« 大小山・大坊山(14.01.16) | トップページ | 湯の丸山・烏帽子岳(14.01.24 その2) »

2014年1月25日 (土)

湯の丸山・烏帽子岳(14.01.24 その1)



① 2014年1月24日(金)天候:晴れ
② 湯の丸山:2101m、烏帽子岳:2066m
③ コースタイム(総行動時間:5時間30分)
 地蔵峠駐車場(08:20)===キャンプ場(08:35)===中分岐(08:50)===鐘分岐(09:00~09:10)===湯の丸山(10:00~10:10)===小梨平分岐(10:40)===烏帽子岳(12:00~12:10)===小梨平分岐(12:50)===中分岐(13:25)===キャンプ場(13:35)===地蔵峠駐車場(13:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:9.099km、累積標高:±964m)
140124000


 前回から8日ぶりの山歩きになりますが今年初めての雪山歩きに出かけることにし、先ずは小手調べに3年ぶりの湯の丸山と烏帽子岳を歩いて来ることにしました。

 湯の丸山の西側斜面はトレースが消えていることがあり、トレースを付けながら登るのは大変なため、今回も先に湯の丸山に登ってから烏帽子岳に向かうことにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる地蔵峠の駐車場(マップコード:516 020 894)までは自宅から約90kmで1時間半ほど…、午前6時15分に自宅を出発すると松井田ICから上信越道を走って長野方面に向かいます。

 八風山トンネルと抜けると間もなく雲一つない八ヶ岳や真っ白な北アルプスが見えてきましたが、今日は素晴らしい展望を楽しめそうでした。

 小諸ICで高速を降りると浅間サンラインを走り、道の駅・雷電くるみの里の先から地蔵峠に登って行くと、途中の道路に雪もなくほぼ予定通りの時間で地蔵峠に到着しました。

 すぐに車を停めて準備を始めましたが今年は駐車場周辺の雪も少ないようです。

140124002

 準備を終えるとロッジ花紋の横を抜けて湯の丸キャンプ場に向かいます。(林道の雪も少なく始めはツボ足で歩きました…)

140124003

 15分ほどでキャンプ城を通過すると湯の丸山が見えてきます。

140124004

 さらに進むと登山道に入りますがトレースはしっかり残っていました。

140124005

 キャンプ場から一登りすると中分岐で、今回はここから左回りで歩きます。

140124006

 道標に従って右に10分ほど進むと鐘分岐に到着し、ここからスノーシューを履いて歩きました。(急登の途中で履くのは大変…)

140124007

 少し登ると湯の丸山の稜線が見えてきましたが、やはり雪が少ないようで周囲の樹木にほとんど雪が付いていません。(左側から吹く風が少し強いようです…)

140124008

 左側に富士山や八ヶ岳が見えてきましたが、今日は素晴らしい快晴になったようです。

140124009

 トレースの消えそうなところもありますが、薄い踏み跡をたどって登って行きます。

140124010

 さらに登ると北東方向の展望が広がり上越国境の山々が見えてきました。

140124011

 昨年5月に歩いた白砂山が真っ白になっていました。

140124012

 北東側に見えるのが谷川連峰主稜線の平標~仙ノ倉~万太郎山辺りのようです。

140124013

 さらに右側に谷川本峰などが続きますが、こんなに良く見えるのは初めてです。

140124014

 こちらは尾瀬の至仏山と燧ヶ岳、少し右側に武尊山が続きます。

140124015

 振り返ると浅間山の左奥に浅間隠山や赤城山などが良く見えました。

140124016

 鐘分岐から40分ほどで登りが緩やかになると間もなく山頂が見えてきました。

140124017

 地蔵峠から歩き始めて1時間40分で湯の丸山の山頂となりました。

140124018

 北峰の先が根子岳と四阿山ですが、この季節で雲一つないのは初めてと思います。

140124019

 草津白根周辺の山々も良く見えています。

140124020

 さらに右側は谷川方面ですが、こちらも雲一つ見えません…shine

140124021

 桟敷山の背後に日光方面の山々が良く見えました。

140124022

 左から日光白根山~女峰山~男体山~皇海山で右手前が小野子三山と子持山です。

140124023

 東側に連なる浅間連峰の山々ですが、今年は残雪期の前掛山に登る予定です。

140124024

 南側も素晴らしい展望が広がっていました。

140124025

 今日は富士山周辺も素晴らしい快晴のようです。

140124026

 富士山の左手前にシルエットになった金峰山と瑞牆山が見えています。

1401240261

 八ヶ岳の主峰群も見事なもので東天狗の左奥に阿弥陀岳が頭を出していました。

140124027

 これから向かう烏帽子岳の背後に雲一つない素晴らしい景色が広がっていました。

140124028

 中央アルプスの空木岳や甲斐駒ヶ岳が良く見えます。(右手前が信州・三峰山…)

140124029

 少し右側に真っ白な御嶽山が頭を出しています。

140124030

 前烏帽子の先に乗鞍岳が良く見えます。(新・分県登山ガイドでは偽烏帽子ですが今回から一般的な前烏帽子を使うことにしました…)

140124031

 烏帽子岳の左奥に見える雲一つない穂高連峰と槍ヶ岳が見事なものです…shine

140124032

 北西方向に広がる大展望も素晴らしいものでした。

140124033

 左側から爺ヶ岳~鹿島槍~五竜が並びます。

140124034

 さらに右側に白馬連峰が見えました。

140124035

 高妻山の左手前に昨年10月に歩いた戸隠山が見え、右手前の飯縄山は今年の残雪期に予定しています。

140124036

 写真の中央奥が昨年6月に歩いた火打山、右側は妙高山、左手前の黒姫山は今年6月頃に予定しています。

140124037

 湯の丸山でこれだけ大展望が楽しめれば帰っても良いと思ったのですが、トレーニングを兼ねた山歩きでもあり、予定通り西側に下って烏帽子岳に向かいます。

140124038

 事前に想定していたように小梨平に下るトレースは消えており、登山道らしい痕跡をたどって下って行きます。(マーカーのテープはあまり付いていません…)

140124039

 20分ほど下って烏帽子岳を見上げると大分高度が下がったことが分かります。(この辺りでは一部トレースが残っていました…)

1401240391

 湯の丸山から30分ほどで小梨平の分岐点まで下りましたが、強風で烏帽子岳に向かうトレースが消えかかっていました。

140124040

 この小梨平の分岐でも地蔵峠に戻ろうか…とも考えたのですが、まだ10時半過ぎで帰るには早過ぎることもあり、先に進んで烏帽子岳に登ることにしました。

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 大小山・大坊山(14.01.16) | トップページ | 湯の丸山・烏帽子岳(14.01.24 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/59005184

この記事へのトラックバック一覧です: 湯の丸山・烏帽子岳(14.01.24 その1):

« 大小山・大坊山(14.01.16) | トップページ | 湯の丸山・烏帽子岳(14.01.24 その2) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック