« 榛名 水沢山(12.12.27) | トップページ | 水ノ塔山・篭ノ登山(13.01.12) »

2013年1月 8日 (火)

奥多摩 御岳山・大岳山(13.01.07)



① 2013年1月7日(月)天候:晴れ
② 御岳山:929m、大岳山:1266.5m
③ コースタイム(行動時間:4時間50分)
 御岳山駅(08:10)===御岳山神社(08:35~08:40)===奥の院(09:30)===鍋割山(09:45)===鍋割山分岐(10:00)===大岳神社(10:30)===大岳山(10:50~11:20)===大岳神社(11:30)===鍋割山分岐(11:55)===御岳山神社(12:45)===御岳山駅(13:00)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:10.671km、累積標高:±899m)
130107000

 2013年初めての山歩きは初詣を兼ねて奥多摩の御岳山を歩くことにしましたが、御岳山の往復だけでは山歩きも直ぐに終わってしまうため、その少し先にある200名山の大岳山まで足を延ばすことにしました。

 手持ちのガイドブックでは御岳山から奥多摩駅までの縦走コースを紹介していましたが、車の回収が面倒なこともあり今回は大岳山までの往復コースを歩くことにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口となる御岳山ケーブルカー滝本駅(マップコード:23 754 173)までは自宅から約110kmで1時間40分…、朝6時に自宅を出発すると近くのコンビニで食料を準備し、前橋ICから関越道~圏央道を走って八王子方面に向かいます。

 青梅ICで高速を下りると青梅市内を抜け、さらに国道411号線・青梅街道を走って行くと予定より少し早く、御岳山ケーブルカーの駐車場(1000円)に到着しました。

130107002

 駐車場に停まっていた車で夫婦連れの登山者が準備していましたが、自分も直ぐに準備をすると7時55分発のケーブルカー(往復=1090円)に乗り込みました。

130107003

 6分ほどで御嶽山駅に到着するとストックを延ばして歩く準備をします。(まだ時間も早く周辺に人影を見かけませんが、帰る時は愛犬祈願の人たちを沢山見かけました…)

130107004

 駅前広場(御岳平)からは東側の展望が広がっており、副都心のビル群やスカイツリーが少し霞んで見えました。(都心の夜景が綺麗なようです…)

130107005

 準備を終えると先ずは御嶽神社に向かって参道を歩き始めます。

130107006

 少し歩くと左前方に御師集落が見え、その右奥に奥の院のピークが見えて来ます。

130107007

 御嶽神社の参道は舗装されており、緩やかな歩きやすい遊歩道が続きました。

130107008

 10分ほどで御師集落に入りますが、参道沿いに宿坊が並んでいました。

130107009

 さらに歩いて神代スギを通過すると商店街の中を進みます。(写真は下山時のもの…)

130107010

 御嶽山駅から15分ほどで随神門が見えて来ましたが、久しぶりの階段登りは身体に辛いものがありました。(御岳山の山頂に御嶽神社が祀られています…)

130107011

 途中に大岳山の登山道がありましたが、さらに登ると武蔵御嶽神社に到着します。(拝殿に参拝して今年一年の無事を祈ると神符綬与所に寄って厄除の御神札と交通安全のお守りを購入しました…)

130107012

 御嶽神社から東側の展望が開けており、直ぐ先に日の出山の山頂が見えました。

130107013

 初詣が終わると御嶽神社から少し下り、道標に従って大岳山方面に進みます。

130107014

 10分ほどで奥の院の分岐点となりますが、往路は奥の院経由で大岳山に向かいます。

130107015

 分岐点から奥の院に向かうと本格的な登山道が始まりました。 

130107016

 登る途中に立派な石碑が立っており、碑銘を見ると弟橘姫を祀っているようです。

130107017

 さらに進むとクサリの岩場を通過しましたが、特に難しいところではありません。

130107018

 良く踏まれた登山道が続いており、道に迷うようなところはなさそうです。

130107019

 分岐から約35分で奥の院の男具那社となりましたが、ここには日本武尊が祀られているようです。

130107020

 登山道は社殿の左奥に延びており、さらに登ると奥の院の頂上となりました。

130107021

 奥の院の山頂は写真を撮って通過し、少し進むと大岳山の山頂が見えて来ます。

130107022

 さらに進んで奥の院の西側の岩稜を下って行きます。

130107023

 10分ほどで鍋割山の分岐点がありますが、ここは道標に従って鍋割山に向かいます。

130107024

 奥の院の山頂から15分ほどで鍋割山の山頂を通過します。(山頂の周囲は樹林帯…)

130107025

 さらに踏み跡をたどって大岳山に向かいます。

130107026

 鍋割山から15分ほど下ると分岐点となり、奥の院手前からの登山道に合わさりました。

130107027

 道標に従って登山道を進んで行くと、前方に大岳山の稜線が見えて来ます。 

130107028

 登山道は大岳山の中腹に延びており、東側に回り込んで登って行くようです。

130107029

 少し進むと岩場混じりの登山道が多くなって来ます。

130107030

 所どころにクサリの岩場歩きもありますが、転倒に注意すれば特に問題はありません。

130107031

 鍋割山の分岐から約30分で大岳神社の鳥居をくぐります。

130107032

 大岳神社に参拝すると先に進み、左奥に延びた登山道を登って行きます。

130107033

 山頂に近づくと岩場混じりの急登が続きました。

130107034

 御嶽山駅から歩き始めて2時間40分、予定より少し早めに大岳山に到着しました。(山頂では数人の登山者と行き会いました…)

130107035

 山頂からは南西側を中心に見事な展望が広がっていました。

130107036

 先ずは新年早々の富士山ですが、今日は雲一つない好天のようです。

130107037

 少し左側が丹沢方面と思いますが、少し霞んでピークの形がはっきりしません。

130107038

 山と高原地図を見ると富士山の右手前のピークが御正体山と思います…。

130107039

 少し右側が三ツ峠山のようで、山頂に電波塔が立っていました。

130107040

 西側に見えるのが御前山のようで、中央奥に見えるのが大菩薩嶺、その左手前に並ぶのが三頭山と思います。

130107041

 山頂で30分ほど昼食タイムを取って下り始めましたが、帰りは鍋割山手前の分岐点から中腹を巻いて下ることにし、大岳山の山頂から1時間40分ほどで御嶽山駅に戻ると、総行程4時間50分で2013年初めての山歩きを終了しました。

 帰る途中の日帰り温泉はかんぽの宿 青梅に寄ることにしましたが、お正月料金だったのか通常料金(1000円)の半額で入浴出来たこともあり、少し得した気分で気持ち良く家路につくことが出来ました。

                                          ページの先頭に戻る

« 榛名 水沢山(12.12.27) | トップページ | 水ノ塔山・篭ノ登山(13.01.12) »

登山」カテゴリの記事

コメント

 雪もなく暖かだったようですね。

 こんにちは ひまじんさん、
さっそく歩きはじめられたようで今年もお元気なレポを
楽しみにさせていただきます。
 この奥多摩三山は縦走をはじめ様々なルートが楽しめますが
車の場合は 下山口に駐車、バスや電車で登り口まで
延伸する手段を取らなければならないのがちょっと不便ですね。

 やはり大岳山頂からの富士山は美しいと思います。

我歩人さん>こんにちわ…
今年は年明けに少し体調を崩し7日からのスタートでした
山と高原地図を見ると青梅街道沿いには色んな山がありますね…
ただ、マイカーの場合は車の回収もあって歩けるコースが限られるようですし、
上手なコース取りが中々難しいようです。
今年もあちこち出かけたいと思っていますのでよろしくお願いします。

 こんにちは
 ひまじんさんの今年の最初の山はどこかなと思っていました。
ちょうど、奥多摩デビューをしようと御岳山と大岳山の計画を練っていたところなんです。
近いにも関わらず、いままで、奥多摩の山は登ったことがなかったもので。
そのうち行こうと考えています。

今年もレポを楽しみにしています。

しゃびんさん>こんばんわ…
今年の初詣も兼ねて登りましたが、大岳山からは富士山が見られて
ラッキーでした…
奥多摩も色んな山があるようですが、他に行きたいところも沢山あり、
今回はアプローチの簡単なところを歩いてみました
今年もよろしくお願いします…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/56495621

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩 御岳山・大岳山(13.01.07):

« 榛名 水沢山(12.12.27) | トップページ | 水ノ塔山・篭ノ登山(13.01.12) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック