« 湯の丸山・烏帽子岳(11.02.01 その1) | トップページ | フラワーパークのアザレア… »

2011年2月 3日 (木)

湯の丸山・烏帽子岳(11.02.01 その2)

その1)から続く…

 鞍部から尾根上の登山道を通過し、少し登ってから湯の丸山を振り返りました。
110201038

 烏帽子岳の冬道はこの辺りから右上の尾根に上がるので、先行者のトレースを探しながら進みます。

 この先で行き会った女性の単独登山者によると、上に雪庇が見えたので少し怖かったようですが、仕方なく夏道を往復したとのことでした…。
110201039

 少し進むと右上に延びるトレースがありましたが、雪が柔らかくステップを作りながら登る体力もないため、雪庇に注意しながら夏道を直進することにしました。(踏み跡も途中で引き返したらしく、稜線上まで延びていないようです…)
110201040

 やがて雪庇の下を通過しましたがあまり気持ち良いものでありません。(帰りは一人でも冬道を下ることにします…)
110201041

 稜線の雪庇は1~2mほどせり出しているようで、この下を通過中に雪庇が落ちると大変なこと!…になりそうです…coldsweats01
110201042
 ※長野県山岳ガイドを見ると夏道は雪崩の危険大とされています…

 雪崩の危険個所は急いで通過し、ここまで登ればもう大丈夫です…confident
110201043

 前烏帽子(ニセ烏帽子とも言うようです…)の稜線から湯の丸山を振り返りました。
110201044

 前烏帽子と反対側の稜線の先は浅間山となります。
110201045

 稜線の西側に穂高連峰など北アルプスの雄大な景色が広がります。
110201046

 上田の市街地をアップして見ましたが、手前に見える稜線上に登山道があり、金原ダム方面に下ることが出来るようです。
110201047

 こちらは八ヶ岳連峰のアップですが、北側の蓼科山は雲が取れたようです。110201048

 稜線出会いから周囲の景色を撮ると稜線沿いを登って前烏帽子に向かいます。(雪庇の上のクラックですが表面上では見えません…)
110201049

 稜線上の小さなピークを越えると、前烏帽子まではもう少しとなります。
110201050

 歩いて来た稜線を振り返って見ました。
110201051

 稜線出会いから15分ほどで前烏帽子に到着しましたが、烏帽子岳の山頂が直ぐそこに見えて来ます。
110201052

 冬道の降り口を探しながら歩いて行くと、山頂の取り付きの手前で3人パーティーと行き会い挨拶を交わしました。(朝方、駐車場で見かけた人たちのようで男性1名、女性2名のパーティーでした…)
110201053

 山頂直下で歩いて来た前烏帽子方面を振り返って見ると…
110201054

 大変有り難いことに先ほどの3人連れが冬道を下るらしく、帰りはこのトレースを使わせてもらうことにしました…happy01shine
110201055

 冬道は右下に見える前烏帽子の稜線ですが、前回は雪も締まってスノーシューで直登することが出来ました。
110201056

 夏道を歩いて前烏帽子を大きく迂回するように登って来たこともあり、小梨平の分岐から1時間20分かかって山頂に到着しました。(前回は1時間ほどでした…)
110201057

 烏帽子岳の山頂から見える湯の丸山と浅間山となります。
110201058

 浅間の前掛山はまだ雪が少ないのか、白黒のゼブラ模様が見えていました。
110201059

 前烏帽子の先に見える富士山で、先ほどから見るとさらに霞んでしまいました…。
110201060

 南側に見える八ヶ岳で今年は雪のある内に天狗岳に登りたいと思っています…。
110201061

 北アルプス方面には最後まで雲が残っていました。
110201062

 今回は槍の穂先は見ることが出来ず次回の楽しみとなりました…。
110201063

 白馬から北信方面はさらに雲が多く、中腹から上は雲に隠れていました。
110201064

 当初予定から大幅に遅れていることもあり、岩影に入って行動食を取ると直ぐに下山することにしました。
110201065

 既に午後1時を回っており、上空の雲も大分増えて来たようです。
110201066

 稜線を歩いて前烏帽子の手前まで戻ると、ここからは先ほどの3人連れが作ってくれた冬道のトレースを使わせてもらいます。
110201067

 踏まれた雪もまだ柔らかなものですが、下り坂でそれほど難しい場所も簡単に下ることが出来ました。
110201068

 前烏帽子の稜線から10分ほどで、登山道のある樹林帯まで下って来ました。
110201069

 帰りは冬道でショートカットしたこともあり、山頂から約45分で小梨平に戻って来ました。
110201070

 小梨平から湯の丸山中腹の水平道を歩いて中分岐に戻ります。
110201071

 途中で展望の開けたところに出ると烏帽子岳に別れを告げます。
110201072

 小梨平から約30分、ようやく中分岐の案内道標が見えました。(ここを左に進むと鐘分岐に出ることが出来ます…)
110201073

 中分岐は直進すると唐松林の中を歩いてキャンプ場に向かいます。
110201074

 5分ほど歩くと唐松林を抜け出し、前方にキャンプ場が見えて来ます。(正面に見えるのが西籠ノ登山となります…)
110201075

 中分岐から10分ほどでキャンプ場に到着すると湯の丸山に別れを告げました…confident
110201076

 キャンプ場から林道を歩いて駐車場に戻りましたが、丁度、烏帽子岳の3人連れが帰り仕度をしているところでした。

 車に戻る途中で冬道のトレースを使わせてもらったことを話しましたが、この3人連れは自分と同じく群馬県から来た人たちで、写真を撮りながら歩いていたようでした。

 3人連れにお礼を言って別れると、今回の山歩きは全体のスケジュールが1時間ほど遅れているため、帰り道の温泉は諦め自宅に直行することにしました。

                                          ページの先頭に戻る

« 湯の丸山・烏帽子岳(11.02.01 その1) | トップページ | フラワーパークのアザレア… »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/50759144

この記事へのトラックバック一覧です: 湯の丸山・烏帽子岳(11.02.01 その2):

« 湯の丸山・烏帽子岳(11.02.01 その1) | トップページ | フラワーパークのアザレア… »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック