« 梅雨の晴れ間にタマネギの収穫… | トップページ | 奥日光 太郎山(11.06.15) »

2011年6月 5日 (日)

尾瀬ヶ原(11.06.04)



① 2011年6月4日(土)天候:晴れ時々曇り
② 尾瀬ヶ原
③ コースタイム(行動時間:6時間20分)
 鳩待峠(06:30)===山の鼻(07:40)===牛首分岐(08:30~08:35)===竜宮小屋(09:30~10:00)===ヨッピ橋(10:25)===牛首分岐(11:00)===山の鼻(11:40)===鳩待峠(12:50)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、季節や天候などによりコースタイムも変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:17.72km、累積標高:±430m)110604000

 6月初めての山歩きですが二十数年ぶりに尾瀬の水芭蕉を見てきました。

 この季節の尾瀬の混雑ぶりは尾瀬の関係者などから聞いていましたが、水芭蕉の見頃が6月第1週の週末辺りですから、歩く人が一番多くなるのも当然だと思います。

 同じ花を見るなら一番盛りの頃が一番良いハズで、今回は早め早めに行動すれば混雑する時間も何とかなると考え、久しぶりに尾瀬ヶ原を歩くことにしました。

 当日は午前4時過ぎに自宅を出ると、関越道~R120と走って尾瀬方面に向かい、6時前に尾瀬戸倉(マップコード:735 300 337)に着きましたが、既に第1駐車場が満車のようで整理員の誘導で第2駐車場に向かいました。(帰る時のタクシー運転手の話では第2駐車場も満車になり、スキー場の駐車場に車を入れたようです。)

 第2駐車場は3割程度の入りでしたが、車を停めて準備をするとすぐに乗合タクシーの乗車券を買い、それほど待つこともなくタクシーに乗ると鳩待峠に向かいます。

 鳩待峠に到着すると大勢の登山者が準備しており、登山口では丁度「ごみ持ち帰り運動」のキャンペーンらしく、登山者にごみ袋などを配っていました。110604002

 乗合タクシーから降りると写真を撮って歩き始めましたが、登山口近くの登山道が少しぬかっており、すぐにスパッツを付けて石畳の階段を下って行きます。 110604003

 登山道の所どころで至仏山が姿を見せてくれますが、今日は天気予報以上に天気が良くなりそうです。
110604004

 やがて木道の敷かれた登山道となり、気持良い新緑の中を山の鼻に向かて下ります。110604005

 途中の至仏山の展望の良いところで、ツアーらしい大きな団体の人たちが写真を撮っており、木道が少し渋滞していました。
110604006

 写真を撮りながら歩いていると次々と大きな団体が追い越して行きます。(さすがに水芭蕉の季節です…)
110604007

 ここは残雪が多く残る場所らしく、片側の木道が埋まっていました。110604008

 テンマ沢湿原では水芭蕉が沢山咲いていました。110604009

 鳩待峠から70分、沢山の登山者で賑わう山の鼻に着きました。(ここでザックから荷物を出しただけで出発します…)
110604010

 山の鼻から進むとすぐに至仏山の素晴らしい景色が目に入って来ます。110604011

 あちこちで水芭蕉が咲いており、湿原が白っぽくなっています。110604012

 少し進むと燧ヶ岳が見えてきました。
110604013

 こちらは小さな流れに沿って水芭蕉が咲いていました。110604014

 素晴らしい残雪の至仏山で何度も振り返りながら歩きました。110604015

 大勢の人たちが牛首方面に向かって歩いています。110604016

 しばらく進むと山の鼻方面に戻る人たちも見かけるようになりました。110604017

 残雪時期ならではの大きな池塘に映った逆さ至仏山です。110604018

 こちらの池塘は燧ヶ岳が映っていました。
110604019

 木道沿いに水芭蕉の群生地が何ヶ所かありました。110604020

 写真を撮りながら歩いて約50分、牛首の分岐が見えて来ました。110604021

 この時間になると大勢の人たちが木道を行き交っています。110604022

 湿原の向こうに竜宮小屋が見えてきます。
110604023

 牛首分岐は座れ切れないほどの登山者でした。110604024

 アヤメ平の横田代方面で林の手前に水芭蕉の白い花が沢山咲いています。110604025

 こちらの景鶴山は藪がひどく5月連休の残雪期にしか登れないようです。110604026

 木道横でショウジョウバカマが沢山見られました。(枯れ草に混じって咲いていると中々見つけにくい花の色です…)
110604027

 大堀川は水芭蕉の撮影ポイントとして大変有名で、多くの人が入れ替わり立ち替わりで写真を撮っていました。
110604028

 湿原の真ん中に白いダケカンバ…
110604029

 時々至仏山を振り返りながら竜宮小屋を目指します。110604030

 やがて竜宮の水の出口辺りに大勢の人たちが見えてきます。(水の流れを見ているようです…)
110604031

 木道の横で咲いていたニリンソウ…(今回、見かけたのはこの花だけでした…)
110604032

 水芭蕉はそころそアチコチで沢山咲いているのですが、中々姿形が良く綺麗に咲いている花が見つかりません。
110604033

 牛首の分岐から30分ほどで竜宮小屋が大分近づきました。110604034

 竜宮近くになるとリュウキンカが沢山さいています…。110604035

 一面に群生していたリュウキンカ…。
110604036

 竜宮小屋にすぐそこに見え、大勢の登山者で賑やかそうです。
110604037

 竜宮小屋の裏手で咲いていたミネザクラ…。
110604038

 小屋近くの木道の間で咲いていたヒメイチゲ…。
110604039

  小屋近くのベンチを借りて30分ほど昼食タイムを取ると、帰りはヨッピ橋を回って帰ることにしました。
110604040

 途中で見かけた水芭蕉…。(水気のないところですがアチコチで見かけました…)
110604041

 木道横で咲いていたタテヤマリンドウ…。
110604042

 ヨッピ橋を回って牛首に向かう途中の燧ヶ岳…
110604043

 この後も写真を撮りながら牛首分岐~山の鼻~鳩待峠と歩き、総行程6時間20分で水芭蕉の尾瀬ヶ原周回を終えました。

 自宅に帰る途中で沼田IC近くの白沢高原温泉・望郷の湯(入湯料=550円)に寄り、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 梅雨の晴れ間にタマネギの収穫… | トップページ | 奥日光 太郎山(11.06.15) »

登山」カテゴリの記事

コメント

尾瀬、いいですね!
お天気もいいしうらやましいです。

私も尾瀬に行こうと計画していたのですが諸所の事情で取りやめになりました。。

行けば良かったなぁというのは後の祭りですね。

ユズさん>

こんばんわ…、コメントありがとうございます。

前日の天気予報に比べ、思っていた以上に好転し日中は暑いくらいになりました。

今回の尾瀬行き中止は残念ですが、良く言われるように山は逃げませんし、楽しみは後に取っておけと言いますので、次回のお楽しみとしてください。

ひまじんさん、こんばんは。
尾瀬はやっぱり素敵ですね。
素敵な写真見させていただきました。
原発の影響で、東電管理下がずさんな管理体制に
ならないといいですね。
美しい尾瀬は、小学校一年のわが子が
おじいちゃんになるまで、いや末永く
美しくあってもらいたいものです。

GOTTIさん>

こんにちわ…、コメントありがとうございます。
久しぶりの水芭蕉の尾瀬ヶ原ですが、多くの人たちに人気があるのが頷ける素晴らしい風景でした。

原発問題と関係ないのでしょうが、環境省がアンケートを取っていたので、東電が管理費を出せなくなるなら、国が入山料を徴収して管理した方が良いと話しました。
木道などの補修が出来なくなり、昔のように湿原が踏み荒らされるのが困りますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/51858282

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬ヶ原(11.06.04):

« 梅雨の晴れ間にタマネギの収穫… | トップページ | 奥日光 太郎山(11.06.15) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック