« 火打山(13.06.04 その1) | トップページ | 守門岳(13.06.11) »

2013年6月 5日 (水)

火打山(13.06.04 その2)

その1)から続く…

 登山口から5時間35分で火打山の山頂となりました。(予定より少し遅れましたが足弱な自分からすると十分満足出来るものです…)

130604051

 山頂の先に影火打の稜線が見え、その先に焼山が続いています。

130604052

 この先は山と高原地図の点線ルートが続いていますが、自分には縁のなさそうなコースのようです。

 焼山を少しアップにすると山頂の右手前から白い水蒸気が上がっていました。

130604054

 焼山の左奥に北アルプスの白いスカイラインが続きます。

1306040531

 金山の背後に雪倉岳と朝日岳が並び、その右手前に雨飾山が見えました。

130604055

 金山の左背後に白馬連峰が見えますが、見る角度によって山容が大分違います。

130604056

 さらに左側に五竜から針ノ木岳辺りのピークが並んでいます。

130604057

 北アルプス南部に槍ヶ岳が見えますが、穂高連峰は雲に隠れたようです。

130604058

 北側は大分霞んでいるようで日本海が良く見えません。

130604059

 それでも北西側に見える阿彌陀山と烏帽子岳の先が糸魚川になるようです。

130604060

 南東側に見慣れた山々が見えました。

130604061

 高妻山の右側に乙妻山が並び、左手前に乙見湖が見えました。

130604062

 黒姫山の右背後に飯縄山が見え、その先に八ヶ岳が霞んでいます。

130604063

 妙高山の右稜線の先に見えるのが四阿山と浅間山のようです。

130604064

 妙高山の左背後に志賀の横手山が見えました。

130604065

 少し左側に岩菅山と鳥甲山が続きます。

130604066

 さらに左側に山頂の平らな苗場山が見えました。

130604067

 東側に見えるのが越後三山のようですが、大分霞んで山容が良く分かりません。

130604068

 30分ほど休んで行動食を取ると素晴らしい景色に別れを告げて下山を始めました。

130604069

 先ずは山頂から残雪の斜面を下って雷鳥平に戻ります。(雪が緩んで助かりました…)

130604070

 雷鳥平からさらに下ると新潟方面の展望が見納めとなりました。

130604071

 右側に見える北アルプスの山々ですが、鹿島槍周辺に大分雲が増えたようです。

130604072

 山頂から50分ほどで天狗の庭近くまで戻って来ました。

130604073

 さらに15分ほどで高谷池ヒュッテとなりますが、帰りは休むことなく通過しました。

130604074

 高谷池ヒュッテからさらに下って黒沢岳の西斜面をトラバースします。(中間辺りに5/9kmの道標がありました…)

130604075

 山頂から1時間45分で富士見平まで下ると素晴らしい展望ともお別れです。

130604076

 さらに往路を戻って登山口に向かい、富士見平から黒沢橋までが1時間15分、登山口には2時間ほどで下ると、総行程9時間55分で今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って道具を片付けると、帰る途中で杉野沢温泉苗名の湯(入湯料:450円)に寄ることにし、一風呂浴びてサッパリしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回出会ったのは全部で4人、ソロハイカー3人とテレマーカー1人で、内2人はヒュッテに泊まった人たちでした。

 持って行った水は2.5㍑、ハイドレーションにポカリ1.5㍑、魔法瓶のお湯が0.5㍑と予備のボトル0.5㍑で、予備のボトルは手付かずでした。

 ザックに入れた行動食は①オニギリが6個、②パンとカップ麺が各1個、③その他の食糧が若干と言う感じで、パンとカップ麺は持ち帰りになりました。

 残雪期の山歩きでは途中でアイゼンを脱着することが多く、雪解け水が流れて登山道がぬかるんでいることも多いため、時々見かけるスパイク付きの長靴が便利なアイテムだと思いました。

 次に火打山に行くとすれば梅雨明けの頃か紅葉時期に…、それもヒュッテに泊まってゆっくり行きたいと思いますが、多分、山頂も何もかも激混みなんでしょうね…。

« 火打山(13.06.04 その1) | トップページ | 守門岳(13.06.11) »

登山」カテゴリの記事

コメント

すばらしい眺めですね。
こんな残雪の山、どんなに楽しかったことでしょう。
いつかは登って見たい山ですが、カメのような歩みの私には行程が長すぎてきついです。ひまじんさんの画像で楽しませていただきました。
長靴を履いて登っている人を見かけたとき、何で?と思ったことがあります。
スパイクが付いていたのですね。納得しました。

けいこさん>おはようございます…
山頂まで長い行程でしたが涼しい風もあって気持ちの良い山歩きでした。
途中に高谷池ヒュッテもありますので、小屋泊りで往復すればそれほど
大変ではないと思います。(土日は混み合うでしょうが…)
紅葉も綺麗なところのようですし、折りを見てチャレンジして下さい。
コメントありがとうございました…

火打山には登ったことがないですが、お天気も眺めも最高でしたね。
五竜や針ノ木が良く見えて、残雪も綺麗でこの時期はいいですね。

ゆず茶さん>こんばんわ…
思い切ってこの時期に行ってみましたが、予報以上に天気も良かったようで、
周囲の展望を楽しむことが出来ました。
最盛期のシーズンは沢山の登山者で賑わうようですが、一度は行ってみたい
100名山だと思いました…

 健脚ですね、素晴らしい!

 こんにちは ひまじんさん
10時間にわたる日帰り行、しかも富士見平からは雪道。
まだまだひまじんさんの脚力も相当なもの。
 高谷池も天狗の庭も一面の雪景色、この時期の山頂からの眺望は
素晴らしいですね。
この山塊ではいまだ未踏の金山と高妻山、もはや高妻山は私には
届かないことでしょう。

 笹が峰は学生時代の合宿の地、花の美しい火打山は
つ6年前の初夏にも友を連れて再び歩きましたが・・・。
次の山行レポ、楽しみに待っております。

我歩人さん>こんばんわ…
火打山も良い山ですね、出来れば花の季節がベストでしょうが、残雪期は
涼しくて快適な山歩きになりますし、暑がりの自分に合っているようです。

最近の高妻山は短縮コースの弥勒尾根新道を使う人が多くなったようで、
一度、弥勒尾根新道を検討されたらどうでしょうか。(確かめていませんが
今年の山と高原地図で紹介されると聞いたことがあります…)

ネットで弥勒尾根新道を検索しても直ぐにレポが見つかりますよ

こんにちは。

この時期に最高の天気と眺望ですね!いいなー
 
100名山とはいえ、平日山行は人が少なくて良いですよね。(日曜祝日に登ったことないのですが・・・)
またひまじんさんのレポのお蔭で(?)登りたい山が増えてしまいました(笑

ハリクリさん>こんにちわ…
梅雨時でしたが天気が良くてラッキーでした (笑)
火打山は人気の山のようですし、ハイシーズンになるとテン場も満杯に
なるみたいですよ…
もし行かれるなら定番コースのように高谷池か黒沢池辺りに泊まって、
妙高山と一緒に2座踏破するのが良いみたいです

 残雪豊富な火打山いいなあ。それに展望の素晴らしいこと!
昔、体育の授業で笹ヶ峰から登ったのと、高谷池ヒュッテに泊まり妙高まで行ったのと、2回登りましたが、ガスで展望なしだった。3度目の正直で登って素晴らしい展望に出会いたいなあ。

しゃびんさん>こんばんわ…
2年前の妙高では天気予報が外れましたが、今回は梅雨の晴れ間で
大当たりになりました。
写真を見ると少し霞んでいるのですがこれだけ見えれば大満足です。
3度目の時は天気予報が当たるといいですね…

新潟方面の山は行程が長いんでなかなか行く機会ないですが、
残雪時の山は素晴らしいですねえ。
こんな景色見れるなら出不精にならず出かけ粘って思いました。
もう10年ちょっと前になりますが、火打山は夏にテント泊で歩きました。
高谷池畔でのんびり山を眺めながらでした。
守門岳と合わせて見せていただきました。
ありがとうございました。

kyouさん>こんばんわ…
新潟の山は高さの割に標高差も大きいし、夏場は蒸し暑いこともあって
中々足を向けにくく、自分も登った山は少ないと思います…(冬場は雪が
多くて登れませんし…)
今回の火打山は天気に恵まれ景色も良くてラッキーでしたが、ハイシーズンは
100名山のツァーグループなども多くて大変な賑わいになるようですね(季節の
良い時にユックリ出来るのが一番良いと思いますが…)
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/57530775

この記事へのトラックバック一覧です: 火打山(13.06.04 その2):

« 火打山(13.06.04 その1) | トップページ | 守門岳(13.06.11) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック