« 新しい登山靴を購入しました… | トップページ | 三壁山・エビ山(13.07.20) »

2013年7月10日 (水)

北八ッ 天狗岳・根石岳(13.07.09)



① 2013年7月9日(火)天候:晴れ
② 天狗岳:2645.8m、根石岳:2603m
③ コースタイム(行動時間:8時間05分)
 桜平駐車場(06:00)===夏沢鉱泉(06:40)===オーレン小屋(07:40)===夏沢峠(08:10~08:25)===箕冠山(09:10)===根石岳(09:25)===東天狗岳(10:05)===西天狗岳(10:30~11:00)===東天狗岳(11:20)===根石岳(12:00)===箕冠山(12:15)===オーレン小屋(12:50~13:05)===夏沢鉱泉(13:40)===桜平駐車場(14:05)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:13.285km、累積標高:±1292m)
130709000


 梅雨明けして初めての山歩きとなりますが、新しい登山靴の履き慣らしを兼ねて3月に登れなかった北八ヶ岳の天狗岳に行って来ることにしました。

 これまで2回登っている天狗岳ですが、いずれも山の北側から登っているため、今回はこれまで歩いていなかった根石岳側から登ることにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる桜平(マップコード:218 625 734)は去年8月の硫黄岳以来となりますが、自宅から白樺湖経由の最短ルートを走って約130km、早朝なら2時間半ほどで現地に到着するため、スタート予定時間から逆算して午前3時過ぎに自宅を出発します。

 長野方面に向かういつものルートを走り、中部横断道の南佐久ICで高速を降りると途中のコンビニで食料を買い込み、さらにR142号線~白樺湖~R152号線…と走って現地に向かいます。

 三井の森の先にある夏沢鉱泉の分岐点からバラス敷きの林道を走って行くと、ほぼ予定通りの時間で桜平の林道ゲート前に到着しましたが、今回はゲート近くに車を停めることが出来ました。 (前日からの車も10数台停まっていました…)

130709002

 すぐに準備をするとゲートを抜けて歩き始めましたが、今回はゲートの先の林道がコンクリート舗装されていました。(小さな沢を渡ると公衆トイレがあります…)

130709003

 ゲートから15分ほどで鳴岩川に架かる橋が見えて来ましたが、前日早朝から行った炎天下の草取りが少し響いているのか、身体が重くてピッチが上がりません。

130709004

 さらに林道横の花などを探しながら登って行くと、ゲートから40分ほどで夏沢鉱泉に到着しました。(玄関先のポストに登山届を投函…)

130709005

 庭先から振り返ると槍と穂高が見えました。(この時が一番見えたようです…)

130709006

 夏沢鉱泉を通過してさらに登ると20分ほどで3つ目の橋を渡ります。

130709007

 さらに15分ほど進んで4つ目の橋を渡ると折り返しの登り坂になります。(途中でキバナノコマノツメやシロバナヘビイチゴなどが咲いていました…)

130709008

 夏沢鉱泉から50分ほど進むと硫黄岳が見えて来ますが、ここまで来ればオーレン小屋がもう間もなくです…

130709009

 林道ゲートから1時間40分でオーレン小屋となりました。(予定の10分遅れ…)

130709010

 小屋の先が箕冠山の分岐となりますが、往路は直進して夏沢峠に向かいます。

130709011

 夏沢峠までは緩やかな登りとなりますが岩がゴロゴロして少し歩き難い登山道です…。

130709012

 ゲートから2時間10分で夏沢峠に到着すると硫黄岳の爆裂火口が良く見えました。

130709013

 東側の稜線の先に見えるのが御座山、中央奥が稲含山と赤久縄山のようです。

130709014

 北東側にシルエットになった荒船山や榛名山が並んでいます。

130709015

 夏沢峠で15分ほど休んで行動食を取ると北側に進んで根石岳方面に進みます。

130709016

 途中で右前方が開けると稲子岳の先に浅間山が見えました。

130709017

 夏沢峠から30分ほど登ると周囲に立ち枯れのシラビソが目立ってきます。

130709018

 背後を振り返ると硫黄岳の爆裂火口が良く見えました。

130709019

 さらに登ると右前方に根石岳と天狗岳が見えて来ます。(東天狗の山頂に大勢の人たちが見えました…)

130709020

 夏沢峠から45分ほどで箕冠山の分岐点を通過しました。(周辺でイワカガミやミツバオウレンが咲いていました…)

130709021

 箕冠山から右に進み少し下ると根石山荘が見えて来ます。

130709022

 さらに下ると根石山荘の入口を通過します。(この時は帰り道で寄ろうと思っていましたが結局寄らず仕舞いでした…)

130709023

 根石山荘入口の注意書きにあったコマクサを探しながら根石岳に向かいます。(左右の砂礫地がコマクサの自生地のようです…)

130709024

 花を付けたコマクサは数が少なく花の見頃はこれからのようでした。

1307090241

 根石岳の山頂手前から背後を振り返ってみました。

130709025

 夏沢峠から1時間ほどで根石岳の山頂に到着です。

130709026

 根石岳の北側に東・西の天狗岳が並びます。

130709027

 天狗岳との鞍部を見ると白砂新道の分岐道標がありました。

130709028

 10分ほどで白砂新道の分岐点まで下ると東天狗に向かって登り返します…

130709029

 東天狗の山頂に向かってザレた急登を登ります。(周辺でイワベンケイやミヤマダイコンソウが咲いていました…)

130709030

 さらに登って岩場混じりの稜線に上がると山頂が直ぐ先に見えました。

130709031

 桜平の林道ゲートから4時間ほどで東天狗の山頂に到着しました。

130709032

 南側を振り返ると先ほど歩いて来た根石岳の先に南八ヶ岳の山々が並んでいます。

130709033

 通過して来た稜線の先に秩父連峰の甲武信ヶ岳と金峰山が見えました。

130709034

 北側に見えるのが蓼科山と北横岳で、その左奥が美ヶ原高原のようです。

130709036

 一通り周囲の景色を眺めると予定通り西天狗の山頂に向かいます。

130709035

 10分ほどで鞍部に下ると西天狗に向かって最後の登りになります。

130709037

 林道ゲートから4時間30分で西天狗の山頂に到着しました。(数人のハイカーが入れ替わり立ち代わりで登って来ました…)

130709038

 西天狗から南八ヶ岳方面の展望で根石岳と箕冠山の間に根石山荘が見えました。

130709039

 箕冠山の背後に硫黄岳~横岳~赤岳が並びます。

130709040

 歩いて来た縦走路の先に奥秩父の山々が見えました。

130709041

 西天狗で30分ほど昼食タイムを取ると東天狗に戻って下山を始めます。

130709042

 東天狗に戻ると黒百合ヒュッテにお別れです。

130709043

 天狗の鼻の右奥にニュウの岩峰が見えました。

130709044

 東天狗から岩稜を通過して白砂新道の分岐点に下ります。

130709045

 さらに進んで根石岳の山頂に向かって登り返します。

130709046

 根石岳の山頂に立つと東側に本沢温泉が見えました。

130709047

 南側を見ると箕冠山の北東斜面がかなり崩壊しています。

130709048

 根石岳で一通り景色を眺めると下り始めましたが、帰りに根石山荘に寄るのを中止してオーレン小屋で休むことにしました。

130709049

 この後は箕冠山を通過して東天狗から1時間30分ほどでオーレン小屋に下り、ここで15分ほど休んでから1時間ほどで林道ゲートまで下ると、総行程8時間5分で今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻ると沢山のアブが飛び回っているため、直ぐにザックを積み込むと登山靴も履き替えずに車に飛び乗り、縄文の湯の駐車場に下ってから道具を片付けました。

 尖石温泉縄文の湯(入湯料400円)で汗を流した後は、館内の食事処で冷たいおろし蕎麦を食べて帰りましたが、値段の割に美味しいお蕎麦でこの辺りに来た時は定番になりそうな日帰り温泉でした。

 ※ブログに掲載出来なかった写真はデジブックに掲載しました…

                                          ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回出会ったハイカーは100人近く、天狗岳で出会ったのは唐松鉱泉や中山峠側から登った人たちで、オーレン小屋辺りで見かけたのは硫黄岳に登った人たちでした。

 持って行った水は3.0㍑、ハイドレーションにポカリ2.0㍑、魔法瓶のお湯が0.5㍑と予備のボトル0.5㍑ですが、山小屋で入手出来ることを考えればこんなに必要はありません

 
ザックに入れた行動食は①オニギリが4個とカップ麺、②非常食用のパンが1袋とその他の非常食が若干で、オニギリ2個と非常食などは持ち帰りとなりました。

 桜平から天狗岳に登るコースですが途中に変化があって面白く、要所に山小屋もあってもう少し歩かれても良さそうなコースと思いました。

 根石山荘周辺に自生するコマクサですが、まだツボミが多く見頃の時期はもう少し先になるようです。(昨年の硫黄岳では8月下旬にコマクサが見られました…)

 梅雨明けでアブが大量発生したらしく、今回はハッカ油を吹き付けた効果なのか何とかアブに噛まれずに済みましたが、こんな沢山のアブに囲まれたのは初めてでした。

 
なお、新しい登山靴ですがもう少し靴ひもなどの調整が必要ですが、おかしな靴当たりもなさそうで少し履き慣れれば足になじむと思いました。

« 新しい登山靴を購入しました… | トップページ | 三壁山・エビ山(13.07.20) »

登山」カテゴリの記事

コメント

初めまして
以前から山行前によく参考にさせて頂いておりました
今回はヤマレコからお邪魔しました
積極的に山に行かれている姿に自分の姿をだぶらせながら拝見しています
今回は八ヶ岳だったのですね
私も昨年の8月に唐沢鉱泉から天狗岳を日帰り往復しました
八ヶ岳は大好きな山域で、昨年7~10月の間になんど9回も出掛けています
まだ南八つは未踏なので、今年は日帰りの硫黄岳、編笠山あたりから始め、出来れば主峰赤岳まで山泊して行ってみたいと思っています

ニコンユーザーさんでもあるようですね
私は写真もカメラも大好きなんです
拙い写真ばかりですが、もし宜しければ写真投稿サイトをご覧くださいね
またお邪魔させて頂きます

air さん>こんばんわ…
八ヶ岳は色んな山があっていいですね…
南八ヶ岳は岩場歩きが多くなりますが、登山道が良く整備されています。
自分は八ヶ岳ルートガイド(http://www.yatsugatakes.com/index.html)を
参考しながら横岳~赤岳を歩きました…
南八ッでもぜひ楽しい山歩きを楽しんで下さい

カメラは現在ニコンを使っています(昔の銀塩時代はキャノンでした…)
感性が足らないようで中々上手い写真は撮れませんが、カメラだけは
好きなようで、少しずつ機材が増えて家人が呆れているようです(笑)

これからもよろしくお願いします、コメントありがとうございました…

こんにちは 
 
下界は大変な暑さ(熱さ)が続いてますね・・・。
草取りも大変だったんのでは・・と思います。

しかし、この時期とは思えないような眺望のよい日だったんですね!
 
家内の実家が佐久の望月町でして、家内が高校生の頃は硫黄岳まで遠足(?)で行ってるようです。蓼科山も登ったらしいです。
それもあってか(?)家内が子供たちと八ヶ岳へ登りたがってまして。今夏に行く計画を立ててます。
天気が良いといいのですが。

ハリクリ さん>こんにちわ…
今日も暑いですね~…ですが今日も4時半起きで庭の草取りでした…(笑)

前日の8日は天気が良くなかったようですが、9日は天気が良くなったと途中で言葉を
交わした人が話していました。

長野県は学校登山が盛んなようですから、佐久周辺だと八ヶ岳に行くんでしょうね…
北から南まで色んな山がありますし、家族皆さんで思い出に残る山歩きを楽しんで来て
下さい…

コメントありがとうございました…

オーレン小屋~夏沢峠~硫黄岳…方面には行ったことがありますが、
天狗岳には登ったことがないので、いつか行ってみたいです。

登山靴を履き替えないで運転とは、よほどアブ攻撃がすごかったんですね。
いそげ!! 逃げろ退散~目に浮かぶようです。

※すみませ~ん。↑名前書き忘れたようです。coldsweats01

ゆず茶 さん>どうもです…
桜平から登る天狗も良かったですね…山小屋も沢山あるし景色もユックリ
楽しめますよ…

ただアブには参りました…、夏沢鉱泉で行き会ったカップルが防虫ネットを
被っていたので、少し大げさな…くらいにしか思っていなかったのですが、
ゲートが近付くとアブが多くなり、駐車場から出て行った車に沢山のアブが
まとわりついて行ったのを見て驚きました…coldsweats01

車を日陰に置いていたのでアブの数が少なかったようですが、それでも悠長に
靴を履き替える間はなく、直ぐに車に乗って逃げ出すことにしました…dash

ネットを見ると唐沢鉱泉辺りにもアブが多いようですが、オニヤンマでも飛んで
くれないと、アブの数は減りそうにないですね…think

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/57762149

この記事へのトラックバック一覧です: 北八ッ 天狗岳・根石岳(13.07.09):

« 新しい登山靴を購入しました… | トップページ | 三壁山・エビ山(13.07.20) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック