« 長瀞アルプス・宝登山(13.02.28) | トップページ | 四阿山 あずまや高原コース(13.03.15) »

2013年3月 7日 (木)

北八ッ 天狗岳(13.03.06)



① 2013年3月6日(水)天候:晴れ・強風
② 天狗岳:2645m(2460m付近で撤退…)
③ コースタイム(行動時間:5時間20分)
 渋の湯駐車場(06:20)===唐沢鉱泉分岐(07:30)===黒百合ヒュッテ(08:20~09:00)===中山峠(09:05)===折り返し点(09:40)===中山峠(09:55)===見晴し台(10:00~10:05)===黒百合ヒュッテ(10:15~10:25)===唐沢鉱泉分岐(10:50)===渋の湯駐車場(11:40)
※標準コースタイムに比べ少し遅いペースで歩いています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(距離:9.071km、標高差:±648m)
130306000
※集計データに誤差が大きく今回は距離と標高差で表示しています。

 
3月になって大分暖かい日が続いていますが、1週間ぶりの山歩きは北八ヶ岳の天狗岳に登ることにし、冬場のメインコースとなる渋の湯から山頂を往復することにしました。

 
冬場の天狗岳は冬山の中級コースと紹介されているようですが、コースのバリエーションも多く途中に通年営業の山小屋も幾つかあって、ネットなどで調べると人気の高いコースであることが分かります。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる渋の湯(マップコード:218 714 829)までは自宅から約130kmで3時間弱…、現地のスタート時間から逆算して早朝3時に自宅を出発すると、中部横断道の南佐久ICから女神湖を抜けて登山口に向かいました。(道路が凍結しているところも多く走行に気を使います…)

 国道299号線の鉄山入口から湯道街道に入り、渋の湯方面に向かって走って行くと予定より少し早めに現地に到着しました。(駐車場にトイレがあります…)

 周囲は薄暗い時間ですが先着している人もおり、渋御殿湯に行って駐車料金(1000円)を払うと車を停めて準備を始めます。(平日でしたが駐車場で10人ほど見かけました…)

 直ぐに準備を終えると歩き始め、渋御殿湯の前を抜けて先に進みます。

130306002

 沢沿いに少し進むと橋を渡りますが、小屋のポストに登山届を投函します。(小さな小屋に奥蓼科補導所の表示がありました…) 

130306003

 橋を渡ると直ぐに高見石の分岐があり、道標に従って天狗岳方面に急登すると10分ほどで緩やかな登山道となりました。(良く踏まれた登山道で登りはツボ足で歩きました…)

130306004

 さらに10分ほど進むと高見石からの登山道が合わさりました。

130306005

 道標に従って天狗岳方面に進み、長い上り坂をゆるゆる登ります。

130306006

 30分ほど登ると八方台の分岐点を通過します。(八方台方面にトレースがありました…)

130306007

 八方台の分岐点を左に折れると、さらに樹林帯の中を進みます。

130306008

 緩やかな登山道を15分ほど進み、少し下ると唐沢鉱泉の分岐点がありました。

130306009

 道標に従って天狗岳方面に進みますが所どころ吹き溜まりが出来ていました。(樹林帯の外では強風が吹いているようです…)

130306010

 途中で左側の樹林帯が切れ、中山の稜線が見えました。

130306011

 木々の間に槍と穂高が見えましたが、樹林帯から出ると強風が吹いていました。

130306012

 さらに登ると乗鞍岳が見えて来ました。(風が強くこの先が心配です…)

130306013

 駐車場から2時間ほどで黒百合ヒュッテに到着しましたが、ここで20分ほど休憩して軽く行動食を取り、アイゼンとピッケルを準備して先に進む予定でした。

130306014

 しかし小屋の周囲は強風が吹き荒れて雪煙が舞っており、しばらく休んで様子を見ることにしました。(後続のグループなども登って来ました…)

 30分ほどすると山頂から下って来た人がおり、強風で吹き飛ばされそうだった…と話していましたが、時間が経てば風が弱まることもあり先に進んで様子を見ることにしました。

130306015

 黒百合ヒュッテから5分ほどで中山峠に上がると右手に進んで天狗岳に向かいます。 

130306016

 10分ほどで樹林帯を抜けると雪原に上がりましたが、先ほどの情報通りに西寄りの強風で身体が持って行かれそうです。

130306017

 それでも周囲に見える展望が素晴らしく、強風の合間に写真を撮ることにしました。

130306018

 乗鞍岳の右側に見えるのは霞沢岳辺りでしょうか?…。

130306019

 少し右側に北アルプス南部の山々が続きます。

130306020

 さらに右側に北アルプス北部の山々が並びます。

130306021

 強風の合間を見計らって先に進みますが、東天狗の稜線に雪煙が舞っていました。

130306022

 西天狗の稜線も雪煙が舞っているようです。

130306023

 さらに進むと先行した人が稜線で耐風姿勢を取っているのが見えました。(この後で登るのを断念して引き返して来ました…)

130306024

 背後を振り返ると黒百合ヒュッテで一緒になった人たちが後続して来ます。

130306025

 中山の断崖の右に谷川連峰の山々が並び、ニュウの岩峰の先が平ヶ岳のようです。

130306026

 さらに右側に武尊山と日光白根山が見え、その手前に見えるのが榛名山となります。

130306027

 さらに進むと中山の右奥に浅間山が見えて来ました。

130306028

 少し進んで樹林帯の陰に入ると、風を避けて様子を見ることにしました。

130306029

 直ぐ隣りに見えるのが稲子岳の絶壁で、その先に荒船山や毛無岩が見えました。

130306030

 稜線に吹く強風は一向に弱まりそうな気配はなく、山頂は次の機会にして今回はここで引き返すことにしました。(先ほどの若い人たちもUターンしました…)

130306031

 中山峠に戻る途中で見えた御嶽山です。

130306032

 槍・穂の右手前に見えるのは霧ヶ峰の車山となります。

130306033

 北西側に高原状の美ヶ原が良く見えました。

130306034

 黒百合ヒュッテに戻る前に硫黄岳を眺めることにし、中山峠から5分ほど進んで見晴し台に行ってみました。(中山経由で下山も出来ますが今回はここでお仕舞いです…)

130306035

 見晴し台から硫黄岳と天狗岳が見えました。

130306036

 硫黄岳の迫力のある火口壁が見え、山頂周辺のケルンが見えました。

130306037

 天狗の鼻の先が東天狗の山頂ですが、稜線では相変わらず雪煙が舞っていました。

130306038

 西天狗の東側稜線に薄いトレースが残っていました。

130306039

 見晴し台の南東側に奥秩父の山々が並んでいます。

130306040

 金峰山の白い山頂に五丈岩が良く見えます。

130306041

 少し左側に三宝山と甲武信ヶ岳が並んでいます。

130306042

 さらに左側に御座山が続き、中央奥に武甲山が見えました。

130306043

 見晴し台の南西側に木曽駒ヶ岳が頭を出していました。

130306044

 黒百合ヒュッテまで戻ると居合わせた人たちと情報交換を行い、しばらく休んでから下山を始めました。

130306045

 天狗岳の山頂に登れなかったのは残念でしたが、これだけ素晴らしい景色が見えれば十分でしょう…と自分に言い聞かせながら登山口に向かいました。(下山の途中で御嶽山と乗鞍岳が良く見えました…)

130306046

 帰りはアイゼンを履いて下り、黒百合ヒュッテから唐沢鉱泉の分岐点が25分、登山口の駐車場には1時間15分で下り、総行程5時間20分で今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って道具を片付けると、帰る前に渋御殿湯(入湯料800円)に寄って汗を流すことにし、レトロな温泉に浸かって冷えた身体を温めサッパリしてから家路につきました。

                                          ページの先頭に戻る

« 長瀞アルプス・宝登山(13.02.28) | トップページ | 四阿山 あずまや高原コース(13.03.15) »

登山」カテゴリの記事

コメント

良い天気でしたが、八ヶ岳方面は凄まじい強風だったんですね・・・

長野中南部の山々も2月中旬~に今年はかなり積雪がったようだし、
最近の急な気温上昇もあるし、今年3月の山行は気をつけないとですね

自分も判断をしかっりとして無理ない範囲で楽しみたいです

でも、、天狗岳もいいな~

ハリクリ さん>こんにちわ…
天気は良かったのですが、これほど風が強いと思っていませんでした。

天狗の鼻の手前にクサリの岩場があり、無理して上がっても更に風が強くなると
下りが困りますので、今回は途中で撤退することにしました。
それでも今回は綺麗な景色が見られましたし、初めて登る山でもなかったので、
それほど悔いは残りませんでした。

春先は雪が締まって歩きやすくなりますが、一方で気温が上がると雪崩れる
リスクが高まりますので、一層の注意が必要になるようですね…

春山はまだまだ楽しめそうですよ…shine

はじめまして!!
天狗岳でお会いした者です!
ヤマレコを書いてるんですが、同じ日に登られているレポを発見してやってきました★
私が写ってる画像があって嬉しくなりました^^
あの日は本当に風が強かったですね。
降りてこられた方達も大変な思いだっただろうなぁ。
ブログ楽しく拝見させていただきました。
また拝見させていただきますっ!

ashinu さん>おはようございます…
ヤマレコ拝見しましたよ、しかし、この日は風が強かったですね~
それでも周囲の景色が良く見えたので、あきらめ半分と言う感じでした。
朝、駐車場で言葉を交わした人が、ネットで声かけして集まったと言って
いましたが、そのグループの中に入っていたんですね。
自分は関東・甲信越などを中心に日帰りで歩いていますが、どこかで
お会いした時はよろしくお願いします。
コメントありがとうございました…

度々コメント失礼しまっす!

最近ブログをはじめて、こちらのブログのリンクを貼らせていただきましたっ!!
断りなく先に貼ってしまってすいません!
どうしてもみんなにこちらを見てもらいたかったので((アセアセsweat01

本当に細かく記録が書いていらっしゃって凄く参考になるブログですね!
これからの山行で参考にさせていただきますね!
私も甲信越の山にこれからも登るので、またどこかでお会いできるといいですねshine

ashinu さん>どうもです…
皆さんに見てもらうためのブログですし、自分もネットのレポなどを参考に山歩きを
始めた(今も…)部類になりますので、リンクしていただいてOKですよ
気ままな単独山行で相棒がいる訳でなく、写真を撮ると言っても周囲の景色とか
道標位しかありませんので、こんな形式のレポに落ち着きました。
皆さんのグループとはヒュッテでも言葉を交わし、折り返し点の直ぐ手前でも言葉を
交わしました。
これからもよろしくお願いします…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/56893442

この記事へのトラックバック一覧です: 北八ッ 天狗岳(13.03.06):

« 長瀞アルプス・宝登山(13.02.28) | トップページ | 四阿山 あずまや高原コース(13.03.15) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック