« 北八ッ 北横岳~雨池山(13.01.21) | トップページ | 赤城 黒檜山(13.02.07) »

2013年1月31日 (木)

榛名 掃部ヶ岳(13.01.30)



① 2013年1月30日(水)天候:晴れ
② 掃部ヶ岳:1449m
③ コースタイム(行動時間:4時間30分)
 国民宿舎吾妻荘前駐車場(07:40)===硯岩(08:05~08:10)===肩の分岐(8:50)===掃部ヶ岳(09:00~09:20)===西峰(09:55~10:00)===杖の神頭(10:35)===杖の神峠(10:55)===国民宿舎吾妻荘前駐車場(12:10)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.089km、累積標高:±761m)
130130000

 前回の北横岳から9日ぶりの山歩きとなりますが、トレーニングを兼ねて榛名山・最高峰の掃部ヶ岳に出かけることにしました。

 自宅から一番近い榛名山ですが積雪期に登るのは2008年の烏帽子ヶ岳以来で、今回は雪の残る掃部ヶ岳を左回りで周回することにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 掃部ヶ岳の登山口までは約25kmで40分ほど、朝6時半過ぎに自宅を出発すると榛名湖方面に向かう何時ものルート(箕郷町~県道126号線)を走って現地に向かいます。

 南榛名林道の分岐辺りから道路に雪が残っており、さらに登って行くと圧雪された凍結路になりましたが、ほぼ予定通りの時間で登山口近くの国民宿舎前の駐車場(マップコード:295 208 710)に到着しました。(トイレは冬季閉鎖中になっており少し手前の市営駐車場のトイレが使えました…)

 駐車場に先行したらしい人の車が1台停まっていましたが、自分も車を停めて歩く準備をすると駐車場の写真を撮って歩き始めました。(ザックに軽アイゼンを入れてツボ足で登ることにしました…)

130130002

 駐車場から県道に出ると登山口の上に硯岩が見えてきます。(登山口は県道横の青い看板のところにあります…)

130130003

 最近は雪が降っていないこともあり踏み跡がしっかり残っていました。

130130004

 登山口から20分ほどで硯岩の分岐点に到着します。

130130005

 分岐から右に進むと硯岩ですが途中の雪もツボ足で問題なさそうでした…。

130130006

 5分ほどで硯岩の岩頭に上がります。

130130007

 硯岩からは素晴らしい展望が広がっており、直ぐ眼下に結氷した榛名湖が見えますが、ワカサギの穴釣りが解禁されておらず氷上のテントが見えないのが寂しい感じです。

130130008

 硯岩で景色を眺めると分岐まで戻り、今度は山頂に向かって踏み跡を進みます。

130130009

 周辺の積雪は20cmほどで階段が雪に埋まって登りやすいものでした。

130130010

 硯岩から40分ほどで肩の分岐となりましたが、湖畔の宿記念公園側にも踏み跡が残っていました。

130130011

 さらに山頂に向かって行くと途中で展望の開けた稜線を通過します。

130130012

 登山口から1時間20分ほどで掃部ヶ岳の山頂に到着しました。

130130013

 山頂の先にこれから歩く稜線が見え、西峰の右奥に浅間山が見えました。

130130014

 この日の浅間山は春霞のかかったような展望でした。(右手前は浅間隠山…)

130130015

 南側の展望も大分霞んでおり期待していた遠望は難しそうです…。

130130016

 杏ヶ岳の先が裏妙義の谷急山ですが、その先の荒船山が全く見えないようです。

130130017

 南側に鐘原ヶ岳や天狗岳が見えますが、その先は白く霞んでほとんど見えません。(天気が良ければ富士山も見えるハズです…)

130130018

 グリーンシーズンは葉が茂って何も見えませんが、冬場は葉が落ちるため榛名湖が良く見えました。

130130019

 山頂で少し休んで行動食を取ると軽アイゼンを履いて先に進みます。(山頂から稜線に延びるトレースが見えました…)

130130020

 鞍部に下ると地蔵岩のピークに向かって登り返しますが、山頂から見えた踏み跡は単独の人のもので足が沈んで歩き難いトレースでした。(雪が少ないと思い車にワカンを置いてきたのが失敗でした…think

130130021

 稜線の吹き溜まりにヒザ上の雪があり、先行した人のトレースを有り難く使わせてもらいました。(駐車場で見かけた車の人かも知れません…)

130130022

 山頂から約35分で西峰のピークですが、夏場の倍くらいの時間がかかりました。

130130023

 西峰も南側を中心に展望が開けており、東側には榛名湖が良く見えました。

130130024

 地蔵岩の向こうが榛名富士でその右奥が相馬山となります。

130130025

 直ぐ南側が展望の良い鏡台山で山頂の岩峰が見えました。

130130026

 杏ヶ岳の先に妙義山の岩峰が並び、その先に薄く霞んだ山々が見えますが、どの辺りの山になるのか見分けがつきません。

130130027

 西峰から一通り景色を眺めると先に進んで杖の神峠に向かいます…。

130130028

 20分ほどで送電線の巡視路の分岐を通過します。

130130029

 分岐を通過すると耳岩の北側を巻いて進みます。

130130030

 西峰から30分ほどで杖の神頭の分岐点が見えて来ました。

130130031

 道標に従って杖の神峠方面に進み、少し下ると耳岩の先に西峰が見えました。

130130032

 耳岩の岩峰の上に耳のような岩が突き出しています。

130130033

 さらに杖の神峠に向かって下りますが、斜面南側の雪は大分融けていました。

130130034

 20分ほど下ると杖の神峠のお地蔵様の前を通過します。(杖の神峠の旧道は石仏の前を通っていたようです…)

1301300351

 西峰から55分で杖の神峠に下ってきました。(錆びた看板が杖の神峠の標識…)

130130036

 杖の神峠から南側に進めば杏ヶ岳で、登山道に古い踏み跡が残っていました。

130130037

 杖の神峠から林道を下って行きますが、途中で西峰の岩峰が良く見えました。

130130038

 緩やかな林道を1時間ほど歩きますが、長い林道歩きがこのコースの欠点です。 

130130039

 杖の神峠から1時間15分で国民宿舎前の駐車場に戻ると、総行程4時間30分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片づけると温かい温泉に入ることにしましたが、何時ものゆうすげ元湯は風呂掃除中になっており、直ぐ隣りにあるレークサイドゆうすげ(入湯料=400円)に寄ることにしました。

 冬場の赤城山(黒檜山)が冬山入門コースとして良く知られているようですが、榛名山の掃部ヶ岳なども雪の多いシーズンであれば結構面白いコースだと思いました…。

                                          ページの先頭に戻る

« 北八ッ 北横岳~雨池山(13.01.21) | トップページ | 赤城 黒檜山(13.02.07) »

登山」カテゴリの記事

コメント

掃部ヶ岳は、一昨年5月と昨年2月に登りましたが、冬の榛名は静かでいいですね。
ワカンは車の中で休憩中でしたか、背中に背負わず残念でした。
私もそうでしたが、掃部ヶ岳ピストンが多いのでしょうか。

日帰り温泉…温泉ではない?ようですが、国民宿舎吾妻荘からのお風呂は
榛名山の眺めがとてもいいので気に入っています。

ゆず茶 さん>こんにちわ…
駐車場周辺の雪はそれほどでもなく、ワカンは車で留守番させていましたが、
稜線に雪が吹き溜まって雪庇のようになっていました。
掃部ヶ岳は山頂ピストンの人たちが多いと思いますが、杖の神峠からの林道
歩きを考えると無難な選択かも知れませんね…
今回は国民宿舎吾妻荘の展望風呂に寄って見ようと思ったのですが、当日は
設備点検だったようで生憎の休館日になっていました。
「ゆうすげ」は本館を含めて日帰り温泉でなく、宿泊可能なリゾートホテル?の
ような感じの温泉宿になっています…

土曜日は榛名の方が晴れてそうなので、まねっこで行ってきました。
榛名での雪遊びは初めてでしたが楽しかったです。
休日でも3組5人しか会いませんでした。

ただ...あまりに暖かすぎて、山頂の手前はドロドロ、
湖畔の宿記念公園に下りるつもりが雪が溶けて笹が見える状態で
奥さんに却下されて、往復になりました。

帰りには湖の氷も全部解けてしまってました。

石塚さん>こんばんわ…
赤城や榛名山なども雪が積もっていると、結構、面白いところがありますが、
このところ暖かい日が続きましたから、さらに雪が解けたかも知れませんね…
素人が行ける雪山のシーズンは残り2ヶ月ほど、行きたいところは色々ありますが、
天気との折り合いが悪く中々出かけるチャンスがありません。
水曜に雪が降りそうなのでその後に出かけようと思っていますが、雪の後は道路が
大変なので、近場の山で少し積もることを期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/56661940

この記事へのトラックバック一覧です: 榛名 掃部ヶ岳(13.01.30):

« 北八ッ 北横岳~雨池山(13.01.21) | トップページ | 赤城 黒檜山(13.02.07) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック