« 北八ッ 中山・ニュウ(11.11.04) | トップページ | 茂来山 霧久保沢コース(11.11.17) »

2011年11月10日 (木)

大菩薩嶺(11.11.09)



① 2011年11月9日(水)天候:曇り後晴れ
② 大菩薩嶺:2056.9m
③ コースタイム(行動時間:3時間45分)
 上日川峠駐車場(08:00)===福ちゃん荘(08:25~08:30)===雷岩(09:30)===大菩薩嶺(09:35)===雷岩09:45~09:55)===賽ノ河原(10:20))===介山荘(10:40~10:50)===福ちゃん荘(11:20)===上日川峠駐車場(11:45)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムも変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ
111109000
※GPSを忘れたためトレースを手描きしています…

 11月の第2週、週明けの天気予報は長野・山梨方面が良さそうだったため、山梨県まで足を延ばし100名山の大菩薩嶺を歩くlことにしました。

 手持ちの新・分県登山ガイド=山梨県は麓の裂石からの周回コースを紹介していますが、今回はメインルートとなっている上日川峠からコースを歩くことにしました。

 登山口の上日川峠(マップコード:664 235 337)は奥秩父山塊の向こう側で、カーナビが推奨している中央高速経由では大分遠回りとなるため、今回は秩父市内から雁坂トンネルを抜ける最短ルートを走ることにしました。

 朝4時前に自宅を出発すると、関越道の花園ICから国道140号線~国道411号線~県道201号線と走って、午前7時過ぎに上日川峠に到着しました。(上日川峠には水洗トイレと3カ所に駐車場がありました…)

 朝の天気予報は晴れ…と言うことでしたが、現地に着いてみると空に雲が多くて晴れそうな様子になく、少し時間が早かったこともあってしばらく様子を見ることにしました。(先着していた人たちも車の中で待っていたようでした…)

 40分ほど休んでいると周囲が少し明るくなったようで、展望は無理にしても雨が降らないだけで良しとして、歩く準備を整えるとロッジ長兵衛前の駐車場をスタートします。
111109002

 ロッジ長兵衛の右横に林道が延びており、直ぐ先に登山道の入り口がありました…。
111109003

 林道を歩いても福ちゃん荘に行けるようですが、せっかくの山歩きでもあり良く整備された登山道を歩くことにしました。
111109004

 周囲の紅葉はほとんどお終いですが、一本だけ鮮やかなモミジが残っていました。
111109005

 上日川峠から約25分、ほぼ予定通りの時間で福ちゃん荘に到着しました。
111109006

 福ちゃん荘の右奥に立派な案内図がありました。(計画では左回りで歩く予定でしたが、何故か右回りになってしまいました…confident
111109007

 案内図の左奥に林道が延びており、カラマツ尾根に向かってユルユル登ります。
111109008

 5分ほど進むと林道が終わって登山道となり、さらに5分ほどで登りがきつくなりました。
111109009

 二つ目の小ピークを越えると緩やかな登山道となり、カラマツ林の間からカヤトの稜線が見えて来ました。
111109010

 さらに進むと雷岩直下の急登が始まり、10分ほど登るとカラマツ尾根の先に上日川ダム(大菩薩湖)が見えて来ます。
111109011

 間もなく樹林帯から抜け出すと、前方右側にカヤトの斜面が広がります。(青空が見えて来たようです…)
111109012

 岩場混じりの登山道をさらに登りますが、時々一息入れて背後の景色を眺めました。(天気が良ければこの方向に富士山が見えるハズですが…think111109013

 福ちゃん荘から1時間ほどで右前方に雷岩が見えて来ました。(少し手前で行き会った老夫婦が雷岩はもう直ぐ、大菩薩嶺はその少し先ですよと教えてくれました…)
111109014

 間もなく稜線の登山道に合わさりますが、先に左に進んで大菩薩嶺の山頂を踏むことにしました。(右奥が雷岩の岩峰…)
111109015

 雷岩の分岐点から緩やかな樹林帯の登山道を進みます。
111109016

 5分ほどで周囲の展望がない大菩薩嶺の山頂に到着します。(古びた山頂標識と三角点がありました…)
111109017

 大菩薩嶺の山頂で記録写真を撮ってUターンすると、数名の登山者が休んでいる雷岩に戻って来ました。(大菩薩峠側から写真を撮っています…)
111109018

 雷岩の西側に南アルプスの山々が並んでいました。
111109019

 真ん中のピークが北岳で一番右側が甲斐駒ケ岳のようですが、大菩薩峠の方位盤を見ると南アルプスの主要な山々はすべて見渡せるようでした。
111109020

 10分ほど景色を眺めていましたが、立ち止まっていると身体が冷えるため、雷岩に別れを告げて先に進みます。
111109021

 登山道の先に小金沢山が見えますが、稜線の左側から雲が湧いて来るようです。
111109022

 雷岩から10分ほど下ると標高2000mの道標がある神部岩を通過しました。
111109023

 さらに賽ノ河原に向かって稜線沿いの登山道を下って行きます。
111109024

 稜線の右下に福ちゃん荘の屋根が見えました。
111109025

 右前方に上日川ダム(大菩薩湖)が見えますが、富士山方面に厚い雲がかかっており、途中で言葉を交わした人たちは皆さん残念がっていました。
111109026

 さらに進むと賽ノ河原の鞍部に避難小屋が見えて来ました。
111109027

 賽ノ河原に近づくと周辺にナナカマドの赤い実が目立ってきます。
111109028

 さらに下って神部岩方面を振り返って見ました。
111109029

 雷岩から35分ほどで賽ノ河原に下って来ましたが、避難小屋の周囲に沢山のケルンが積んでありました。
111109030

 賽ノ河原から少し登り返すと親不知ノ頭で、案内道標の先で展望が開けました。
111109031

 親不知ノ頭から歩いて来た稜線を振り返りました。(素晴らしい景色です…)111109032

 山頂方面をアップして見ましたが、ここから雷岩が見えないようです。
111109033

 親不知ノ頭から南西方向の展望で山梨市方面の雲が薄くなったようです。
111109034

 案内道標から少し進むと大菩薩峠の介山荘が見えて来ます。
111109035

 稜線の左側に丹波山村方面の展望が開けました。
111109036

 大菩薩峠に向かって下って行くと、中里介山の文学碑が立っていました。
111109037

 雷岩から下り始めて約40分で介山荘の周囲で休む人たちが見えて来ました。
111109038

 大菩薩峠に置かれた方位盤は黒御影石の立派なものでした。
111109039

 大菩薩峠の案内道標から親不知ノ頭方面の展望です。
111109040

 観光地の売店のような建物の間を抜けて先に進みます。(介山荘の直ぐ先に市営休憩所とトイレがありました…)
111109041

 介山荘から緩やかになった登山道を下って福ちゃん荘に向かいました。
111109042

 大菩薩峠から20分ほど下ると勝緑荘を通過します。(営業しているのでしょうか?…)
111109043

 さらに下って行くと富士見山荘を通過しましたが…、
111109044

 この辺りが富士見平と言われるように最後に富士山が姿を見せてくれました…confident
111109045

 大菩薩峠から30分ほどで福ちゃん荘を通過します。(入口の看板に皇太子と雅子さんの休憩所とあります…)
111109046

 さらに登山道を下って約20分、登山口のロッジ長兵衛まで戻ると、総行程3時間45分ほどで今回の山歩きを終了しました。
111109047

 今回は期待していた富士山の展望が残念なものとなりましたが、それでも稜線の展望は素晴らしいもので、次回は何時頃来れるのか分かりませんが、大展望への期待がいよいよ楽しみなものとなりました。

 帰る途中で大菩薩の湯(入湯料=600円)に寄り、汗を流してから帰宅しましたが、帰りは秩父市内を迂回して走ったためか、予定より早く帰宅することが出来ました。(それにしても山梨県までの日帰りはチト大変でした…)

                                          ページの先頭に戻る

« 北八ッ 中山・ニュウ(11.11.04) | トップページ | 茂来山 霧久保沢コース(11.11.17) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、おひさしぶりです。

大菩薩は紅葉はどうなのかと思いましたが緑と相まっていい感じですね。

最近天気に恵まれず山にいけてないのですが明日はなんとか行けそうです。

明日は鍋焼きうどんを食べに行こうと思っています。

また来ます♪

ユズさん>こんばんわ…

いつもご覧をいただき大変ありがとうございます…

今回は紅葉よりも富士山の展望の方を期待しましたが、あいにくと雲が多く
チト残念なことになってしまいました。

鍋焼きウドンと言うと丹沢辺りでしょうか?…、自分も行ってみたいのですが
表側はチト遠いこともあり、少し裏側の山へ行くことを考えています。

美味しい鍋焼きウドンのレポをお待ちしています…confident

こんにちは

昨日鍋割山に行ってきました。

早めに出たのですが登山口の駐車場はいっぱいでした。
やっぱり人気の山のようですね。

2時間ほどで山頂について早速鍋焼きうどんを注文しました。
まだ混む前だったので10~15分待ちくらいで食べることが
出来ました。

期待していたとおり美味しくいただけました。

丹沢は初めてだったのですが落ち葉が堆積した道は足にも
優しく、登山道も整備されていて歩きやすいいい山でした。

ただ、ひまじんさんの言われているとおり高崎からは少し遠く
日帰りでは厳しいですね。

昨日の夜コメントしたのですが寝ぼけた状態だったみたいです。
ダブっていたらごめんなさい

ユズさん>こんにちわ…

昨日は天気も良かったようだし、鍋焼きウドンも美味しかったようで、
これからの季節暖かいものが何よりですね…。

高崎から大倉尾根の登山口まで高速を走って2時間半くらいですが、
都内を通過することもあり少し大変です。

なので相模湖ICから宮ヶ瀬湖を抜け、塩水橋から丹沢山に登ろうと
思っているのですが、こちらも前泊のようだしさらに考えましょう…。

楽しそうなレポ…ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/53208708

この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩嶺(11.11.09):

« 北八ッ 中山・ニュウ(11.11.04) | トップページ | 茂来山 霧久保沢コース(11.11.17) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック