« 日光 社山(13.05.03) | トップページ | 奥秩父 笠取山(13.05.17) »

2013年5月10日 (金)

東信 虚空蔵山(13.05.09)



① 2013年5月9日(木)天候:晴れ
② 虚空蔵山:1076.9m
③ コースタイム(行動時間:4時間25分)
 上塩尻登山口(07:30)===座摩神社(07:40)===兎峰(08:55)===太郎山分岐(09:15)===虚空蔵山(09:25)===鳥小屋山(10:00)===高津屋山(10:10)===陣場鳥越山(10:20~10:45)===座摩神社分岐(10:55)===上塩尻神社(11:35)===上塩尻登山口(11:55)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:5.985km、累積標高:±795m)
130509000

 5月2回目の山歩きは長野県トレッキング協会の信州山岳ガイドなどを参考に、東信・上田エリアにある信州100名山、太郎山に付属する山として紹介されている虚空蔵山に登ることにしました。

 長野県山岳ガイドやネットのレポなどを見ると、コースの距離の割に山頂までの標高差が大きく、途中の兎峰や山頂からの展望が素晴らしいようですが、今回は新緑と展望などを楽しみに歩いてみることにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 虚空蔵山の上塩尻登山口(マップコード:177 296 825)までは自宅から約90kmで1時間半ほど…、朝5時半過ぎに自宅を出発すると何時ものルートを走って長野方面に向かい、さらに上信越道の上田菅平ICからカーナビの指示に従って現地に向かいます。

 上塩尻の登山口は塩尻小学校の裏手にあり、ネットで紹介されていたように登山口前に2~3台分ほどの駐車スペースしかありませんが、この日は登山口前に車を停めることが出来ました。(防火水槽が直ぐ隣りにありましたが…think

 早速、車を停めて歩く準備をすると登山口の写真を撮ってスタートします。

130509002

 歩き初めは座摩(ざますり)神社の参道になっており、左右に折り返しながら登って行くと10分ほどで神社に到着しました。(往時は養蚕祈願などで賑わったようです…)

130509003

 境内から南東側の展望が広がっており、直ぐ下に長野新幹線の高架橋が見えました。

130509004

 神社の左奥に登山道の分岐点があり、右奥に進んで左奥から戻って来ます。

130509005

 先ずは道標に従って兎峰に向かいますが赤松林の中を折り返しながら登って行きます。(周囲でヤマツツジが咲いていました…)

1305090051

 10分ほどで23番鉄塔を通過すると緩やかな稜線を進みます。(所どころで休憩用ベンチを見かけました…)

130509006

 さらに進むと右前方に兎峰の岩峰が見えて来ます。

130509007

 緩やかな稜線を20分ほど進んで再び急登が始まると、コースの所どころに補助ロープが付いていました。

130509008

 さらに進むと兎峰の岩峰を左に巻くように登って行きます。

130509009

 途中で展望が開けると新緑の稜線が鮮やかでした。

130509010

 10分ほど進むと兎峰の分岐があり、右に折り返して兎峰に進みました。

130509011

 1時間30分で兎峰のピークに上がると、眼下に上田の市街地が広がりました。

130509012

 今回は春霞がかかって遠望が難しく、辛うじて美ヶ原の稜線が見えました。

130509013

 少し左側は小諸から佐久方面になりますが、蓼科山辺りは全く見えないようです。

130509014

 さらに左側に浅間連峰の烏帽子岳が霞んで見えました。

130509015

 兎峰から一通り景色を眺めると、分岐点に戻って先に進みます。

130509016

 10分ほど登ると太郎山の分岐点があり、右に進むと90分ほどで太郎山に着くようです。

130509017

 標識に従って虚空蔵山に向かって進むと、直ぐにロープの付いた急登がありました。

130509018

 少し登って振り返ると稜線の先に太郎山の山頂が見えて来ます。

130509019

 登山口から歩き始めて2時間ほどで虚空蔵山の山頂に到着しました。

130509020

 山頂の北側に少し灌木がありますが、南側は素晴らしい展望が広がります。

130509021

 山頂で少し休んで景色を眺めると先に進んで石祠のピークを通過しました。

130509022

 さらに進むと前方に鳥小屋山の稜線が見えて来ます。

130509023

 山頂西側は標高差140mの急勾配が続き、長いロープの付いた急坂を下りました。

130509024

 山頂から20分ほどで鞍部に下ると太郎山林道の道標がありました。

130509025

 鞍部から少し登り返して虚空蔵山を振り返りました。

130509026

 10分ほどで2体のお地蔵様が祀られた鳥小屋山を通過します。

130509027

 さらに進んで行くと所どころに虚空蔵山の標識が付いていました。

130509028

 鳥小屋山から10分ほどで高津屋山を通過します。

130509029

 さらに進むと登山道の周囲で沢山の山吹が咲いていました。

130509030

 高津屋山から10分ほど進むと展望の良い岩稜となり…

130509031

 岩稜の先に陣場鳥越山の標識がありました。

130509032

 岩稜の北側に坂城から更埴方面が見え、遠く北アルプスが霞んでいました…。

130509033

 南側は上田から小諸・佐久方面が一望出来ました。

130509034

 眼下に見える長野新幹線の高架橋に上り列車が走っていました。

130509035

 陣場鳥越山で20分ほど昼食タイムを取ると、先に進んで座摩神社の分岐に向かいます。

130509036

 下って行くと登山道の周囲で数本の桃の花が咲いていました。

130509037

 10分ほど下ると座摩神社の分岐点があり、ここから東電巡視路を歩くようです。

130509038

 巡視路は山の南斜面に付けられており、あちこちにヤマツツジが咲いていました。(歩く人も少ないのかコースの一部が大分荒れているようです…)

130509039

 さらに下って行くと24番鉄塔周辺のツツジが見頃になっていました。

130509040

 下る途中で白い花が咲いていました…

130509041

 さらに下って行くと少しずつ緑が濃くなるようです。

130509042

 下る途中で小さな青い花を見かけました。(その後ホタルカズラと分かりました…)

130509043

 稜線の分岐点から40分ほどで上塩尻神社に下って来ましたが、ここまで下れば登山口はもう間もなくとなります。

130509044

 上塩尻神社から10分ほどで座摩神社を通過し、さらに10分ほど下って登山口に戻ると、総行程4時間25分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中でしなの木温泉 ひな詩の湯(入湯料650円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 日光 社山(13.05.03) | トップページ | 奥秩父 笠取山(13.05.17) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/57351069

この記事へのトラックバック一覧です: 東信 虚空蔵山(13.05.09):

« 日光 社山(13.05.03) | トップページ | 奥秩父 笠取山(13.05.17) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック