« 古い山歩きのレポートを再編集しました… | トップページ | 草津白根山(12.07.05) »

2012年6月25日 (月)

平標山・仙ノ倉山(12.06.24)



① 2012年6月24日(日)天候:晴れ時々薄曇り
② 平標山:1983.7m、仙ノ倉山:2026.2m
③ コースタイム(行動時間:8時間30分)
 元橋駐車場(05.35)=== 鉄塔(06:45)=== 松手山(07:30~07:40)=== 平標山(09:15)=== 仙ノ倉山(10:25~10:55)=== 平標山(11:50)=== 平標山ノ家(12:25~12:35)=== 平元新道登山口(13:15)=== 元橋駐車場(14:05)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:15.311km、累積標高:±1386m)
120624000

 週末の天気予報を調べると、新潟方面は土曜日より日曜日の方が天気が良さそうで、前々から行こうと思っていた平標のお花畑を見に行くことにしました。

 
前回歩いた時は、紅葉時期に少し早く稜線が色づき始めたところでしたが、平標山から仙ノ倉山に続く登山道がとても印象に残っており、周囲の景色を眺めながら仙ノ倉山まで歩いて来ました。

 
2回目の平標山は、ガイドブックやネットで紹介されている花の季節に歩こうと思っていたもので、梅雨の晴れ間を見計らって前回と同じコースを歩きました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 平標の登山口(マップコード:554 514 161)の元橋駐車場までは関越道の月夜野ICから三国トンネル経由で約80km、早朝の時間帯なら1時間半ほどで現地に到着するため、自宅を4時少し前に出発します。

 途中の月夜野のコンビニで食料を買い込むと、交通量の少ない国道17号線を走って三国トンネルを通過しましたが、三国山に登る人たちの車が登山口に停まっていました。

 ほぼ予定通りに元橋駐車場に到着すると、大きな駐車所場は既に沢山の車が停まっており、10人ほどの登山者が準備をしていました。(駐車料金は500円…)

1206240021

 自分も車を停めて歩く準備をすると、トイレの左奥にある登山口から歩き始めます。

1206240031

 直ぐに林を抜けると道路となりますが、ここは左に進んで松手山コースに向かい、二居川の橋を渡ると登山口があります。(道路を横断すると平元新道コース…) 

120624004

 登山口の写真を撮って登り始めますが、最初から階段の混じった急登で温まっていない身体に少しキツイものがありました。(いつも登りはキツイのですが…)

120624005

 30分ほど登ると前方に送電線の鉄塔が見えて来ます。(赤い花は山ツツジです…)

120624006

 右背後に苗場スキー場のゲレンデなどが見えました。

120624007

 緩やかな鞍部を少し進むと再び急登が始まります。

120624008

 補助ロープの付いた急登を登って行くと、駐車場から1時間10分で鉄塔下となりました。

120624009

 鉄塔下は給水しただけで通過し、さらに岩場混じりの登山道を登って行くと、南側に三国山と稲包山が見えて来ます。(この辺りはタニウツギが沢山咲いていました…)

120624010

 さらに松手山に向かって登って行くと、右前方に平標山が見えて来ました。(周辺でベニサラサドウダンが咲いていました…)

120624012

 前回とほぼ同じで駐車場から2時間ほどで松手山に着きました。(山頂標識が新しくなっていました…)

120624013

 松手山の北西側に雪を残した苗場山が良く見えました。

120624014

 松手山で行動食を食べて10分ほど休むと、再び山頂に向かって登り始めます。(沢山の人たちが稜線を歩いていました…)

120624015

 緩やかな稜線をゆるゆる登って行きますが、時々振り返って景色を楽しみました。

1206240151

 20分ほど進むと登山道の傾斜が少し増して来た感じです。(登山道の横でアカモノなどが沢山咲いていました…)

120624016

 さらに進んで一の肩の急登に取り付きます。(上部のザレ場が良く見えます…)

120624017

 急登の途中でハクサンチドリなどを見かけました。

120624018

 松手山から45分ほど登ると一息入れて松手山を振り返りました。

120624019

 大分高度を稼いで来ましたが、平標の山頂はまだまだ遠い…。

120624020

 急登の取り付きから約25分…、ようやくザレ場の階段が終わりました。

120624021

 急登が終わって一の肩に出ると小さな石碑が立っています。

1206240211

 登山道周辺のあちこちにハクサンイチゲの小さな群落がありました。

120624022

 ハクサンイチゲの白い花は今が見頃のようです…

120624023

 さらに山頂に向かって進んで行くと、左前方に仙ノ倉山が見えて来ます。

120624024

 山頂直下で歩いて来た稜線を振り返ると、沢山の人たちが登って来るのが見えました。

120624025

 駐車場から3時間40分ほどで平標山に到着しました。(山頂で数人が休んでいましたが、帰りは座る場所がないほど賑わっていました…)

120624026

 平標山で休むこともなく直ぐに仙ノ倉山に進みます。(山の中腹が賑やかです…)

120624027

 北東側に巻機山が見えましたが、梅雨時で少し霞んでいるようです。

120624028

 山頂から下って行くと周辺はお花畑でした。(登山者で賑やかなベンチは通過します…)

120624029

 登山道の南側にお花畑が広がっているようです。(背後に榛名山が霞んでいました…)

120624030

 ハクサンイチゲに混じってチングルマの白い花も咲いていました…。

120624031

 所どころで紫色のハクサンコザクラも咲いています。(ミヤマキンバイやコイワカガミなども見かけました…)

120624032

 お花畑でゆっくりしたいところですが、さらに進んで平標山にしばしのお別れです。

120624033

 登山道の左前方に仙ノ倉山の山頂(左から二つ目…)が見えて来ました。

120624034

 さらに進んで2021ピークの手前から平標山を振り返りました。(ここで一休みすると軽く行動食を取りました…)

120624035

 やがて南東側の展望が広がるとエビス大黒の頭の右奥に、山頂の平らな吾妻耶山が見えて来ます。(肉眼では白く霞んだ赤城山が見えました…)

120624036

 さら進むとエビス大黒の頭の左奥に谷川岳と武尊山が見えて来ます。

120624037

 前方に大勢の登山者で賑わう仙ノ倉山の山頂が見えました。

120624038

 さらに2021ピークから少し下り鞍部から登り返します。(この辺りが一番キツかった…)

120624039

 平標山から約1時間10分…、駐車場から4時間50分で仙ノ倉山に到着しました。(山頂周辺で沢山の人たちが休んでいました…)

120624040

 北東側に谷川岳の縦走路が見え、万太郎山は直ぐ目の前でした。

120624041

 万太郎山の左奥に谷川岳の双耳峰が見えており、その左奥に至仏山と燧ヶ岳が霞んで見えました。(トマの耳の右下に肩の小屋が見えています…)

120624042

 仙ノ倉山で30分の昼食タイムを取り、周囲の景色を眺めると平標山に戻ります。(写真は直ぐ近くに見えますが、歩けば1時間ほどの距離で正直飛んで帰りたい気分です…)

120624043

 2021ピークに戻るとこれから歩く登山道を眺めて見ました。

120624044

 さらに10分ほど歩いて小ピークの北側を巻くように下ります。

120624045

 仙ノ倉山から40分ほどで平標山のお花畑に戻って来ました。(相変わらず中腹のベンチ周辺が賑やかでした…)

120624046

 平標の山頂は大変な混雑ぶりで直ぐに平標山の家に向かって下ります。

120624047

 下る途中で鞍部のようなところを過ぎると、山の家の赤い屋根が見えて来ます。(背後のピークが大源太山、右奥の稜線の先が三国山となります…)

120624048

 平標山の山頂から約35分、長い階段が終わって平標山ノ家に下りました。(ここでトイレを借りて10分ほど休憩しました…)

120624049

 平標山ノ家から40分ほど下ると平元新道の登山口に到着します。(こちらの登山道も階段の多いルートでした…)

120624050

 この後は二居川沿いの林道をひたすら歩き、登山口から50分ほどで駐車場に戻ると、総行程8時間30分で今回の山歩きを終了しました。

 帰宅の途中で猿ヶ京温泉まで戻ってまんてん星の湯(入湯料=650円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

 今回の山歩きは写真の枚数が多くなったため、ここに掲載出来なかった花の写真などはデジブックに掲載しました…。

                                          ページの先頭に戻る

« 古い山歩きのレポートを再編集しました… | トップページ | 草津白根山(12.07.05) »

登山」カテゴリの記事

コメント

平標山・・展望も良く、お花畑も綺麗ですね。

平標は行きたいと思いつつ、実行できないでいます。
谷川から縦走できたら、楽しいでしょうけれど・・コース長すぎますね。

ゆず茶さん>こんばんわ…
今年は23~24日辺りがハクサンイチゲの見頃だったようです…
この日も100人単位の人たちが平標に登っていたようで、山頂では宴会風の人たちも
見かけました。
ネットで調べると谷川岳から縦走すると距離は20kmほどで、健脚な人たちは一日で
歩いているようですが、途中の避難小屋泊まりの方が無難みたいですね…。
今しばらくは高山植物の花を楽しめますかね…


はじめまして。

同日、久しぶりに山登り、
平標山におりました。

天気よかったですねー。

atsu510さん>コメントありがとうございます

この日は天気も良く、お花畑もちょうど見頃だったようですね…

お子さん連れの山歩きは思い出になりますね、自分もずい分昔に
なりますが、娘を連れて尾瀬などに行ったことを思い出しました…

これからもよろしくお願いします…


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/55047685

この記事へのトラックバック一覧です: 平標山・仙ノ倉山(12.06.24):

« 古い山歩きのレポートを再編集しました… | トップページ | 草津白根山(12.07.05) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック