« 角落山・剣の峰(12.05.13) | トップページ | 御座山 長者の森コース(12.05.27) »

2012年5月20日 (日)

秩父 大持山・武甲山(12.05.19)



① 2012年5月19日(土)天候:晴れ
② 大持山:1294m、武甲山:1304m
③ コースタイム(行動時間:6時間25分)
 生川・一の鳥居(06:00)===妻坂峠(06:50)===大持山(08:20~08:30)===小持山(09:05)===シラジクボ(09:40)===武甲山(10:25~11:05)===大杉の広場(11:35)===生川・一の鳥居(12:25)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:11.383km、累積標高:±1201m)
120519000

 土曜日の天気は良さそうで5月3回目の山歩きに出かけることにしましたが、今回は春先からの宿題になっていた秩父の大持山と武甲山に登ることにしました。

 
前回の武甲山では山頂辺りに大分雪が残っており、山頂からの景色が大変良かったことを覚えていますが、今回は大持山に登ることを第一に体調が良ければ武甲山を合わせて歩くことにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 生川の一の鳥居の登山口(マップコード:150 074 579)まで自宅から約65kmで2時間弱、自宅を4時過ぎに出発すると皆野町のコンビニで食料を買い込み、道の駅ちちぶでトイレ休憩するとほぼ予定通りの時間で一の鳥居の駐車場に到着しました。(最近、秩父方面に向かう時は藤岡から県境を越えて皆野町に抜ける最短ルートを走っています…)

 10数台ほど停められる登山口の駐車場に先行の車3台が停まっており、自分の直ぐ後に3台続いて入って来るなど流石人気の武甲山で、帰る時は手前の道路脇に10数台が駐車していました。

 早速、車を停めて準備をすると登山口の写真を撮って歩き始めます。(コース案内図の横に登山ポストが立っています…)

120519002

 ほとんどの人は武甲山に向かって進むようですが、今回は時計回りに歩くため一の鳥居に戻って林道を歩いて行くと、林道横に妻坂峠の案内道標が立っていました。

120519004

 道標に従ってスギ林の緩やかな登山道を登って行くと、10分ほどで林道のガードレールが見えて来ます。

120519005

 林道横の案内道標に従ってさらに進み、沢を渡ると九十九折れの登りとなりました。

1205190051

 駐車場から40分ほどで単管パイプの橋を渡ります。

120519006

 橋を渡ると北西側の展望が開け、樹林帯の先に武甲山が見えました。(今日は良い天気になりそうです…)

120519007

 さらに10分ほど登ると駐車場から50分ほどで妻坂峠に着きました。(左に進めば武川岳、直進すると名郷方面に進みます…)

120519008

 妻坂峠から右に進むと10分ほどで急登が始まります。

120519009

 30分ほどで標高差200mほどの急登が終わり、さらにアップダウンを繰り返しながら高度を上げて行きます。

120519010

 稜線に向かって行くとピンク色のミツバツツジが咲いていました。

120519011

 妻坂峠から約1時間20分…、鳥首峠からの登山道と合わさりました。

120519012

 合流点の展望は素晴らしく休憩用ベンチが置かれていました。(武川岳や伊豆ヶ岳などが見えますが、気温も上がって春霞のかかった景色になりました…)

120519013

 さらに大持山に向かって進んで行くと、妻坂峠から約1時間30分で山頂となりました。

120519014

 山頂から西側の展望が開けており、谷向こうが都県境の山並みになるようです。(南西側に富士山も見えたのですが、木の葉越しで写真になりませんでした…) 

120519015

 山頂で軽い行動食を取った後、稜線を下って小持山に向かいます。

120519016

 ガイドブックで紹介しているように稜線の途中に岩場歩きが混じります。

120519017

 大持山から5分ほどで鞍部に下ると中間点のピークに向かって登り返します。

120519018

 中間点のピーク(GPS高度=1268m)から大持山を振り返りました。

120519019

 西側に並ぶ都県境の山々ですが、地図を見ても山座同定が出来そうにありません。

120519020

 北西側に見えた残雪の八ヶ岳で赤岳から天狗岳辺りのピークと思います。

120519021

 さらに右側にギザギザピークが並ぶ両神山が聳えています。

1205190211

 中間点のピークから直ぐ北側に武甲山が見え、南側の稜線に登山道が延びているのが分かりました。

120519022

 さらに小持山に向かって中間点のピークを下って行きます。

120519023

 登山道の両側にアセビが多いようで、赤い新芽がとても鮮やかでした。

120519024

 さらに進むと稜線上に岩峰があり、ここは右側に巻いて登りました。

120519025

 岩峰に登って大持山を振り返りましたが、左側は中間点のピークに隠れています。

120519026

 途中で咲いていた綺麗なシロヤシオで、ツツジの季節に少し早かったようです。

120519027

 さらに進んで小持山のピークに取り付きました。

120519028

 大持山から約35分で小持山の山頂に到着しました。

120519029

 小持山から北側の展望が開けており、武甲山とツツジを一緒に撮って見ました。

120519030

 小持山は写真を撮って通過するとシラジクボに向かって下ります。(この辺りから武甲山から周回して来る人たちと行き会うようになりました…)

120519031

 小持山から35分ほどでシラジクボに下って来ましたが、体調に問題はなくこのまま直進して武甲山に向かいます。

120519032

 シラジクボから登り返して行くとバイケイソウの群落がありました。

120519033

 周囲にニリンソウも群生しており、山頂にかけて白い花が沢山咲いていました。

120519034

 シラジクボからあえぎあえぎ登って約40分、山頂手前の十字路となり左側から橋立からの登山道が合わさります。(右側の表参道は階段崩落で通行止めでした…)

120519035

 十字路から歩いて来た大持山~小持山を振り返りました。(肉眼では中間点のピークの先に富士山が見えるのですが、写真では中々上手く写すことが出来ないようです…)

120519036

 十字路を直進すると右側から一の鳥居の登山道が合わさり、この辺りから大勢の人たちを見かけるようになります…。

120519037

 すぐに山頂直下の御岳神社となりますが、山歩きの無事を願って参拝しました。(山頂のエコトイレは閉鎖中でした…)

120519038

 さらに社殿の左側から裏手に進み、シラジクボから45分で第一展望台に到着です。

120519039

 10時半を回って気温も上がり、遠望は大分霞んでいましたが、展望台の眼下に秩父市内の街並みが広がります。(中央奥の二つのピークは東・西御荷鉾山…)

120519040

 展望台の北側が長瀞方面となりますが、どの山が宝登山なのか良く分かりません。

120519041

 さらに右側に山並みが続いており、右側中央が堂平山と思われます。

120519042

 北側遠くに日光白根山の白いピークが見えました。

120519043

 山頂の避難小屋に寄って昼食を取り、40分ほど休んで下山を始めました。(流石に人気の武甲山で大勢の人たちが登って来ました…)

120519044

 山頂から30分ほどで大杉の広場を通過しました。(周囲が間伐されたのか前回に比べて大分明るくなった感じです…)

120519045

 大杉の広場から20分ほど下って御岳神社の石柱を通過します。(新しい丁目石が建っていました…)

120519046

 さらに下ると不動滝を通過しますが、今回は滝の水量が多かったように思います。

120519047

 水場を過ぎると間もなく林道歩きとなり、舗装された林道を少し下ると八丁目の案内道標がありました。(前回はここに登山ポストがありました…)

120519048

 さらに10分ほど下ると一の鳥居の駐車場に到着し、武甲山の山頂から駐車場まで約1時間20分…、総行程6時間25分で今回の山歩きを終了しました。

 前回の武甲山ではスギ林の中の往復であまり面白い山と思いませんでしたが、大持山を合わせて周回すると変化に富んだ面白いコースになると思いました。

 
車に戻って道具を片付けると、前回と同じく武甲温泉(入湯料=800円)に寄って汗を流すことにし、一風呂浴びてさっぱりしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 角落山・剣の峰(12.05.13) | トップページ | 御座山 長者の森コース(12.05.27) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/54750016

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父 大持山・武甲山(12.05.19):

« 角落山・剣の峰(12.05.13) | トップページ | 御座山 長者の森コース(12.05.27) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック