« 乾徳山 徳和コース(14.03.28) | トップページ | 残雪の日光白根山(14.04.16) »

2014年4月11日 (金)

西上州 神成山(14.04.10)



① 2014年4月10日(木)天候:晴れ
② 神成山:320.9m
③ コースタイム(行動時間:2時間10分)
 宮崎公園(09:05)===見晴台(09:20)===龍王山(09:45)===旧宇芸神社跡(10:00)===吾妻山(10:25)===新堀神社(10:35)===宇芸神社(10:55)===宮崎公園(11:15)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:6.350km、累積標高:±349m)
140410000


 前回から2週間ぶりの山歩きになりますが、西上州の山ではそろそろツツジの花の季節と言うことで、ネットで日本一きれいなハイキングコース…と紹介されている神成山に行ってみることにしました。

 
神成山は上信電鉄の沿線関係者によって整備が進められ、上信電鉄のHPを見ると4月の上旬までは絶滅危惧植物のオキナ草の花が見られるようです。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 出発点となる宮崎公園までは自宅から約25kmで50分ほど、いつもの装備では大袈裟になるためサブザックに水のボトルと着替えを入れると、午前8時過ぎに自宅を出発して現地に向かいます。

 久しぶりの通勤時間帯で道路が少し混んでいましたが、ほぼ予定通りの時間で宮崎公園の駐車場(マップコード:247 581 386)に到着すると先着した車が2台停まっていました。(帰る時には10台近くの車が停まっていました…)

140410002

 駐車場のすぐ下が宮崎公園になりますが桜とツツジの競演でした。(右奥は稲含山…)

140410003

 先ずは駐車場のコース案内図を撮って歩き始めますが、九つのピークの総称が神成山と言うようです。

140410004

 案内標示に従って歩いて行くと富岡西中の北門前に神成山ハイキングコースの登山口がありました。(西中は戦国時代の宮崎城跡に建っているようです…)

140410005

 コース途中に日本一きれいなハイキングコースの標識が立っており、道迷いの心配などはありません。

140410006

 西中を通過して少し進むと立派なお不動様が祀られていました。

140410007

 さらに歩いて行くと大きな石碑のある小ピークを通過します。

140410008

 小ピークを通過すると明るい馬の背の登山道になりました。

140410009

 宮崎公園から15分ほど進むと見晴台(姫天狗)の標識があり、見晴台の岩場に上がると南側の展望が広がりました。(中央のピークは稲含山…)

140410010

 少し左側にオドケ山と御荷鉾山が見えますが今回は春霞で大分霞んだ景色でした。

140410011

 さらに尾根沿いの登山道をアップダウンしながら先に進みます。

140410012

 見晴台を通過すると周辺で赤いヤマツツジが咲き始めましたが、花の見頃はもう少し先になりそうな感じです。

140410013

 途中の神成城本丸跡の標識から左に進むと一つ目のピークがあり、南西側に西上州の山々が見えてきました。(小沢岳~四ッ又山~鹿岳…)

140410014

 ハイキングコースに戻って少し進むと二つ目のピーク(龍王山)が見えてきました。

140410015

 進む途中で宇芸神社に下る道を左に分け、少し登るとミツバツツジが咲き始めました。

140410016

 ミツバツツジの花が咲き揃って今が一番の見頃と言う感じでした。

140410017

 咲き揃ったミツバツツジの中に少し色の濃い花が混じっていました。

140410018

 さらに綺麗に咲いたミツバツツジの群落の中を進んで行きます。

140410019

 濃いピンクと淡いピンクのコラボレーションが見事なものです…。

140410020

 進む途中で綺麗なツツジを見かけると自然に足が止まります。

140410021

 雄大な雪景色も綺麗なものですが、春に咲く鮮やかな花も良いものです。

140410022

 さらにツツジの咲いた尾根道を進んで龍王山に向かいます。

140410023

 それでも綺麗なツツジがあるとシャッターを押す回数が増えて行きます。

140410024

 コースは良く整備されていて急登箇所には階段や補助ロープが付いていました。

140410025

 宮崎公園から40分ほどで二つ目のピーク(龍王山)で、山頂の小さな小屋に登山者名簿が入っていました。

140410026

 龍王山からは東側の展望が広がりますが、今回は春霞で遠望は難しい状況でした。

140410027

 龍王山の山頂から景色を眺めると先に進んで吾妻山に向かいます。(この日は気温も上がって龍王山からはTシャツ1枚で歩きました…)

140410028

 一枝の先でポツンと咲いていたミツバツツジ…。

140410029

 綺麗な花を前後に入れて少しアップで…。

140410030

 さらに見事なツツジロードを進んで先に向かいます。

140410031

 途中で樹林帯が切れると稲含山が良く見えました。(写真の中央辺りに上信越道が走っています…)

140410032

 さらに良く踏まれた登山道をアップダウンしながら先に進みます。

140410033

 龍王山から15分ほどで四つ目のピーク(旧宇芸神社跡)を通過します。(上信電鉄の獣医さんが設置した標本箱がありました…)

140410034

 さらに綺麗なミツバツツジを眺めながら吾妻山に向かって進みます。

140410035

 進む途中でツツジの花が途切れるところもありますが、これだけツツジの花が楽しめれば十分なコースと思いました。

140410036

 尾根沿いに進んで五つ目(石の祠)、六つ目(板碑)のピークを通過すると、周囲がヒノキ林の七つ目と八つ目のピークは右横を巻きました。(この手前で行き会った夫婦連れの人たちがこの先のツツジが綺麗と教えてくれました…)

140410037

 少し進むと先ほどの夫婦連れの人たちが話していたように、吾妻山の南側がレンゲツツジでピンク色になっていました。(前方の尖がったピークは鍬柄岳…)

140410038

 少し左側の南西寄りに小沢岳や四ッ又山などが霞んでいます。

140410039

 吾妻山の山頂手前にオキナ草の保護管理地があり、咲き残ったオキナ草が数株咲いていました。(少し時期が遅かったのは分かっていましたが…)

140410040

 龍王山から40分ほどで石の祠の祀られた吾妻山の山頂に到着しました。

140410041

 当初は吾妻山で少し休んでUターンすることを考えていましたが、初めてのコースだったこともあり新堀神社側に下って周回することにしました。

140410042

 吾妻山から10分もかからず山麓の新堀神社に下ってきました。

140410043

 さらに数分ほど下ると大きなサボテンの家に出てきました。

140410044

 ネットで見かけるようにとても大きなサボテンで良くここまで育てたものだと思います。

140410045

 大きなサボテンの家から昔の姫街道を歩いて宮崎公園に戻りますが、道路沿いの綺麗な花などを探しながら歩きました。

140410046

 少し歩くと道路沿いの山の斜面に七福神の大きな石像が立っていました。

140410047

 新堀神社から20分ほど歩くと宇芸(ウケノ)神社を通過しましたが、案内板を見ると延喜式に記載された古い格式ある神社のようです。

140410048

 道路沿いの民家で見事なミツバツツジが咲いていました。

140410049

 道路沿いの畑では菜の花が満開でした。

140410050

 民家の庭先で見かけた芝桜とムスカリの花…。

140410051

 道路沿いで見かけた紅白咲き分けのハナモモの花。

140410052

 旧姫街道を30分ほど歩くと宮崎公園が見えてきました。

140410053

 さらに桜吹雪が舞い散る宮崎公園を抜けて駐車場に戻ると、総行程2時間10分で神成山のハイキングを終了しました。

 車に戻ってザックなどを片付けると、家に戻る途中で磯部温泉・恵みの湯(入湯料500円)に寄ることにし、汗を流してから昼食を食べ少し休んでから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の神成山で見かけたのは全部で3人ですが、帰り際の駐車場には県外ナンバーの車も停まっており、実際にはもう少し多くの人たちが歩いているようでした。

 山歩きを始める前から神成山にハイキングコースがあることは聞いていましたが、実際に歩いてみると九つのピークを縦走するコースは変化があって面白く、これほどミツバツツジが咲いているとは思いませんでした。

 標高の低い山並みで夏場に歩くことは暑くて大変ですが、春先の花の季節や秋の紅葉の頃に散歩がてら歩くのが良さそうなコースでした。

« 乾徳山 徳和コース(14.03.28) | トップページ | 残雪の日光白根山(14.04.16) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
同じところを先日歩きました。
アルバム見せていただくと、やはり人の構図や感受性っていろいろだなあと感じました。
七福神と菜の花もいいですね。参考になります。
私たちは4時間ちょっともかかったんですが、ひまじんさん、歩くの早いですねえ。

kyou さん>こんばんわ…
神成山はミツバツツジが多かったですね、あんなに咲いているとは思いませんでした。
それと写真は難しいですね、ひょこっとカメラを構えて上手い写真を撮る人がいますが、
とてもそんな真似は出来そうにありません。
良かれと思って撮ってきた写真でも、家に帰ってきて眺めると面白くも何でもなく、いつも
反省ばかりしていますよ…(^^ゞ
一人歩きのため休憩などが短く少し早そうに見えますが、それほど足は早くなく山高地図
のコースタイムで歩くのが少し大変です。
kyou さんが一人で歩けば多分2時間もかからないと思いますよ…

こんにちは。
近場でこのような場所があったんですね。
今週辺りに自転車で行ってみようかな。。。

今年は西上州のアカヤシオは今のところ大丈夫そうですね・・・
これから雪が降らなければですが。
こちらも楽しみです。

ハリクリ さん>こんにちわ…
今回初めて行ってみましたが思っていた以上に花が多かったです…
今年のアカヤシオはどうでしょうか、時期的にはソロソロ開花の季節になりますが、
2月の大雪の被害が少なければ良いですね。
自分も開花情報を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/59446316

この記事へのトラックバック一覧です: 西上州 神成山(14.04.10):

« 乾徳山 徳和コース(14.03.28) | トップページ | 残雪の日光白根山(14.04.16) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック