« 榛名 水沢山(14.05.04) | トップページ | 金峰山(14.05.17) »

2014年5月11日 (日)

物見山・八風山(14.05.10)



① 2014年5月10日(土)天候:晴れ
② 物見山:1375.4m、八風山:1315.2m
③ コースタイム(行動時間:5時間35分)
 神津牧場駐車場(07:05)===物見岩(07:45)===物見山(08:30~08:40)===香坂峠(09:10)===矢川峠(09:40)===八風山(10:25~10:50)===矢川峠(11:20)===香坂峠(11:55)===神津牧場駐車場(12:40)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:14.249km、累積標高:±1017m)
140510000

 日曜日に自治会の定例行事もあり、ハードな山歩きやあまり遠出するのは翌日に疲れが残るため、前回から1週間ぶりの山歩きはこれまで歩いてなかった西上州の物見山と八風山に行ってくることにしました。

 群馬100名山のガイドブックで物見山を見ると、神津牧場から2時間半ほどで周回してしまうため、今回は少し北側にある八風山と合わせて歩くことにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点となる神津牧場の駐車場(マップコード:292 284 263)までは自宅から60km弱で1時間40分ほど…、午前5時15分頃に自宅を出発すると一般道を走って下仁田方面に向かいます。

 安中~富岡~下仁田と走って国道254号線に出ると、内山トンネル手前から右折して神津牧場方面に向かい、ほぼ予定通りの時間で現地に到着すると牧場手前の大きな駐車場に一番乗りでした。 (駐車場の先のトイレは午前7時から使えるようです…)

 すぐに車を停めて準備をすると左奥の階段を登って物見岩に向かいます。(冷たい西風が吹いていたため最初はジャケットを着込んでスタートしました…)

140510002

 駐車場から延びる登山道は良く踏まれており道迷いの心配はなさそうです。(登山道周辺は芽吹きが始まったところでした…)

140510003

 駐車場から35分ほどで妙義荒船林道(以下、スーパー林道)を横切りました。(林道を右に進むと物見山の登山口に向かいます…)

140510004

 林道から10分ほどで物見岩に到着しました。(左奥のピークが物見山…)

140510005

 物見岩の北東側にギザギザピークの妙義山が見えました。

140510006

 南側に経塚山~御岳~ローソク岩~兜岩山のピークが見えています。

140510007

 南西側に少し霞んだ八ヶ岳のピークが並んでいます。

140510008

 南八ヶ岳の主峰群に大分雪が残っているようです。(残雪歩きを楽しむ人たちが大勢登っているんでしょうね…)

140510009

 物見岩から少し下るとミツバツツジが咲いていました。(ここだけ咲いていました…)

140510010

 さらに下ると南側の素晴らしい展望が広がりました。

140510011

 経塚山の左手前に艫岩の絶壁が見えますが逆光だったのが残念でした。

140510012

 ローソク岩の左側に子ローソクが見えました。

140510013

 兜岩山の右奥に御座山が霞んでいます。

140510014

 さらに踏み跡をたどると内山牧場に下ってきました。

140510015

 物見岩から引き返した方が良かったようですが、後学のため牧場内を通過して物見山に向かいます。(秋になると100万本のコスモス園が賑わうそうです…)

140510016

 10分ほど牧場内を歩いてスーパー林道に戻りましたが、途中にショートカットの登山道はなかったようです。

140510017

 林道を少し歩くと物見山の登山口がありました。

140510018

 牧柵沿いの登山道を登って行くと浅間山が見えてきました。

140510019

 浅間山の少し右側に鼻曲山が見えました。

140510020

 さらに進むと物見山の電波塔が見えてきました。

140510021

 駐車場から1時間25分で物見山に到着しました。

140510022

 物見山の展望は北東側を中心に広がっており、北側に雲の残った浅間山が見えました。

140510023

 鼻曲山の左奥に見えるのが浅間隠山で手前に軽井沢の街並みが見えています。

140510024

 山頂の北東側に西上州の山々が並びます。

140510025

 愛宕山と大山の背後に榛名山の山並みが霞んでいます。

140510026

 少し右側に妙義山の三つのピーク(白雲山~金洞山~金鶏山)が見えました。

140510027

 物見山で10分ほど休んで進みますが、北側にシシ岩の岩峰が見えました。(最初は中央の岩峰が八風山と思いましたが、少し左側の平らなピークが八風山の山頂でした…)

140510028

 山頂から少し下ると電波塔の作業用道路を横切りました。

140510029

 さらに神津牧場の牧柵に沿って下って行きます。

140510030

 山頂から20分ほどでスーパー林道に下ってきましたが、道路脇に数台分の駐車スペースがあり、ここに車を停めると30分ほどで物見山に登れるようです。

140510031

 林道を横切って進むと物見山から30分ほどで香坂峠を通過します。(帰りはここから右に進みます…)

140510032

 八風山方面の道標に従って少し薄くなった踏み跡を進みます。

140510033

 少し下ると右側に妙義山が見えました。(その後は樹林帯越しの展望でした…)

140510034

 さらに下ると倒木の先にムシカリの花が咲いています。(今回は花が少なかった…)

140510035

 香坂峠から20分ほど下るとスーパー林道の横を歩きます。

140510036

 林道から踏み跡に従って登山道に入り、薄暗い樹林帯を抜けて矢川峠に進みます。

140510037

 少し登ると樹林帯の中に古びた東屋が立っていました。(小雨程度なら凌げそう…)

140510038

 さらに進むとシシ岩のピークが見えてきました。(この時は八風山と思っていましたが…)

140510039

 香坂峠から30分ほどで矢川峠を通過しました。

140510040

 矢川峠から踏み跡を登り返して行きますが、登山道の所どころに自然歩道の案内標識が立っていました。(山と高原地図を見ると信濃路自然歩道になっています…)

140510041

 さらに進むと登山道にササが覆い被さる箇所もありますが、所どころにピンクのマーカーも付いていて、矢川峠から20分ほど進むと古い案内道標がありました。

140510042

 地形図の登山道は国境稜線に沿って続きますが、実際の踏み跡は稜線左下をトラバースするように延びています。

140510043

 途中でクサリのザレ場を通過しましたが、それほど難しい横断箇所ではありません。

140510044

 さらに踏み跡をたどって進むとシシ岩の岩峰を左に巻いていました。

140510045

 少し進んで鞍部に上がると軽井沢方面からの登山道が合わさり、さらに稜線を左に進んで八風山の山頂に向かいます。

140510046

 香坂峠から1時間15分で八風山の山頂に到着しました。(山頂は一等三角点でした…)

140510047

 樹林帯が切り払われて北東側の展望はありますが、山頂から先に進んでも浅間山は良く見えないようです。(山と高原地図で紹介するほど山頂の展望はありません…)

140510048

 北東側に軽井沢町と鼻曲山が良く見えました。(右奥に角落山が見えています…)

140510049

 少し右側に榛名山のピークが霞んでいます。

140510050

 切り払われた北東側斜面を少し下ると北側に浅間山が見えました。

140510051

 さらに下ると黒い山並みの上に志賀の岩菅山が霞んで見えました。

140510052

 浅間隠山の左奥の白い山並みは苗場山や白砂山辺りと思います。

140510053

 山頂で昼食タイムを取って下り始めましたが、下る途中の樹間越しに歩いてきた物見山が見えました。

140510054

 山頂から5分ほどで軽井沢方面に下る登山道を左に分けました。

140510055

 さらに往路を戻って神津牧場に向かうと山頂から30分ほどで矢川峠を通過します。

140510056

 さらに35分で香坂峠に到着すると道標に従って神津牧場に向かいます。

140510057

 香坂峠から10分ほど下ると馬頭観音を通過します。

140510058

 神津牧場に向かう登山道は少し荒れているようですが道を失うほどではありません。

140510059

 香坂峠から25分ほどで神津牧場まで下り、その先に艫岩の絶壁が見えてきました。

140510060

 さらに5分ほど下って行くと神津牧場の牛舎などが見えてきます。

140510061

 牧場広場の売店前などで家族連れの観光客を見かけました。

140510062

 牧場広場から5分ほど歩いて神津牧場の駐車場に戻ると、総行程5時間35分ほどで今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って車に道具を片付けると、家に戻る途中にある荒船の湯(入湯料600円)に寄ることにし、汗を流してサッパリすると軽い食事を済ませてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の周回コースで見かけた登山者は1組の夫婦連れだけで、しっかりした踏み跡の割に歩く人が少ないと思いました。(歩く季節や時間帯が違うのかも知れませんが…)

 
群馬100名山の物見山ですが山頂からの展望が北東側の半分だけになるため、物見岩と合わせて歩いた方が面白いと思いました。

 
今回は前日に思いついての山歩きで、登山道で咲いていた花はスミレ位の物でしたが、次に歩くとすれば新緑の季節か紅葉の頃に歩いてみたいと思いました。

« 榛名 水沢山(14.05.04) | トップページ | 金峰山(14.05.17) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/59619966

この記事へのトラックバック一覧です: 物見山・八風山(14.05.10):

« 榛名 水沢山(14.05.04) | トップページ | 金峰山(14.05.17) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック