« 雨飾山(11.10.19) | トップページ | 荒船山(11.10.26) »

2011年10月25日 (火)

ザックを購入…

 これまでメインで使ってきたザックはグレゴリーのアルペングロー40ですが、2007年12月に購入以来、春夏秋冬の4シーズンをこのザックで歩いて来ました。

 このザックは日本向けに開発された製品のようで、幾つか手直した方が良いところもありましたが、全体としては使い勝手の良いザックだと思っていました。

111025001

 ただ、4年ほど使って来たこともあり、拭いても落ちない汚れや小さな擦り傷がアチコチにあり、また、チェストストラップのゴムが劣化したことなどもあって、そろそろ新しいザックが欲しいな~と思っていました。

 こうした中で先日の雨飾山に登った時に、下山時に粘土質の登山道で足が滑り2回ほど尻もちをついてしまったのですが、この時、岩角か何かがザックに当たったようなのです。

 車にザックを積む時は気が付かなかったのですが、自宅に帰ってからザックの汚れを落としていると、ザックの前面に擦り傷があり幅2センチほどの穴が開いていました。

111025002

 取りあえず布地の裏側からガムテープでもを貼っておけば、ザックに入れた荷物が落ちることはありませんが、この際と言うことで新しいザックを購入することにしました。

 新しいザックの容量は40リットル前後で、グレゴリーやオスプレー・カリマーなどアレコレ調べてみましたが、最終的にグレーゴリーのZ40を購入することにしました。(現在、使っている小物類がグレゴリーと言うこともありましたが…)

111025003

 初めは自宅近くにあるWILD-1にも行ってみましたが、Z40の在庫はないようで(女性用のジェイド38がありました…)、何時ものようにネットショップで購入することにしました。

 発送が土日休みのネットショップでしたが、土曜日に発注して3日目…、火曜日の午前中にザックが届きました。

111025004

 新しいザックに荷物を詰め替えると、明日からの山歩きは準備OKです…confident

111025005

 ※このザックは2013年秋にベルトのバックルを壊してしまい、現在は少し色が違う新しいZ40を使っています。

(以下は余談となります…)

 
ガイドブックやネットなどで登山用ザックについて調べて見ると、ほとんどザックの大きさが日帰りで20~30リットル…、山小屋一泊で30~40リットル…などと紹介されています。

 もちろん20リットルのザックで山歩きが出来ない訳ではありませんが、非常時に推奨されている救急用品・非常食・ツエルトなどの荷物を考えると、20リットルのザックは少し小さいのではないかと思っています。

 自分の場合は、最初はモンベルのルルイパック35で始めましたが、直ぐザックに雨蓋があった方が良いと思ってオスプレーのストラトス32に替え、その冬にはアイゼンを入れるため少し大きなグレゴリーのアルペングロー40に替えました。

 50リットル以上もあるような縦走用ザックは別にして、これから山歩きを楽しもうと言う人の場合は、先々を考えて最初から少し大きめのザック、山小屋で一泊出来る程度のザックを準備しておいた方が良いと思っています。(自分の場合は持って行く荷物が少し多いのかも知れませんが…)

« 雨飾山(11.10.19) | トップページ | 荒船山(11.10.26) »

山の道具」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/53080496

この記事へのトラックバック一覧です: ザックを購入…:

« 雨飾山(11.10.19) | トップページ | 荒船山(11.10.26) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック