« しだれ桜の慈眼寺 | トップページ | 西上州 桧沢岳(13.04.13) »

2013年4月 6日 (土)

角田山(13.04.05)



① 2013年4月5日(金)天候:晴れ
② 角田山:481.7m
③ コースタイム(行動時間:4時間10分)
 角田浜駐車場(08:50)===桜尾根登山口(08:55)===灯台コース分岐(10:45)===角田山(10:50)===観音堂(11:00~11:30)===角田山(11:40)===五ヶ峠分岐(11:55)===梨ノ木平(12:15)===角田浜駐車場(13:00)
※花々の写真を撮りながらゆっくり歩いているため参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.366km、累積標高:±693m)
1304050001

 季節の変わり目で愚図ついた天気が続いたこともあり、2週間ぶりとなる山歩きは新・分県登山ガイドやKAZUさんのブログ(かずの山あるき…)などを参考に、新・花の100名山として紹介されている新潟県の角田山に出かけることにしました。

 
ネットなどを見ると巻観光協会で紹介している7つのコースの他に幾つかのサブコースがあるようで、今回はユキワリソウなどが楽しめる桜尾根コースから登り、帰りに展望の良い灯台コースで下ることにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる角田浜までは自宅から約215kmで3時間弱…、朝6時前に自宅を出発すると関越道の前橋ICから新潟方面に向かい、北陸道の巻潟東ICで高速を下りると国道406号線などを走って現地に向かいます。(子供たちが小さい時は毎年のように角田浜に海水浴に行っていました…)

 途中の旧巻町の市街地もそれほど混み合うこともなく、予定時間より少し早めに角田浜海水浴場の駐車場(マップコード:190 459 130)に到着しましたが、先着の車が十数台ほど停まって数名の人たちが準備をしていました。(灯台コースを歩く場合は少し灯台寄りの駐車場の方が良かったようです…)

130405002

 自分も車を停めて準備をすると桜尾根コースの登山口に向かいましたが、下山して来た親切な女性登山者に登山口を教えてもらいました。(ネットで見たように私有地を歩かせてもらうため登山口にはストックのプロテクター装着などの注意書きがありました…)

130405003

 踏み跡をたどって登って行くとあちこちに踏み荒し禁止の看板がありました。(花の盗掘や踏み荒しなどで山野草の群生地が消滅したと書いてあります…)

130405004

 少し登ると周囲の林の中でユキワリソウが咲いていましたが、遠くて花の写真は撮れそうにありません。(前を歩く地元の人が数年前に比べ荒廃がひどいと話していました…)

130405005

 それでも10分ほど登ると登山道近くにユキワリソウ(ミスミソウ)が咲いていました。

130405006

 白いユキワリソウも沢山咲いています。

130405008

 20分ほど登るとショウジョウバカマが咲いていました。

130405007

 さらに良く踏まれた登山道を登って行きます。(ユキワリソウは新潟県の花でした…) 

130405009

 30分ほど登ると周囲でカタクリの花が咲き始めました。

130405010

 ユキワリソウがアチコチで咲いているため足が中々進みません。

130405011

130405012

 さらに登るとキクザキイチゲが咲いていました。

130405013

 ユキワリソウの花は色や形が微妙に違うようです。

130405014

130405015

130405016

 さらに登ると登山道の周囲がカタクリの群落になって来ました。

130405017

 この日は平日でしたが沢山の登山者が登っており、前のグループの人が昨年よりも花が多いと話していました。(登山道の周囲はカタクリの大群落です…)

130405018

 カタクリに混じってユキワリソウも沢山咲いています。

130405019

 カタクリの中に青い花のキクザキイチゲ…

130405020

 周囲の花を楽しみながらさらにフラワーロードを登ります。

130405021

130405022

130405023

130405024

 1時間40分ほどで前方に山頂稜線が見えて来ました。

130405025

130405026

 さらに15分ほど進むと灯台コースの登山道と合わさりました。

130405027

 駐車場から2時間ほどで角田山の山頂に到着しました。

130405028

 登山者で大賑わいの山頂を通過し、展望の良い観音堂に向かいます。

130405029

 10分ほど下ると観音堂となりますが、春霞がかかって展望はありません。

130405030

 観音堂には立派な御堂があり高村光雲作の聖観音が本尊のようです。

130405031

 観音堂で30分ほど昼食タイムを取って山頂に戻りましたが、山頂で休む人たちはさらに増えていました。(一目見ただけですが軽く100人は超えているようです…)

130405032

 登山者で賑わう山頂を通過すると帰りは灯台コースを下って行きますが、山頂から10分ほどで三望平を通過します。(昔は展望が良かったのでしょうが、現在は樹木に囲まれて展望などはありません…)

130405033

 さらに5分ほど下ると五ヶ峠の登山道を左に分けます。

130405034

 五ヶ峠の分岐点から右に進み角田岬灯台に向かって下りました。(途中、小浜コースの分岐がありますが、踏み跡の濃い右手に進むのが正解です…)

130405035

 さらに10分ほど下ると周囲はカタクリの群落になりました。

130405036

 紫色の群落の中に2株の白いカタクリが咲いていました。

130405037

 こちらの灯台コースにも青いキクザキイチゲがありました。

130405038

 カタクリの中にキクザキイチゲが咲いています

130405039

 梨ノ木平まで下って来ると灯台コースの岩稜が見えて来ました。

130405040

 灯台コースでも沢山のユキワリソウが咲いていました。(この周辺ではマナー違反が多いようであちこちに踏み荒しの痕跡がありました…)

130405041

130405042

 樹林帯を抜けると馬の背の岩稜になりますが、左右が切れ落ちているため高度感のある登山道でした。

130405043

 少し下ると小浜コースの駐車場が見えました。

130405044

 馬の背の岩稜を通過して梨ノ木平を振り返ります。

130405045

 さらに下ると角田岬灯台と角田浜の駐車場が見えて来ました。(昔に比べ海の家が大分少なくなっていました…)

130405046

 さらに下って山頂から1時間20分で角田浜の駐車場に戻ると、総行程4時間10分ほどで今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って車に道具を片付けると、近くの福寿温泉じょんのび会館(入湯料:850円)に寄ることにし、大きな湯船に浸かって汗を流しサッパリしてから帰宅しました。

 ※花の名前はネットなどで調べていますが違っていましたらご指摘ください…

 
                                         ページの先頭に戻る

« しだれ桜の慈眼寺 | トップページ | 西上州 桧沢岳(13.04.13) »

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

新潟でこんなに沢山花が咲いてる山があるのですね!驚きです!

花の百名山・・・なんていうのもあるんだなぁ~本屋で見てみます

ハリクリさん>こんにちわ…
ここ何年か計画だけは作ってありましたが、今年初めて行くことが出来ました。
春の山としては大変人気の高い角田山ですが、この日もあちこちの登山口に沢山の車が停まっていました。(平日なので平均年齢は当然高い…coldsweats01
花の百名山はウィキペディアで検索すると直ぐに山名が出て来ますよ…

こんばんは♪
可愛く咲いているお花のUP、素敵ですねぇshine
海抜0mの登山口も楽しまれたことと思います。

遠方からのお越しも大変だったと思いますが、多くのスプリングエフェメラルが咲く越後の里山歩きを楽しまれたようで、嬉しく思いました。

白いカタクリの花を見つけた人は、幸せになるそうですよぅ~heart04

越後から初コメントです pencil

tuba姐 さん>おはようございます…

角田山は前々から行こうと思っていたのですが、行ってみたいところは沢山あって今回が初めての挑戦となりました。

それにしても人気のお山のようで、山頂はにぎやかで登山道を歩く人たちも多く、角田浜の駐車場だけでなく小浜コースやほたるの里コースの駐車場にも沢山の車がありました…

カタクリの白い花を見ると幸せになれると言うことなら、一つ、宝くじでも買って大当たりを狙いましょうか…good

早速のコメントありがとうございました…

こんばんは ご無沙汰しております。

私もカタクリが咲きそろってから歩きたかったのですが。

ユキワリソウはもちろんですが
青のキクザキイチゲと白いカタクリ、いいですね、
白いカタクリはまだ見たことがありません。

花の季節、忙しくなりますね。


kazu さん>おはようございます…
桜尾根で行き会ったグループの人によると、昨年に比べ今年は花が多い…と言って
いましたが、あんなに花が多いとは思いませんでした。
灯台コースを下る途中で何気なく道端を見たら、白花のカタクリが咲いていましたが、
自分も見るのは初めてでした。
赤城さんのHPにアカヤシオのレポがありましたが、桜が終わればいよいよ西上州の
アカヤシオですかね…

この季節の角田山は素晴らしいですね。
 こんにちは ひまじんさん
春の妖精たちが咲き乱れるこの峰は貴重ですよね。
 私有地を通らせて貰う桜尾根~山頂~灯台の角田浜からの周回コースは
花々と灯台・佐渡島を眺められ、私も十分堪能させて貰ったことが
ありました。(’11年4月記)
 青色のキクザキイチゲ・・・美しいですね。

 

我歩人さん>こんにちわ…
角田山は花が多い山でしたね、特に桜尾根コースでは花がほとんど切れ間なく続き、道中を楽しませてくれました。
今回はあいにくと春霞がかかっており、佐渡島は見ることが出来なかったのですが、次回挑戦する時は眺めてみたいと思いました…
我歩人さんのブログでも紹介しているように、帰りの関越道では真っ白な越後三山が良く見えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/57114211

この記事へのトラックバック一覧です: 角田山(13.04.05):

« しだれ桜の慈眼寺 | トップページ | 西上州 桧沢岳(13.04.13) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック