« 小野子山・十二ヶ岳(12.11.08) | トップページ | 鬼ヶ岳・節刀ヶ岳・十二ヶ岳(12.11.21) »

2012年11月17日 (土)

西上州 兜岩山(12.11.16)



① 2012年11月16日(金)天候:曇り後晴れ
② 兜岩山:1368.4m
③ コースタイム(行動時間:4時間50分)
 荒船不動駐車場(07:50)===星尾峠(08:35)===御岳山(09:15)===田口峠分岐(09:50)===兜岩山(10:05~11:10)===田口峠分岐(11:20)===御岳山分岐(12:00)===荒船不動分岐(12:10)===荒船不動駐車場(12:40)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.636km、累積標高:±783m)
121116000

 11月2回目の山歩きとなりますが、関東地方を中心に穏やかな好天になるとの予報もあり、久しぶりに西上州方面に出かけてみることにし、群馬の山歩き130選の中でこれまで登っていなかった兜岩山に行って見ることにしました。

 
兜岩山は国道254号線を佐久側から群馬方面に走る時に見えますが、元寇のモンゴル軍の兜の鉢を伏せたような形をしており、ネットなどで調べると山頂西側の岩稜から八ヶ岳などが眺められると紹介されています。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 兜岩山の登山口(マップコード:292 135 644)の荒船不動までは自宅から約55kmで1時間半…、現地スタート時間から逆算して午前6時に自宅を出発しましたが、まだ夜明け前で東の空が明るくなっているだけでした。(この時期は日の出が6時半頃になるようです…)

 何時ものように途中のコンビニで食料を購入し、安中から下仁田に抜けて国道254号線を佐久方面に走って行くと、県境の荒船山周辺に雲がかかっているようですが、今日は小春日和と言う天気予報を当てにすることにしました…confident

 国道254号線の内山トンネルを抜けると内山大橋の手前を左折し、途中にあった別荘地を通過して荒船不動に向かって林道を走って行くと、ほぼ予定通りの時間で荒船不動の駐車場に到着しました。

 車を停めて準備をすると先ずは荒船不動にお参りして今回の山歩きの無事を祈ることにしました。(右奥が本殿でした…)

121116002

 登山道は荒船不動の左奥から延びており、しっかりした踏み跡と所どころにピンクテープのマーカーが残っていました。

121116003

 5分ほど進むと古びた案内図がありました。(星尾峠まで45分の表示…)

121116004

 さらに登って小さな沢を木橋で渡ります。

121116005

 荒船不動からのコースは緩やかで歩きやすく、内山峠からのコースよりもファミリー向けの感じがしました。

121116006

 案内図の表示通りに荒船不動から約45分で星尾峠の分岐点に着きました。

121116007

 南牧村の線ヶ滝方面に下る星尾峠の分岐点ですが、台風による崩落個所に補助ロープが下っています。(4年半ほど前にここから線ヶ滝に向かった時は、台風9号の豪雨被害で途中の登山道がでスゴイことになっていました…)

121116008

 道標に従って兜岩方面に向かいますが、登山道の周囲が霧氷で白くなっていました。 

121116009

 しばらく進むと左側に線ヶ滝方面の展望が開けました。(天気が回復するようです…)

121116010

 陽が射して気温が上がって来たのか、霧氷が融けてパラパラ落ち始めました。

121116011

 星尾峠から20分ほどで荒船不動のショートカットコースを通過します。(帰りはこの分岐点から下ることにしました…)

121116012

 さらに5分ほど進むと御岳山の急登に取り付きました。

121116013

 5分ほど急登すると緩やかな登りとなり、踏み跡をたどると2体の石仏がありましたが、信州山歩き地図(マップ)によると御岳信仰の石像のようです…。

121116014

 御岳山の山頂はさらに左奥にあり倒木で岩場がむき出しになっていました。

121116015

 岩場を通過すると直ぐに山頂に上がり御嶽山に向き合う神像が祀られていました。

121116016

 倒れている由緒書きを見ると、遠い木曽の御嶽山に中々お参りが出来ないためこの山頂から御嶽山に向かって手を合わせた…と書かれていました。

 御岳山の山頂は周囲の展望はなく、御岳の分岐まで戻るとローソク岩に向かいます。

121116017

 分岐から少し下ると木々の間からローソク岩が見えて来ます。

121116018

 鞍部まで下り少し登り返すと痩せた岩稜の登山道に変わりました。

121116019

 さらに進んで孫ローソク岩の基部を通過します。

121116020

 孫ローソク岩を通過して岩稜に上がると展望が開けます。(稜線の左側は切れた絶壁になっていました…)

121116021

 立岩の右奥にギザギザピークの両神山が良く見えました。

121116022

 北東側に歩いて来た稜線と経塚山(荒船山)が良く見えます。

121116023

 経塚山の北側は霧氷に覆われ真っ白になっていました。

121116024

 さらに子ローソクからローソク岩の中腹をトラバースするように進みます。

121116025

 やがて板橋を通過すると稜線がもう間もなくになります。

121116026

 御岳の分岐から30分ほどで田口峠の分岐点となりました。

121116027

 分岐点から右に進みササヤブの踏み跡をたどって兜岩山に向かいます。

121116028

 荒船不動から2時間15分で兜岩山の山頂ですが、山頂の周囲に展望はなく小さな山頂標識が付いているだけでした。

121116029

 山頂北側に踏み跡が延びており、少し先に行って見ましたが木々の間から西側の景色が見えるだけでした。(北アルプスに雲がかかっているようです…)

121116030

 山頂に戻ると予定通り西側に延びる踏み跡を進み、岩場の上に出ると素晴らしい展望が広がりました。

121116031

 南西側正面に八ヶ岳が連なっており、左から赤岳~横岳~硫黄岳~天狗岳と続きます。

121116032

 さらに右側に茶臼山~縞枯山~北横岳~蓼科山が並びます。

121116033

 茂来山と赤岳の間に見えるのが南アルプスの甲斐駒ケ岳と思います。

121116034

 茂来山の左側に御座山や奥秩父の山々が連なっていました。

121116035

 御座山の左稜線の先が金峰山でPCで画像を拡大すると山頂の五丈岩が見えました。

121116036

 南西側に白い乗鞍岳が見えますが北アルプスの山々が雲に隠れているため、ここで昼食タイムを取って晴れてくるのを待つことにしました。

121116037

 30分ほどで真っ白な北アルプスの山々が見えてきました。

121116038

 北アルプス南部に少し雲が残りますが、写真の中央辺りに槍ヶ岳が見えています。

121116039

 さらに右側に鹿島槍ヶ岳の双耳峰や白馬三山などが良く見えました。

121116040

 1時間ほど景色を眺めて下山を始めましたが、山頂に戻る途中の展望ヶ所で内山大橋が良く見えました。

121116041

 浅間山にかかっていた雲もすっかり取れ、白い山頂が姿を見せてくれました。(もう冬山の準備ですかね…)

121116042

 下る途中でローソク岩の山頂部が見えますが、北側半分が霧氷で白くなっていました。

121116043

 帰りはショートカットの登山道から荒船不動に下りましたが、こちらもしっかりした踏み跡とピンクテープのマーカーが残っており、道に迷うような心配はなさそうです。

121116044

 分岐点から15分ほど下ると工事中の林道に合わさりました。

121116045

 この辺りで伐採用の林道を作っているようで、工事が終われば登山道が整備されるものと思います。(林道横に登山道の標識が残っていました…)

121116046

 さらに出来たばかりの林道を歩いて荒船不動に向かいます。

121116047

 兜岩山から1時間30分ほどで荒船不動の駐車場に戻って来ました。(奥に御岳山と兜岩山が見えています…)

121116048

 少し登って荒船不動の駐車場に停めた車まで戻ると、総行程4時間50分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で荒船の湯(入湯料500円)に寄ることにし、大きな湯船に浸かって汗を流しサッパリしてから帰宅しました。

 兜岩山は荒船山の陰に隠れてあまり目立たない山ですが、素晴らしい展望と岩稜歩きのスリルも楽しめる静かな山で、歩いて面白いお勧めのコースだと思いました。

  
                                        ページの先頭に戻る

« 小野子山・十二ヶ岳(12.11.08) | トップページ | 鬼ヶ岳・節刀ヶ岳・十二ヶ岳(12.11.21) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさんお久しぶりです。
今日、ひまじんさんのブログを参考に兜岩山に行ってきました。
雲一つ無い北アルプスの大展望に満足いたしました。
なかなか良い山ですね。そのうちHPにアップします。

しゃびん さん>こんばんわ…
今日の兜岩山は天気が良くて大展望が楽しめたようですね…
自分も初めて荒船不動からの登山道を歩いて見ましたが、歩きやすく荒船山に
登るコースにしてもいいと思いました。
素敵な北アルプスの写真を楽しみにしています。

 こんにちは
 この界隈、荒船山や立岩は歩きましたが 信州側のこの兜岩山は
まだ未踏です。 良い峰をご紹介いただきました。
冬晴れの日に霧氷の林と岩稜を歩きたくなります。
 南牧村星尾の集落の佇まいが好きな私ですが、ここ埼玉・浦和からですと
下仁田IC経由内山峠越えのほうが時間的には早そうですね。
 いつも素敵なレポをありがとうございます。

俄歩人さん>こんにちわ…
兜岩山は山頂まで2時間チョッとの山ですし、ハイキング感覚で歩ける展望の
山だと思います…
ただ、ヤマレコを見ると雪の降った後は、ローソク岩の北側に雪が吹き溜まる
ようなので、天気を見計らいながら出かけてみて下さい…
埼玉方面なら下仁田IC経由の方が荒船不動に近いと思います…

今日は冬タイヤを履いて来ましたが、家から見える浅間山はもう真っ白です…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/56130062

この記事へのトラックバック一覧です: 西上州 兜岩山(12.11.16):

« 小野子山・十二ヶ岳(12.11.08) | トップページ | 鬼ヶ岳・節刀ヶ岳・十二ヶ岳(12.11.21) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック