« 榛名 天狗山・鐘原ヶ岳(13.12.12) | トップページ | 赤城 鍋割山(13.12.24) »

2013年12月23日 (月)

パソコンの画面がおかしい…

 山歩きのコースマップを作る際に17インチのディスプレイが必要なこともあり、この5月末に東芝のダイナブックを購入しましたが、ここ最近になってディスプレイの液晶表示が少しおかしくなりました。

 毎日、朝起きるとメールチェックを行うためダイナブックを立ち上げますが、最近は気温の関係なのかディスプレイの下側に緑色の帯が現れます…

R0014832

 しばらくするとキー入力待ちの画面に移行しますが、依然としてディスプレイはおかしな状態が続いています。

R0014834

 1~2分ほど画面の様子を見ていると状態が少し変わりますが、ディスプレイのおかしな状態は続いたままになっています。

R0014835

 ここでキータッチするとパスワードの入力画面に変わりますが、パソコンの画面は依然としておかしな状態が続きます。

R0014837

 画面はおかしなままですが、キー入力ができるのでパスワードを入力すると、Windowsのスタート画面が立ち上がります。

R0014838

 さらに様子を見ていると電源SWを押してから4~5分ほどで、ディスプレイの表示が正常な状態に戻りました。

R0014839

 この異常は11月中旬頃から発生していますが、パソコンに通電すると回復するため本体が少し温まると回復すると思い、先に本体を温めておくと正常な状態で起動するようです。

 毎朝、PCの本体を温めてから立ち上げるのも面倒なため、同じような状態になる事例がないかどうか調べてみましたが、同じような表示の現象は見当たらないようです。

 そこでこうした状態を「東芝PCオンライン」に問い合わせしてみましたが、当日の担当者からもらった回答は「室温を上げてご利用いただく…」と言うような内容でした。

 また、「PCの使用推奨環境の目安は5℃から35℃…」と言われても、サブで使う富士通のPCでは問題ありませんし、自分も20年ほどPCを使ってきましたがもっと厳しい環境でも問題はなかったように思います。

 こうした時々発生する異常は原因が中々特定しにくいことは分かりますが、PCユーザーとしては現実に困っている訳ですから、こうした状態になる原因をもう少し検討して欲しい旨をサポート窓口に伝えることにしました。

 それにしてもこのまま修理に出すと異常なしで戻されそうだし、使い込んできたPCを初期状態に戻すと後処理が大変だし、何か良い思案なんぞはありませんかね…。

※追記

 その後、再度問い合わせを行ったところ、東芝オンラインから『ディスプレイもしくはメイン基盤など機械的な問題の可能性…』との回答があり、メインPCになっていたダイナブックを修理に出すことにしました。

 覚悟していたとは言え、ダイナブックに入っているデータを外付けHDDにセーブし、サブの富士通PCにデータを移して修理に出す準備を終えました。

 壊れることのあるPCも機械物で、2007年製のビスタは春先に壊れましたが、2003年製のXPは今だ完動品で、古いPCほど高品質の部品が使われているんでしょうか?…think

« 榛名 天狗山・鐘原ヶ岳(13.12.12) | トップページ | 赤城 鍋割山(13.12.24) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/58804381

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの画面がおかしい…:

« 榛名 天狗山・鐘原ヶ岳(13.12.12) | トップページ | 赤城 鍋割山(13.12.24) »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック