« 大菩薩嶺(11.11.09) | トップページ | 飯縄山(11.11.23) »

2011年11月18日 (金)

茂来山 霧久保沢コース(11.11.17)



① 2011年11月17日(木)天候:晴れ
② 茂来山:1717.6m
③ コースタイム(行動時間:3時間45分)
 霧久保沢コース駐車場(08:10)===霧久保沢登山口(08:25)===コブ太郎(09:00~09:05)===槙沢分岐(10:05)===茂来山(10:20~10:35)===槙沢分岐(10:40))===コブ太郎(11:15)===霧久保沢登山口(11:40)===霧久保沢コース駐車場(11:55)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムも変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:7.51km、累積標高:±740m)
111117000

 天気は週末に向かって下り坂と言う週間予報もあり、天気が崩れる前に山に出かけようと考え、3年ぶりに佐久の茂来山に登って来ました。

 前回の茂来山は北西側の槙沢コースから登りましたが、あいにくの曇り空で山頂の展望はほとんどなく、次回こそは「山頂からの展望を…」と考えていました。

 
今回は快晴との予報を当てにして霧久保沢コースから登りましたが、山頂の景色は大変素晴らしいもので、周囲360度の展望を楽しむことが出来ました…。

 茂来山の霧久保沢コースの駐車場(マップコード:359 742 788)までは片道約85kmで2時間ほど、朝6時前に自宅を出発すると上信越道の佐久平PAから佐久穂町方面に走り、国道299号線に出ると県境の十国峠方面に向かって走ります。

 最初は目印となる滝平橋手前の看板を通過してしまい、滝平橋の少し先でUターンしてから登山口に向かう脇道に入りました。(写真は下山時のもの…)
111117002

 登山口までの林道は車一台分ほどの道幅ですが、それほど荒れておらず7~8分走ると十数台が停められる、林道ゲート前の駐車場に到着しました。(先着の車はなく下山した時に1組の夫婦連れに行き会いました…)
111117003

 早速、車を停めて支度をすると、駐車場の登山案内を撮ってスタートします。(トチノキの巨木=コブ太郎の説明書きがありました…)
111117004

 駐車場の直ぐ先に林道ゲートがあり、横を抜けて四方原林道を進みます…。
111117005

 緩やかな林道は歩きやすく、薄い轍のような踏み跡をたどって登ります。
111117006

 林道ゲートから15分ほどで霧久保沢登山口に到着しました。
111117007

 登山口からヒノキの樹林帯に入ると、直ぐに沢を渡ってさらに登って行きます。111117008

 15分ほど進むとヒノキの樹林帯を抜け、さらに沢沿いの登山道をゆるゆる登ります。
111117009

 登山道の所どころに案内標示があり、しばらく登ると小さな沢を渡りました。
111117010

 霧久保沢コースは林道のような登山道が続きます。
111117011

 駐車場から歩き始めて約50分、コブ太郎の分岐点に到着しました。
111117012

 分岐の直ぐ右下にトチノキの巨木=コブ太郎がありました。(写真は下山時のもの…)
111117013

 傍らに立てられた「森の巨人たち100選」の銘板です。
111117014

 その右側にコブ太郎の由来書きがありました。
111117015

 コブ太郎は推定樹齢=約250年、胸高直径=169cm、樹高=22mと言う大変立派なものでした。(写真は下山時のもの…)
111117016

 コブ太郎は写真を撮って通過し、さらに登って行くと水源地がありますが、水場は右奥の小さな沢のようでした。
111117017

 水場を通過すると緩やかな登りが終わり、傾斜のきつい急登が始まりました。
111117018

 ずい分昔に炭焼きが途絶えたのでしょうか…、立派な炭窯の上に太いブナの木が生えていました。
111117019

 炭窯を通過すると駐車場の登山案内で紹介していた大きなトチノキがありました。(こちらも大きな木で大王トチノキと言うようです…)
111117020

 さらに急登する登山道が続き、ほぼ直登するように登りました。
111117021

 15分ほど直登が続きましたが、やがてジグザグの登山道となりました。
111117022

 40分ほどで急登が終わると緩やかな登山道になりました。
111117023

 コブ太郎から1時間ほどで槙沢コースの分岐点となりました。
111117024

 分岐点を通過すると尾根道となり、稜線上の登山道をさらに登りました。
111117025

 分岐点から10分ほどで山頂が見えて来ます。(昨晩辺りに降った雪なのか登山道の周囲が少し白くなっていました…)
111117026

 駐車場から歩き始めて2時間10分、ほぼ予定通りの時間で山頂に到着すると、周囲に素晴らしい展望が広がっていました。
111117027

 山頂北側に浅間連峰が並びますが、こちらも素晴らしい天気のようです…。
111117028

 北西側の山麓に佐久穂町の街並みが見え、その向こうに白銀に輝く北アルプスの山々が並んでいました。
111117029

 さらに左側に穂高連峰と槍ヶ岳が見えますが、こちらはまだ雪が少ないようです。
111117030

 西側に北横岳や蓼科山が並んでいます…。(左から茶臼山~縞枯山~北横岳~蓼科山のようです…)
111117031

 さらに左側に八ヶ岳の山々が連なっています。(左から赤岳~横岳~硫黄岳~天狗岳~中山~丸山となるようです…)
111117032

 赤岳など南八ヶ岳の主要な山々ですが、こちらは雪が残っていないようです。
111117033

 八ヶ岳の左奥に少し霞んだ南アルプスの山々が並んでいました…。
111117034

 山頂南側に天狗山と男山が見え、その左奥が瑞牆山と金峰山のようです。
111117035

 少しアップにすると金峰山の五丈岩と瑞牆山の大ヤスリ岩が見えました。
111117036

 南東側にギザギザした両神山が頭を覗かせていました。
111117037

 北東側に西上州の山々が並んでいます。
111117038

 荒船山の向こうは榛名山のようで、その背後に武尊山が霞んでいました。
111117039

 立岩の直ぐ背後の岩峰が毛無岩のようで、その背後に赤城山や日光白根山・皇海山・男体山などが見えました。
111117040

 少し右側に鹿岳と四ッ又山が見え、その右手前に碧岩と大岩が見えました。
111117041

 さらに右側に稲含山と赤久縄山が並んでいます。
111117042

 佐久の市街地の右奥が烏帽子岳となり、その左奥が妙高方面のようで、雪雲の間から白い山頂を見ることが出来ました。
111117043

 名残りの尽きない素晴らしい展望ですが、山頂に吹いている風が大変冷たく、昼食は車に戻って摂ることにして、好展望の茂来山に別れを告げることにしました。
111117044

 帰りは大変早く、山頂からコブ太郎までは40分、林道ゲート前の駐車場に1時間20分ほどで下ると、総行程3時間45分で今回の山歩きを終了しました。

 今年の秋は大変暖かいと言われていましたが、今回の茂来山は冬になったような寒さで手先も冷たく、冬用装備に切り替える時期になったことを実感しました。

 帰りは一般道を走って帰ることにし、途中で下仁田町の荒船の湯(入湯料=500円)に寄って汗を流し、暖かいキノコ蕎麦を食べてから帰宅しました。

                                            ページの先頭に戻る

« 大菩薩嶺(11.11.09) | トップページ | 飯縄山(11.11.23) »

登山」カテゴリの記事

コメント

 ひまじんさんお久しぶりです。いつも参考にさせていただいております。
茂来山は良いお天気でしたね。
17日は出張で車で埼玉北部を走っていましたが、山がとても良く見える日でした。
ひと月前に同じコースを歩きましたが、少し早かったのか、すっきりとしない展望でした。
 北アルプスがあんなに良く見えるなんてすばらしいですね。

syabinさん>こんばんわ…、コメントありがとうございます…。

茂来山は2回目でしたが、ガイドブックで紹介していたとおりの
素晴らしい展望でした。

syabinさんがHPで書いているように、山頂で素晴らしい景色が
見れるのが何よりと思います…。

これからの季節は寒いのが難点ですが、空気が澄んで景色が
良く見えるのが良いですね…。

また、よろしくお願いします。

 こんにちは はじめまして
 美しい画像の山行記、楽しませていただいております。
今年の過去ログの雨飾山(’11.10.19)の記録を拝見、まったく私と
同じ日のほぼ同時刻の山行記でしたので吃驚いたしました。

 この日は快晴に恵まれ過ぎ登山者の多い一日でしたが、
私も想い出に残る山行となりました。
「ひまじん」さんと同様 私も現在は独り歩きを楽しんでいる身ですが
いまだHPを作成するほどPCの技量が伴わず、ブログのみの掲載としております。

 これからもお邪魔させていただきたく どうぞよろしくお願いいたします。
私の山行ブログ「俄歩」のURLは記載の通りです。
お暇がございましたらどうか覗いてみてください。(俄歩人)

俄歩人さん>こんにちわ…、コメントありがとうございます…。

俄歩人さんの雨飾山を少し拝見させていただきましたが、自分も
駐車場で車泊していますし、山頂から下り始める頃に登頂されて
いるようなので、そんな感じからすると駐車場か山頂辺りで顔を
合わせているのかも知れません…。

自分のまだ登っていないところにもアチコチ行かれているようで、
中々遠征が出来ない自分からすると大変うらやましい限りです。

俄歩人さんのブログ…、これからも時々拝見させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/53269398

この記事へのトラックバック一覧です: 茂来山 霧久保沢コース(11.11.17):

« 大菩薩嶺(11.11.09) | トップページ | 飯縄山(11.11.23) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック