« 水ノ塔山・籠ノ登山(11.01.05 その2) | トップページ | 縞枯山・茶臼山(11.01.21 その1) »

2011年1月16日 (日)

美ヶ原スノーハイク(11.01.14)



① 2011年1月14日(金)天候:晴れ
② 牛伏山:1990m、王ヶ頭:2034.1m、王ヶ鼻:2008m
③ コースタイム(行動時間:4時間15分)
 山本小屋駐車場(09:10)===牛伏山(09:35~09:40)===美しの塔(10:10)===塩くれ場(10:20)===王ヶ頭(11:10~15)===王ヶ鼻(11:40~11:45)===王ヶ頭(12:15)===美しの塔(13:05)===山本小屋駐車場(13:25)
※標準コースタイムに比べ大分遅いペースで歩いています。また、個人の体力差や季節・天候によりコースタイムも変わりますので、あくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:9.88km、累積標高:±788m)
110114000

 週末は天気が崩れそうとの天気予報もあり、その前に今年2回目の山歩きに行こうと言うことで、3年振りに美ヶ原のスノーハイクを楽しんで来ました。

 前回の美ヶ原では王ヶ頭でUターンし、王ヶ頭の先にある王ヶ鼻まで行っていないため、今回は王ヶ鼻まで行って見ることにし、目の前に広がると言う北アルプスの雄大なパノラマを眺めて来ることにました。

 美ヶ原の上田方面からの登山口は山本小屋の駐車場(マップコード:468 526 010)となりますが、マピオンでルート検索すると登山口まで3時間弱…、自宅を午前6時過ぎにスタートすると途中のコンビニで食料を買い込み、長野方面に向かって走ります。

 往路は東部湯の丸ICで高速を降りると、その後はR152~R142と走って長和町和田庁舎前を右折してビーナスラインに向かいます。(冬場はこのルート以外はないようです…)

 道路の雪は和田の集落を通過すると残り始め、美ヶ原高原郷別荘地を通過する辺りから真っ白な路面となりましたが、道路に積もっていた雪は乾燥した粉雪のようで圧雪された路面ではありませんでした。

 R142から10kmほど走るとビーナスラインに合わさり、九十九折れの雪道を少しづつ高度を上げて行くと、素晴らしい雪景色が広がって来ました…。
110114002

 自宅を出てから3時間弱、ほぼ予定通りの時間で山本小屋の駐車場に到着すると、今回は他の登山者の車は停まっていませんでした。
110114003

 早速、支度を始めましたが雪が少ないように見えたため、スノーシューはザックに付けてツボ足で歩くことにし、先ずは駐車場から右側の牛伏山に行って見ることにしました。
110114004

 歩き始めはツボ足でも大丈夫でしたが、直ぐに踏み跡が消えて雪が吹き溜まった登山道となり、ここでスノーシューを履くことになったため少し時間をロスしました…。
110114005

 登り始めて直ぐに展望が開けると、右側に八ヶ岳や南アルプスが見えました。
110114006

 振り返ると駐車場の先に美ヶ原高原ホテルが見え、その右奥にこれから歩く美ヶ原の雪原が広がります…confident
110114007

 牛伏山の山頂は高原状に広がっており、北東側に浅間山や四阿山が見えました。
110114008

 山頂はケルンと方位盤が置かれ、北西方向に北信五岳の飯綱山が見えました。
110114009

 吹く風に雪が混じって大変冷たく、周囲の写真を撮ると早々に下り始めましたが、八ヶ岳に掛かった雲は最後まで取れませんでした。
110114010

 南アルプス方面には雲一つなく、こちらは絶好の登山日和のようでした。
110114011

 一旦、駐車場まで戻ると美ヶ原高原ホテルに向かって歩きます。
110114012

 ホテルの手前から右側の牧場に上がり、牧柵に沿って少し歩くと八ヶ岳の右側に富士山が見えて来ました。
110114013

 淡い影絵のように見える富士山ですが、その右手前のピークが車山で山頂に突き出したレーダードームが良く見えました。
110114014

 さらに牧柵に沿って歩いて行くと美ヶ原のシンボル、美しの塔が近づいて来ます。
110114015

 ホテルから10分ほど歩いて美しの塔に到着すると、塔の左奥にこれから向かう王ヶ頭のピークが見えますが、往路は塩くれ場に寄って行くことにします。
110114016

 美しの塔からは雪上車のルートを歩き塩くれ場に向かいます。
110114017

 案内図の右奥に立っている説明書きを見ると、1970年頃までここにある平らな石の上で牛馬に塩を与えたことが地名の由来になったとのことでした…。
110114018

 塩くれ場は写真を撮って通過すると、次は右前方に見える王ヶ頭に向かいます。
110114019

 強風が吹いて雪が飛んでしまうためか、王ヶ頭のピークにもブッシュが目立ちます。
110114020

 しばらく歩いてから牛伏山を振り返って見ましたが、右奥の浅間山に掛かっていた雲が取れたようです。
110114021

 ピークの上に見えるのが王ヶ頭ホテルで、送迎用の雪上車が下って来ました。
110114022

 (日が陰って少し見難いのですが…)美しの塔にホテルのお客さんが来たようで、ホテルの雪上車が出迎えに行くようです。
110114023

 さらに王ヶ頭に向かって歩いて行くと、浅間山が牛伏山の左奥に見えて来ました。
110114024

 美しの塔から35分ほどで王ヶ頭のピークが大分近くなりました。
110114025

 さらに10分ほど歩いて振り返ると、雪原の中に牧柵がうねって延びています。
110114026

 美しの塔から写真を撮りながら歩いて約50分、ほぼ予定通りの時間で王ヶ頭ホテルに着きました。(写真は下山時のもの…)
 110114027

 案内板の前でホテルに泊まっている女性の登山者が休んでいましたが、毎年、美ヶ原に来ているがこんなに雪の少ないのは初めてと言うことで、雪が少なく途中の牧柵を越えるのが大変だったと話していました…。(自分もこの王ヶ頭ホテルに泊まって雪見酒と行きたいところですが…confident

 ホテルの裏側に山頂標識がありますが、その途中に御嶽神社が祀られています。(前回は石垣の上まで雪があり御嶽神社の表示板が雪に埋もれていました。)
110114028

 神社の少し先に王ヶ頭の山頂標識があり、今回はアンテナが見える王ヶ鼻のピークまで歩きます。
110114029

 山頂標識から右奥に遊歩道が延びており、道路に下って王ヶ頭を振り返りました。
110114030

 王ヶ頭のピークを下ると松本側に延びる道路を歩きます。
110114031

 除雪された道路を5分ほど下ると分岐があり、ここを左に入ってアンテナの取り付け道路を歩きます。
110114032

 少し登ってから王ヶ頭を振り返って見ましたが、少し離れて眺めてみると林立するアンテナ群が、雪景色の中に溶け込んでしまうようです…。
110114033

 しばらく歩いてアンテナに着きましたが、王ヶ鼻のピークはさらに先にあるようです。
110114034

 分岐から歩いて間もなく前方の林の先に小高いピークが見えて来ます。
110114035

 王ヶ頭からユックリ歩いて約25分…、石像などが林立する王ヶ鼻に到着しました。
110114036

 王ヶ鼻の先は落ち込んだ崖になっており松本市街を一望することが出来ました…。(後で写真を拡大すると松本城らしい建物が写っていました…)
110114037

 ここから素晴らしい北アルプスの大パノラマを期待していましたが、残念ながら槍や穂高の雄大な景色を眺めることが出来ません…think
110114038

 王ヶ鼻から見える王ヶ頭で、後で写真を確認すると山頂標識も写っていました。
110114039

 王ヶ鼻のピークに10数基の石像や石塔が建てられており、古い時代の山岳信仰の厚さを物語っていました。
110114040

 当初はここで昼食を食べる予定ですが、風が大変冷たく休憩することも辛いため、今回も下山してから食べることにし、周囲の写真を撮ると直ぐに下山を始めました。

 復路は王ヶ頭ホテルの前から牧場の中を歩いて見ましたが、モナカ状の雪でトレースのないところはスノーシューが沈んでしまい、歩く時間を少し短縮出来るものの往路と同じく雪上車ルートを歩いた方が疲れないように思いました。

 家に帰る途中で和田宿温泉ふれあいの湯(入湯料=300円)に寄って汗を流すことにしましたが、駐車場に大きなトラックが何台も停まっており、公共の温泉で料金も安く長距離トラックの人たちに人気のある温泉のようでした。

                                          ページの先頭に戻る

« 水ノ塔山・籠ノ登山(11.01.05 その2) | トップページ | 縞枯山・茶臼山(11.01.21 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/50601178

この記事へのトラックバック一覧です: 美ヶ原スノーハイク(11.01.14):

« 水ノ塔山・籠ノ登山(11.01.05 その2) | トップページ | 縞枯山・茶臼山(11.01.21 その1) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック