« 虻田福寿草の里(下仁田町) | トップページ | 奥武蔵 伊豆ヶ岳(12.03.14) »

2012年3月 8日 (木)

西上州 トヤ山(12.03.07)



① 2012年3月7日(水)天候:薄曇り
② トヤ山:1230m
③ コースタイム(行動時間:5時間10分)
 黒滝山第一駐車場(07:40)===不動寺(07:50)===月西岩(08:00~08:05)===六車分岐(08:30)===高原分岐(09:00)===トヤ山(10:15~11:00)===高原分岐(11:50)===六車分岐(12:20)===不動寺(12:35~12:45)===黒滝山第一駐車場(12:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:8.194km、累積標高:±751m)
120307000

 前回以降、毎日のように天気予報を眺めているのですが、冬から春への季節の変わり目で中々天気が安定しそうになく、このままでは軟な身体がさらに鈍ってしまいそうです。

 
山歩きは天気が良いことに越したことはありませんが、今回は天気の方は二の次にしてトレーニングを兼ねて歩くこととし、前々から計画書だけは作ってあった西上州のトヤ山に出かけることにしました。

 
山と高原地図No21(西上州)を見ると、荒船山~黒滝山の縦走コースの途中にトヤ山の標示があり、ネットで検索すると沢山のレポートが見つかる山でもありますが、マイナーな山の割に山頂からの展望が素晴らしいと紹介されています。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 トヤ山の登山口(マップコード:292 054 768)は昨年4月の黒滝山と同じ南牧村の黒滝山不動寺で、自宅を6時過ぎに出発すると途中のコンビニで食料を買い込み、前橋ICから高速に乗って現地に向かいます。

 途中、車の中から空模様を眺めて見ると、出掛けに確認した天気予報と違って空一面に雲がかかっており、山頂からの展望は少し難しいと思われました。

 上信越道の下仁田ICでR254に下りると南牧村に向かい、途中の道標に従って黒滝方面に走って行くと、ほぼ予定通りの時間で黒滝山不動寺の第一駐車場に到着しました。

 がら空きの駐車場で準備をすると、入口の写真を撮って不動寺に向かいます。

120307002

 駐車場からユルユル登って行くと、10分ほどで不動寺の庫裡の前に出て来ますが、今回は帰り道で黒滝不動にお参りすることにしました。

120307003

 庫裡の前を抜けて登山道に入りますが、周囲のスギ林が最近になって間伐されたらしく、薄暗かったスギ林の中が大分明るくなっていました。

120307004

 10分ほど登ると縦走コースの登山道に合わさりますが、先に進む前に月西岩の岩峰に寄って見ることにします。

120307005

 踏み跡をたどって岩場に上がると、稜線の先に古びた祠が見えて来ます。

120307006

 祠の先に進むと展望が広がり、正面に見える日東岩の岩峰が鋭く切れ落ち、その右奥に白く霞んだ稲含山が見えました。

120307007

 少し暑くなって月西岩でジャケットを脱ぐと、林道のような登山道を歩いて先に進みます。

120307008

 不動寺から40分ほどで六車分岐を通過します。(道標の左側に荷揚げ用のモノレールの軌道が延びていました…)

120307009

 さらに進んで行くと稜線に上がり、樹林帯越しの景色を眺めながら進みます。

120307010

 不動寺から50分ほど進むとトヤ山のピークが見えて来ます。

120307011

 象とまめださんのレポによると山頂の松の木が目印になると紹介されていました。

120307012

 さらに進んで行くとクマに壊されたらしい道標が立っています。(この道標から966ピークの北側を巻くように進みます…)

120307013

 山影に入ると登山道に雪が残っており、一部が凍結して歩き難いところでした。

120307014

 高原分岐の手前で登山道が崩落しており、斜面も凍っているため慎重に通過しました。

120307015

 不動寺から約1時間10分、ほぼ予定通りに高原分岐を通過します。(クマさんは何が気に入らなくて道標を壊しちゃうんでしょうかねぇ~coldsweats01

120307016

 分岐道標に従って左手に進み、スギ林を抜けると少し視界が開けます。

120307017

 高原分岐から30分ほどで再び崩落した登山道を通過します。

120307018

 さらに進んで約10分、クマに壊され柱だけになった道標がありましたが、ここは直進して稜線を進みました。(左下に踏み跡が延びておりピンクテープも付いていて少し紛らわしいところでした…)

120307019

 クマに壊された道標から直進すると、登山道の壊れかけた擁壁が残っていました。

120307020

 やがてネットで見覚えのある石積みの擁壁がありました。

120307021

 さらに進むと岩壁の先に赤い鉄製の手すりが見えて来ます。

120307022

 不動寺から歩き始めて2時間10分で、ようやくトヤ山の分岐点となりました。(荒船山方向から写真を撮っています…)

120307023

 不動寺側から右上に折り返すように進み、山頂直下の急登に取り付きます。(登山道の雪と地面が凍っていて、今回の山歩きでは一番の難所となりました…)

120307024

 斜面の灌木などを使って慎重に登り、稜線に出ると西側に毛無岩が見えて来ます。

120307025

 左側から毛無岩~イデミ~毛無岩の前衛峰となります。

120307026

 毛無岩からさらに左側に白く霞んだ八ヶ岳などが見えていました。

120307027

 立岩の背後に霞んで見えるのが北八ヶ岳の山々のようです。

120307028

 さらに稜線を東側に進むと不動寺から2時間25分で山頂に到着しました。

120307029

 ガイドブックで紹介されている通り山頂は素晴らしい展望が広がっています。(霞んでいたのが残念でした…)

120307030

 北西側に見える浅間山は雪が大分融けて黒い地肌が多くなりました。

120307031

 浅間山の右手前に道平川ダムが見え、淡い青灰色の荒船湖が見えました。

120307034

 北側に妙義山のゴツゴツした岩峰が並んでいます。

120307032

 直ぐ北側に見えるのが物語山で西峰の左下にメンベ岩が見えています。(トヤ山から物語山まで薄い点線のルートが延びているようです…)

120307033

 物語山の先が裏妙義の岩峰で左側から烏帽子岩~赤岩~丁須の頭となります。

120307035

 裏妙義の左奥に鼻曲山と浅間隠山が白く霞んでいました。

120307036

 物語山の右奥に表妙義の岩峰が並び、その背後に榛名山が霞んでいました。

120307037

 東側に鹿岳の二つの岩峰と四ッ又山が並んでいました。

120307038

 さらに右側に昨年12月に歩いた稲含山がシルエットになっていました。

120307039

 南東側にギザギザピークの両神山が見えました。

120307040

 山頂南側に金峰山が見えており、白い山頂に五丈岩が突き出しています。

120307041

 南西側に見える御座山で天気が良ければこの山も選択肢にありました。

120307042

 御座山の右奥に八ヶ岳の白い山並みが連なっています。

120307043

 左側から赤岳~横岳~硫黄岳と続きますが、少し霞んでいるのが残念なところです。

120307044

 立岩の岩峰の先に北横岳と蓼科山が並んでいます。

120307045

 山頂は東西方向に広がっており40分ほど昼食タイムを取って下山を始めました。

120307046

 途中で休むこともなく不動寺まで下ると、玄関先を抜けて不動堂に向かいます。

120307047

 山小屋風の庫裡と大分異なり、参道の先に立派な山門が建っています。

120307048

 さらに進むと不動堂がありますが、ここで開運厄除けの黒滝不動にお参りしました。

120307049

 帰りは流石に早くトヤ山の山頂から高原分岐までは約50分、さらに六車分岐から不動寺を1時間半ほどで下り、総行程5時間10分で今回の山歩きを終了しました。

 自宅に帰る途中で磯部温泉の恵みの湯(入湯料=500円)に寄ることにし、大きなお風呂に浸かって汗を流しさっぱりしてから帰宅することにしました。

                                          ページの先頭に戻る

« 虻田福寿草の里(下仁田町) | トップページ | 奥武蔵 伊豆ヶ岳(12.03.14) »

登山」カテゴリの記事

コメント

トヤ山・・・面白い名前の山で、展望も良好なのですね。

西上州は?も? あまり知らないので、地図で確認してみました。
破線コースでマイナーな山、しかもクマの形跡があちこちにあり、
いかにも西上州らしい山とでもいうのでしょうか。

トレーニングの山が近くにあればと思いますが、どの山も私のところからは遠いです。


ゆず茶さん>コメントありがとうございます…

西上州の一番の季節はアカヤシオが咲く頃だと思いますが、冬場は雪が
少ないこともあって、首都圏方面から訪れる人たちが多いようです。
トヤ山は少しマイナーな山ですが、不動寺から九十九谷をめぐるコースは
歩く人も多く、アカヤシオの季節が面白いと思います。

それと最近は里山でもクマを見かけたと言う情報も多いため、どこの山でも
ザックに付けたクマ鈴を外したことはありません…confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/54169380

この記事へのトラックバック一覧です: 西上州 トヤ山(12.03.07):

« 虻田福寿草の里(下仁田町) | トップページ | 奥武蔵 伊豆ヶ岳(12.03.14) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック