« 飯縄山(11.11.23) | トップページ | 赤城 荒山・鍋割山(11.12.04) »

2011年11月27日 (日)

CMOSセンサーの汚れ(その2)…

 購入早々にCMOSセンサー(正確に言えばローパスフィルターですが…)の汚れが見つかり、恐る恐る自分でセンサークリーニングを行ったD300Sですが、その後、山歩きなどで8ヶ月ほど使っている間に、再びセンサーに汚れが付いてしまったようです…think

 先日、長野県の飯縄山に登って来ましたが、自宅に帰ってからこの時の写真を整理していると、写真の中にシミのような汚れが付いているのが見つかりました。

111125001

 ちょっと見たくらいでは中々気がつかない汚れですが、汚れの部分をトリミングして見ると、丸いシミが出来ているのが良く分かります。

111125002

 そこで飯縄山の前に登った茂来山の写真を点検して見ると、あまりウレシイことではありませんが、同じようなところにシミが写っているのです…。

111125003

 さらに遡って見ると雨飾山辺りの写真から汚れが写っているようで、取りあえずブログ用の写真はスポッテングツールで消すことにしましたが、汚れが分かった以上元技術屋さんとしてはそのままにする訳にいきません…。

 そこでセンサーの汚れ具合を点検することにして、絞り優先でレンズをF22に絞って青空を写して見ると…

111125004

 画面左側だけでなくアチコチに小さな汚れがあることが分かりました。(頻繁にレンズ交換を行っている訳ではありませんが…)

 前回も書きましたが、ニコンのSCが近くにあれば直ぐ持ち込んでクリーニングしてもらいますが、田舎暮らしとあってはメーカー送りにするしかなく、往き帰り10日間待つのも手間と暇がかかって面倒なことです…。

 そこで今回も(自己責任で…)センサークリーニングを行いましたが、そっとクリーニングを行うとF22に絞って青空を写す…を何度か繰り返して汚れが落ちたことを確認しました。

111125005

 今回も手持ちのレンズクリーナーと麺棒を使ってクリーニングを行いましたが、こんな感じでCMOSセンサー(ローパスフィルター)のクリーニングが必要なら、市販されているクリーニングセットを購入することが必要になるんですかね~。

« 飯縄山(11.11.23) | トップページ | 赤城 荒山・鍋割山(11.12.04) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

写真のシミ・・・私もこれには何度もガッカリしたことがあります。
気に入った写真にシミ・・ブロッケン現象や富士山と雲にシミ

2回 修理に出したキャノンGですが、そのカメラも落としてしまいありません(ー_ー)!!
一眼レフを扱う技術がない事、重いカメラを持ち歩くのは無理、ということで気にいって
いたのですが・・・。

クリーニングして、汚れが落ちて(゚ー゚)良かったですね。

ゆず茶さん>コメント…ありがとうございます。

一眼レフはレンズ交換の時など、コンデジよりゴミが付きやすいようです…。
リコーのコンデジの時はメーカー修理に出しましたが、一眼レフなら何とか
ゴミ取りが出来るようです。(無理は禁物ですが…)

自分も山でコンデジを落してしまい、幸いキズが付いただけですみましたが
それ以来、地面に落ちないようストラップをバッグなどに結んでいます。

シミはパソコンで消すことが出来ますが、せっかく撮って来た思い出の写真
となりますので、きれいな状態の写真として残したいものです…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/53347448

この記事へのトラックバック一覧です: CMOSセンサーの汚れ(その2)…:

« 飯縄山(11.11.23) | トップページ | 赤城 荒山・鍋割山(11.12.04) »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック