« 西上州 稲含山(11.12.18) | トップページ | 赤城 黒檜山(11.12.28) »

2011年12月20日 (火)

年末の味噌作り…!

 今日は年末恒例の手作り味噌を仕込みました。

 手作り味噌の材料となる大豆ですが、出来れば自宅の家庭菜園で作ったものを…と行きたいところですが、猫の額ほどの家庭菜園を全て大豆の畑にする訳に行かず、市販されている大豆を使っています。

 例年、永平寺御用達の「米五」と言うお店で大豆と米麹を購入しており、今年は平成21~22年度産の北海道大豆:3kg米麹:3kg、その他にあら塩:1.5kgを準備しました。

111220001

 味噌の仕込み自体はそれほど難しいものではなく、一度作り方の手順を覚えてしまえば後は簡単なものだと思います。(出来上がりは自然環境と麹菌任せです…)

 昨年のブログに作り方の詳細(クリック)を載せましたが、前日夕方に準備を始め仕込みが終わるまで丸一日の工程となります。(仕込み上がり重量は約12.5kgでした…)

111220002

 仕込みが終われば熟成の準備ですが、先ずは漬物樽の中を焼酎で拭くと、仕込み味噌の表面に残った塩を振ってラップで覆い、中蓋の上に2kgほどの重石を載せておきます。

111220003

 この後は蓋を載せて新聞紙で覆い、仕込んだ日付を書き込んで終了です。(書き込んだ日付が間違っているのはご愛嬌です…)

111220004

 今回仕込んだ味噌は日の当らない涼しい場所で熟成させますが、来年の梅雨前に樽の中を確認し、カビが発生していたら綺麗に取り除き、樽の中を焼酎で拭いておきます…。

 手作り味噌は10カ月ほどで食べられるようになりますが、一定期間熟成させた方が美味しくなると言うこともあり、今回の味噌は2014年以降に使いたいと思っています。

 ※味噌の仕込みが終わると次は年賀状の準備ですかね…

« 西上州 稲含山(11.12.18) | トップページ | 赤城 黒檜山(11.12.28) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

手作りみそ 楽しみですね。私もかなり前に1度作ったことがあります。
でも、あまり美味しく出来ず1度だけで終わってしまいました。

日のあたらない庭に、でこぽんを植えて4年
やっと1個だけ、実が大きくなりました。
もったいなくて取れません(笑)毎日眺めています。
日あたりが悪いのと肥料もよくないので、たぶん美味しくないですね。

ゆず茶さん> コメントありがとうございます…

この手作り味噌の作り方は、安中市郊外の農家が作っていた方法で、
10数年ほど前に教えてもらいました。
一般的な作り方に比べ少し塩が多い感じですが、熟成させると大変
美味しくなるということで、3年ほど寝かせてから使っています。

自分の家でも甘夏を植えていましたが、群馬辺りでは平均気温が低い
ためなのか、酸っぱくて甘くならず最後は切ってしまいました。

果物類は先ずは実が生ることが楽しみですね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/53528433

この記事へのトラックバック一覧です: 年末の味噌作り…!:

« 西上州 稲含山(11.12.18) | トップページ | 赤城 黒檜山(11.12.28) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック