« 浅間 黒斑山・蛇骨岳(12.02.19) | トップページ | 虻田福寿草の里(下仁田町) »

2012年2月26日 (日)

北秩父 宝登山(12.02.26)



① 2012年2月26日(日)天候:曇り
② 宝登山:497.1m
③ コースタイム(行動時間:2時間25分)
 宝登山神社駐車場(07:45)===宝登山神社奥社(08:35)===宝登山(08:45)===ロウバイ園(08:50~09:35)===宝登山神社駐車場(10:10)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:6.52km、累積標高:±376m)
120226000

 2月4回目となる山歩きですが、当初は武甲山~小持山~大持山を歩こうと考え、朝暗い内に自宅を出て来ましたが、埼玉県に入り周囲が明るくなって見えて来た武甲山は前日の雪で真っ白になっていました。

 加えてラジオから流れる天気予報は前日より悪くなっており、空を眺めると雲が多くとても晴れそうにないため、今回は途中で武甲山をあきらめて宝登山のロウバイ見物に変更することにしました。

 
※画像をクリックすると大きくなります…

 道の駅ちちぶでUターンすると登山口の宝登山神社に向かいましたが、時間が早いこともあって本殿前の駐車場(マップコード:150 612 653)に車を停めることが出来ました。

 駐車場に先行した人たちの車が停まっていましたが、自分も車を停めて準備をすると山頂に向かって歩き始めます。(宝登山神社は帰る時に参拝することにしました…)

120226002

 駐車場の奥に進むと登山口の看板が立っています。

120226003

 さらに進んでロープウェー山麓駅の分岐を直進します。

120226004

 山頂に向かう林道が登山道になっており、所どころ「秩父鉄道ハイキングの会」の標示板が付いていました。

120226005

 20分ほど登ると少し展望が開けて来ます。(崖下の民家から煙が上がっていました…)

120226006

 さらに進むと林道横の広い伐採地を植林しており、JATA(日本旅行業協会)などが環境保全活動を行っているようでした。

120226007

 林道をショートカットする踏み跡に通行禁止の黄色いテープが張ってあり、九十九折れの林道を左右に折り返しながら登ります。

120226008

 やがて伐採地の先に長瀞の市街地が見えて来ました。

120226009

 登山口から歩き始めて約30分、林道の途中に東屋がありました。(帰りに大勢の高齢者を見かけましたが、体力のない人たちに大変有難いものと思います…)

120226010

 さらに登って高度が上がると荒川の対岸に釜伏山方面の山並みが広がります。

120226011

 登山口から歩き始めて約45分、林道の先に動物公園が見えて来ます。

120226012

 動物公園の手前で左上に折り返すと、宝登山神社奥社の鳥居が見えて来ます。(先行の三人連れはロウバイ園に進みましたが、先ずは右手の階段を上がって奥社に参拝することにしました…)

120226013

 階段を昇ると宝登山神社奥社があり、白木の鳥居をくぐって参拝しました。(宝登山神社の祭神は日本武尊のようですが、詳細は宝登山神社のHPをご覧ください…)

120226014

 奥社の手前を左に進むと展望が開け、ロウバイ園の先に秩父盆地の素晴らしい景色が広がりました。

120226015

 4年前の武甲山は雪が残っていたものの天気に恵まれましたが、今回は晴れそうになく敢えて登ろうと言う気持ちが起きませんでした。(軽アイゼンは持って来ましたが…)

1202260161

 さらに宝登山の道標に従ってロウバイ園の横を進みます。

120226017

 歩き始めて1時間ほどで立派な山頂標識のある山頂に到着しました。

120226018

 山頂の左側に西ロウバイ園があり、ほぼ満開となったロウバイの先に見事な展望が広がりました。

120226019

 中央のピークが雲取山と思いますが、この辺りは定かではありません。

120226020

 ギザギザピークの両神山に大分雪が残っています。

120226021

 咲き始めたロウバイの先に武甲山です。

120226022

 秩父盆地にかかった朝霧ですが、9時を過ぎても消えそうにありません。

120226023

 綺麗に咲いたロウバイを探しながら、ロープウェーの山頂駅に向かって下ります。

120226024

 こちらの品種は満月ロウバイでしょうか…。

120226025

 淡い黄色の方が素心ロウバイと思います…。

120226026

 こちらは咲き始めた満月ロウバイ…。

120226027

 同じく咲き始めた満月ロウバイ…。

120226028

 こちらは綺麗に咲いた素心ロウバイ…。

120226029

 同じく綺麗に咲いた素心ロウバイ…。

120226030

 東ロウバイ園まで下って来るとツボミが大分残っています。

120226031

 ロウバイの黄色い花は青空の方が映えるようですが、今回は残念ながら曇り空で黄色い花が空に埋まってしまいそうです。

120226032

 こちらは青い山影をバックにしたものでロウバイの花が浮いて見えます。

120226033

 宝登山には約500株(約2000本)のロウバイがあるそうですが、松井田のロウバイの郷(1200株・12000本)の方が株自体も大きいように思います。

120226034

 ロウバイ園を散策しながらロープウェーの山頂駅まで下って来ました。

120226035

 ロウバイ園の下に梅百花園がありましたが、今年の厳しい寒さのためか早咲きの紅梅の花がほとんど咲いていません。

120226036

 山頂駅広場の横に福寿草の植え込みがありましたが、先日の雪で傷んだのか花が少し白くなっており、綺麗に咲いた花を探してみました。

120226037

 直ぐ近くにあったマンサクの花は丁度見ごろのようです。

120226038

 ロウバイ園を一通り散策しましたが、まだ、9時半を過ぎたところで昼食には早く、山頂を後にして駐車場に戻ることにしました。

120226039

 林道を下る途中で見えた榛名山で、こちらも大分雪が残っているようです。

120226040

 少し右側に十二ヶ岳と小野子山が見え、さらに右側に見えるのが子持山となります。

120226041

 赤城山のピークも見えますが、黒檜山に少し雲がかかっていました。

120226042

 山頂から30分ほどで駐車場に戻って来ると、道具を仕舞って宝登山神社に参拝することにしました。

120226043

 本殿は2年前に改修されたようですが、お賽銭を上げて無事の下山を報告しました。

120226044

 境内で見かけた紅梅も咲き始めたばかりの感じでした。(今年はどこでも梅の開花時期が遅れているようです…)

120226045

 今回は出先で急遽宝登山に変更したこともあり、宝登山の山頂を往復するだけの山歩きとなりましたが、ガイドブックがあれば長瀞アルプスも含めて歩きたいところでした。

 自宅に帰る途中で長瀞駅から歩き出す大勢の登山者を見かけ、野上駅の前で長瀞アルプスを歩くらしい人たちを見かけましたが、ロウバイが咲く頃の宝登山は大変人気の山だと思いました。

                                          ページの先頭に戻る

« 浅間 黒斑山・蛇骨岳(12.02.19) | トップページ | 虻田福寿草の里(下仁田町) »

登山」カテゴリの記事

コメント

宝登山に登られたというので早速 訪問させていただきました。
私も去年ロウバイを見に同じコースを歩きました。

武甲山やその周りの景色が綺麗ですね。
ひまじんさんの写真やブログを拝見すると、カメラの望遠が欲しくなります。
扱いや重いことを考えると、bearing 手が出せずにアウトドア用コンデジのままです。
最近、ミラーレスが気になりますが・・私はカメラにうといので・まだおあずけでしょうか。

紅梅がまた綺麗ですねぇ。

ゆず茶さん>コメントありがとうございます…

10時半頃に宝登山神社から家に戻り始めましたが、長瀞駅から
途切れることのないほど大勢の人たちが歩いており、宝登山の
人気のほどがうかがえました。
カメラのレンズは気にし始めると底なし沼となりますし、ミラーレス
でもレンズを揃えるのは大変だと思います。
比較的入手しやすいコンデジでも望遠ズームの機種はありますし、
画像編集ソフトで画像の補正も出来ますから、良く検討された方が
いいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/54082016

この記事へのトラックバック一覧です: 北秩父 宝登山(12.02.26):

« 浅間 黒斑山・蛇骨岳(12.02.19) | トップページ | 虻田福寿草の里(下仁田町) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック