« 鳴神山(12.04.09) | トップページ | 高遠城址公園の夜桜見物 »

2012年4月16日 (月)

仙人ヶ岳(12.04.15)



① 2012年4月15日(日)天候:晴れ
② 仙人ヶ岳:662.9m
③ コースタイム(行動時間:4時間45分)
 岩切登山口(08:35)===生不動尊(09:15)===熊ノ分岐(09:45)===仙人ヶ岳(10:10~10:15)===熊ノ分岐(10:35)===宗の岳の稜線(11:15~11:35)===犬帰り(11:50)===511ピーク(12:20)===東尾根分岐(12:40)===猪子峠(13:00)===岩切登山口(13:20)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:9.736km、累積標高:±862m)
120415000

 山歩きの下調べでヤマレコの山行記録を参考にすることがありますが、最近の山行記録の中に足利周辺の山でアカヤシオが咲き始めたと言うレポを見かけたこともあり、これまで歩いたことのなかった栃木100名山の仙人ヶ岳に行ってみることにしました。

 
群馬~栃木県境に位置する仙人ヶ岳には幾つかの登山ルートがあるようですが、今回は新・分県登山ガイド(栃木県)で紹介されていた岩切登山口を発着点とする周回コースを歩くことにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 仙人ヶ岳の岩切登山口(マップコード:34 889 564)までは自宅から約55kmで1時間ほど、自宅を6時前に出発すると近くのコンビニで昼食を買い込み、関越道~北関東道と走って現地に向かいます。

 太田・桐生ICで高速を下りてからも順調に走り、ほぼ予定通りの時間に岩切登山口近くの駐車場所(県道の路肩)に到着しましたが、何と!ザックに入れたつもりのスポーツドリンクが見当たらず、市内で見かけたコンビニまで買い出しに戻ったこともあり、最初から30分のロスタイムになってしまいました。

 改めて登山口近くの駐車場所に戻ると、(当然でしょうが…)先ほどの駐車場所は別の車が停まっており、少し先に車を停めて準備を始めました。

120415002

 準備を終えると岩切橋まで戻り、登山口の写真を撮ってスタートします。

120415003

 登山口に立っていたコース案内図で、今回は上半分の仙人ヶ岳コースを歩きます…。

120415004

 登山口から歩き始めると直ぐに古びた鳥居をくぐりました。

120415005

 さらに不動沢に沿った登山道を進みましたが、この辺りは新緑が芽吹いて気持ちの良い登山道でした。

120415006

 10分ほど進むと不動沢の小さな流れを渡ります。

120415007

 岩切からの登山道は不動沢を左右に渡りながら登って行くようです…。

120415008

 登山道横で咲いていたヒトリシズカ…。(少し後ピンです…)

1204150081

 この辺りから沢山のニリンソウを見かけますが時間が早いのか花が開いていません。

120415009

 登山口から20分ほどで不動沢の滝を通過します。

120415010

 さらに沢に沿って登って行きます。(新緑の頃はさらに素晴らしい登山道になりそう…)

120415011

 ここは日当たりが良い場所なのか?…、ニリンソウの花が開き始めていました。

120415012

 こちらのニリンソウは右側のツボミが開き始めたところ?…。

120415013

 登山道の綺麗な花を探しながら歩いて行くと、登山口から40分ほどで生不動尊が見えて来ます。(生→ネリとは読めませんでした…)

120415014

 登山道の踏み跡はしっかりしており、所どころハイキングコースの道標がありました。

120415015

 途中に沢の中を歩く場所もありますが、長雨でもなければ靴も濡れない水量です。

120415016

 登山口から歩き始めて約1時間…、沢の水がなくなる頃に急登が始まります。

120415017

 さらに踏み跡をたどって進み、稜線に向かって急登して行きます。

120415018

 登山口から歩き始めて1時間10分…、ようやく熊ノ分岐の稜線に上がりましたが、周囲の樹木が焼け焦げていました…。

120415019

 熊ノ分岐から左上に進み仙人ヶ岳の山頂に向かいます。(2~3ヶ所でアカヤシオの花を見かけましたが、この辺りはほとんどツボミの状態でした…)

120415020

 やがて右前方に赤雪山に続く稜線が見えて来ます。

120415021

 熊ノ分岐から20分ほどで赤雪山の分岐に着きました。(反対側に山頂まで0.3kmの標示があります…)

120415022

 登山口から歩き始めて1時間30分…、立派な山頂標識の立つ仙人ヶ岳に到着しました。 

120415023

 周囲は樹林帯で山頂の展望は良くありませんが、北東側の木々の間に先日登った鳴神山が見えました。(山頂で写真を撮ると直ぐに下山を始めました…)

120415024

 20分ほどで熊ノ分岐に戻り、今度は分岐を直進して猪子峠に向かいましたが、アチコチに焼け焦げた倒木が転がっていました。

 途中で倒木を片付けていたトレラン姿の人によると、昨年末にタバコが原因で熊ノ分岐の周辺が山火事になったと話していました…。

120415025

 さらに稜線を進んで行くと周辺にアカヤシオの花が見られるようになりました。

120415026

 15分ほどで展望の開けた561ピークとなり、眼下に松田川ダムが見えて来ます。(ダム湖の周囲は桜が満開となっており大勢の花見客が見えました…)

120415027

 松田川の対岸に見えるピークが赤雪山と思われます…。

120415028

 561ピークからはこれから歩く南東側の稜線が見えました。

120415029

 561ピークを通過して鞍部まで下り、直ぐに登り返した530ピークに宗の岳の山頂標識が付いていましたが、この辺りからアカヤシオの花が少し多くなった感じです。

120415030

 昨日、雨が降ったことが関係するのか、花に元気がないように見えました。

120415031

 アカヤシオの枝先を見ると、今年は花付きが少ないように思えます。

120415032

 宗の岳の南東側に進むと景色を眺めながら20分ほど昼食タイムを取りました。(直ぐ先のピークが犬帰りの岩場でした…)

120415033

 稜線の直ぐ下で咲いていたアカヤシオ…。

120415034

 宗の岳から10分ほどで犬帰りの分岐となりますが、ここは直進して犬帰りの岩場を通過することにします。(道標の左下に巻き道がありました…)

120415035

 右側に切れ落ちた犬帰りの岩場に10mほどのクサリが付いていました。

120415036

 さらに進んで行くとアチコチでアカヤシオが咲いていました。(とは言っても花の回廊ではありません…)

120415037

 犬帰りから10分ほど進むと再び展望が開けました。

120415038

 前方に見えるのが511ピークのようですが、登り下りが続く稜線歩きは少し疲れます。

120415039

 南側に深高山から石尊山に続く稜線が見えました。(右奥に見えるのが茶臼山…)

120415040

 さらに進んで511ピークの手前で歩いて来た稜線を振り返りました。(右側中央のピークが仙人ヶ岳の山頂か?…)

120415041

 511ピークを通過すると東尾根分岐に向かいましたが、途中に分岐道標らしきものは見当たりません。

120415042

 東尾根辺りから歩く方向を南側に変え、20分ほど進むと猪子峠に着きました。

120415043

 古い祠が祀られた猪子峠から右に下り、さらに10分ほど歩くと猪子トンネル手前の県道に下って来ました。

120415044

 この後は県道を5~6分ほど歩いて駐車場所まで戻り、総行程4時間45分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、今回は「桐生温泉 湯らら(入湯料・休日=700円)に寄ることにし、一風呂浴びてさっぱりしてから帰宅しました。

 今回は仙人ヶ岳のアカヤシオを期待しながら歩きましたが、昨年の袈裟丸山で当たり年のアカヤシオを見たこともあるのか、疎らに咲いているアカヤシオに少し寂しい思いがしました。(もう少し時間が経てばさらに花の数が増えるのかもしれませんが…)

 
                                         ページの先頭に戻る

« 鳴神山(12.04.09) | トップページ | 高遠城址公園の夜桜見物 »

登山」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは
そろそろアカヤシオの季節ですね。
仙人ヶ岳、赤雪山、石尊山や足尾山塊も未知の峰々です。
休日にもかかわらず静かで落ち着いた山域なのですね。

 アカヤシオというと 「ひとつばな祭り」で知られる
西上州を訪れてしまいます。
昨年5月に歩かれた袈裟丸山のレポも拝見しましたが
全山ピンクに染まるこの峰は素晴らしいですね。

俄歩人さん>こんにちわ…

 アカヤシオと言うと奥秩父や西上州が有名なようですが、赤城山や東毛
方面の山々でも見られるようです。
 特に袈裟丸山は「花の袈裟丸」として有名なようで、ツアーのような団体
も登って来ますし、花の最盛期の小丸山では人を外して写真を撮るのが
難しいほどの人出になってしまいます。

 足利周辺の山はあまり登っていませんが、雪も少ないため冬場を中心に
登る人たちが多いようで、今回の仙人ヶ岳では30~40人の登山者と行き
会いました。

仙人ヶ岳・・・栃木県の分県ガイドを開いて、ひまじんさんのレポートを拝見しました。
石切登山口に、有料の駐車場が6台分くらいある。とありますが、路肩なのでしょうか?

スポーツドリンクの入れ忘れ、残念でしたね。
アカヤシオの素晴らしい時期の登山は、タイミングが難しいですね。

ゆず茶さん>こんばんわ…

 岩切登山口の駐車場は道路に面した私有地にあり、郵便受けの中に
駐車料金(=300円)を投入するみたいです。
 ただ、ほとんどの人は道路脇に停めており、ネットで見ても路駐の空きが
ない時に有料に置いているようです。

 アカヤシオは511ピークから561ピーク辺りで咲いており、熊ノ分岐から
上ではツボミが膨らんだと言う感じでしたね…。

 冬場はペットボトルのスポーツドリンクを持って行くのですが、ソロソロ
買い置きが終わることもあり今度は家で作ったものをハイドレーションに
入れるようになりますので、そうなれば忘れないんですけどね…coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/54484654

この記事へのトラックバック一覧です: 仙人ヶ岳(12.04.15):

« 鳴神山(12.04.09) | トップページ | 高遠城址公園の夜桜見物 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック