« 北アルプス 焼岳(11.09.14) | トップページ | 妙高山(11.09.24 その2) »

2011年9月25日 (日)

妙高山(11.09.24 その1)



① 2011年9月24日(土)天候:曇り一時晴れ
② 妙高山:2454m
③ コースタイム(行動時間:9時間40分)
 燕温泉駐車場(06:05)===麻平分岐(07:40)===天狗平(09:00)===九合目鎖場(10:20)===妙高山南峰(11:05~11:15)===妙高山北峰(11:20~11:45)===黒沢池分岐(12:50)===三ッ峰分岐(13:45)===大倉沢(14:40)===燕温泉駐車場(15:45)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムも変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:14.06km、累積標高:±1501m) 110924000
※GPSデータのロストがあり軌跡の一部におかしなところがあります。

 前回から10日振りとなる山歩きですが、長野・新潟両県の境に連なる頚城山塊の一つで、100名山の妙高山に登って来ました…。

 前日、天気予報を調べると妙高方面は晴れとなっていましたが、山麓の天気と山の天気は大分違うようで、山頂では何とか青空が見えたものの、途中ではガスに巻かれて肝心の景色の方が今一つでした…。

 登山口の燕温泉までは片道170kmで走行時間が3時間ほど、自宅からの出発では朝が大変なこともあり、今回は上信越道の黒姫野尻湖PAで車泊することにしました。

 朝4時に目覚ましで起きると車の窓が濡れており、どうやら真夜中に小雨が降ったようで、空を眺めると星は見えずどんよりした感じでした。

 念のため携帯で天気予報を確認すると、上越地方は晴れとなっており日が昇ればその内に回復するだろうと思って準備を始めました。

 着替えを終えるとPAを出発し、妙高高原ICから赤倉温泉を抜けて燕温泉に向かって行くと、ネットで紹介されているように温泉街の少し手前に30台ほど駐車できる登山者用の駐車場(マップコード:469 228 664)がありました。

 流石に3連休中の100名山で、細長い駐車場には20台あまりの車が停まっており、かなり手前側に車を置くことになりました。
110924002

 駐車場に到着した時は小雨がパラついていましたが、30分ほど待っていると雨も止んで来たため、予定のスタート時刻から少し遅れて歩き始めました…。

 駐車場の奥にあるトイレの横に大きな登山道の案内図が立っており、登山者の皆さんはこれを確認してから歩き始めるようでした。110924003

 駐車場から少し登って行くと、燕温泉の鄙びた温泉街を通過します…。(通りの脇に無料の足湯がありました…)
110924004

 歩き始めて10分ほどで燕温泉の登山口ですが、左側が北地獄谷方面、右奥が麻平や燕新道方面で、今回は左側の北地獄谷から登って燕新道で下って来る予定です…。(案内道標の直ぐ先に登山ポストがありました…)
110924005

 登山口から左上に登って行くと燕温泉の有名な黄金の湯があり、黄金の湯の中で数名の人たちが露天風呂を楽しんでいたようですが、帰りに着替えを持ってここまで登って来るのはチト辛いところです…coldsweats01
110924006

 さらにコンクリート舗装された林道を登って行きますが、以前は燕温泉スキー場の管理道路であったようです。
110924007

 しばらく登ると東側の視界が広がり、赤倉温泉方面を見渡すことが出来ました。(この時はこれで晴れて来るだろうと思ったのですが…)
110924008

 さらに登って管理道路の分岐から右に進み、北地獄谷沿いの登山道を歩いて行きます。(赤倉温泉の源泉がひかれており、所どころ点検用のハンドホールがありました…)
110924009

 北地獄谷はガスが巻いており、天気予報が言うように晴れてくれません…。110924010

 やがて登山道の前方に称名滝が見えて来ました。110924011

 さらに登って行くと赤倉温泉の源泉管理小屋が見えて来ます。110924012

 登山口から約50分で赤倉温泉の源泉に到着です。(水場がありました…)110924013

 源泉の管理小屋の横を抜けさらに登って行くと称名滝の手前に光明滝が見えました。
110924014

 登山道は光明滝の直ぐ横を通過しているようです。110924015

 光明滝の直ぐ横を通過すると称名滝は左側を高巻いて登って行きますが、周囲のガスは晴れそうにありません…think
110924016

 称名滝を通過すると小さな沢を渡ります。(増水時は大変そう…)110924017

 沢を渡って少し進むと麻平分岐がありますが、道標横の四合目(=1590m)の表示を見て、少しがっくりと言う感じでした…。(既に登山口から1時間半は歩いています…)
110924018

 麻平分岐からさらに沢沿いに進んで行きますが、天気は晴れそうになくモチベーションが上がりそうにありません…。
110924019

 やがて沢から離れて急登して行くと五合目(=1800m)の表示があり、横に胸突き八丁の看板が置かれていました。(胸突き八丁と言えば正念場ですがここから山頂までは先の長い話しです…)
110924020

 さらに進むと固定ロープの付いた急登もありました…。110924021

 歩き始めて約2時間50分、標準コースタイムの20分遅れで天狗平(六合目=1930m)に到着しました。

 ここで妙高高原スカイケーブルからの登山道と合わさりますが、こちら側から登って来てもあまり簡単に登らせてくれないようです…。110924022

 天狗平は水分補給だけで通過することにし、さらに10分ほど登ると光善寺池がありました。(小さな水溜まりの感じでした…)
110924023

 光善寺池から少し登ると七合目(=2070m)の標識があり、さらに登って天狗平から約30分で八合目(=2120m)の風穴を通過します。
110924024

 周囲にガスが巻いて展望がなく、単調な登りが続いていい加減に嫌になっていましたが、突然周囲が明るくなって青空が見えてきました。(若しかすれば晴れるかもです…)110924025

 少し元気を取り戻しさらに登って行くとロープの付いた岩場がありましたが、九合目ではなかったようです。
110924026

 天狗平から約80分でようやく九合目(=2260m)のクサリ場に着きました。110924027

 有名なクサリ場は足場が掘られており、クサリに頼らなくても大丈夫でした。110924028

 10mほど直登すると左上にトラーバースします。(幸いガスが巻いていて展望はなく高度感は全くありませんでした…)
110924029

 さらに登って行くと青空を背景に白いダケカンバが綺麗でした。(ここで行き会った下山中の人に「山頂はもう直ぐですか?…」と尋ねると残り40分と言うことでした…)
110924030

 九合目から20分ほどで稜線の肩に出ると山頂方面の展望が開けました。110924031

 さらにダケカンバの樹林帯を抜け、ペンキマークに従って登って行きます。110924032

 やがて溶岩帯の登山道になりましたが、この手前で行き会ったおばちゃんグループの話しによると、山頂周辺に昨晩降った雪が残っているようです。110924033

 溶岩帯を左上に登って行きますがそれほど難しい岩場ではありません…。
110924034

 少し登って一息入れると歩いて来た稜線を振り返りました。110924035

 先ほどのおばちゃんの話しの通り岩陰に雪が残っています。110924036

 天狗平から約2時間…、妙高山の山頂はもう間もなくのようです。110924037

 青空は見えますが周囲にガスが流れて期待していた展望は難しいようです。(先ほどまで北アルプスが見えていたらしく、下って来たツアーガイドがタイミングの良い下山だったと話していました…)
110924038

 しかし5分ほど登ると山頂西側のガスが切れ、三田原山の向こうに北アルプスが見えて来ました…shine
110924039

 ハッキリ姿を見せてくれませんがガスの切れ間に見えるピークが白馬岳のようです…。
110924040

 さらに登ると燕温泉から約5時間で妙高山の南峰に到着しました。(岩峰の左下に十合目=2454mの表示板がありました…)
110924041

 南峰の山頂は沢山の登山者で大変賑やかであり、入れ替わり立ち替わりで記念写真を撮っていました。(火打山と一緒に登っている人たちが多いようです…)
110924042

 少し落ち着くのを待って南峰山頂に祀られた将軍地蔵を写して見ました。110924043

その2)に続く…

                                          ページの先頭に戻る

« 北アルプス 焼岳(11.09.14) | トップページ | 妙高山(11.09.24 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/52827957

この記事へのトラックバック一覧です: 妙高山(11.09.24 その1):

« 北アルプス 焼岳(11.09.14) | トップページ | 妙高山(11.09.24 その2) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック