« 袈裟丸山(11.05.21 その1) | トップページ | 梅雨の晴れ間にタマネギの収穫… »

2011年5月23日 (月)

袈裟丸山(11.05.21 その2)

その1)から続く…

 小丸山の山頂から眺める袈裟丸山ですが、昨年歩いた時はアカヤシオのツボミが膨らんだところでした。
110521041

 日光白根山は白く霞んで良く見えず、中央左側のピークが皇海山、その右側の平らな山頂が庚申山となり、その間をギザギザした鋸山がつないでいます。110521042

 小丸山でしばらく景色を眺めると、石塚夫妻と話をしながら山頂に向かいましたが、10分ほどで黄色い小袈裟避難小屋が見えてきました。110521043

 避難小屋のベンチに腰を下ろした石塚さんたちと別れ、少し先に進んでダケカンバの中を登って行きます。
110521044

 さらに1685ピークを左に巻くように進むと、袈裟丸山が再び姿を見せてくれます。
110521045

 途中で左手に見えた袈裟丸山の南側のピークで、山頂付近がアカヤシオでピンク色に染まっていました。
110521046

 さらに何回かアップダウンを繰り返すと、正面の袈裟丸山が大分近づきました。110521047

 先ほど歩いてきた1685ピークの先が小丸山で、山の斜面がピンク色に染まっています。
(シャリバテなのか?…、それとも今日の暑さのせいなのか?…、この辺りで少しバテてしまったようで、石塚夫妻にあさっり追い越されてしまいました…coldsweats01
110521048

 それでも小休憩をはさみながら歩き、最後の袈裟丸山の急登に取り付きました。110521049

 登る途中に右手の展望が開ける場所があり、ここから眺めると皇海山の右側にギザギザした鋸山のピークが並んでいるのが良く分かります。110521050

 山頂直下の急登は途中で2~3箇所補助ロープが付いていますが、迂回する踏み跡などもあってそれほどキツイところではありません。110521051

 さらに登ると左側の開けたところがあり、ここから眺めると雨量計辺りのピークがピンク色になっているのが良く分かります。
110521052

 こちらは小丸山ですが山の西側斜面にアカヤシオが多いことが分かります。(帰りはこの西側斜面の中腹を歩く予定でした…confident
110521053

 山頂の取り付きから20分ほどでようやく山頂稜線に上がりました。110521054

 稜線からは赤城山が良く見えますが、霞がかかって遠望は無理のようでした。110521055

 登山口から歩き始めて3時間半…、予定の10分遅れで三角点のある前袈裟丸山の山頂に到着しました。(山頂周辺で大勢の登山者が休んでいましたが、石塚さん夫妻は後袈裟丸山まで進んだようでした…)
110521056

 少し進むと展望の開けた尾根となり、北側に素晴らしい景色が広がります。(今日の予定は前袈裟の山頂までで北側の展望台で引き返しました…)
110521057

 後袈裟丸の右奥に皇海山が見え、鋸山の先に日光白根山が霞んでいました。
110521058

 後袈裟の左奥は至仏山でこちらも大分霞んでいました。110521059

 さらに左側に上州武尊山が見えますが、谷川岳は白く霞んで見えません。110521060

 写真を撮って山頂に戻ると、30分ほど昼食タイムを取って下山を始めますが、戻る途中で袈裟丸山の南西斜面が見えており、斜面全体がアカヤシオのピンクで染まって、まさに花の袈裟丸の風情を見せてくれました…happy01
110521061

 山頂稜線から樹林帯の中を下り始めましたが、取り付きから次々と登山者が登ってきており、花の袈裟丸山の人気のほどが窺えました。110521062

 1685ピークに戻る途中で見かけた袈裟丸山の南東側のピークです…。110521063

 山頂から40分ほどで避難小屋まで戻って来ましたが、帰りに歩く予定だった小丸山の巻き道に通行禁止のロープが張られているのです…gawk

 西側斜面の見事なアカヤシオを眺めたいのは山々ですが、コンプライアンスが言われる中で通行禁止の巻き道を歩く訳にもいかず、やむを得ず往路と同じ小丸山経由で戻ることにしました…。
110521064

 避難小屋から小ピークを越えたところにポツンと咲いていたアカヤシオ…。110521065

 小丸山の取り付きの鞍部で見かけた大きなアカヤシオ…。110521066

 避難小屋小屋から7~8分歩くと小丸山の登りが始まります。110521067

 何故なのか?…、この辺りでは稜線の北側にアカヤシオが多いようです。110521068

 写真を撮りながら15分ほど登ると小丸山であり、山頂周辺は花見客のような大変な数の人たちで賑わっていました。
110521069

 登山者で混み合う小丸山の山頂は写真を撮って通過すると、前方の稜線にアカヤシオが沢山咲いているのが見えました。
110521070

 下る途中で見かけたピンク色の濃いアカヤシオ…。110521071

 太陽が高くなっておりアカヤシオに光が回ってとても綺麗な感じです。110521072

 こちらの色の濃いアカヤシオもピンクの色合いがとても映えていました…。110521073

 素晴らしいアカヤシオの花が、次から次へと目に入ってきます…。110521074

 雨量計のピークから西側に延びる稜線のアカヤシオです…。110521075

 登山道を行き交う皆さんがアカヤシオの花に歓声をあげていましたが、ツツジ平まで戻って来るとこの素晴らしい景色ともお別れになります。110521076

 樹林帯を抜け展望の良い稜線に出ると折場登山口がもう少しとなります。110521079

 標高が下がって来るとミツバツツジが盛りであり、こちらも朝方に比べ光が回って花の色がとても鮮やかになっていました。
110521077

 後はゆるゆる歩いて登山道を下りますが、ここまで来れば登山口はもう間もなくです。
110521078

 今回は途中で少しバテましたが帰り道の膝の痛みもなく、総行程7時間ほどで花の袈裟丸の愛称にふさわしい、素晴らしい花景色の山歩きを終えました。

 駐車場に戻って道具を車に片づけると、今回も自宅に戻る途中となる「わたらせ渓谷鐡道・水沼駅温泉センター(入湯料=600円)」に寄り、汗を流してから帰宅しました。

                                          ページの先頭に戻る

« 袈裟丸山(11.05.21 その1) | トップページ | 梅雨の晴れ間にタマネギの収穫… »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/51746957

この記事へのトラックバック一覧です: 袈裟丸山(11.05.21 その2):

« 袈裟丸山(11.05.21 その1) | トップページ | 梅雨の晴れ間にタマネギの収穫… »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック