« 湯の丸山・烏帽子岳(14.01.24 その2) | トップページ | 赤城 黒檜山(14.02.11) »

2014年1月30日 (木)

入笠山(14.01.29)



① 2014年1月29日(水)天候:晴れ
② 入笠山:1955m
③ コースタイム(総行動時間:3時間50分)
 沢入登山口駐車場(09:30)===入笠湿原(10:50)===入笠山(11:30~11:50)===入笠湿原(12:15~12:30)===沢入登山口駐車場(13:20)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.331km、累積標高:±656m)
140129000

 今年4回目の山歩きは新・分県登山ガイド(長野県)で八ヶ岳を見わたす最高のステージと紹介されている南信の入笠山(にゅうかさやま)に行ってくることにしました。

 入笠山は富士見パノラマリゾートのゴンドラを使えば短時間で山頂に登れるため、冬場は雪山入門コースとして人気があるようですが、あまり簡単なコースも面白くないため今回はネットで紹介されていた沢入登山口から往復することにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 入笠山の沢入登山口(マップコード:218 218 757)までは自宅から約140kmで3時間ほど、現地スタート時間から逆算して朝6時頃に自宅を出発すると、中部横断道の南佐久IC~白樺湖~八ヶ岳横断道路を走って富士見町に向かいます。(白樺湖周辺の道路に雪が残っていました…)

 国道20号線の富士見峠の信号から入笠山林道に進み、ランドマークの戸田市立少年自然の家を過ぎると凍結した圧雪路となりました。(スタッドレスなどが必要です…)

140129002

 さらに凍結した雪道を進んで国道から7kmほど走ると沢入登山口の駐車場があり、先行した人たちの車が停まっていました。 (駐車場のトイレは冬季閉鎖中でした…)

140129003

 すぐに車を停めて準備をすると駐車場の案内図を撮って歩き始めます。

140129004

 登山道の雪は良く踏まれており往路はツボ足で登りました。

140129005

 30分ほどで折り返しの急登が終わるとその後は緩やかな登山道を進みました。

140129006

 さらに山の中腹を巻くように進んで行きます。

140129007

 登山道の所どころに風当たりの強い場所があり雪が吹き溜まって踏み跡が消えかかっていました。

140129008

 70分ほどでシカ避けゲートがありますが冬場はゲートを開放しているようです。

140129009

 ゲートから少し進むと入笠湿原に到着しました。

140129010

 入笠湿原の白樺林が綺麗なものですが出来れば枝先に雪が欲しいところです。

140129011

 カラマツ林の向こう側に電波塔が見え、その先がゴンドラの山頂駅のようです…。

1401290101

 入笠湿原は大きな雪原になっており、あちこちにトレースが残っていました。

140129012

 入笠湿原から先に進んで山頂に向かいます。(右奥にトイレがありました…)

140129013

 往路は遊歩道を歩いて山頂に向かいました。

140129014

 今回もスノーシューを持って来ましたが、積雪も少なく荷物になっただけでした。

140129015

 遊歩道を抜けると大きな雪原が見えてきましたが、前方に10人ほどの登山者が先行しています。(ゴンドラで登ってきた人たちのようです…)

140129016

 緩やかな斜面を登って行くと背後に蓼科山が見えてきました。

140129017

 さらに踏み跡をたどって進みますが、あちこちにトレースが出来ていました。

140129018

 駐車場から歩き始めて2時間ほどで山頂の稜線が見えてきました。

140129019

 さすが人気の入笠山で山頂で10数人の人たちが景色を眺めていました。

140129020

 山頂標識に人影が消えるのを待って写真を撮りました。(正月飾りが残っています…)

140129021

 山頂は素晴らしい展望が広がっており、北東側に八ヶ岳の山々が並んでいます。

140129022

 雪の天狗岳はいつかリベンジしたいと思っています。

140129023

 少し右側に硫黄岳と横岳が続きます。

140129024

 さらに右側に阿弥陀岳と赤岳が見えました。

140129025

 八ヶ岳の一番南側にギボシ~権現岳~編笠山~三ツ頭が並びます。

140129026

 南東方向も素晴らしい展望が広がります。

140129027

 金峰山の山頂に五丈岩が良く見えました。

140129028

 偽八ヶ岳と言われる茅ヶ岳の左奥が大菩薩嶺のようです。

140129029

 さらに南寄りに富士山が見えますが今回は大分霞んでいました。

140129030

 南側は南アルプスのピークが並びます。

140129031

 一番左が鳳凰山(観音岳)のようです。

1401290311

 その右側に三角ピークの甲斐駒ヶ岳が並びます。

140129032

 鋸岳の右奥に少し霞んだ間の岳が見えました。

140129033

 一番右側の真っ白な仙丈ヶ岳が見事でした。

140129034

 南西側に中央アルプスのピークが並んでいます。

140129035

 空木岳の左側に見えるのが南駒ヶ岳になるようです。

140129036

 少し右側に木曽駒ケ岳と千畳敷カールが良く見えました。

140129037

 山頂西側に御嶽山と経ヶ岳が並んでいます。

140129038

 少し北西寄りに真っ白な乗鞍岳が見えました。

140129039

 さらに右側に大キレットを挟んで穂高連峰と槍ヶ岳が並んでいます。

140129040

 山頂北側の諏訪湖の先に北アルプス北部の山々が続いています。

140129041

 双耳峰の鹿島槍の手前に見えるピークが高ボッチ山と思います。

140129042

 白馬連峰の右手前に見えるピークが鉢伏山のようです。

140129043

 北東側も雲一つない素晴らしい展望が広がっていました。

140129044

 四阿山の右手前に先日登った烏帽子岳と湯の丸山が見えました。

140129045

 蓼科山も素晴らしい天気のようで山頂南側に登山道の白い筋が見えました。

140129046

 山頂で風を避けて休んでいるグループもありますが、風も冷たく入笠湿原に戻って昼食を取ることにしました。

140129047

 一通り周囲の景色を眺めると素晴らしい展望に別れを告げますが、帰りは軽アイゼンを履いて下ることにしました。

140129048

 山頂から20分ほどで入笠湿原に下り15分ほど休んで昼食タイムを取ると、往路を戻って駐車場に下りましたが、総行程3時間50分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る前にゆ~とろん水神の湯(入湯料700円)に寄ることにし、滑っこい温泉に浸かって疲れを癒しサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 
今回の入笠山で出会った人たちは全部で30人ほどですが、沢入登山口の登山道で行き会ったのは3人だけでした。

 
入笠山の山頂はガイドブックで紹介された通りの大展望が広がっており、今回は快晴に恵まれたこともあって360度の素晴らしい展望を楽しむことができました。

 今回は沢入登山口から歩きましたが、富士見パノラマリゾートのゴンドラを使えば、1時間ほどで山頂に立てることもあり、入笠山の人気の所以が良く分かりました。

« 湯の丸山・烏帽子岳(14.01.24 その2) | トップページ | 赤城 黒檜山(14.02.11) »

登山」カテゴリの記事

コメント

入笠山、歩いたことありませんが展望抜群の山なんですねえ。
ゴンドラ使わず、自分の足で登ると展望への感動も倍増だったろうと思います。
真っ白な山、いいですねえ。早く冠雪した山に行きたい気分です。

kyou さん>こんばんわ
いつもと違う景色を眺めたいと思って、八ヶ岳の反対側に行ってみました
入笠山は中央高速の諏訪南ICからも近く、首都圏方面の人たちに人気が
あるようです
kyouさんはどこにでも登れる体力がありますし、天気を選んで素晴らしい
雪山を楽しんで下さい
コメントありがとうございました

こんにちは。

入笠山 こりゃまた凄い眺めですね!
また行きたい山リストが増えました。

今週は天気もイマイチだと思って山は休みにしたのですが、信州がこんなに快晴だったとはっ(ノд・。) しくじったなー

ハリクリ さん>こんにちわ
入笠山の北西側の守屋山も展望が良いですし、ビーナスライン沿いの車山や三峰山
なども展望が良いところですよ
天気予報は1日おきくらいにネットのウェザーニュースを見て、出かける日を決めて
いますが、この時期の新潟方面は中々晴れマークが付かないので、どうしても長野
方面に出かけることが多くなりますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/59033937

この記事へのトラックバック一覧です: 入笠山(14.01.29):

« 湯の丸山・烏帽子岳(14.01.24 その2) | トップページ | 赤城 黒檜山(14.02.11) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック