« 安達太良山(14.05.31) | トップページ | 黒姫山(14.06.20) »

2014年6月15日 (日)

奥日光 千手ヶ浜(14.06.14)



① 2014年6月14日(土)天候:晴れ時々曇り一時にわか雨
② 千手ヶ浜:1274m
③ コースタイム(行動時間:6時間30分)
  竜頭の滝駐車場(06:00)===熊窪(07:05)===千手ヶ浜(07:20)===仙人庵(07:25~07:45)===西ノ湖(08:30~08:40)===西ノ湖バス停(09:00)===弓張峠(10:15)===小田代ヶ原(10:25)===展望台(11:05~11:40)===石楠花橋(12:05)===竜頭の滝駐車場(12:30)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:19.417km、累積標高:±626m)
140614000

 梅雨入りしてからハッキリしない不安定な天気が続いていましたが、今週半ばから晴れ間も見え始めたこともあり、2週間ぶりの山歩きはクリンソウで有名な奥日光の千手ヶ浜に行って来ることにしました。

 千手ヶ浜には
戦場ヶ原の赤岩車庫から低公害バスが運行していますが、今回は竜頭の滝を起点として千手ヶ浜から小田代ヶ原を周回するコースを歩くことにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点となる竜頭の滝駐車場(マップコード=735 024 498)は自宅から約100kmで2時間弱…、午前4時に自宅を出発すると関越道~国道120号線を走って現地に向かいます。

 関越道から見えた谷川岳は雲に隠れており、日光白根山の菅沼登山口周辺では霧雨も降っていましたが、金精トンネルを抜けると晴れ間が見え天気は大丈夫そうでした。

 
予定より少し早めに竜頭の滝の駐車場に到着すると、先着していた車は数台だけで予定したコース通りに歩くことが出来そうです。

140614002

 早速、車を停めて準備をすると国道を渡って中禅寺湖周回線歩道に向かいました。

140614003

 駐車場から10分ほどで中禅寺湖周回線歩道(以下、遊歩道…)の入口となりました。(入口の右横に臨時駐車場があり千手ヶ浜の往復ならこちらの方が便利そうです…)

140614004

 道標に従って先に進むと良く整備された遊歩道になりました。

140614005

 時々樹林帯が切れると中禅寺湖や周辺の山々が見えました。

140614006

 遊歩道の所どころで山ツツジが咲いていましたが、花ビラが落ち始めて花の盛りは過ぎた感じでした。

140614007

 さらに進むと階段を登り下りしましたが赤岩の道標は見落としたようです。

140614008

 中禅寺湖の対岸に半月山辺りの稜線が見えました。

140614009

 さらに10分ほど進むと大きなトチノキ林のある橡窪を通過します。

140614010

 トチノキ林を抜けて中禅寺湖畔に出てみましたが、静かな湖面の先に見えるのが社山の稜線のようです。

140614011

 湖畔から遊歩道に戻るとさらに進んで熊窪方面に向かいます。

140614012

 少し進むと山ツツジが群生していましたがこの辺りは既に見頃を過ぎていました。

140614013

 中禅寺湖の対岸に黒檜岳が見えてきましたが、千手ヶ浜の少し先に黒檜岳の登山口があるようです。

140614014

 駐車場から1時間ほどで熊窪の分岐点を通過しました。

140614015

 熊窪から先に進んで千手ヶ浜に向かいますが、この辺りから行き来する人たちが増えたようです。

140614016

 駐車場から1時間20分ほどで千手ヶ浜となりましたが、クリンソウの群生地はシカの食害で荒らされてしまい、現在は少し先の仙人庵周辺で保護されているようです。

140614017

 千手ヶ浜から男体山が良く見えますが、山頂周辺に薄いガスが残っていました。(観光船の桟橋があります…)

140614018

 千手ヶ浜から先に進んでクリンソウの群生地に向かいます。

140614019

 仙人庵に向かう途中で2つの橋を渡ります。(この吊り橋は2つ目の乙次郎橋…)

140614020

 橋を渡ると仙人庵となりシカ避けの網で囲われたクリンソウの群生地がありました。

140614021

 クリンソウは2段目・3段目の花が咲き始めており、今が見頃の感じで大勢の人たちが写真を撮っていました。

140614022

 少し進むと小さな流れに沿ってクリンソウが沢山咲いています。

140614023

 周辺では沢山の観光客や大勢のカメラマンで大変賑やかでした。

140614024

 ここでユックリ写真を撮っていたいところですが、この先もあり一通り写真を撮ると西ノ湖に向かいます。

140614025

 仙人庵から少し戻って西ノ湖方面に進みますが周辺はマルバダケブキの大群落でした。

140614026

 西ノ湖に向かう遊歩道も良く整備されておりアップダウンのない歩きやすい道でした。(千手の森歩道と言うようです…)

140614027

 20分ほど歩くと周辺が明るいカラマツ林に変わりました。

140614028

 仙人庵から30分ほどで柳沢川に架かる吊り橋を渡りました。

140614029

 吊り橋から先に進むと西ノ湖に到着しましたが、ネットで見た写真に比べると大分水量が増えていました。(ここで少し休んで行動食を取りました…)

140614030

 西ノ湖から20分ほど歩いて西ノ湖入口のバス停を通過します。(ここから低公害バスで移動しても良かったようです…)

140614031

 西ノ湖バス停から小田代ヶ原に向かいますが林道を少し歩いて遊歩道に進みます。

140614032

 こちらの遊歩道は歩く人が少ないようで途中で見かけたのは1組の夫婦連れだけでした。

140614033

 途中の分岐点を過ぎるとアップダウンが続きますが、外山沢に近くなると緩やかな遊歩道になりました。

140614034

 遊歩道入口から1時間ほどで弓張峠手前の林道に上がります。

140614035

 さらに5分ほどで弓張峠の分岐点に到着します。(ネットの情報通りで一部区間が工事で通行止めでした…)

140614036

 弓張峠の分岐点から左に進み小田代ヶ原に向かって少し下ります。

140614037

 途中でシカ避けゲートを通過しましたが10分ほどで小田代ヶ原に到着します。(ここから右側が通行止めでした…)

140614038

 小田代ヶ原の木道に出ると左に進んで湯滝方面に向かいます。

140614040

 小田代ヶ原の北東側には小真名子山~大真名子山~男体山が見えました。

140614039

 小田代ヶ原沿いの木道を10分ほど進むと分岐点があり、ここから右に進んで石楠花橋方面に向かいます。

140614041

 小田代ヶ原に沿って1車線の木道を進みます。(この辺りでにわか雨となりました…)

140614042

 小田代ヶ原の北西側には湖上山から外山に続く稜線が見えました。

140614043

 湯滝の分岐点から15分ほどで赤岩沼方面からの遊歩道に合わさりました。

140614044

 ここは分岐道標に従って左に進み、石楠花橋に向かってさらに進みます。

140614045

 石楠花橋に向かう途中に太郎山などが見える展望台があり、ここで景色を眺めながら昼食タイムを取ることにしました。

140614046

 30分ほどの昼食タイムを終えると石楠花橋方面に向かってさらに進みます。

140614047

 途中で赤沼方面に向かう遊歩道を分けますが、展望台から20分ほどで石楠花橋が見えてきました。

140614048

 梅雨時で湯川の水量が多く少し濁った感じでした。

140614049

 石楠花橋を通過すると湯川沿いの遊歩道を下って竜頭の滝の駐車場に向かいます。

140614050

 湯川の流れに沿って幾つかの撮影ポイントがあるようで、数人の人たちがカメラを構えて写真を撮っていました。

140614051

 撮影ポイント周辺にツツジの花が少ないようですが水量の多い滝は豪快なものでした。

140614052

 竜頭の滝の駐車場から歩き始めて6時間半…、予定したコースを周回して竜頭の滝の頭に戻ってきました。

140614053

 山歩きの最後に竜頭の滝の写真を撮ると、すぐ横の竜頭の滝駐車場に戻って6月初めての山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って車に道具を片付けると、家に帰る途中で休暇村日光湯元(入湯料872円)に寄ることにし、汗を流してから帰宅の途につきました。

 ※ブログに掲載出来なかった写真はデジブックに掲載しました…

                                      …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 
千手ヶ浜周辺や小田代ヶ原周辺では大変多くの人たちを見かけましたが、西ノ湖バス停~弓張峠の間で見かけたのは2組の夫婦連れだけで、千手ヶ浜は低公害バスを使う人たちが多かったようです。

 
小田代ヶ原は今回初めて歩きましたが、工事の関係で小田代ヶ原の貴婦人に出会うことは叶いませんでしたが、次回の小田代ヶ原は紅葉の頃に訪ねてみたいと思いました。

 
梅雨に入ってから10日余り、例年梅雨時の山行回数は少なくなりますが、今年の夏は天候不順と言う予報もある中で、果たして何回出かけることが出来るでしょうか…。

« 安達太良山(14.05.31) | トップページ | 黒姫山(14.06.20) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/59817776

この記事へのトラックバック一覧です: 奥日光 千手ヶ浜(14.06.14):

« 安達太良山(14.05.31) | トップページ | 黒姫山(14.06.20) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック