« 高妻山(12.09.26) | トップページ | 瑞牆山(12.10.13) »

2012年10月 6日 (土)

尾瀬 アヤメ平・尾瀬ヶ原(12.10.05)



① 2012年10月5日(金)天候:晴れ時々曇り
② アヤメ平:1969m、尾瀬ヶ原:1403m
③ コースタイム(行動時間:7時間10分)
 鳩待峠(06:40)===横田代(08:05~08:15)===アヤメ平(08:45)===富士見小屋(09:10)===竜宮小屋(10:45~11:30)===牛首分岐(12:05)===山の鼻(12:40~12:50)===鳩待峠(13:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:18.248km、累積標高:±781m)
121005000

 季節の変わり目で天気の方が中々安定しませんが、連休前の金曜日の天気が良さそうと言う予報もあり、前回から6年ぶりに尾瀬のアヤメ平に行って見ることにしました。

 
数日前の上毛新聞に尾瀬ヶ原の草紅葉が見頃との記事が載っており、今回はアヤメ平から竜宮十字路に下り、帰り道で尾瀬ヶ原の草紅葉を楽しんで来ることにしました。

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 紅葉シーズンで鳩待峠はマイカー規制の期間中になっており、尾瀬戸倉の駐車場から乗合タクシーに乗って鳩待峠に向かいますが、現地スタート時間を7時として自宅を午前4時過ぎに出発します。

 関越道の沼田ICで高速を下りると国道120号線沿いのコンビニで食料を購入し、鎌田の信号から国道401号線を走って尾瀬戸倉に向かいましたが、早朝で車の少ないこともあり予定より早い時間に尾瀬戸倉の第一駐車場(マップコード:735 300 308)に到着しました。

 ゆっくり準備するとタクシーチケット(900円)を購入し、待合室で待っていると三々五々同乗者が集まって来ましたが、ほどなく運転手に案内されて今回は普通のタクシーに乗り込みました。

 20分ほど車に揺られて鳩待峠に到着すると、至仏山の山頂に雲がかかって時雨れたような空模様で、歩く準備をしている登山者もまだ数えるほどでした。

121005002

 チップトイレに寄ってストックを伸ばすと、鳩待山荘の横を抜けてアヤメ平に向かいます。(登山口にポストがありました…)

121005003

 階段を上がると直ぐに登山道になり、踏み跡をたどって高度を上げて行きます。

 周囲の木々は少し色付き始めていましたが、少し早かったようでタクシーの運転手さんは来週辺りが見頃になると話していました。

121005004

 少し登ると木道歩きになりましたが、雨に濡れた木道が大変滑りやすく、竜宮十字路に下るまでに5回ほど転倒しました…。

121005005

 歩き始めて約1時間で樹林帯を抜けると横田代に到着します。

121005006

 広い湿原が黄金色に黄葉しており、今しばらくは草紅葉を楽しめそうです。

121005007

 少し進んで振り返ると雲の取れた至仏山が大変綺麗でした…shine

121005008

 至仏山の左側に笠ヶ岳が見えましたが、ここも黄葉の季節に歩きたいところです…。

121005009

 湿原の北側に景鶴山が見え、左奥が雲のかかった平ヶ岳のようです。

121005010

 北東側に燧ヶ岳が見えますが、山頂にかかった雲は晴れないようです。

121005011

 横田代のベンチで朝食のお握りを食べ、少し休むとアヤメ平に向かいます。

121005012

 湿原の南側に赤城山が見え始め、その右奥に富士山が霞んで見えました。

121005013

 南西方向に上州武尊山がピークを連ねています。

121005014

 その右奥に白く霞んでいるのが浅間連峰の山並みのようです。

121005015

 横田代から30分ほどでアヤメ平に到着しましたが、湿原の回復作業が進んでチョッと見た感じでは、荒廃していたのが分からないほど良くなっていました。

121005016

 燧ヶ岳が綺麗なアヤメ平ですが、今日は天気の方が嫌々しているようです…。

121005017

 南東側に日光白根山が見えますが、こちらも山頂に雲がかかっていました。

121005018

 アヤメ平を抜けると南側が開け、鎌田方面の展望が広がります。

121005019

 稜線は赤や黄色に色付いていましたが、日が陰って光量不足なのが残念でした。

121005020

 さらに進むと富士見小屋が見えて来ます。

121005021

 アヤメ平から15分ほどで竜宮方面の分岐点となりました。

121005022

 分岐点のすぐ横に撮影ポイントの富士見田代がありますが、今日はあいにくの曇り空で肝心の燧ケ岳に雲がかかっていました。

121005023

 さらに下って富士見小屋に到着すると小屋の写真を撮ってUターンします。(ここで朝食の予定でした…)

121005024

 富士見田代の分岐点に戻って右に進み、竜宮十字路に向かって下り始めます。

121005025

 あまり歩かれていない登山道のようですが、所どころしっかりした道標が立っています。

121005026

 分岐から下り始めて約50分…、右下に尾瀬ヶ原が見えて来ました。

121005027

 70分ほどで急な下り坂が終わると、緩やかになった登山道をさらに進みます。

121005028

 富士見田代の分岐から約1時間30分…、ようやく竜宮十字路が見えて来ました。

121005029

 十字路近くで木道の改修を行うようで、ヘリコプターが資材を運んでいました。(朝からヘリの音が聞こえていましたがこの資材運搬だったようです…)

121005030

 さらに進んで竜宮小屋に向かい、ここで休んで昼食タイムとしました。

121005031

 小屋のベンチで休憩すると尾瀬のメインルートを歩いて山の鼻に向かいます。

121005032

 尾瀬ヶ原の草紅葉は丁度見頃のようで、周囲の写真を撮りながら歩きました…。

121005033

 大堀川沿いに並ぶダケカンバが見事です…maple

121005034

 湿原の西側に聳える至仏山ですが、日が陰って紅葉の方は今一つです。

121005035

 湿原周辺の木々は色付き始めたばかりのようです。

121005036

 至仏山を目標に木道を進んで牛首分岐に向かいます。

121005037

 このダケカンバは昨年の水芭蕉に時に撮った覚えがありました…。

121005038

 赤く色づいたナナカマドの葉…

121005039

 背後の燧ヶ岳は雲が取れて山頂が見えました。(日が陰っているのが残念です…)

121005040

 池塘に浮かぶヒツジ草も色付いていました。

121005041

 再び大きな音がしてヘリが飛んで来ましたが、作業員の話ではシーズン中に竜宮周辺の木道を取り替えるようです。

121005042

 大堀川を過ぎると牛首分岐が見え始め、相変わらず大勢の人たちで賑やかなようです。

121005043

 竜宮小屋から約30分で牛首分岐を通過します。(ここでUターンする観光客も多い…)

121005044

 さらに進んで牛首の横を通過します。(綺麗なダケカンバがありました…)

121005045

 逆さ燧の撮影ポイントに立派な銘板が付いていました。

121005046

 さらに至仏山の麓に向かって木道を歩きます。

121005047

 牛首分岐から30分ほどで山の鼻に到着しますが、ここまで来れば今回の山歩きも終わりが見えました。

121005048

 山ノ鼻で少し休んで最後のお握りを食べ、登山口の鳩待峠に向かって登り始めますが、ほぼコースタイムの約1時間で鳩待峠に到着し、総行程7時間10分で今回の山歩きを終了しました。

 鳩待峠からは帰りの乗合タクシーに乗って尾瀬戸倉まで戻ると、自宅に帰る前に片品村観光協会の尾瀬ぷらり館(入湯料=500円)に寄ることにし、温めのお風呂に浸かって汗を流しサッパリしてから帰宅しました。(木道で転倒した時の打ち身が少し腫れていました…)

                                          ページの先頭に戻る

« 高妻山(12.09.26) | トップページ | 瑞牆山(12.10.13) »

登山」カテゴリの記事

コメント

尾瀬は草紅葉が綺麗ですね!
私は今日、平標山へ行ってきましたhappy01
平元新道からのコースでしたが、ひまじんさんのブログ参考にさせていただきました。
あちらも紅葉が始まり、素晴らしい景色でしたよmaple

sakura1955 さん>おはようございます…
平標山も草紅葉が良い感じだったでしょうね…
尾瀬の紅葉は少し遅れている感じで、タクシーの運転手さんによると
今週辺りが見頃になるようです。
紅葉は少しづつ里山に下りて来ますし、11月初め位までは楽しめますね…
コメントありがとうございました。

こんにちは

尾瀬に行かれたんですね❗
天気もまずまずの様でしたね
何より草紅葉がいいですね‼

私も尾瀬も候補にしていたので
うらやましいです

私は北八ヶ岳へ行って来ました
紅葉も始まっていましたが静かな
山を楽しめました

失礼しました、また来ます

ユズ さん>おはようございます…
天気予報では晴れ…と言うことでしたが、山の上では少し違ったようですね…
それでもまずまずの天気で尾瀬ヶ原を歩く時は少し暑いくらいでした。
北八ッもいいですよね、自分も紅葉時期に歩いて見たいところがありますが、
中々出かける順番にならないようです。
また、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/55823503

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬 アヤメ平・尾瀬ヶ原(12.10.05):

« 高妻山(12.09.26) | トップページ | 瑞牆山(12.10.13) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック