« 伊豆ヶ岳・子の権現(14.03.12) | トップページ | 乾徳山 徳和コース(14.03.28) »

2014年3月23日 (日)

残雪の御座山(14.03.22)



① 2014年3月22日(土)天候:晴れ
② 御座山:2112m
③ コースタイム(行動時間:6時間15分)
 駐車場所(07.35)===栗生登山口(08:05)===不動の滝09:00)===御岳神社のピーク(10:30)===金山沢のコル(10:40)===御座山(11:10~11:50)===金山沢のコル(12:00)===御岳神社のピーク(12:15)===不動の滝(12:55)===栗生登山口(13:20)===駐車場所(13:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:9.083km、累積標高:±993m)
140322000


 春の彼岸も行事が無事終ったこともあり、折角の好天に家で燻ぶっているのも勿体ないため、10日ぶりの山歩きに佐久の200名山・御座山に行って来ることにしました。

 
御座山は2年前に長者の森から登っていますが、2月の歴史的な大雪で今回は残雪が多いことが予想されるため、6年ぶりにコースの短い栗生登山口から登ることにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口のある南相木村までは自宅から約100kmで2時間ほど…、午前5時過ぎに自宅を出発すると途中のコンビニで食料を買い込んで長野方面に向かいます。

 中部横断道・南佐久ICを高速で走ると一般道を走って南相木村に向かいますが、栗生登山口(マップコード:359 387 001)に向かう林道入口に思っていた以上に雪が残っており、少し戻って栗生川の案内板横に車を停めました。(途中の道路に雪はありません…)

140322002

 村道の路肩に車を停めて準備をすると少し歩いて御座林道に向かいますが、林道入口の車の先に20~30cmの雪が残っていました。(山頂の少し手前で行き会ったソロハイカーの車だったようです…)

140322003

 林道の雪は良く締まっておりツボ足で歩くことにしました。(軽アイゼンは持って来ましたが最後までザックに入れたままでした…)

140322004

 少し進むと前方の稜線が霧氷で真っ白になっていました。

140322005

 林道を30分ほど登ると栗生登山口で、登山口の案内図が2月の大雪で壊れたらしく、柱だけが残っていました。(1月のヤマレコに案内図の写真がありました…)

140322006

 グリーンシーズンなら何でもない登山道ですが、今回は残雪が多く登山道の痕跡を探しながら進みます。(雪面に残っているのはアニマルトレースでした…)

140322007

 登山道の途中に何か所か古い標識が残っていましたが、マーカーが少なくルート探しに時間がかかりました。

140322008

 少し進むと前方に白い霧氷の付いた岩峰が見えてきました。

140322009

 不動の滝に向かって唐沢沿いをさらに進んで行くとマーカーがありました。

140322010

 日当たりの斜面は雪も少なく、登山道らしい痕跡が見つかります。

140322011

 登山口から約1時間で不動の滝ですが、滝が凍って氷壁になっていました。

140322012

 不動の滝を過ぎると折り返しの登山道となり、クサリ場に向かって急登して行きます。

140322013

 少し登ると登山道は雪で消えてしまい、古い標識やGPSなどを頼りに進みました。(先行するソロハイカーのトレースにも助けられました…)

140322014

 予定より15分ほど遅れてクサリ場に到着しましたが、一部が氷結していて足場を作るのに時間がかかります。(ストックよりピッケルが欲しいところでした…)

140322015

 10分ほどかかってクサリ場を通過すると南側が開けて金峰山が見えてきました。(今日は視界が良さそうです…confident

140322016

 気温があまり上がらず周囲の樹林帯に綺麗な霧氷が付いています。

140322017

 さらに登ると御岳神社のピークですが、予定より30分ほど遅れて到着しました。

140322018

 御岳神社を通過すると急な下りとなり、さらに進むと山頂の岩峰が見えてきます。

140322019

 稜線の北西側に少し雲がありますが、北アルプスの白い山並みが見えました。

140322020

 鞍部に向かってさらに下って行くと短いクサリ場が雪に埋まっていました。

140322021

 御岳神社から10分ほどで金山沢のコルを通過します。

140322022

 周囲のダケカンバに霧氷が付いて実に見事なものでした。

140322023

 鞍部を通過して山頂に向かって登り返すと西側に八ヶ岳が見えてきます。

140322024

 山頂直下に到着すると岩壁の樹木に綺麗な霧氷が付いていました。

140322025

 鞍部から20分ほど登り返すと山頂の避難小屋となりますが、長者の森方面からの登山道にトレースはありません。(この少し手前でソロハイカーと言葉を交わしました…)

140322026

 避難小屋から少し進むと駐車場所から3時間半ほどで御座山の山頂となりました。(予定の1時間遅れでした…)

140322027

 山頂は素晴らしい展望が広がっており、すぐ西側に八ヶ岳の山々が並びます。

140322028

 少し右側に北八ヶ岳の主要なピークが並んでいます。(時計回りで写真を撮りました…)

140322029

 蓼科山の少し右側に大キレットを挟んで槍と穂高が見えました。

140322030

 さらに右側の雲の上に見えているのは立山連峰と剣岳のようです。

140322031

 双耳峰の鹿島槍は山座同定の良い目印で、その左右に爺ヶ岳と五竜が並びます。

140322032

さらに右側に白馬連峰の山々が良く見えました。

140322033

 北々西側に北信五岳が並ぶハズですが、今日は雲が多くてハッキリ見えません。(手前は佐久の茂来山です…)

140322034

 その右に烏帽子岳~浅間山のピークが良く見えました。

140322035

 さらに右側に浅間隠山や白砂山が見えました。

140322036

 北々東側に谷川方面の山々が見えますが、こちらは雲が多く山並みがハッキリしないようです。(手前に西上州の山々が見えました…)

140322037

 少し右側に榛名山の山並みが見え、背後の武尊山に雲がかかっていました。

140322038

 さらに右側に赤城山の山々が霞んでおり、その先は皇海山と男体山のピークです。

140322039

 北東側に稲含山~赤久縄山~御荷鉾山が良く見えました。

140322040

 東側のギザギザピークは秩父の両神山となります。

140322041

 山頂東側の樹林帯は白い霧氷で覆われていました。

140322042

 枝先の霧氷が青空に映えて綺麗なものです。

140322043

 少し南東寄りに奥秩父の三宝山と甲武信ヶ岳が良く見えました。

140322044

 さらに右側に朝日岳~金峰山~瑞牆山が並びます。

140322045

 すぐ南側に天狗山と男山が見え、その先に南アルプスが並びます。

140322046

 山頂に吹く風はとても弱く素晴らしい景色を眺めながら40分ほど休憩しました。

140322047

 昼食タイムを終えると下り始め、山頂から不動の滝までが約1時間、駐車場所には2時間ほどで戻ると、総行程6時間15分で今回の山歩きを終了しました。

 駐車場所に戻って道具を片付けると、自宅に帰る前に南相木村の滝見の湯(入湯料は4月1日から450円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                        …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 
今回の御座山のコースで行き会ったのは全部で5人…、先行のソロハイカーと下る途中で出会った4人パーティーの1組だけでした。

 
2月の歴史的な大雪が予想以上に残っていて、気温が上がるとワカンが必要になるほど積もっており、今回のルートでは冬山本番の装備を持つことが必要でした。

 
御座山は200名山の一つですが、人気がないためなのかコース整備が行われておらず、雪が多い季節はルーファンが必要なルートになるようです。

« 伊豆ヶ岳・子の権現(14.03.12) | トップページ | 乾徳山 徳和コース(14.03.28) »

登山」カテゴリの記事

コメント

 素晴らしい展望。どの山も思い出深い山ばかり。雪のお化粧で一段と凛々しい姿。
ひまじんさんの写真は素晴らしいですね。
 実は、御座山の状況はどうかな?と思ってヤマレコで検索すると、ひまじんさんのレポにたどり着きました。結構雪ありますね。
 今週あたりだと温度が上がってワカンが必要なのかも知れませんね。昔の木製のわかんじきを持っていますが、靴への装着方法をすっかり忘れてしまいました。coldsweats01

しゃびん さん>おはようございます
この日は思っていたより天気が良く、春霞も少なくて景色が良く見えました。
2月の大雪がまだずい分残っていましたよ、金山沢のコルの前後では踏み抜くと
腰まで沈むところがありました。
往路の雪は良く締まっていましたが、気温が上がった帰り道では雪がグズグズで
ワカンが欲しいくらいでした。
雪が大分融けていると思っていましたが、この季節に残雪の山に行く時は装備
だけは持って行かないとダメですね…(^-^;
コメントありがとうございました。

見事な眺望ですね!素晴らしい!
行きたい山がまた増えてしまいました(笑

3月は毎週木曜日が悪天候続きで遠征できませんでした(愚痴ってすみません)
4月こそは!と思ってますが、今年は雪が多いから去年以上にギア・衣類の選択が難しくなりそうですね・・・

ハリクリ さん>こんばんわ…
最初は群馬の山歩き130選を見て御座山に登りましたが、ガイドブック通りに
山頂からの展望が良く、周囲からも見える山なのでとても印象に残りました。
今年は例年になく残雪が多そうだし、荷物になっても準備だけはして行った
方がいいでしょうね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/59340421

この記事へのトラックバック一覧です: 残雪の御座山(14.03.22):

« 伊豆ヶ岳・子の権現(14.03.12) | トップページ | 乾徳山 徳和コース(14.03.28) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック