« 北八ッ 双子山~北横岳(11.08.24 その1) | トップページ | 木曽 御嶽山(11.09.07) »

2011年8月25日 (木)

北八ッ 双子山~北横岳(11.08.24 その2)

その1)から続く…

 山頂直下の分岐から10分、大河原峠から3時間20分ほどで小さな石仏が祀られた大岳の山頂に着きました。
110824045

 大岳山頂からの景色は素晴らしく、北側に浅間連峰の山々が連なり、山麓には臼田宇宙空間観測所のパラボラアンテナが見えました。
110824046

 浅間連峰の左側に歩いて来た双子山が見え、さらに左奥に北信五岳の山々が霞んでいました。
110824047

 山頂の北西側が蓼科山ですが、何時の間にか山頂付近に雲がかかっていました。110824048

 南東側に雨池が見え、その背後に奥秩父の金峰山などが並んでいますが、こちらも雲がかかって来たようです。
110824049

 山頂南側に南八ヶ岳のピークが見え、真ん中の赤岳の左手前に先日登った西天狗岳が見えました。
110824050

 八ヶ岳の右側に見える南アルプスで、左から鳳凰三山~北岳~甲斐駒ケ岳~仙丈ヶ岳のピークとなります。
110824051

 大岳の山頂で一通り写真を撮ると、山頂西側に見える北横岳に向かいます。(北横岳の左下に見える建物が北横岳ヒュッテです…)110824052

 山頂直下の分岐まで戻り、道標に従って北横岳に向かいますが、この分岐で行き会った親子連れの登山者によると、途中まで岩ゴロの登山道が続き、山頂直下は急登になるとのことでした…。
110824053

 分岐から10分ほど進んで歩いて来た大岳を振り返りました。110824054

 先ほどの親子連れが大岳の山頂に登ったようです…。110824055

 左前方に見える北横岳ヒュッテが大分近づいて来ました。110824056

 大岳の分岐から20分ほどで岩ゴロの登山道が終わり、さらに進むと鞍部に案内道標が立っていました。
110824057

 案内道標を通過すると樹林帯の登山道がしばらく続きます。110824058

 登山道で見かけたミヤマアキノキリンソウ…。(アチコチで沢山咲いていました…)110824059

 分岐から40分ほどで小ピークとなり、展望の開けたところで大岳を振り返りました。110824060

 小ピークを越えると北横岳の山頂が直ぐそこに見えて来ます…。110824061

 小ピークの左下に七ッ池が見え、その先に南八ヶ岳のピークが見えますが、この頃から山頂周辺に雲がかかって来たようです。
110824062

 さらに進むと北横岳の山頂直下の岩壁に突き当たりますが、ここは踏み跡に従って岩壁の基部を右上に登りました。
110824063

 直ぐにクサリの付いた岩壁がありますが、クサリがなくても問題なさそうでした。110824064

 岩壁の上に出ると南東側が開け、東側に大岳と三ツ岳(右側)が見えました。110824065

 左下に七ッ池と北横岳ヒュッテが見え、その先のピークが縞枯山ですが、南八ヶ岳方面に薄い雲がかかってしまいました。
110824066

 大岳山頂から約1時間15分、大河原峠から約4時間40分で北横岳(北峰)の山頂に到着しました。
110824067

 山頂の北西側に北横岳(北峰)の三角点があり、その背後に見える蓼科山は雲が隠れていました。
110824068

 北峰は写真を撮って通過すると、直ぐに南峰に向かいましたが、こちらはピラタスロープウェーで登る人たちが多く、家族連れの登山者が沢山休んでいました。110824069

 上空の雲が強い風で流れされており、先ほどまで雲に隠れていた蓼科山が山頂を見せてくれました。
110824070

 流れる雲の切れ間から穂高連峰と槍ヶ岳が見えました。110824071

 南東側に見える坪庭や縞枯山を眺めながら昼食タイムとしましたが、南八ヶ岳のピークは最後まで姿を見せてくれません…。110824072

 当初は北横岳ヒュッテまで行こうと思っていましたが、2週間ぶりの山歩きで少しバテ気味なこともあり、今回は南峰でUターンすることにしました。110824073

 南峰から5分ほどで北峰に戻ると、案内道標に従って亀甲池に向かいます。110824074

 亀甲池に下る登山道は、地形図上の登山道とは大分異なり、北横岳の北側斜面をジグザグ折り返しながら続きました。
110824075

 北峰から下り始めて約1時間…、樹林帯の先に亀甲池が見えて来ました。110824076

 亀甲池の水深はそれほどでなく、乾期に水がなくなることがあるようです。110824077

 亀甲池の北側を抜けると40分ほどで双子池に戻れるようですが、今回は道標に従って天祥寺原に向かいます。
110824078

 しばらく進むと樹林帯が切れ、正面に蓼科山が見えて来ました。110824079

 登山道横で沢山咲いていたハクサンフウロ…。110824080

 今回、初めて見かけたマルバダケブキ…。
110824081

 登山道横でマルバダケブキが大きな群落になっていました。110824082

 さらに下って水の少ない滝ノ湯川を渡りました。110824083

 亀甲池から25分ほどで天祥寺原の分岐となり道標に従って大河原峠に向かいます。
110824084

 緩やかな登山道の前方に朝方歩いた双子山が見えて来ました。
110824085

 登山道横で沢山見かけたリンドウの花…。
110824086

 天祥寺原から20分ほど進んで北横岳方面を振り返りました…。
110824087

 緩やかな登山道をさらに登って行くと、大河原峠の鞍部が分かるようになります。
110824088

 この辺りで沢山のハクサンフウロが咲いていました。
110824089

 大河原峠近くになって見かけたワレモコウ…。
110824090

 天祥寺原の分岐から約45分、大河原峠の分岐に着きました。この分岐を左に進むと蓼科山の将軍平に登れるようです。
110824091

 大河原峠で咲いていたヤマハハコ…。
110824092

 大河原峠に戻ると沢山のマツムシソウが咲いていました。
110824093

 花びらが綺麗に開いたマツムシソウ…。
110824094

 歩き始めて約7時間45分、ようやく大河原峠の登山口に戻って来ましたが、駐車場の車が大分増えていました。
110824096

 大河原峠で観光客を見かけましたが、蓼科山に登っている人たちも多いようで、駐車場に戻って来た登山者によると、大河原峠から2時間ほどで山頂に立てると言う話でした。

 駐車場に戻って車に道具を片づけると、 帰る途中でR142号線沿いのあさしな温泉・穂の香乃湯(入湯料=400円)に寄ることにし、大きな露天風呂にユックリ浸かり快い汗を流してから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 北八ッ 双子山~北横岳(11.08.24 その1) | トップページ | 木曽 御嶽山(11.09.07) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/52565567

この記事へのトラックバック一覧です: 北八ッ 双子山~北横岳(11.08.24 その2):

« 北八ッ 双子山~北横岳(11.08.24 その1) | トップページ | 木曽 御嶽山(11.09.07) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック