« 西上州 桜山(13.11.27) | トップページ | 榛名 天狗山・鐘原ヶ岳(13.12.12) »

2013年12月 6日 (金)

陣馬山・景信山(13.12.05)



① 2013年12月5日(木)天候:晴
② 陣馬山854.8m、景信山:727.1m
③ コースタイム(総行動時間:5時間40分)
 和田峠駐車場(06:55)=== 陣馬山(07:20~07:30)=== 明王峠(08:05)=== 堂所山(08:30)=== 景信山(09:20~09:40)=== 堂所山の巻き道分岐(10:25)=== 明王峠(10:50)=== 陣馬山(11:30~12:20)=== 和田峠駐車場(12:35)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:14.059km、累積標高:±856m)
131205000

 12月初めてとなる山歩きは奥高尾縦走路のピークで、山頂からの展望が楽しめると紹介されている陣馬山と景信山に行ってきました。

 今回は手持ちのガイドブックやヤマレコなどを参考に、都県境の和田峠を発着点として景信山まで往復することにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる和田峠(マップコード:23 245 468)までは自宅から中央道の相模湖IC経由で2時間弱…、現地スタート時間から逆算して自宅を午前5時前に出発にしました。(高速料金が見直しされるようですがガソリン高に加えて益々懐に厳しくなりますね…)

 前橋ICから高速に乗り込むと関越道~圏央道~中央道と走って現地に向かい、中央道の相模湖ICからR20号線を上野原方面に向かって少し走り、藤野総合事務所前の信号を右折して和田峠方面に向かいます。

 県道521号線(陣馬街道)の和田のバス停から4kmほど走ると、ほぼ予定通りの時間で和田峠に到着しましたが峠の茶屋の駐車場にクサリが架かっており、道路横の駐車場に車を停めることにしました。(峠の茶屋の営業時間は9時~17時と言うことですがこの日は営業しなかったようです…)

 すぐに準備をすると峠の茶屋の横から歩き始めました。

1312050021

 階段を少し登ると緩やかな登山道になりますが周囲の紅葉はお仕舞でした。

131205003

 さらに進むと急勾配の階段を登って山頂に向かいます。

131205004

 和田峠から20分ほど登ると陣馬山の白馬像が見えてきました。(前方を歩く人は環境庁の調査員でした…)

131205005

 山頂に到着すると周囲360度の素晴らしい展望が広がりました。

131205006

 陣馬山の山頂は「かながわの景勝50選」、関東の富士見百景になっているようです。

131205007

 山頂標識の横にあった説明書きにパノラマ案内図が載っていました。

131205008

 パノラマ案内図によると北側の三角ピークが今年の正月に登った大岳山のようです。

131205009

 三ツ峠山の右側に南アルプスの白いピークが見えました。

131205010

 山頂の北西方向に大菩薩嶺や三頭山が見えています。

131205011

 富士見茶屋のベランダの先に見事な富士山が見えますが、施設内の写真撮影禁止の張り紙がありは、ベランダに立ち入り禁止のロープが張ってありました。(ゴミを捨てたり物を壊すような人たちがいたんでしょうね…)

131205012

 南西側が丹沢山塊でパノラマ案内図と照らし合わせると山座同定が簡単に出来ました。(それにしても大室山が大きく見えます…)

131205013

 山頂の東側が関東平野になりますが、大分霞んで遠くの景色は無理なようです。

131205014

 陣馬山で一通り景色を眺めると先に進むことにしましたが、山頂の少し下で富士山が良く見える場所がありました。

131205015

 今朝の気温が少し高かった関係なのか、南西側の富士山は少し霞んで見えました。

1312050151

 さらに下ると陣馬高原下の登山道が合わさりますが、道標を見ると景信山まで5.6kmの行程になっていました。

131205016

 奥高尾縦走路の登山道は良く整備されていて、勾配も緩やかで歩きやすく人気コースの所以が良く分かりました。

131205017

 陣馬山から約25分で奈良子峠の道標があり、陣馬の湯からの登山道が合わさりました。

131205018

 さらに10分ほど進むと明王峠の茶屋が見えてきました。(明王茶屋も休業日でした…)

131205019

 明王峠の名称通りに茶屋の左奥に不動明王が祀られていました。

131205020

 明王峠は写真を撮っただけで通過し、さらに景信山に向かって下ります、

131205021

 明王峠から5分ほど下ると底沢峠を通過しました。

131205022

 底沢峠から少し進むと木々の間に大岳山が見えました。

131205023

 登山道の所どころに関東ふれあいの道の標石がありました。

131205024

 さらに進むと堂所山の巻き道の分岐点があり、往路は堂所山に寄ることにしました。

131205025

 道標に従って登って行くと7~8分で堂所山の山頂に到着します。

131205026

 堂所山の山頂から陣馬山の白馬像がホンの少し見えました。

1312050261

 堂所山からコース一番の急坂を下って縦走路に戻ります。

131205027

 縦走路の小ピークに巻き道が付けられており、行きは小ピークを通過して帰りは巻き道を歩きました。

131205028

 さらに景信山に向かって進みますが、この辺りから行き会う人が増えたようです。

131205029

 陣馬山から2時間ほどで景信山の山頂に到着しました。

131205030

 山頂のすぐ東側に杉沢ノ頭が見えますが、その先は霞んで見通しが良くありません。

131205031

 山頂のすぐ隣りにかげ信小屋がありましたが、営業はしておらず名物のナメコ汁は次回の楽しみのようです…。

131205032

 かげ信小屋の庭先から富士山が見えますが先ほどより少し霞んだ感じです…。

131205033

 かげ信小屋から一段下ると影信茶屋がありますが、こちらの庭先にも沢山のテーブルが並んでいました。(ざっと見渡しても100人分以上はあります…)

131205034

 影信茶屋の庭先から展望が広がっており、南西側に丹沢山や富士山が見えました。

131205035

 南東方向にシルエットになった高尾山や城山が見えています。

131205036

 城山の右奥に三角ピークの大山が良く見えました。

131205037

 このまま高尾山まで歩いてしまおう…とも考えたのですが、来春早々に高尾山の予定もあって次回以降の楽しみとしました。

131205038

 一通り周囲の景色を眺めて写真を撮ると陣馬山に戻ることにしました。(前方のグループは小仏峠方面から登ってきた人たちです…)

131205039

 帰りは約1時間50分で陣馬山の山頂に戻ると、10数人の人たちが周囲の展望を楽しんでいました。

131205040

 お昼近くなって富士山の展望はさらに霞んでいました。

131205041

 山頂の南東方向に景信山と高尾山が見えますが、風が無いこともあってその先の靄は最後まで取れなかったようです。

131205042

 陣馬山で50分ほど昼食タイムを取ると、山頂に別れを告げて下り始めました。

131205043

 陣馬山の山頂から15分ほどで和田峠の駐車場まで下ると、総行程5時間40分で今回の山歩きを終了しましたが、峠の茶屋の周辺に10数台の車が停まっていました。

 峠の茶屋は営業しておらず駐車料金(600円)の料金箱も置いてないため、このまま帰宅することにしましたが、ネットのレポ通り平日は無料と言うことなんでしょうか…。

 帰る途中で寄った陣馬の湯・陣谷温泉が不在だったため、相模湖を渡って藤野やまなみ温泉(入湯料600円)で入浴することにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 流石人気の奥高尾縦走路で行き会った人たちは全部で100名ほど…、クラブツーリズムの大きなグループなども歩いていました。

 今回は小春日和のような温かい陽気でしたが、持って行ったポカリ0.5㍑と0.5㍑のボトルがそれぞれ半分ほど残りました。

 ザックに入れた行動食は①お握りが3個+カップみそ汁+果物、②非常食用のパン1袋と乾燥食糧などで、今回も非常食の分は持ち帰りとなりました。

 (今回はコース途中の茶屋で飲食が出来ると思っていましたが、平日だった関係なのか全ての茶屋が営業しておらず、普段通りに行動食を準備して行ったのが正解でした。)

 景信山で一瞬高尾山まで歩いて縦走しようか…とも考えたのですが、帰りに陣馬高原下から和田峠まで1時間ほど歩く必要があり、縦走する時は定石通り高尾山口に車を停めて陣馬高原下から歩く方が良さそうです。

« 西上州 桜山(13.11.27) | トップページ | 榛名 天狗山・鐘原ヶ岳(13.12.12) »

登山」カテゴリの記事

コメント

以前高尾山に行った時、人の多さにびっくりしました。
この山域、人気の山なんですねえ。
群馬では想像もできない混雑で、登山って気はまったくしませんでした(^_^;)
陣馬山のシンボルでしょうか?白い馬の像。
これは一度見てみたいです。こっちから行くと結構時間かかりそうでいつも躊躇してます。

kyou さん>おはようございます
高尾山は来春行きたいと思っていますが、TVなどでも報道されていますし、
交通の便も良くて観光名所としても大変な人気のようですね…
今回のコースは奥高尾になりますが、平日にも関わらず沢山のハイカーが
歩いていました
陣馬山の白馬像はこの山のシンボルのようで、ネットで調べると1960年代
後半に京王電鉄が観光用に建てたそうですよ
圏央道が開通したこともあり、自宅から高尾山は1時間半ほどで行けますし、
長野の戸隠山辺りよりも近い感じがします
コメントありがとうございました…

ひまじんさんこんばんわ
7日には大菩薩に行ったのですが、生藤山~高尾山へ行こうか最後まで悩みました。
土曜日だったので、混雑するだろうということで大菩薩にしました。大菩薩も結構たくさん人に会いましたが。
しかし、景信山~高尾山は平日でもたくさんのハイカーが歩いているんですね。びっくりです。私も、行くなら、土日を避て行こうと思います。

しゃびん さん>こんばんわ…
今回は大菩薩峠から小金沢山辺りも考えていたのですが、結局、歩いていなかった
奥高尾の陣馬山に行くことにしました。
それにしても高尾山は人気がありますね、奥高尾は陣馬高原下から小仏バス停を
歩く人が多いようで、ツアーの大きなグループも歩いていました。
それと7日は奥高尾の関東ふれあいの道でトレランの大会があったようなので、
この日は大菩薩嶺で正解だったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/58706364

この記事へのトラックバック一覧です: 陣馬山・景信山(13.12.05):

« 西上州 桜山(13.11.27) | トップページ | 榛名 天狗山・鐘原ヶ岳(13.12.12) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック