑との天気予報もあり標高の高いところの方が涼しくて良さそうなため、4年ぶりに浅間の前掛山に行って来ることにしました。

 
前2回の前掛山は何れも浅間山荘側から歩いているため、今回は初めて車坂峠側から歩いてみることにし、帰り道でJバンドから黒斑山を回って来ることにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 車坂峠の高峰高原ビジターセンターの駐車場(マップコード=85 866 171)までは自宅から約90kmで1時間半ほど、午前3時過ぎに自宅を出発すると上信越道の松井田ICから高速を走って現地に向かいます。

 今回は中部横断道の佐久北ICから一般道を走って高峰高原に向かいましたが、早朝で走る車もほとんどなく予定より少し早めに車坂峠に到着すると、ビジターセンターの駐車場に先着した車が10数台停まっていました。

140712002

 駐車場から少し戻ったところに登山口があり案内図の横に登山ポストがありました。

140712003

 往路は表コースからトーミの頭に向かい、復路は中コースを戻って来る予定です。

140712004

 登山口から15分ほどで車坂山ですが雲海上の八ヶ岳は白く靄っていました。

140712005

 車坂山から少し下るとガレた急登を登り返して槍ヶ鞘に向かいます。

140712006

 登山口から40分ほどで展望が広がりますが北アルプスは白く霞んで写真になりません。

140712007

 さらに進むとトーミの頭の先に前掛山が見えてきました。(こちらも写真になりません…)

140712008

 登山口から1時間10分ほどで槍ヶ鞘のシェルターを通過します。

140712009

 槍ヶ鞘のピークを越えると浅間山のビューポイントですが、この時間帯は逆光が強く写真になりません。

140712010

 さらに進んでトーミの頭に向かいます。

140712011

 登山口から1時間30分でトーミの頭となりました。

140712012

 南東側は雲海をバックにした剣ヶ峰で、右奥の奥秩父方面は白く霞んでいました。

140712013

 少し進むと草すべりの分岐点となり往路は右に下って湯ノ平に向かいます。

140712014

 先行する二人連れが草すべりの急坂を下っています。

140712015

 草すべりを下る途中でシャジクソウやキバナノヤマオダマキなどが咲いていました。

140712016

 40分ほど下ってトーミの頭と黒斑山を振り返りました。

140712017

 トーミの頭から約45分で湯ノ平口の分岐点となりました。

140712018

 湯ノ平口からさらに左に進んで前掛山登山口(Jバンド分岐)に向かいます。

140712019

 分岐点から20分ほどで前掛山登山口となりました。(帰りは左に進んでJバンドへ…)

140712020

 前掛山登山口から少し進むと左側に仙人岳~虎ノ尾の稜線が見えました。

140712021

 さらに10分ほどで森林限界を抜けると第二外輪山の絶壁が大迫力でした。

140712022

 さらに前掛山の北西斜面を進んで釜山分岐に向かいます。

140712023

 40分ほど登って一息入れながら振り返りました。(大分登ったのが分かります…)

140712024

 登山道の北西側に四阿山が見えますが、その先は白く霞んで遠望は難しそうです。

140712025

 前掛山登山口から1時間ほどで釜山分岐になりますが、現在は釜山(浅間山)が立入禁止になっています。

140712026

 肉眼では外輪山の先に北アルプスが霞んでいますが、写真に撮るのは中々難しい条件のようです。

140712027

 釜山分岐から少し右に進むと二つのシェルターが並んでいます。

140712028

 さらにガレた登山道を進んで前掛山の山頂に向かいます。

140712029

 車坂峠から約4時間10分で前掛山の山頂に着きました。(周囲に10数人の人たち…)

140712030

 南側に薄い雲が湧いて八ヶ岳などは見えませんが、黒斑山の先に残雪の北アルプスが並んでいました。

140712031

 山頂で景色を見ながら昼食タイムを取ると往路を下って前掛山登山口に戻ります。

140712032

 前掛山登山口に下った後は向こう側に見える第二外輪山を歩いて車坂峠に戻ります。

140712033

 下る途中からJバンド周辺を歩く人たちが見えました。

140712034

 山頂から50分ほどで森林限界まで戻って来ましたが、薄い雲が湧いてトーミの頭の周辺が日に陰ってしまい、この先の天気具合が少し心配でした。(その後は回復しました…)

140712035

 前掛山登山口の分岐点から右手に進むと20分ほどでJバンドに取り付きます。

140712036

 少し登って振り返ると歩いてきた登山道の先に剣ヶ峰が見えました。(右奥は蓼科山…)

140712037

 さらにガレた登山道を進んで稜線に上がります。

140712038

 前掛山登山口から50分ほどでJバンドの稜線に上がりました。(稜線の先が今回パスした鋸岳となります…)

140712039

 さらに虎ノ尾の稜線を進んで仙人岳に向かいます。

140712040

 途中のピークに上がると仙人岳と白ゾレが見えました。

140712041

 歩いてきた稜線の先に浅間隠山が見えました。(好天なら尾瀬の燧ヶ岳なども…)

140712042

 北側に横手山と岩菅山などが見えますが、その右側は山の形が良く分かりません。

140712043

 さらに進んで仙人岳の山頂に向かいます。

140712044

 前掛山から2時間15分で仙人岳に到着すると少し休んで行動食を取りました。

140712045

 仙人岳から前掛山を眺めると山頂周辺などに沢山の登山者が見えました。

140712046

 15分ほど休憩すると先に進んで蛇骨岳に向かいます。

140712047

 少し進んで蛇骨岳の稜線に上がると黒斑山が大分近づきました。

140712048

 仙人岳から20分ほどで蛇骨岳に到着します。

140712049

 蛇骨岳からは浅間山と前掛山が良く見えました。

140712050

 これから向かう黒斑山の左奥に剣ヶ峰が見えています。

140712051

 蛇骨岳から少し進んで歩いてきた仙人岳方面を振り返りました。

140712052

 さらに外輪山沿いを進んで黒斑山に向かいます。

140712053

 前掛山から3時間20分で登山者で賑わう黒斑山に着きました。

140712054

 黒斑山から15分ほど下ってトーミの頭に到着すると、往路と同じ場所で前掛山の写真を撮ってみました。(やはり順光の方が綺麗ですね…)

140712055

 少し左側に歩いてきた蛇骨岳~仙人岳~虎ノ尾~鋸岳の稜線が続きます。

140712056

 南側に奥秩父の山並みが霞んで見えますが今回は富士山が見えませんでした。

140712057

 予定通り復路は中コースを下ることにし、樹林帯の涼しい登山道を50分ほど下って駐車場に戻ると、総行程9時間5分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る前に高峰高原ホテル(入湯料800円)に寄って汗を流すことにし、一風呂浴びてサッパリするとアイスコーヒーを飲んでから帰宅しました。

 ※ブログに掲載出来なかった写真はデジブックに掲載しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きの途中で見かけた人たちは全部で百数十名ほど、久しぶりの好天の土曜日に加えて人気の100名山と言うこともあり、早朝から大勢の人たちが歩いていました。

 前回、新潟の粟ヶ岳で暑さにバテたこともあり、今回は標高の高い山で暑さを凌ぐことにしましたが、標高2000mの車坂峠に到着すると流石に涼しく、この季節にお奨めの山歩きを改めて実感しました。

 
前掛山は今回で3回目となりますが、次回歩くとすれば景色の良い季節と言うことで、紅葉のシーズンか少し残雪の多い頃に歩いてみたいと思っています。

« 粟ヶ岳(14.07.02) | トップページ | 尾瀬 燧ヶ岳(14.07.22) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ほんといい天気でしたねえ
この時期はやはり標高の高いところの山歩きが気持ちよさそうですね。
かなりのロングコースお疲れさまでした。
浅間山はだいぶ前に登ってますがもう記憶が薄れてます。
詳細なレポで登ったような気にさせてもらいました。
蛇骨岳の稜線から眺める浅間山の写真グッドです。
緑がせり上がり徐々に森林限界となり、シンプルな山肌への変化は見ごたえあります。

kyou さん>こんにちわ
浅間山周辺は良く出かけていますが、グリーンシーズンに前掛山を眺める
のは今回が初めてでした。
前掛山に行った時は丁度雲が湧いていて、南側が見えなかったのが少し
残念ですが、これだけ景色が楽しめれば十分でした。
来週辺りには梅雨明けの予定のようですし、これからの季節は涼しいところが
いいですね…
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/59976887

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間 前掛山(14.07.12):

« 粟ヶ岳(14.07.02) | トップページ | 尾瀬 燧ヶ岳(14.07.22) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック