« 平標山・仙ノ倉山(12.06.24) | トップページ | 尾瀬沼(12.07.18) »

2012年7月 6日 (金)

草津白根山(12.07.05)



① 2012年7月5日(木)天候:薄曇り一時晴れ
② 本白根山:2150m
③ コースタイム(行動時間:6時間40分)
 白根火山ロープウェー山麓駅駐車場(06:45)===富貴原の池(07:50)===本白根分岐(08:50)===鏡池(09:10~09:20)===本白根山展望台(09:45)===展望台分岐(09:55)===遊歩道最高地点(10:15~10:55)===展望台分岐(11:10)===カラ釜入口(11:30)===本白根ゲレンデ(11:50)===白根レストハウス駐車場(12:10)===湯釜展望台(12:30)===レストハウス駐車場(12:45)===ロープウェー山頂駅(13:10)===ロープウェー山麓駅(13:25)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:12.556km、累積標高:+986m、-516m)
120705000

 先週末はジャガイモの収穫作業で出かけることが出来なかったため、前回から10日ぶりとなる山歩きは草津白根山に出かけることにしました。

 
ネットで草津温泉観光協会のHPを調べると本白根山のコマクサが7部咲きになっており、さらに武具脱の池や弓池ではワタスゲも見頃との情報もあって、3年ぶりに草津白根山のコマクサを見に行くことにしました。

 3年前は新・分県登山ガイド(群馬県)で紹介されていたコースを歩きましたが、今回は草津国際スキー場のHPで紹介されていた富貴原の池コースを参考に、殺生河原を出発点に本白根山周辺を歩いてみることにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 富貴原の池コースの登山口は白根火山ロープウェーの山麓駅(マップコード:341 443 872)で、自宅から約80kmで早朝の時間帯なら1時間半ほどで到着します。

 当日は朝5時少し前に自宅を出発すると途中のコンビニで食料を買い込み、長野原町から草津温泉を抜けて白根火山ロープウェーに向かいましたが、八ッ場ダムの関連工事で国道145号線のバイパスが全線開通したこともあり、予定より少し早めに現地の駐車場に到着しました。

 駐車場に車を停めて準備をしていると長野ナンバーの車が入って来ましたが、今が盛りのワタスゲ(コマクサは難しいと…)の写真を撮りに来たと言う人で、オリンピックで道路が整備されたため長野市内から1時間半ほどで来られると話していました。

120705001

 準備を終えると駐車場から歩き始め、殺生河原に向かって少し歩くと登山口となります。

120705002

 道標に従って殺生河原の横を歩いて行きますが、硫化水素ガスのため立ち止まり禁止の看板がアチコチに立っていました。

120705003

 遊歩道入口から5分ほどで富貴原の池遊歩道の分岐があり、地形図に載っている登山道と大分違っていました。

120705004

 富貴原の池コースの踏み跡はしっかりしており、2~3日前に歩いたらしい登山靴の足跡が残っていました。 

120705005

 登山道にゴゼンタチバナが咲いており、山頂近くまで小さな群落が続いていました。

120705006

 分岐点から15分ほど進むと歩いて来た殺生河原を見渡すことが出来ました。(背後の山並みは白砂山方面でしょうか?…)

120705007

 所どころで樹林帯を通過しましたが、大半は高原状のササ原を進みます。

120705008

 やがて左前方に浅間山が見えますが、梅雨時の関係なのか白く霞んでいました。

120705009

 登山道の左背後に浅間隠山と鼻曲山が霞んでいました。

120705010

 歩き始めて約1時間…、予定より少し早めに富貴原の池に到着しました。

120705011

 富貴原の池の周辺でツマトリソウが咲いていました。(アチコチで咲いていました…)

120705012

 富貴原の池の横に登山道がありますが、池の案内標示などは見当たらないようです。

120705013

 さらに登山道の正面に見えるピークに向かって少しづつ高度を上げて行きます。

120705014

 この辺りから見かける花々が多くなり、登山道の横で沢山のアカモノが咲いていました。

120705015

 さらに進むとマイヅルソウを見かけるようになりました。

120705016

 イワカガミは少し盛りを過ぎたようですが所どころ綺麗な花が残っています。

120705017

 さらに進むと周囲がネマガリタケのヤブとなり食べられそうなタケノコがありました。

120705018

 歩き始めて1時間50分…、山腹を巻くような登山道に上がりました。(地形図に載っていた白根硫黄鉱山跡に延びる登山道はヤブで覆われ廃道になっているようです…)

120705019

 緩やかになった登山道を進んで行くと、10分ほどで本白根山の分岐点があり、道標に従って左上に折り返します。

120705020

 階段交じりの急登を折り返して登って行くと、やがて、溝を刻まれた歩きやすい木道となりました。(ここは見覚えがありました…)

120705021

 歩き始めて約2時間25分、ほぼ予定通りの時間で鏡池に到着しました。(今回は鏡池の畔まで行ってみましたが、確かに池の底に亀甲模様が出来ていました…)

120705022

 鏡池から戻ると今度は本白根山展望台に向かって進みます。

120705023

 20分ほどで展望台の山頂標識が見え、右前方に本白根山が見えて来ます。

120705024

 ハイ松帯を抜けると周囲のガレ場でコマクサが咲いていました。

120705025

 コマクサの花は咲き揃ったばかりの感じで丁度見頃になっていました。

120705026

 登山道の右下に大きなカラ釜(噴火口跡)が見えると、その先の本白根山の中腹に登山道が見えて来ます。

120705027

 歩き始めて約3時間、ほぼ予定通りの時間で本白根山展望台に到着しました。

120705028

 展望台の南側に少し霞んだ浅間連峰が見えました。(八ヶ岳は無理でした…)

120705029

 南西側にこれから歩く遊歩道が見え、その先に遊歩道最高地点が見えました。

120705030

 展望台から下ると遊歩道の分岐点で、前方の遊歩道最高地点に向かいます。

120705031

 途中の木道周辺にコマクサが群生していますが、この辺りのコマクサは株が小さく花の数が少ないようです。(種から花が咲くまで7~8年かかるようです…)

120705032

 さらに大きなカーブを描くように進んで行くと、遊歩道の左右でコマクサが咲いています。

120705033

 コマクサの先に霞んで見えるのは浅間連峰の山並みです。

120705034

 赤い花とピンクの花のコラボレーション…。

120705035

 3年前のコマクサに比べて心なしか花の数が少ないように思えますが、これだけ咲き揃っていれば見応えは十分です…。

120705036

 コマクサの写真を撮りながら遊歩道を進み、歩き始めて3時間30分で遊歩道の最高地点に到着しました。(平日でしたがコマクサ見物の人たちは軽く3ケタを越えていました…)

120705037

 山頂代わりの遊歩道最高地点で写真を撮り、40分ほど昼食タイムを取ると本白根スキー場に向かって下り始めます。

120705038

 15分ほどで展望台分岐に戻って来ると、分岐点を左に進んでカラ釜に向かいます。

120705039

 カラ釜を回り込んで本白根山の中腹を歩き、綺麗に咲いているコマクサを探します。

120705040

 アチコチでピンクのコマクサを見かけましたが、どこかにあるハズと言う白花のコマクサは今回も見つけることが出来ません…。

120705041

 一通りコマクサの群生地を見終えるとカラ釜に別れを告げます。

120705042

 カラ釜を通過して本白根スキー場に向かって進むと、コマクサ見物の人たちが次々と歩いて来ました。

120705043

 カラ釜から20分ほどで本白根スキー場のゲレンデに下って来ましたが、まだ12時前で時間も早いため白根山の湯釜を見に行くことにしました。

120705044

 本白根スキー場から道路を歩いて白根レストハウスに向かいます。(ここは無料のシャトルバスが走っています…) 

120705045

 ネットで弓池のワタスゲが見頃と言うことであり、池の畔を歩いて湯釜の遊歩道に向かいましたが、情報通り沢山の白い綿毛が風にそよいでいました…。

120705046

 今年はワタスゲの当たり年のようで、白い群落が弓池の湿原を覆っていました…。

120705053

 レストハウスの駐車場から遊歩道を登って行きますが、中国(台湾?)からの観光客が沢山歩いていました。

120705047

 駐車場から20分ほどで湯釜展望台に到着すると、火口壁に囲まれたエメラルドグリーンの湖面が見えていました。

120705048

 展望台の先に白根山の山頂(2160m)が見えますが、植生保護のためかロープが張られて立入り禁止になっていました。

120705049

 ロープを越えて山頂に向かうことも出来ず、今回の山歩きはこれでお仕舞いにすることにし、周囲の写真を撮るとロープウェーの山頂駅に向かいました。

120705050

 展望台から40分ほどでロープウェーの山頂駅まで戻ると、その後はロープウェー(片道=900円)に乗って山麓駅に下り、総行程6時間40分で今回の山歩きを終了しました。

 草津白根山は紅葉も見事な観光名所でもあり、次回は紅葉の時期に富貴原の池コースを歩いて見るのも面白いと思いました。

 
自宅に帰る途中では予定通り大滝乃湯(入湯料=800円)に寄ることにし、源泉掛け流しの露天風呂に浸かり、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 平標山・仙ノ倉山(12.06.24) | トップページ | 尾瀬沼(12.07.18) »

登山」カテゴリの記事

コメント

殺生河原から、静かな登山道を満喫され良かったですね。
それに・・コマクサも綺麗でやっぱり本物を見たくなります。

廃道になった道など、日々山も変わっていきますね。

大滝乃湯・・・時間を見て一度温泉から上がり、着替えをして再度入らなければならなかった女性用が、リニューアルして綺麗になりました・・・でも混雑しているので、入る隙間もなく(~_~;) 結局リニューアルした温泉はパスしてしまいました。
あれだけ宣伝をしていると・・・みな行きますよね。

ゆず茶さん>こんにちわ…コメントありがとうございます

観光協会のHPでコマクサが6~7分咲きと言うことでしたが、眺めるには一番良い
タイミングだったかも知れませんね。
コマクサも綺麗でしたが、弓池のワタスゲがすごいことになっていました。
ポツポツ綿毛が開いているのは良く見かけますが、今回は文字通りの群生状態で
湿原が白くなっていました…(デジブックの方に写真を多く貼ってあります)

大滝乃湯は何度も行っているのですが、駐車場がいつも満車状態で中に入ることが
出来ず、ここでお風呂に入ったのは今回が初めてした。
今回は平日で車を停めることが出来ましたが、人気の割に駐車スペースが少ない
のが難点ですね…(湯畑の近くだし散策する人には良いのでしょうが…)

(PS)コマクサを見るだけなら2時間ほどあれば大丈夫ですよ…

8日にうちも行ってきました~
白いコマクサは歩道最高地点手前で見かけました。

ただ、弓池には回らなかったので残念!
ワタスゲがきれいなのは知っていたんですが、
旦那さんが八王子に帰る都合もあって、タイムアウトでした。

平日隊は天気の良い時に、のんびり行けるのがいいですね。
私が行ったこの日は、雨降りなのに某ツアーの企画で何百人も来ていましたよ。

はなはな さん>おはようございます、コメントありがとうございました…

白花は最高地点の手前でしたか…、前回、行った時に白花があると言う話を聞き、
アチコチ注意しながら歩きましたが、今回も見落としてしまったようですね…

ワタスゲは予想以上でしたが、こちらも湯釜を見に行かなければ見逃すところで、
今回はめっけものと言う感じでした。

人気の山などは平日の方が静かに歩けるので良いですね…、ただ、土日は高速が
割引になるので、その分、出かけやすいと言うメリットもありますよ…

花の見頃には時期もありますし、混み合うのも仕方ない一面もありますね、自分は
湯の丸のツツジを雨で見逃したようで、こちらは来年の楽しみになりました…

また、気軽に寄って下さい、これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/55131146

この記事へのトラックバック一覧です: 草津白根山(12.07.05):

« 平標山・仙ノ倉山(12.06.24) | トップページ | 尾瀬沼(12.07.18) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック