« フラワーパークのアザレア… | トップページ | 信州 三峰山(11.02.13) »

2011年2月10日 (木)

山用カメラには防塵・防滴機能…

 が必要と思ったことからここ2年ほど山歩きで使って来たニコンD90に加え、新しいカメラボディを購入することにしました。

 これまでのD90も一般的な使い方であれば、特に問題なく良く出来たカメラと思いますが、山で使っている中で①撮影モードダイヤルが動いてしまうこと、②軽いボディのマウント強度、③野外で使うため防塵・防滴機能が必要なことなど、幾つかの点が目に付いていました。

 今回追加で購入したのはニコンのD300sで近く後継機種が発売されるとの噂もあってか、市場価格が販売開始当初の半分程度と大変手頃なものとなっていました。

D300s

 以下は今回D300sを選んだ話になりますが、多分にオタクな内容となりますので興味のある方がご覧下さい…confident

 先ず初めは撮影モードダイヤルが動いてしまう問題です。

 ※D90の撮影モードダイヤル

Photo

 山を歩いている時はカメラが岩などにぶつかっても大丈夫なように、写真を撮り終えるとカメラバックに仕舞っておきますが、カメラを出し入れする時にモードダイヤルがバッグなどに当たって動いてしまうようです。

 このためカメラを構える時はダイヤルを確認するのですが、景色の良いところに出た時などは、どうしてもシャッターを切る方が優先してしまうため、ダイヤルが動いていることに後で気がついたと言うことが何度となくありました。

 二つ目はボディの造りの問題ですが、D90のボディはプラスチック製で大変軽く山歩きでは軽い方が良いと思って購入しました。
 ただ、金属製のボディに比べると強度の点で不安が残る訳で、特に重い望遠ズーム(70~200mm)を付けた時などは、ボディは大丈夫だろうかと言うことが頭をよぎります…。

 三つ目はボディの防塵・防滴機能でこれが一番の不安材料になりました。
 防水仕様のデジカメや携帯があるように、アウトドアで使うカメラとなると水やホコリを被ることが多い訳ですが、D90のボディは防塵・防滴構造でないため、山で使っている時に水を被ったりして、カメラが使えなくなる恐れがあります…。

 初めてD90を購入する時は防塵・防滴機能についてあまり意識しなかったのですが、実際に山で使ってみると朝露やにわか雨でボディが濡れたり、今の季節なら雪を被ってしまったりと、カメラバッグに入れておいても予想以上に濡れる場合が多いのです…。

 せっかく苦労して登った山ですから、写真が撮れなくなるようなリスクは避けたい訳で、そのために山用カメラには防塵・防滴機能が必要と思いました。(完全防水のカメラならコンデジか防水ケースに入れるしかありませんが…)

 そこで新しいボディを購入することにしたのですが、ニコンで防塵・防滴機能の付いたカメラとしては、新しいD7000以上の上位機種となりますが、フルサイズのカメラはボディも重く高価となりますので、新しいカメラの選択肢としてはD7000かD300sのどちらかと言うことになり、二つのカメラを比較すると次のようになります…。

 先ず撮影モードダイヤルが動く問題ですが、D7000は撮影モードダイヤルがありますが、D300sにはモードダイヤルがなく勝手に動くような問題がありません。

 ※D300sにはモードダイヤルがない

Photo_2

 二つ目のボディの造りの問題ですが、D7000は上面と背面カバーにマグネシウム合金が使われているのに対し、D300sは全体的にマグネシウム合金が使われ、少し重くなりますが堅牢さから言えばD300sと言うことになります。

 それと一番悩ましいことですが、今時のカメラはデジタル製品ですから、当然、新しい製品の方が新しい技術が使われる訳で、最新技術を盛り込んだD7000か、頑丈そうだが2年前のD300sか、どちらを選ぶかと言う問題となります。

 ネットのクチコミや製品レヴュー、カメラの性能テストなどを調べて見ると、二つのボディには以下のような特徴があることが分かります。

① 最新のD7000は有効画素数が多く、解像度が高いため写真を伸ばすには良さそうですが、反面、画像のファイルサイズが大きくなるため、パソコンの画像処理が重くなりますし、画像ファイルを保存しておくのにも大きな容量のHDが必要なこと。

② 有効画素数とも関係するのでしょうが、D300sのダイナミックレンジに比べ、D7000は少し狭いようで、コントラストの強い風景写真ではD300sの方が有利と思われますが、夜景などでは新しいD7000の方が良さそうなこと。

 等々、どちらのボディにも一長一短があるようですが、性能面を追えば新しいカメラが出る度に買い替えたくなりますし、最終的にD300sはD90と同じバッテリーで使い回しが出来ることや、頑丈なボディで長く付き合えるカメラとしてD300sを選ぶことにしました。

« フラワーパークのアザレア… | トップページ | 信州 三峰山(11.02.13) »

山の道具」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕もニコン派です。僕も防塵防滴のD300s欲しいんですよ。
今のは出たてに購入したD70ってやつです。
当時のニコンのデジカメは安くてもボディに重量感があり、しっかりしていいものなので取っておこうかと思いますが。。。
新しいカメラでの素敵な写真を楽しみにしています。

GOTTIさん>

こんばんわ…、GOTTIさんはニコン派でしたか…confident
自分はフィルム時代はキャノンでしたが、デジイチ(D90)を買った時にニコンに変えて、一生物と思っていたNew-F1などは全部売り払ってしまいました。
山歩きでは荷物の軽い方が良いのですが、山に行ってから動かなくなっては困るので、少し重いのですが頑丈なカメラを使うことにしました。
新しいカメラが猫に小判…とならないよう使い込んで行きたいと思っています…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/50802285

この記事へのトラックバック一覧です: 山用カメラには防塵・防滴機能…:

« フラワーパークのアザレア… | トップページ | 信州 三峰山(11.02.13) »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック